明星食品「明星 ラーメンの底力 濃厚しお豚骨ともっちり麺」



本日2回目の更新で、「ラーメンの底力 濃厚豚骨しょうゆとどっしり太麺」に続きまして、明星食品の「明星 ラーメンの底力 濃厚しお豚骨ともっちり麺」です。豚骨醤油に太麺だと濃度調整も比較的し易いというか、派手にコケたしりない組み合わせだと思うんですけど、しお豚骨で熱湯5分という密度の高そうな麺となると、豚骨感の濃度や香味野菜によるアクセント、特に塩カドの塩梅が重要になってくるのではないのかな、と。私の場合、その「塩カド」の主張がネックになりかねないので、ちょっと心配…でも相方の完成度が高かったので、必然的に期待値も上がってしまってるんですよね(苦笑)所詮カップ麺と言えど、食べる側の気構えによって受ける印象は大きく変わってくるので、公正な判断ができるよう冷静に食べたいと思います(心の声「ぬおぉー『濃厚しお豚骨』とか超おいしそーw」←)





は、「しなやかでありながらも、中心部はしっかり締まった、もっちりとした食感のノンフライ麺」とのこと。「どっしり太麺」と同じく湯戻し時間は5分ですが、太さは全く違いますね。ふた回りくらい細いです。しなやかなコシともっちりとした弾力を兼ね備えた麺で、芯まで詰まったような密度の高さ。商品名の通り、もっちりとした食感のノンフライ麺です。今回のスープだと極細低加水麺でも食べてみたかったんですけど、スープが濃厚さを履き違えていなかったので、違和感はありませんでした。これで表面に若干のザラつきがあったら最高だったんですけど、濃厚しお豚骨にもっちり麺というタッグ、ハズしてませんでしたよ。

スープは、「ニンニクやショウガなどの香味野菜と炊き出した濃厚な豚骨スープに、鶏ガラやホタテの旨みを加えた、コク深い味わいのしお豚骨スープ」とのこと。豚骨臭や特有のクセこそ抑えられていますが、豚骨らしい乳化感のあるクリーミーなまろやかさと、じっくりと炊き出したような凝縮された旨味を感じます。後味に残る動物系の旨味と、それを引き立てる絶妙なペッパーの香りが後引く感じで、ついもう一口…と誘われました。そしてホタテで旨味を補強するあたりが、いかにも明星食品らしいですね。さらに鶏ガラが加わることで厚みが増し、ちょっと白湯っぽくもありました。粉末スープには胡麻も少し入っていて、その芳ばしさもペッパーと共に名脇役。スープの雰囲気的に、高菜とか入れたら合いそうだなー、と思いました。濃厚の指標が塩分に傾いていたらと懸念していたのですが、それに関しては取り越し苦労。冷めてから飲むと体感的な塩分濃度とカップ麺特有の酸味が少し気になったんですけど、スープが熱いうちは気にならなかったです。

かやくは、「チャーシュー、斜め切りネギ、キクラゲ」とのこと。おそらくチャーシューは2品共通の肉具材でしょう。日清食品のハイエンドカップ麺に入ってる厚切焼豚には敵いませんが、それを薄くスライスしたようなチャーシューで、250円オーバーの製品に入っていても何ら文句無しのクオリティです。斜め切りのネギは、やっぱり何故か色褪せて…w(でも見た目が高菜っぽくて「あーこのスープなら高菜とか合うだろうなー」ってネギを見て思ったのはここだけの話w)キクラゲは混ぜてしまうとオマケ程度の存在感だったんですけど、特徴付けようとしている努力は感じられました。スープの鶏からくる濃厚さに白湯っぽさが垣間見えたので、キャベツとかも合いそうだなー、なんて思ったり。具材としてのコストも比較的安価でしょうし、ボリュームだって稼げますし、うん。

(標準は★3です)

「濃厚豚骨しょうゆとどっしり太麺」の完成度も高かったんですけど、こちらも負けてませんね。前者は麺で喰わせるタイプで、こちらはスープに重きが置かれているようでした。スープは豚骨と鶏のWエキスだったのですが、きちんと豚骨っぽさもあったし、濃厚さの指標は動物系の旨味にあって、ホタテエキスが自然に濃度調整。塩気に頼ることもなく、素直に楽しむことができました。これは個人的な好みですが、湯戻し60〜90秒のパッツン系ノンフライ麺でも食べてみたかったです。定期的に発売される「ラーメンの底力」シリーズ、大きく期待ハズレだった印象がないので、今後も安心して手に取って大丈夫でしょう。豚骨感に関しては、もっと遠慮せずに荒々しさを前面に押し出してくれてもいいんですけどねー(飢えてる)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 ラーメンの底力 濃厚しお豚骨ともっちり麺
製造者:明星食品
内容量:99g (めん65g)
発売日:2015年6月22日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:208円 (税別)
JANコード:4902881413541

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (99g) あたり

エネルギー:391kcal
たん白質:10.0g
脂質:13.5g
炭水化物:57.3g
ナトリウム:3.0g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:2.2g)
ビタミンB1:0.63mg
ビタミンB2:0.21mg
カルシウム:128mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:391kcal (めん・かやく:274kca / スープ:117kcal)
食塩相当量:7.6g (めん・かやく:2.0g / スープ:5.6g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維)、スープ(豚・鶏エキス、ラード、香味油、糖類、食塩、しょうゆ、香辛料、デキストリン、たん白加水分解物、酵母エキス、ホタテエキス、発酵調味料、ごま、香味調味料、とろみ粉末(でん粉、デキストリン、植物油脂)、ねぎ、植物油脂)、かやく(チャーシュー、ねぎ、キクラゲ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、香料、かんすい、増粘多糖類、乳化剤、炭酸カルシウム、リン酸塩(Na)、カラメル色素、クチナシ色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、卵、ゼラチン、えび、さけ、さばを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・さけ・さば・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.myojofoods.co.jp/news/pdf/20150526_01.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
そうですよね、こういうテイストでどっしり太麺だったら
なんという!アンマッチカップ麺になるでしょう。

でも塩ラーに太麺ってホントに合わないのかな??(^_^;)
どこかのメーカーさんにチャレンジしてほしいです。
澄んだあっさり塩スープに超太麺ww
Re:たういパパ
しお豚骨×もっちり麺ってどうなのかなー、と
最初は思ったんですけど、綺麗に合わせてありました。

> 澄んだあっさり塩スープに超太麺ww
あっさり塩スープだと麺勝ちしてしまいそうですね…^^;

寿がきや食品が冬の定番メニューとして出している
「冬季限定 コク塩ラーメン」なんかだと太麺も合いそうです!
No title
底力。いいですね^^

ナイスな商品ですからっ。

ところで、名言は
誰に向けて?
Re:カブトムシさん
「底力」安定してますよねー。

しばらくしたら麺に全力を注いだと思われる
「底力」シリーズのリリースがあると思うので、
いまから楽しみにしています。

迷言ですか? いや、ネタになればなー、って漠然とw

管理者のみに表示

トラックバック