明星食品「明星 ラーメンの底力 濃厚豚骨しょうゆとどっしり太麺」



私は箸にこだわりがあって、その時の気分や用途別で使い分けています。マイ箸の基本材質は「木」で、ステンレス製の箸は情緒を感じないため、あまり使いません(猫舌だから…という理由も大きいw)割箸は場合によりけりで特例ありなんですけど、プラスチックは以ての外。もちろん外出先でもマイ箸なのですが、どうやらコレクション癖もあるようで…。もともと物欲はそんな強くないんですけど、今は新しい箸が欲しくてたまらない衝動に悶々としています。いま気になってるのは、「竹」の箸。本格的な竹箸は使ったことがないので、使い勝手が気になります。あとあと、蕎麦専用の箸とか。ラーメン用の箸とは作りが違うんだなー、コレが。マイ箸の自作セット、みたいなやつも気になってるんですよ。もう自分で作っちゃおうかなー。どんなシーンでも万能だぜッ!みたいなスゲェやつ…(輝く瞳)

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 ラーメンの底力 濃厚豚骨しょうゆとどっしり太麺」です。このシリーズ、好きなんですよねー。焼き直し感が玉に瑕ですがw でも、基礎水準はいつも高い位置にキープしてくれているような印象です。今回のテーマは、「濃厚豚骨しょうゆ」と、「どっしり太麺」ということで、なかなか食べ応えがありそうですね。コストの関係上、おそらく具材は普通だと思うので、麺とスープに妥協がないか注意深く見ていきたいと思います。





は、「つるりとした表面としっかりとした厚みがあり、食べ応えのある力強いノンフライ太麺」とのこと。見るからに存在感のある麺で、湯戻し前の状態からして個性的。明星食品がセブンプレミアムで展開している、「地域の名店シリーズ」に採用されそうなビジュアルです。そして湯戻し後の仕上がりも、かなりハイクオリティですよ。加水率が高く、かなり「どっしり」とした麺で、密度の高い粘り気のある歯触り。弾力もムッチムチです。小麦感もハッキリとしていて、噛む度に豊かな小麦の風味と芳醇な甘味が口いっぱいに広がります。濃いめのスープに負けてない、その力強い小麦感も深く印象に残りました。存在感のある太麺ですが、口当たりにエッジ(角)が無かったので、ノンフライ麺らしいワザとらしさがなかったというか、ほんと自然に楽しめたんですよね。もしもこれが角刃で切った口当たりにエッジのあるタイプだったら、よほどスープにインパクトがないと完全に麺勝ちしていたでしょう。きちんとスープとの兼ね合いを考慮しつつ、確固たる存在感のある太麺、って感じだったので、バランスが良かったです。麺単体としても十二分に楽しませてくれる内容だったし、完成度の高い生麺風のノンフライ麺でした。

スープは、「豚骨に、鶏、醤油、香味野菜を加えた、まろやかでコクのある豚骨しょうゆスープ」で、「背脂を加え、より濃厚感を高めたスープに仕上げ」たとのこと。小袋の配色と雰囲気から(多分無関係w)何と無く漠然と想像してたんですけど、「はじめ屋 醤油豚骨味」のスープと非常に表情が似てますね。ベースにあのスープがあって、そこに背脂チップを放り込んだ感じ。背脂チップは粉末スープの中に入っていて、後半ふやけて馴染んでくると結構リアルな背脂になります。雰囲気だけでなく実際の濃厚さにも寄与していて、意識的に食べてみるとトロッ、とした脂身のまろやかな舌触りが感じられ、なかなかなどうして本物っぽいw これは幅広く応用できそうですね。動物系の要素は鶏と豚のWエキスで、しっかりと畜産系の旨味と重厚感があります。さらに背脂とラードが加わることによって、こってり感のある濃厚な味わいに。それでいてクドさを感じるほどギトギトはしていませんでした。濃厚系カップ麺に有り勝ちなグルタミン酸Na(いわゆる「アミノ酸等」)の主張が私は少し気になったんですけど、鼻に付くほど嫌味ではなかったし、香味野菜の風味や輪郭のある醤油ダレのキレと芳ばしさによって、単調さやピントの甘さを感じさせない仕上がりには素直に好感が持てました。豚骨特有のクセは控えめに抑えられていましたが、どっしり太麺をしっかりとささえるだけの重厚感があって、濃厚の指標を履き違えていなかったのが良かったです。

