エースコック「ぱくぱくパクチー レッドカレーヌードル」



本日2回目の更新で、「ぱくぱくパクチー トムヤムクン風ヌードル」に続きまして、エースコックの「ぱくぱくパクチー レッドカレーヌードル」です。トムヤムクンとパクチーの組み合わせは、全く以て違和感なく想像し易かったんですけど、レッドカレーにパクチーって少し意外性。おそらくパクチーの主張は度を超えていると思うので、レッドカレーとの兼ね合いに注目ですね。パクチーが全てを掻き消していなければいいのですが…w





は、「適度な味付けをした滑らかで歯 切れの良いめん」とのこと。「トムヤムクン風ヌードル」と同じ麺だと思います。ヌードル系の麺ほどヤワくなくて、ラーメンというほどの主張はない。トムヤムクン風ヌードルの時は若干の違和感があったんですけど、今回のスープだと程よいと思えました。鶏・豚エキスや野菜エキスなどで味付が施されていて、スープとの相性も問題なかったです。ただ、自分は昔のエースコックが汎用していた丸刃のオーソドックスな油揚げ麺が好きだったので、あの麺でも食べたかったなー、とも思いました。

スープは、「魚醤や蝦醤の旨みにココナッツや香辛料が利いた、まろやかで深みのあるレッドカレースープ」に、「別添のパクチーを入れると、エスニック料理の本格感がグッと高ま」るとのこと。原材料を見ると真っ先にココナッツミルクパウダーの記載があるのですが、実際の味わいも然り。カレーらしいスパイス感よりもココナッツミルクの甘味とまろやかさが軸になっていて、香草の香りと魚醤の風味がエスニック感を演出しています。で、そこに大量のパクチーが絡んでくるわけなんですけど、かなり相性が良くて驚きました。ココナッツミルクの甘味とは対照的なパクチーの鋭さが違和感なく融合していて、方向性の違う両者が互いを尊重し合っているような印象。あまりに対照的だとぶつかってしまいそうですが、エスニックという共通点があるおかげで噛み合っていたんだと思います。ココナッツミルクでまろやかな印象を与えつつ、パクチーによってインパクトは鮮烈。万人ウケするようなマイルドなスープではありませんが、トムヤムクン風ヌードルと比べると、パクチーさえ嫌いでなければ受け入れ易いのはコチラかもしれません。

かやくは、「程良く味付けした鶏肉そぼろ、ねぎ、赤ピーマン」とのこと。そんなに鶏肉そぼろの味付は濃くなかったし、量もそこそこで存在感こそ薄かったものの、あのスカスカな茶色いハズレ系の肉そぼろより全然マシ。少し寂しい構成ですが、パクチーのインパクトがあるので、そんなに気にならないと思います。

(標準は★3です)

想像通りパクチー推しのコンセプトに違わぬインパクトを持ちながら、それでいてココナッツミルクとの兼ね合いが絶妙で、一辺倒な単調さを感じなかったのが好印象。個人的な好みが絡んでしまっているかもしれませんが、「トムヤムクン風ヌードル」と比較すると、カップ麺としての完成度はコチラが上だと感じました。ある程度パクチーのカドをココナッツミルクが包み込んでくれているようなイメージはあったものの、市販品としては強烈な香りを持っているので、パクチー(コリアンダー)が苦手な人は避けたほうが無難です。でも他に類を見ない個性を持ったレッドカレーヌードルとして確立していたので、パクチーに耐性がある人は手に取ってみるといいかもしれません。ココナッツミルクとパクチーの兼ね合いが秀逸で、互いの長所を引き立てあっていたバランスに価値を見出せる一杯でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ぱくぱくパクチー レッドカレーヌードル
製造者:エースコック
内容量:63g (めん50g)
発売日:2015年7月20日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901071278380

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:290㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (63g) あたり

エネルギー:272kcal
たん白質:6.6g
脂質:9.3g
炭水化物:40.4g
ナトリウム:1.7g
(めん・かやく:0.4g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:0.23mg
ビタミンB2:0.17mg
カルシウム:133mg

(食塩相当量:4.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、砂糖、鶏・豚エキス、野菜エキス)、スープ(ココナッツミルクパウダー、食塩、鶏エキス、砂糖、香辛料、発酵調味料、コリアンダー(パクチー)、カレー粉、大豆たん白、唐辛子、たん白加水分解物、植物油脂、全卵粉)、かやく(味付鶏肉そぼろ、ねぎ、赤ピーマン)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、増粘多糖類、カロチノイド色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、酸味料、甘味料(甘草、スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、えびを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1506_PTPC.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
お師匠さま。こんばんわ^^

何といっても
塩焼ですよねw
左の方に目がいってしまい
カップ麺のコメントをしないと言うw

なぜだか、お師匠さまなら
分かっていただけるかと^^;
No title
うん…このシリーズ買おう!
でも、見たことないんですよね…

できれはフォーのカップも出してほしいな…と。
Re:カブトムシさん
こんにちはー。

うんうん、やっぱ塩焼ですよ。
素材の持つ旨味をダイレクトに楽しめますからね。

> なぜだか、お師匠さまなら
> 分かっていただけるかと^^;
うむ、弟子よ・・・。ちゃんと分かってるさ!w
Re:ハシダ・メンさん
> うん…このシリーズ買おう!
是非!ハシダさん視点の感想が気になります!

エースコックは、「Pho・ccori気分(ふぉっこりきぶん)」
というフォーを使ったブランドを持っているので、
そのブランドからパクチー推しの製品を出しても面白そうですね。
No title
takaさん、こんばんは!

「レッドカレーに大量のパクチー」、
味の想像がある程度はついたトムヤムクンに対して、
こちらは未知であるがゆえの不安がありましたが、
食べてみると不思議なことに抜群の相性でしたね!(●・ω・)

パクチーならではの効果や意外性ゆえのおいしさという点では、
トムヤムクン以上にこちらが映えていたと思います!

単体のレッドカレーヌードルとしておいしいだけでなく、
レッドカレーにパクチーが合うことを教えてくれたのも収穫でしたね!

このシリーズは不安を感じつつも手に取って正解でした!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

自分もレッドカレー × パクチーは未知の領域でしたが
意外にも相性が良くて驚きました!

> パクチーならではの効果や意外性ゆえのおいしさという点では、
> トムヤムクン以上にこちらが映えていたと思います!
自分も同意見です。好み的にもコチラの方が上でした。

今後もシリーズ化されていくのかは不明ですが
この勢いのまま失速せずに製品開発に取り組んでもらいたいですね!

管理者のみに表示

トラックバック