サンヨー食品「サッポロ一番 まろやか WHITE 白ごま担々麺」



エールフランス航空のCMで流れている気の抜けたBGMが耳から離れなくて困ってます…(開始0:05と最後のフレーズが特に)知らない人の為にYouTubeの公式アカウントから動画を引っ張ってきて埋め込みましたが、初見で私と同じように脳内ループを引き起こしてしまったらゴメンナサイw


さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 まろやか WHITE 白ごま担々麺」です。まるで私の心のような純白のパッケージが(略)はい。私が担担麺を食べる時、スープに求める必須項目として、「辣味(辛味)」「麻味(痺れ感)」「胡麻」この3つは確実に押さえたいポイントなんですけど、今回その概念に固執し過ぎるとコケそうなのでw「まろやか」であることを強く念頭に置き、食べ進めていきたいと思います。しかしオシャレでスタイリッシュなパッケージですねw





は、「のどごしが滑らかな細めん」とのこと。ひとくち食べて思いました、コレはウマいです。加水率の低い歯触りの麺で、プツプツとした歯切れの良さが心地のいい低加水系のノンフライ麺なんですけど、一定の粘りも感じられます。そして風味といい食感といい、これがまたスープと相性抜群なんですよ。スープ馴染みもよくて一体感があり、その中でも小麦らしい香りと甘味が感じられ、まろやかなスープとベストマッチ。博多豚骨ラーメンに合わせるパッツン系の麺ほど加水率は低くなかったのですが、やわらかい表情の白濁スープと相性がとても良くて、不自然さを感じさせない絶妙な配分だったと思います。

スープは、「白湯系のコクのあるポークをベースに、白ごまを使ったねりごまとすりごまを合わせた、まろやかでクリーミーな味わい」で、「カエンペッパーや花椒のしびれる辛さをアクセントにした担々麺スープ」とのこと。クリーミングパウダーや乳等を主要原料とする食品を加えるなど、「まろやか」さを前面に押し出していて、まさに商品名のイメージに沿った仕上がりです。白胡麻特有の繊細で芳ばしい香りもハッキリと感じられ、鼻を抜けるような花椒の香りが実に心地よいアクセントに。辣味や麻味などの刺激は控えめなのですが、芝麻醤のコクと花椒の香りによって、担担麺として必要な柱は2本しっかり立てていますね。粘度も結構高くてトロミのあるスープだったんですけど、全然野暮ったくありませんでした。和味噌の隠し味もいいですね。言われたら気が付くような風味なんですけど、確実に寄与していたと思います。辛味に期待すると裏切られますが、商品名から受けるイメージとのギャップは殆ど感じることはないでしょう。クセは無くとも深みのある白湯スープに、芝麻醤のコクと花椒のアクセント。いいじゃないですか。スープ単体として見ても、なかなか完成度の高い味だと思います。私は試していませんが、残ったスープに白ご飯を投入すると美味しそうな感じでした。

かやくは、「肉そぼろ、チンゲン菜、赤唐辛子」とのこと。写真では一見すると貧弱そうに見えますが、それぞれの質の高さから不足感は皆無でした。まず青梗菜の再現度には目を見張るものがあって、青菜特有の風味と強い甘味を感じ、歯触りも申し分なかったです。風味としても食感としても存在感は明瞭だったし、そのリアリティの高さに驚きました。肉そぼろは少なかったんですけど、味付はしっかりめ。歯触りなんかも不自然さを感じなかったし、少量ながらもきちんと自己主張してました。赤唐辛子は完全に見た目的要員かと思いきや、まず小袋を開けた瞬間に特有の香りを感じられたのが好印象。真っ白なスープに映えていたし、たまに来る軽めの辣味がアクセントになっていて、単なるギミックではなかったです。

(標準は★3です)

「担担麺」として見ると、まず見た目からしてデフォルトにある雰囲気とは一線を画しているのですが、しっかりとコクのあるスープの味わい深さと、そんなスープと相性バッチリで麺単体としてもクオリティの高かったノンフライ麺に、再現度の高い具材。それぞれ素直に楽しめるポイントがあったし、芝麻醤のコクや花椒の香りで担担麺らしさもきちんと感じられ、「まろやか」というコンセプトを打ち出しつつ、「担担麺」としても大きな物足りなさは感じさせない、そんな仕上がりに満足できました。食べ手がどういったスタンスで行くか、という部分で大きく評価が分かれるかと思ったんですけど、凡そ万人が美味しいと思えるカップ麺だと思います。担担麺は刺激にこそ価値が見出せる、という人にはオススメできませんが、こういう担担麺もいいですね。そう素直に感じさせてくれたことが大きかったです。これやっちゃうとコンセプトを塗り潰してしまうことになりますが、セルフで辣油を入れてみても合うと思います。スープの粘度が高いので、スタイリッシュにシュッ、と線を描くように浮かべれば、きっと雰囲気も盛り上がりますよ。ちなみに粉末スープは擂り胡麻とトロミ成分のタッグによって、一箇所に固めて出すとダマになる可能性大(溶けにくくて軽くダマになって焦った…w)まず粉末スープを出来るだけ広げるようにしながら先に入れてしっかりと混ぜ、それから液体スープを入れて、またしっかりと混ぜましょう。液体スープも練り胡麻によって粘度が高いので、念入りに。ほんとしっかり混ぜないとダマになると思うので、混ぜ時間を考慮して30秒〜1分ほどフライングしてフタを開けるといいかもしれません。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 まろやか WHITE 白ごま担々麺
製造者:サンヨー食品
内容量:101g (めん60g)
発売日:2015年7月13日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4901734025160

