明星食品「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 蒲焼のたれ味」



味噌汁が…味噌汁が飲みたいぞぉー!って漠然と。ワカメとトーフだけのシンプルな…いや、ナメコも捨てがたいな。ちなみにジャガイモとタマネギの入った味噌汁は少し苦手です(食べ過ぎて飽きたw)あと、味噌汁に納豆も苦手です(別々に食べたいw) 巷ではこのような情報を「誰得」って言うんですよね?w

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 蒲焼のたれ味」です。な、なんか斬新w 土用の丑の日は過ぎちゃいましたけど、原材料には一応、「うなぎエキス」が入ってます。こんなエキスが入ったカップ麺なんて初めて見ました。文字にすると何か生臭そうですね(苦笑)蒲焼にも色々ありますが、蒲焼の王道とも言える鰻の蒲焼をイメージしている模様。不安を感じる前評判が多くて…いや、食べないと分かりませんよね。動揺するなオレ!さぁ心の目を開いt(ry





は、「ソースがよく絡む、しなやかで食べやすい油揚げ麺」とのこと。シリーズお馴染みの汎用麺でしょうか。やや細身でプリッ、とした食感が特徴の油揚げ麺です。「一平ちゃん」と言えば、「オニオンエキス練り込み麺」を私は推しているのですが、今回は原材料を見ても小麦粉,植物油脂,食塩と非常にシンプルで、実に中庸的な油揚げ麺でした。この麺のクオリティに全く文句は無いのですが、特別印象に残る油揚げ麺でもないっていう(苦笑)慣れ親しんだ安定感と、汎用性の高さは折り紙付きなんですけどね。油揚げ麺特有の風味は嫌味なものではありませんでしたが、ソースの関係か少しボヤけてました。

ソースは、「ローストした醤油に、みりん、うなぎエキスを加え、ガーリックとジンジャーで味を調えた、甘めの蒲焼風味のたれ」で、別添に「『一平ちゃん夜店の焼そば』のコクをアップさせる特製わさびマヨ」とのこと。みりんで甘味を加えた醤油ベースの和風ソースという点で見れば、たしかに蒲焼っぽくもあったんですけど、カップ焼そばのソースとしては勢いに欠けますね。いつもは特製マヨとフリカケがソースの不足感を補ってくれるのですが、それを差し引いても少し押しが弱かったような気がしました。うなぎエキスは…うん、言われても分かんないと思います(分からなかったw)炭火で焼いたような調理感を前面に押し出すとか、そういった工夫があると良かったんですけどね。特製わさびマヨは、「一平ちゃん」という製品としては加点要素ですが、「蒲焼」としては蛇足だったような気がします。前者を肯定とすれば、割りかし違和感は無いのかもしれませんが、蒲焼感は薄くなってしまいました。ガーリックとジンジャーも下支えに過ぎなかったし、これは個人的な好みですが、もう少し甘味(みりん)が欲しかったです。

かやくは、「色鮮やかなキャベツ」と、「香り豊かな山椒パウダーとアオサを組み合わせたふりかけ」とのこと。カップ焼そばだから取り敢えずキャベツは入れときました、って感じですね。特にソースと相性が良いわけでもなかったし、ほんと取り敢えず、って感じでした。鰻といえば山椒の香り、そんなイメージ的にも山椒パウダーは効果的だったと思います。ただ、時折ジャリッ、とくるのがちょっと…

(標準は★3です)

着眼点には興味をそそられるものがあったんですけど、迷走感と仕上がりの中途半端さが否めませんでした。なんて言うか、こう、鰻重でタレのかかったご飯だけを食べさせられてる感じと言うか…w 題材に遊び心とインパクトがあるし、甘辛いソースに山椒の香りが相俟って、たしかに言われれみれば蒲焼のたれ味なんですけど、優先的に手を伸ばしたい商品かと言われると、否。コンセプト自体がネタみたいなものですし、こちらもそのようなスタンスで食べてみるのはアリだと思います。このカップ麺が発売された1週間後に大盛バージョンも発売されましたが、そこまでの引きは無いように感じました。「うなぎエキス」があまり目立ってなかったので、割り切って他にコストをかけたほうが安定したと思います。炭火で炙った鰻を彷彿とさせるような調理感とか、そういう要素が明確だとインパクトが出ると思うので、香りモノに強い日清食品なんかが開発したら面白いかもしれませんね。ちなみに大盛商品の方には、ふりかけに七味唐辛子が配合されているそうです。ちなみに当ブログでは、大盛バージョンの紹介はありません。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 一平ちゃん夜店の焼そば 蒲焼のたれ味
製造者:明星食品
内容量:117g (めん90g)
発売日:2015年7月6日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902881424868

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:550㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (ソース・特製マヨ・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (117g) あたり

エネルギー:533kcal
たん白質:9.3g
脂質:26.0g
炭水化物:65.5g
ナトリウム:1.7g
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:172mg

(食塩相当量:4.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、ソース(植物油脂、しょうゆ、粉わさび入り半固体状ドレッシング、糖類、食塩、みりん、香味調味料、うなぎエキス、醸造酢、たん白加水分解物、ポークエキス、香辛料、香味油)、かやく(キャベツ、香辛料、アオサ)、カラメル色素、炭酸カルシウム、調味料(アミノ酸等)、かんすい、酒精、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、香料、乳化剤、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ベニバナ黄色素、ビタミンB1、クチナシ色素、(原材料の一部に乳成分、卵、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・大豆

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4344

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これ、たしかにマヨは余計と思います。
ウナギのたれにマヨは関係ないです。
どう見てもどっちつかずの中途半端な製品に終わりましたね。
もっと徹底的にウナギのたれ味にもっていくとかして自爆(笑)してほしかったww

ジャガイモとタマネギの味噌汁は自分も最高チョイスの具ですね!
淡路のホテルの味噌汁がこのパターンだったのですが
タマネギが最高に旨かった!!飽きるほど飲みたいです。
No title
うむむ...無理矢理感満載ですなぁ...

