東洋水産「マルちゃん 世界のグル麺 アヒージョ味焼そば」



本日2回目の更新で、「世界のグル麺 トマトサルサ味ヌードル」に続きまして、東洋水産の「マルちゃん 世界のグル麺 アヒージョ味焼そば」です。「アヒージョ」を題材にしたカップ麺と言うと、日清食品の「カップヌードル アヒージョ ビッグ」が記憶に新しいんですけど、やはりアヒージョがジワジワとキているのでしょうか。「カップヌードル」では汁ありでしたが、こちらは焼そばということで汁なしですね。それだけで随分と印象も変わりそうですが、果たしてどうでしょうか。オリーブオイルの油脂感や、ガーリックのパンチに注目したいと思います。





は、「なめらかな口当たりで弾力のある、香味豊かな麺」とのこと。東洋水産は製品説明で、「香味豊かな」という表現を頻繁に用いてきますが、今回もそうですね。お馴染み精製ラードの芳ばしさが特徴的な味付麺で、東洋水産らしい油揚げ麺です。麺そのものの主張(油揚げ麺特有の風味とラードの油脂感)が強い油揚げ麺なのですが、今回はソースにインパクトがあったので、全く気になりませんでした。もちろん口の中で戯らしていたら、奥から特有の風味がジワジワとやってきますが、この東洋水産らしい風味は個人的に好みです。やや細めのサイズも差し障りない感じで、取り合わせとしても問題ないですね。さすがに極太麺だったら変なことになりますし、「俺の塩」の熱湯1分麺じゃソースに対してきっと軽すぎたでしょう。適度な主張と大きく外さない安心感に好感が持てる油揚げ麺でした。

ソースは、「チキンをベースに、ガーリックとオリーブオイル風味のオイルを合わせた、インパクトのあるソース」とのこと。調味油にオリーブオイルの香りはあったのですが、量の割にクセは控えめだったので、他の食物油で割っているのでしょう。製品説明でも、「オリーブオイル風味」となっていますからね。そして気になるガーリックですが、こっちは想像以上にパンチが効いてました。食物油が中心のため、動物油脂のような重みやクドさはありませんでしたが、オイル感は中々のものだったし、それに加えてガーリックの勢いが果敢に押してくるので、ハッキリとしたインパクトを与えてくれます。そんなオイル感とガーリックというアヒージョの持つインパクトが前面に押し出されているのですが、それでいてきちんとベースのチキンも踏ん張っていて、その旨味は鶏ガラというよりも鶏肉の旨味に近い感じ。動物系の旨味とコクがきちんとあって、塩ベースの焼そばソースとしても違和感なく成立していました。非常にシンプルな味わいなのですが、それ故に味わい深いものがあります。塩気も全体をピシッ、と引き締めつつ、他の要素を引き立てるような塩梅が良かったです。

かやくは、「キャベツ、イカ、赤ピーマン」とのこと。キャベツは汎用だと思うんですけど、けっこう入ってますね。そして赤ピーマンがやたら多かったw イカは気持ち程度の量でしたが、歯応えはしっかりしてますね。特に不足感はありませんでしたが、欲を言えばマッシュルームなんかが入ってると嬉しかったです。アヒージョ=キノコ、みたいな方程式が頭の中にあるんですけど、私だけですかねw アヒージョにキノコ系の具材は必須だと思うんだけどなぁ…

(標準は★3です)

想像以上に優しかった「カップヌードル」のアヒージョとは打って変わって、かなりパンチのある攻めのテイストでした。土俵もメーカーも違いますが、アヒージョらしさという点に於いては、こちらに軍配が上がるでしょう。オリーブオイル×ガーリック×麺ということで、鷹の爪を入れたらペペロンチーノになりそうな雰囲気ではあったものの、辛味の無さと鶏肉っぽい旨味によって、ペペロンチーノとは明確な違いがあったし、思い切りのあるガーリック感と油脂感から、題材になったアヒージョらしさを感じられると思います。但し、かなりハッキリとしたガーリックの主張を考慮すると、このカップ麺を食べられるシーン(TPO)は限られてくるかもしれません。でもそんな思い切りの良さを持たせてコンセプトを分かり易く体現し、きちんと焼そばとしても成立させていたことには好感が持てました。日清食品のテクニックを応用して、粉末ソースを先に入れてから仕上げに調味油をかけてみても面白いかもしれませんね。やや混ぜにくくなる面もありますが、オリーブオイルが多少なりとも鮮明になるかもしれません。シリーズ第1弾としてリリースされた、「トマトサルサ味ヌードル」「アヒージョ味焼そば」どちらも幸先のいいスタートが切れたのではないでしょうか。次回作では、「え…それどこの国?!w」ってくらい思いがけない料理にスポットを当ててもらいたいですね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 世界のグル麺 アヒージョ味焼そば
製造者:東洋水産
内容量:107g (めん90g)
発売日:2015年6月22日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901990333603

