東洋水産「マルちゃん でかまる 肉だし塩そば」



最近ハマっている地方の居酒屋を紹介するローカル番組があって、事ある毎に女性ナレーターが、「リーズナブル」という言葉を連呼するんですよ。なんか「安くて美味しい店」=「リーズナブル」みたいな使い方をしているのですが、そのお店がリーズナブルかどうか、つまり「理にかなっているか」、「納得がいくか」どうかを決めるのは、こちらサイドなんじゃないのかとw アパレルショップの店員に、「いまセール中で、とってもリーズナブルですよー。」なんて勧められても、「いやいや、好みありますから…。」みたいな。その番組の女性ナレーターが、「リーズナブル」という言葉を発する度に、ほら、アレか。番組コンセプト的に理にかなってるとか、そういうアレか。みたいに考えながらボーッ、とその番組を見ていた自分を客観視して、ヤな性格だなぁ…w ってちょっと悲しくなりました…orz

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん でかまる 肉だし塩そば」です。同社の「本気盛」は得意なんですけど、「でかまる」はあんまり得意じゃないんですよね(苦笑)自分の過去記事を漁ってみても…お、おぅw ちなみにこのカップ麺は、「『でかまる』の『肉』シリーズ第2弾」だそうです。つまり前回の「肉醤油ラーメン」が、「肉」シリーズの第1弾に当たるということでしょうか。しばらくの間、「でかまる」は肉推しですかね。その肉具材には定評があるんだけどなぁ…。





は、「なめらかでコシのある、丸刃で切った太めの油揚げ麺」とのこと。いつもの「でかまる」の麺でしょうか。ふかふか? もちもち? な、油揚げ麺です。おそらくデフォルトの汎用麺があって、それを使い回しているのでしょう。ちなみに熱湯4分の麺と3分の麺があって、今回は4分。ジャスト4分で食べ始めるとちょっと硬めで、厚みのある油揚げ麺に有り勝ちなフカフカ食感。時間が経つとしっとり馴染んできて、口当たりの優しい質感に変わります。ちょっと柔らかくなってきたかなー、ってくらい時間が経ってからの方が、しっとりしてて自分好みでした。バケツ型の大盛カップ麺らしく食べ応えはあったんですけど、スープとの相性はイマイチかも…どうも途中から麺の油っぽさを野暮ったく感じてしまいました。

スープは、「ポーク・チキンをベースに肉の旨味を利かせた、塩味スープ」とのこと。製品説明の通り、しっかり肉エキスっぽい旨味はあったんですけど、油揚げ麺の風味と油っぽさが滲み出てくる後半は、全体がちょっとボヤけてくる感じ。油揚げ麺の主張はバランスブレイカー、ってほど強烈ではなかったものの、このシリーズの麺は、いつも「いつもの油揚げ麺」なので、それをコスト的にも汎用したいのであれば、ネガティブな部分が気にならないような工夫がスープ側に欲しかったです。それから「粉末かつおぶし」なんかも入っているのですが、そこに肉の旨味が合わさるもんだから、「四季物語」明けということも相俟って、気分は完全に「沖縄そば」っていう…w 発売日も同じ日にちですし、何だか焼き直した感が強いというか、流れ作業で生まれたような雰囲気が否めないスープでした。ガツンッ、とした押しの強さがあるわけでもなく、ホッ、と優しいわけでもなく、単調な雰囲気+油揚げ麺の風味でボヤけてるなー、といった感想が先行してしまったので、何か全体を引き締めるようなアクセントがあったら良かったんですけどね。

かやくは、「味付豚肉、味付鶏挽肉、たまご、ねぎ」とのこと。「肉」シリーズと銘打ってますが、ここは申し分無いですね。味付鶏挽肉とタマゴは予めカップに入っていて、かやくの1袋には味付豚肉(いつもの美味しいやつ)と小葱、もう1袋はフルで味付豚肉でした。鶏挽肉は混ぜるとカップの底へと沈んでしまいますが、豚肉は終始存在感大。赤身っぽい部分は肉のエキスがギュッ、と詰まったような旨味があって、脂身の部分は甘味があってジューシー。現状、薄切にされたバラ肉系の肉具材で、最もリアルで美味しいのは、この味付豚肉だと思います。鶏挽肉は掻き混ぜると存在感が少し薄れてしまうものの、麺を食べ終わった頃になると底に結構な量が沈んでいたので、上澄みのスープを捨ててラストひとくちガサガサッ、と口に放り込んだら、鶏挽肉の旨味が口いっぱいに広がって幸せでしたw タマゴはかきたまっぽくて、ふわふわしてて美味しかったです。それからこれは個体差だと思うんですけど、厚みが3倍はあろうかという脂身の部分が入ってたんですよね。噛むとじゅわぁ〜…っと、あまりにもジューシー過ぎて、口元が緩みましたw