蒲焼きのタレかぁ...ちょっと気持ち悪いかも...
先入観でそう感じてしまうんですよ...

でも、オレも買ってみようかな...
Re:名無しさん
> これ、たしかにマヨは余計と思います。
「一平ちゃん」なので、必然的に外せなかったのでしょうけれど、
鰻の蒲焼という点で見ると、どうしても蛇足に思えてしまいます。

たしかに言われてみれば、「蒲焼のたれ味」でしたが、
ちょっと無理を感じてしまいましたよね(苦笑)

自爆w そのお気持ち分かりますw

それから冒頭の味噌汁にまで触れていただきまして、
嬉しいです。ありがとうございます(ぺこり)

ジャガイモとタマネギの味噌汁は幼い頃からよく飲んでいて、
朝といえばコレ、って感じでした。反面、祖母の作るものは具沢山で、
「飲む」というよりも、完全に「食べる」味噌汁でしたね(笑)

> 淡路のホテルの味噌汁がこのパターンだったのですが
> タマネギが最高に旨かった!!飽きるほど飲みたいです。
淡路島のタマネギ、甘くて美味しいですよねー。
ジャガイモとタマネギの味噌汁は食べ過ぎて圏外だったのですが、
コメントをいただいて久しぶりに食べたくなってしまいました。無性にw
Re:ハシダ・メンさん
「無理矢理」「迷走」という言葉がピッタリだったので、
勢いで押し通して振り切ってくれたら良かったのですが、
最終的に落とし所が無難すぎたんですよね。

これは個人的な蒲焼のイメージからですが、
もうちょっとこっくりとした甘味が欲しかったです。

> でも、オレも買ってみようかな...
「ネタで」という意味ではアリだと思いますよw
No title
自分は意外に好きですがw
焼そばラブなんで
評価はそっちのけで
食べたいですねーw
でも、リピするかと言われると
買っても放置なんでしょうね。

あ、そうそう・・・
味噌汁はそうめんととろろinです。
No title
すんません、最初のコメは自分でした(^_^;)
わかってると思いますがww
デスクトップもWIN10にしていろいろ設定で・・・(言い訳)
Re:カブトムシさん
自分もコレはリピ買い無しですね…(苦笑)
どうせならもっと冒険して欲しかった!

> 味噌汁はそうめんととろろinです。
おお!いいじゃないですかそれ!
オクラとナメコもinしたい感じですな。

素麺は味噌汁が残った時なんかに入れてました。
でも素麺から塩気が出るので、お湯を足して薄めて
薄めすぎて味噌を足して…って繰り返してた記憶がw
Re:たういパパ
> わかってると思いますがww
そうかなぁ…と、思いつつ今回は自信なかったですw

設定の見直しを是非!w
LOVE
takaさん、こんばんは!

マヨネーズで頑張ってLOVEと描いてることに
まだ誰も突っ込んでないですね!(゚◇゚)

字がずれないように必死でLOVEと描いてると、
なんだかその途中で空しくなってきそうですが!

この焼そばは怪しさが一平ちゃんらしくもありつつ、
タレだけをなめるとうなぎのタレの風味がちゃんとしながらも
マヨネーズによって中途半端に無難に落ち着いてた印象でしたね;

一平ちゃんだけにマヨが入るのはやむなしかもですが、
うなぎでなくても焼いた魚の粉末を入れるとか、
何か魚の香ばしさなどが入れば違ったかもですね!

ちなみに味噌汁はたけのこを入れるのが好きだったりします!(=゚ω゚)

春のたけのこの季節はもちろん、スーパーで売ってる
水煮のたけのことわかめを合わせるだけでもいけますよ!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!もうタイトル見てドキッ、と… ←

> マヨネーズで頑張ってLOVEと描いてることに
> まだ誰も突っ込んでないですね!(゚◇゚)
そうなんですよ!w 珍しくマヨアートしたのに、
まさかのブロ友からもツッコミ無しっていう(苦笑)

いやいや、ありがとうございます(ぺこり)

> 字がずれないように必死でLOVEと描いてると、
> なんだかその途中で空しくなってきそうですが!
マヨビーム・ノズルの採用から出し易くはなりましたけど、
細いが故に線がブレるという欠点もあるんですよね…。

仰る通り、魚粉でも構わないので、
魚らしい芳ばしさなんかがあると印象も違ったでしょう。

鰻エキスを粉末化してフリカケに忍ばせるとか、
マヨを蛇足と思わせないように山椒をマヨに練り込んで、
無理矢理にでも蒲焼として必須項目にしてしまうとか(笑)
そういった小細工があっても良かったかな、と思いました。

> ちなみに味噌汁はたけのこを入れるのが好きだったりします!(=゚ω゚)
我が家でも春になったらやりますよ!山へ筍を掘りに行くので!
若竹煮の味噌汁バージョン的な雰囲気ですよね(笑)

管理者のみに表示

トラックバック