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:560㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (特製油・粉末ソース・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (107g) あたり

エネルギー:527kcal
たん白質:10.2g
脂質:26.8g
炭水化物:61.2g
ナトリウム:1.3g
ビタミンB1:0.37mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:204mg

(食塩相当量:3.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、精製ラード、食塩、醤油、香辛料、粉末野菜、卵粉)、添付調味料(植物油、食塩、香辛料、砂糖、チキンエキス、香味油脂、粉末野菜、粉末あられ、パセリ)、かやく(キャベツ、いか、赤ピーマン)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘多糖類、クチナシ色素、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、豚肉を含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・大豆・豚肉・鶏肉・いか・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/documents/1506_sekaino_gurumen.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
ちょっとだけブーム(笑)のアヒージョ系カップ・・、
やっぱりこういう焼そば系の汁なしのほうがいいのかもしれませんね。

自分もカップヌードルアヒージョよりこっちのほうが
アヒージョ感が感じられてよかったと思います。

具のボリューム・多彩さも感じられまた食べたくなる製品!
しかし言われてみればペペロン系に近いですね・・。
Re:たういパパ
「アヒージョ」プチブームきてますよね(笑)

スープだと油脂の調整が難しいのかもしれませんが
題材が焼そばとなると表現し易いのかもしれません!

カップヌードルよりも柱になる要素が明確に表現されていて、
鶏肉らしい旨味も印象に残ったし、美味しかったです。

> しかし言われてみればペペロン系に近いですね・・。
オリーブオイル×ガーリックというとペペロンチーノですからw
でも辛味は皆無に等しかったし、きちんと個性があって良かったです。
No title
アヒージョいいですよね^^

明日は夕飯に選んでみようかな。
今日は記事も書きましたが
すでにハイボールで酔ってるので
コメントもよくわからない状態ですw

うぃ・・・
No title
takaさん、こんばんは!

こちらの焼そばもなかなか良かったですよね!

カップヌードルのアヒージョが優しい仕上がりで、
アヒージョの持つジャンクさが弱かったのに対し、
こちらは逆にジャンクさをとりわけガーリックで主張し、
かなり攻めの内容で来たのが面白かったですね!(=゚ω゚)

ベースとなる料理の要素を軽めに取り入れるのではなく、
かなり強めに再現してくるのがこのシリーズの特徴なのかもですね!

ぜひとも次回以降も大人しくならずに
強気の内容できてくれることを期待したいですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:カブトムシさん
アヒージョ好きです!
でもやっぱりキノコが欲しかったですね。

「ヨッパレビュー」たういパパと同じですなw
私は最近シラフレビューが多いです(それが普通w)
Re:かーとさん
こんにちは!

しっかりアヒージョしてて良かったです!

カップヌードルの時は思わぬ優しさが肩透かしでしたが、
こちらはきちんとインパクトが感じられる仕上がりで満足でした。

原材料の「粉末あられ」も個性的でしたよね!
私は敢えて記事では触れませんでしたが、
かーとさんの記事の考察を参考に、成る程と思いました。

> ベースとなる料理の要素を軽めに取り入れるのではなく、
> かなり強めに再現してくるのがこのシリーズの特徴なのかもですね!
たしかに!それによって個性が際立っていますし、
思い切りの良さが生まれますよね。

予想以上に今後の展開が楽しみなシリーズになりました。
次回作では意表を突いたディープな題材を期待したいです!

管理者のみに表示

トラックバック