(標準は★3です)

予想通りというか、何というか…w コンセプト通りの肉推しで、確かに「うまい大盛」ではあったものの、やっぱり食べ応え重視というか、良くも悪くも大盛バケツ型カップらしい仕上がりでした。普通に美味しかったし、肉たくさんだったし、でも★3の範疇は超えられなかったか…みたいな。麺とスープのクオリティは量でカバーし、単純に量を増やした具材の肉で購買意欲を訴求するといった方向性は、ある意味「でかまる」らしくて分かり易かったんですけどね。この製品のコンセプトには沿ってはいたものの、肉以外のサプライズがあったらモアベターだったかなぁ、と。肉の旨味に油揚げ麺の風味と油脂感が重なって、全体がボヤけちゃってたような印象を受けたので、柑橘系の清涼感のあるアクセントを散りばめるとか、カプサイシンやピペリンなんかのホット系の刺激、もしくは少し気を衒って山椒や柚子胡椒なんかをアクセントにしてみたら面白かったかも。それかいっその事「沖縄そば風のスープに『でかまる』の麺を合わせちゃいました」みたいな感じで開き直ってですねw 別添でヒバーチの小袋なんかを付けたら面白かったんじゃないのかなー、とも思ったんですが、どうでしょうw きっと次回も「いつもの麺」に、「そこそこのスープ」と、「ダブルパックの肉」で食べ応え重視に攻めてくるような気がしますけど、なんやかんやで楽しみだったりしますw 第3弾は無難にカレー味かなぁ。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん でかまる 肉だし塩そば
製造者:東洋水産
内容量:110g (めん90g)
発売日:2015年6月15日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990333757

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:530㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・かやくパック2袋)

~標準栄養成分表~

1食 (110g) あたり

エネルギー:495kcal
たん白質:13.2g
脂質:20.8g
炭水化物:63.8g
ナトリウム:3.0g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:197mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:495kcal (めん・かやく:438kca / スープ:57kcal)
食塩相当量:7.6g (めん・かやく:2.8g / スープ:4.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、香辛料、粉末野菜、卵白)、かやく(味付豚肉、味付鶏挽肉、たまご、ねぎ)、添付調味料(食塩、ポークエキス、醤油、香辛料、チキンエキス、砂糖、粉末かつおぶし、たん白加水分解物、香味油脂)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、炭酸カルシウム、増粘多糖類、カラメル色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、カロチン色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香料、(原材料の一部に乳成分、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これ、あのしょうゆ味の肉そばの続編だったのですね。
それを知っていれば購入していたかもしれません。
自分はあのしょうゆ味、とても気に入ったのでね!
でも塩味で肉のW具材はちょっとムリある感じもします。
次は秋~冬モノということで味噌味じゃないんですか?
Re:たういパパ
同じ「肉」がテーマですし、第2弾ということで、
おそらく「でかまる 肉醤油ラーメン」の続編かと。

前作のパパの評価は高かったですもんね!

仕上がりとしては確かに、って感じではあったんですけど、
具材で点数を稼いでも★3は超えられなかったかなー、と。

> 次は秋~冬モノということで味噌味じゃないんですか?
おっ、確かに。第3弾も味付豚肉を主力にしてきそうだったので、
そう考えたらカレー味がベターかなぁ、と予想したんですけど、
味付豚肉+味噌の兼ね合いも言われてみれば気になります。

もしそうならガーリックがガツンと効いた味噌スープがいいですね!
No title
こんばんわ~。
今夜は飲むぞ・・・
昨日のことでしょうか?

お師匠さま。あまり飲んではいけませんよw

Re:カブトムシさん
> 今夜は飲むぞ・・・
今夜(08/10)ですねw 昨日は休肝日だったんですよ。
毎週日曜日は、肝臓も日曜日ということで。

うむ、弟子よ・・・気を付けるw

管理者のみに表示

トラックバック