エースコック「タテ型 飲み干す一杯 山椒風味 辛味噌ラーメン」


ふんぬぅ・・・っ!

本日2回目の更新で、「タテ型 飲み干す一杯 ゆず胡椒風味 鶏しおラーメン」に続きまして、エースコックの「タテ型 飲み干す一杯 山椒風味 辛味噌ラーメン」です。「ゆず胡椒風味」と抱き合わせでリリースされたカップ麺で、同じく「梅雨にぴったりな」というキャッチフレーズが…w 柚子胡椒の方は爽やかさを売りにしていましたが、こちらは「山椒の爽快な刺激」がテーマで、テイストは「辛味噌」だそうです。完全に勝手なイメージですけど、何と無く秋か冬に食べたいw 山椒の爽快な刺激ねー。こと辣味と麻味に関しては口やかまし…(閉口)





は、「適度な弾力と滑らかさを併せ持っためん」で、「しっかりと味付けし、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。(エースコックの製品説明ではお馴染みの台詞w)こちらはカドメン風の油揚げ麺で、密度の高いモッチリとした弾力が特徴的。この麺には飽き飽きしている…と書いた舌の根の乾かぬうちに書くのもアレなんですけどw スープとの相性はバッチリでしたw 自己主張が強いタイプの油揚げ麺なんですが、油揚げ麺特有のニオイが控えめというのもカドメン系油揚げ麺に見られる特徴のひとつ。今回はスープが想像以上に太かったんですけど、麺が堂々としているので、スープとの相性はベストマッチでした。麺自体の味付もしっかりめで、スープとの一体感をきちんと高めてくれているようで良かったです。

スープは、「別添『深うまいの素』で仕上げる、白味噌と赤味噌をバランスよく配合した、ポークの旨みたっぷりの濃厚な辛味噌スープにジンジャー・ガーリック・山椒を加えた爽やかで刺激的な味わいのスープ」とのこと。和味噌の風味には鋭利なカドが無く、それでいて味噌の風味やコクはきちんと感じられます。そして予想以上に動物系のコクがどっしりとあって、こってり好きも楽しめるような濃厚な味噌スープに仕上がっていました。豚脂で明確な動物性の厚みを持たせているのですが、山椒のアクセントには中和作用があって、重厚感がありながらも最後までクドさを感じさせない見事なバランス。いやいや、期待以上じゃないですか。ジンジャーやガーリックの香味が味噌の風味とマッチしていて、味に多層性がありました。ほのかな豆板醤の風味が和味噌にはないアクセントを付け加えてくれていて、飲み応えがありながらも趣向を凝らした様々な演出が単調さを感じさせません。完成度が高いです。程良くピリッ、とした山椒の麻味(痺れ感)を感じられたのも嬉しかったポイント。でも味噌+山椒の組み合わせって、某有名店の監修ものでもありましたし、なんかちょっと卑怯だな…って思いましたw

かやくは、「シャキシャキとした食感のキャベツ、程良く味付けした肉そぼろ、彩りの良いコーン、人参」とのこと。あー、メーデー、メーデー(遭難信号w)残念ながら予想通り肉そぼろはハズレ系。一体いつまでコレを使う気なんでしょうね、エースコックは。量は結構たくさん入ってたんですけど、ぜんぜん嬉しくなかったです。キャベツは濃厚なスープと相性が良くて、量も不満なくボリューム感があって好印象。コーンの黄色と人参の朱色で彩りも良く、人参はコリコリとした歯応えあって、意外と存在感がありました。どの野菜具材も味噌スープと相性が良かったし、量的にも不足感のない内容だと思います。ただし肉そぼろ、お前はダメだ。

(標準は★3です)

実はあんまりコッチには期待してなかったんですけど、思った以上に楽しめる内容で、良い意味で予想を裏切られた結果となりました。もしも100円前後で捕獲できたら、かなりコストパフォーマンスは高いと思います。文句を付けるとしたら具材のショボい肉そぼろくらいで、ほとんど手放しに楽しめる内容なのではないでしょうか。どっしり濃厚な一杯だったので、梅雨や夏よりも冬に食べたくなるような感じだったんですけどねw それからサイズが丁度というか、もしもこれがスーパーカップみたいなバケツ型で大盛だったら、悪い意味で印象が変わっていたかもしれません。タテ型ビッグサイズはコンビニ向け、レギュラーサイズはスーパーでの販売をメイン経路にしているような雰囲気を感じるので、レギュラーサイズのターゲットは主婦層なのかもしれませんね。でもこのカップ麺は、男性ユーザーも充分に楽しませてくれる内容だと思います。ただし麺は少なめなので、おにぎりなんかとセットで食べるのがいいでしょう。ご飯との相性もかなり良さそうでした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:タテ型 飲み干す一杯 山椒風味 辛味噌ラーメン
製造者:エースコック
内容量:74g (めん55g)
発売日:2015年6月15日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901071278342

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:280㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (74g) あたり

エネルギー:313kcal
たん白質:6.7g
脂質:12.4g
炭水化物:43.7g
ナトリウム:1.6g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.0g)
ビタミンB1:0.21mg
ビタミンB2:0.21mg
カルシウム:156mg

(食塩相当量:4.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、鶏・豚エキス、砂糖、しょうゆ、野菜エキス)、スープ(みそ、豚脂、糖類、豚エキス、食塩、香辛料、豆板醤、魚介エキス、植物油脂、でん粉、酵母エキス、全卵粉)、かやく(キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、コーン、人参)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、酒精、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(甘草)、酸味料、増粘多糖類、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1506_TITO.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
たしかにちょっと季節感が外れていますが、
この季節にこういう製品もたまに食べたいですね。
タテ型レギュラーなのでさっくり気軽にいけますしネ!

Re:たういパパ
一般的な取得価格を考慮しての総評ですが
コレはなかなか完成度が高かったですよ!

量もこのくらいでベストというか、スパカなんかの
大盛バケツ型で出されたら★3だったかもしれません。

そういった意味でも印象に残るカップ麺でした。
No title
飲み干すの二種・・・。

うん、やはり夜食でしょうね。

レビューは別の物にしようっとw
Re:カブトムシさん
出来れば夜食はヘルシーなものでお願いしますw

カップ麺は人工的な物質が臓器に負担を与えるので、
やはり深夜なんかは自然食がいいですよー。

と、カップ麺ブロガー同士が語るw

管理者のみに表示

トラックバック