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:420㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (特製スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (101g) あたり

エネルギー:396kcal
たん白質:12.2g
脂質:15.2g
炭水化物:52.5g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:396kcal (めん・かやく:257kca / スープ:139kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:2.1g / スープ:4.3g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維、粉末卵)、スープ(ねりごま、クリーミングパウダー、糖類、ポークエキス、食塩、乳等を主要原料とする食品、しょうゆ、たん白加水分解物、みそ、豚脂、すりごま、植物油脂、ごまパウダー、香辛料、酵母エキス、発酵調味料、香味食用油)、かやく(チンゲン菜、鶏・豚味付肉そぼろ、唐辛子)、調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、かんすい、微粒二酸化ケイ素、乳化剤、香料、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、カラメル色素、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0462.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
僕は上ブタを開けた際の、丼カップの底に
ピタッと収まっているノンフライ麺を見ると、
何故だかテンションが上がるんですよね...

この麺も、なかなか良さそうな感じが
するじゃないですか...

パッケージも惹き付けるものがあるし...
とても担々麺には見えないビジュアルが
かえって面白いと思います。

オレも見つけたら買お♪
No title
パッケージはかなりよかったですね。

こんばんわ^^

中身は、実はもう少し
頑張ってほしいと
感じたので・・・・^^;

胡椒全開で後半食べました。
(2回目w)
レビューの時は普通に
食べたんですけどねぇ。

そういえば、今日台風で
ひどいめにあいました。
かさを壊された挙句にとばされて
どっかにいっちゃいました。

仕事前にずぶぬれで
駅まで猛ダッシュ。
ああ・・・
かさ・・・
どっかにいってゴミに
なっちゃったんだろうな。
ごめんなさいと言いたい;;
No title
これ、かなり絶妙だった気がします。
とても旨かった~~!
自分の担々麺系嫌い脱出のキッカケとなったカップ麺かも?ww
Re:ハシダ・メンさん
> 僕は上ブタを開けた際の、丼カップの底に
> ピタッと収まっているノンフライ麺を見ると、
> 何故だかテンションが上がるんですよね...
うんうん、人それぞれこだわりがありますよね。
ピタッ、と収まっているノンフライ麺、分かる気がします(笑)

このノンフライ麺は美味しかったですよ!
いつも撮影時間を逆算して調理してるんですけど、
今回は予想以上に粉末&液体スープに手間取ってしまいましたが…

一見すると白湯系のラーメンに見えるビジュアルですけど、
担担麺として必要なポイントは押さえてありましたし、
胡麻の風味や花椒の香りなど、思ってた以上に楽しめました。

「鬼」との相性もイイと思います!
調理の際は、スープがダマにならないように気を付けてくださいねー。
Re:カブトムシさん
自分的には全然オッケーなカップ麺でした!

思ってたよりも芝麻醤と花椒が効いてたし、
こういう美味しさもアリだなー、って。

でも胡椒全開も美味しそうですw

台風、こちらは大きな影響もなく
むしろ前日の方が酷いくらいだったんですよ。

仕事前にずぶ濡れ、傘は壊れて紛失、
さらに駅まで猛ダッシュ…壮絶でしたね。

> どっかにいってゴミになっちゃったんだろうな。
> ごめんなさいと言いたい;;
なのに、こんなにも心優しい言葉が出るなんて…
弟子よ・・・師は、師は嬉しいぞよ(涙目)
Re:たういパパ
美味しかったですよね!自分も気に入りました。

> 自分の担々麺系嫌い脱出のキッカケとなったカップ麺かも?ww
たしかに担担麺(真っ赤系)が苦手な人にとって有意義なカップ麺で、
受け入れやすくも担担麺らしさを感じられることに価値が見出せると思います。

麺とスープの相性もバッチリでしたし!
No title
takaさん、こんばんは!

濃厚なごまや辛味をウリにしたタイプではないものの、
ごまもきちっと主張していてなおかつ花椒も意外と効き、
まろやかさを前面に押し出しながらも
担々麺としての良さを上手く出してましたね!(●・ω・)

自分が最も好きなタイプの担々麺とは違う路線ながらも、
その完成度の高さ、まとまりの良さは見事でした!

強烈な押しは求めてないけど、
担々麺らしさはしっかり味わいたい、
という希望に応えてくれる内容でしたね!

そういう点では非常によくできていたと思います!
決して担々麺の主張を抑えただけのものではなかったですし!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> 自分が最も好きなタイプの担々麺とは違う路線
私にとってもそうだったんですけど、
全く以て問題は感じませんでしたね。素直に美味しかったです。

担担麺として必要な要素をソツなく揃え、
「まろやか」というコンセプトを打ち出しつつ、
担担麺らしさを感じられたのが良かったです。

こういう美味しさもあるんだなー、
って素直に思えましたからね。

麺も美味しかったし!(好みだったw)

管理者のみに表示

トラックバック