かやくは、「チャーシュー、メンマ、輪切りと斜め切りの2種類のネギ」とのこと。至ってオーソドックスな構成で、特に捻りは加えられてない模様。でもチャーシューはペラペラ系ではなく、そこそこ厚みがあって、脂身の部分はジューシー。208円という希望小売価格を考慮すると、申し分の無い肉具材かと。250円オーバーのカップ麺に入っていても何ら文句無し、そのくらいのレベルにあるチャーシューでした。メンマは小振りだったんですけど、意識すると箸休めに。ネギは粉末スープの袋にも入ってて、たしかに2種類だったのですが、そんなに存在感はなかったし、斜め切りの方は風化したような色してましたw

(標準は★3です)

いやいやいや、良いじゃないですか。「濃厚豚骨しょうゆ」スープに、「どっしり」としたノンフライ太麺で、どちらも食べる前の期待を裏切らないイメージ通りの仕上がりでした。麺に関してはそれ以上でしたね。美味しくてアッ、という間に食べてしまいました。パッケージと商品名から受ける印象通りの一杯というか、まず間違いないと思います。具材に捻りはありませんでしたが、納得のできる水準にはきちんと達していたし、製品の二大コンセプトをきっちりと体現。その完成度の高さにも太鼓判です。この麺とスープのクオリティで208円ですから、値段異常の価値があると思いますし、裏切りのない充足感が得られるでしょう。スープのテイストは自分にとって馴染み深いもの(はじめ屋のイメージ)だったのですが、麺のクオリティにはちょっと感動しちゃいました。この麺208円で作っちゃうかー、って。美味しかったです。やっぱりこのシリーズは、基本的にハズしませんね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 ラーメンの底力 濃厚豚骨しょうゆとどっしり太麺
製造者:明星食品
内容量:102g (めん65g)
発売日:2015年6月22日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:208円 (税別)
JANコード:4902881413527

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (102g) あたり

エネルギー:398kcal
たん白質:10.1g
脂質:14.0g
炭水化物:57.9g
ナトリウム:2.9g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:2.2g)
ビタミンB1:0.19mg
ビタミンB2:0.21mg
カルシウム:169mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:398kcal (めん・かやく:281kca / スープ:117kcal)
食塩相当量:7.4g (めん・かやく:1.8g / スープ:5.6g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵粉、ソース、大豆食物繊維、酵母エキス)、スープ(豚・鶏エキス、ラード、しょうゆ、糖類、食塩、香味油、デキストリン、背脂加工品、たん白加水分解物、香辛料、酵母エキス、植物油脂、ねぎ、香味調味料)、かやく(チャーシュー、ねぎ、メンマ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、酒精、カラメル色素、香料、乳化剤、かんすい、炭酸カルシウム、リン酸塩(Na)、卵殻カルシウム、クチナシ色素、微粒二酸化ケイ素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、さば、えび、ごま、さけ、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・さけ・さば・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.myojofoods.co.jp/news/pdf/20150526_01.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
安定の「底力」シリーズ、
この商品もクオリティは外さなかったんですね。
具のバラチャーシューもいい感じですやん!
あの人工的な丸いのよりもずっとナチュラルでいいです♪
コスパを考慮するならかなりの出来の製品ですね。
Re:たういパパ
いつもこのシリーズは安定してますが、
今回も外さず高品質、って感じで美味しかったです。

具材のチャーシューも日清食品の厚切焼豚をスライスした感じで、
全然チープじゃなかったんですよね。このチャーシューだったら
希望小売価格250円以上のカップ麺に入ってても何ら文句なしです!

これちょっと★6つけようかどうしようか最後まで迷ったんですよ。
予約投稿修正しましたからねw やっぱ★6でもよかったかなぁ…(迷)
No title
お師匠さま。

最近ねじまがってきてます。
期待しない。

僕はそう思いました(´・ω・`)
Re:カブトムシさん
いやっ、ちょっ…弟子よw

希望を捨てないで;;

管理者のみに表示

トラックバック