サンヨー食品「サッポロ一番 満貝 新感覚 醤油ラーメン」



「もちぷにゃ」なんとか入手できたみたいで友人に送ってもらいました! ヤバイですコレw ちょっとマジで美味しいw 外側はかなりソフトな生地で、商品名通り “ぷにぷに” とした弾力のある手触り。思ってたよりも薄皮だったんですけど、噛むと “もちもち” してて、「ポン・デ・ケイジョ」っぽい食感。「クリームがとても柔らかいのでこぼれない様に注意してお召しあがりください」との注意書きがあるんですけど、ほんと注意しないといけないくらい中にはたっぷりのクリームが入ってて、柔らかさは液体と個体の中間くらい。ホイップクリームほどのエアー感(軽さ)はなくて、しっとりしたクリームです。その滑らかな口当たりも然る事乍ら、甘さ加減も絶妙で、乳脂肪特有の野暮ったさもなく、それでいてミルクっぽさはしっかりとしていて、クリームチーズを思わせるほんのり程よい酸味がベストマッチ。そんなに大きいわけじゃないんですけど、サイズと値段以上の満足感を得ることができました。実際に食べでみたら案外フツー、ってなるかと思いきや、なんのなんの。ちょっと軽く岡山に引っ越そうかレベルでしたね(笑)ちなみに東京の一部店舗(江東区,江戸川区,墨田区など)でも取り扱っているそうです。ネット上では既に随分と有名みたいですが、せっかくなので、追記に写真を貼っときます。

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 満貝 新感覚 醤油ラーメン」です。昨日の記事で紹介した、「日清麺職人 香るしじみだし醤油」と発売日が同じなんですけど、こういうパターンって結構頻繁にあるんですよね。こっそりメーカー同士で話し合ったりしてるんでしょうか。こちらはノンフライ麺ではなく油揚げ麺で、容器もタテ型。日清食品はシジミを軸にしていましたが、サンヨー食品はアサリ,ホタテ,シジミの豪華3本立てです。題材の雰囲気的に、「贅の極み」から出してもよかったような気もするんですけど、比較すると希望小売価格も随分と低いですし、スタンスの帳尻を合わせてから食べたいと思います。


なぜか粉末スープが湿気たように右側で凝固w デキストリンか…?



は、「滑らかでのど越しがよい細麺で、しなやかさがありつつも、しっかりとした食感で食べ応えがあ」るとのこと。プリプリとした食感と白い見た目がサンヨー食品らしい丸刃の油揚げ麺で、かなりオーソドックスなタイプの麺ですね。油揚げ麺特有の風味にはほんのりと甘味があって、油揚げ麺臭と表記しなければいけないようなネガティブな印象や、野暮ったい油っぽさも控えめ。それに今回はスープの貝出汁に力強さがあったので、なおさら気にならない感じでした。細身でスープのリフト性能も高く、麺を食べている時も貝の主張をガンガン感じることができたし、それでいて麺が負けてしまうような頼りない印象も受けなかったので、取り合わせ的に大きな問題は無かったように思います。

スープは、「あさり、ほたて、しじみの貝だしのうまみが満ちた、濃厚で奥深い味わいの醤油味スープ」とのこと。いやいやいや、「満貝」とはよく言ったもんで、こんなにも貝出汁が力強いとは思いませんでした。まず凝縮したような貝の旨味に好感が持てたのですが、単調に旨味たっぷりとかいう次元は優に超えていて、3種類の貝によるコントラストと重厚感が味わい深いです。そして後味に広がる貝特有の苦味や渋味にも遠慮なくて、ちょっと人を選ぶかも、と思いました。もちろんコレは大きな加点要素。アサリとシジミによる貝特有のクセとホロ苦さがありながら、柔らかな甘味を感じるようなホタテの旨味がそれを包み込み、貝は貝でも3種類入れたことによる恩恵が感じられます。麺を食べている時も舌の両脇に感じる貝特有のホロ苦さが印象深く、仕上の小袋(調味油)による芳ばしさもアクセントになっていていいですね。後半にかけて頭角を現してくる醤油の風味と、徐々に蓄積されていく塩気が私は気になってしまったのですが、それでもしっかりと貝推しと分かる押しの強さには満足できました。油揚げ麺の風味が若干スープにも影響していましたが、どっしりと貝の重みがあったので、そこまで気にならなかったです。

かやくは、「ぷりぷり食感のえび風味ボール、コリコリとした食感のキクラゲに、ねぎ」とのこと。えび風味ボールは、「贅の極み 海老濃厚味噌らーめん」に入っていた具材と同じだと思います。貝出汁の効いたスープと海鮮具材(練製品)という組み合わせなので、これといって違和感はなかったんですけど、リリースの時期的に余り物を放り込んだようなイメージが拭えないですねw でも海老っぽい風味は確かに感じられたし、食感もプリプリ。単体として見ても素直に美味しいと思える具材でした。コリコリ食感のキクラゲもアクセントになっていて効果的だったのですが、ちょっと量が少なかったかなぁ。

(標準は★3です)

予想以上に思い切って貝を主張させていてたことが印象深く、なかなか鮮烈な一杯した。それでいて全体のバランスは整っていたし、油揚げ麺を採用したタテ型カップの製品ですが、それなりに総合力は高かったと思います。具材の汎用感にコストの縛りを感じてしまったことと、どうしても油揚げ麺の風味が貝出汁をマスクしてしまうようなネックもあったんですけど、「贅の極み」と比較すると45円も低い値段設定ですし、油揚げ麺だからこそのマイナス点は全く以て許容範囲内でしょう。澄んだ貝の旨味を意識すると、やはりノンフライ麺だった日清麺職人に軍配が上がりますが、貝出汁のインパクトに関しては満貝が一枚上手でした。スープのインパクトだけで言えば、★6は堅いです。強いて不満な点を挙げるとするならば、ノンフライ麺でも食べてみたかった、ということくらいですね。でもメーカーの希望小売価格を考慮すると納得のいく内容だったし、結果的に油揚げ麺でも大きな問題を感じることなく成立していたので、ほんと強いて挙げるなら。「贅の極み」シリーズからリリースしなかったのも何となく分かるようなアラを多少なりとも感じてしまったものの、余り物を掛け合わせたようなチープさや、廉価版的な負のイメージはありませんでした。もしかしたら何らかの布石なのかもしれませんね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 満貝 新感覚 醤油ラーメン
製造者:サンヨー食品
内容量:91g (めん70g)
発売日:2015年7月21日 (火)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901734025184

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (仕上の小袋)

~標準栄養成分表~

1食 (91g) あたり

エネルギー:413kcal
たん白質:8.4g
脂質:18.6g
炭水化物:52.9g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:200mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:413kcal (めん・かやく:328kca / スープ:85kcal)
食塩相当量:6.6g (めん・かやく:1.8g / スープ:4.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、粉末卵、野菜エキス、しょうゆ)、スープ(デキストリン、食塩、貝エキス、しょうゆ、糖類、植物油脂、豚脂、ポークエキス、香辛料、チキンエキス、酵母エキス、粉末酒、たん白加水分解物)、かやく(えび風味かまぼこ、キクラゲ、ねぎ)、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、微粒二酸化ケイ素、香料、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にえび、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:えび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0465.html


「もちぷにゃ」


ほんとに “もちぷにゃ”

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
こんばんわ^^

これがもちぷにゃですか。なるほど。
ちなみにですね、いももち・・・
おいしいです。
食べてみてください。
セブンです。
・・・あ、ラーメンの話してなかったw
No title
あ~、記事見てまた食べたくなってきました。
まだコンビニで見かけるのでゲット可能です。
これ、麺職人のようなノンフライ麺だったら史上最強だったかも!!
Re:カブトムシさん
こんにちはー。

「もちぷにゃ」美味しかったです!

「いももち」セブンイレブンのは食べたことないですけど、
偶然ちょうど昨日の夜、コメントもらう前に食べてましたw

北海道の郷土料理ですよね?
よく作りますが、私のタレは絶品と評判なの(笑)
必然的に “みたらし団子” も得意です(親指ビシイッ)
Re:たういパパ
> これ、麺職人のようなノンフライ麺だったら史上最強だったかも!!
自分も全く同じこと思いましたねw

リリースの日にちも被ってますし、
どうしても比較するかたちになりましたが、
その歯痒さも醍醐味なのかなー、と思ったりw
No title
takaさん、こんばんは!

どうしても発売時期的に麺職人と比較してしまいますが、
スープ単体での貝攻め度はこちらは凄かったですね!

スープを飲んだときに舌に残る貝の旨味、
ホタテの甘み、しじみやあさりの舌の側面に
軽く痺れを与えるような旨味であったり、
これだけ貝が堪能できるスープもなかなかないですね!

ノンフライ麺だったらもっと凄かっただろう、
と思ってしまう面はやはりちょっとありましたが!

今後もこういった攻めのスープに期待したいですね!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

> どうしても発売時期的に麺職人と比較してしまいますが、
> スープ単体での貝攻め度はこちらは凄かったですね!
まるで狙ったかのように販売日時とコンセプトが
他社と被ることって結構な頻度でありますよね(笑)
自分的には比較が楽しかったりするんですけど!

麺職人ほどのクリアさこそなかったものの、
しっかりとした貝の三重奏を楽しませてくれたし、
油揚げ麺でも素直に感じられたのが良かったです。

自分はこのままでも素晴らしいと思いましたが、
ノンフライ麺だったらスゴいことになってたでしょうね。

是非どんぶり型ノンフライ麺での
再開発を検討してもらいたいです!

管理者のみに表示

トラックバック