ヤマダイ「凄麺 富山黒醤油ラーメン」


未だ嘗てないヤマモトの幅の利かせ方w

昨日、マクドナルドの新商品、「アボカドビーフ」と、「アボカドえび」を食べてみました。わさびソースのアボカドビーフは、わさびの軽い刺激と風味がきちんとあったんですけど、アボカドと同化しているような印象も。それからビーフパティは兎も角、ベーコンと合うかと言われると、うーん…。わさび茶漬っぽい風味のソースだったので、なんか刻み海苔とか合いそうだなー、ってw「てりたまバーガー」のソースとかに使ってみたら面白いかも。コブサラダソースのアボカドえびは、コブサラダソース+アボカド+エビという不動の組み合わせで、相性は言わずもがな。相性や各々のバランスも良かったし、アボカドえびはハマれました。ベジタブルチキンは…食指が動かなくてスルーですw あのカラフル野菜が練り込こまれたチキンパティが、あんまり美味しそうに見えないんですよね(苦笑)アボカドマフィンも気になったんですけど、朝マックということで断念。私は熱を通したアボカドが少し苦手なので、ビーフパティやベーコン、えびかつの余熱で若干、アボカドまで温かくなっていたのが残念でしたが(仕方ないw)アボカドえびは再食してもいいかなー。って徒歩圏内にマクドナルドなんか無いので、もう期間内には行かないと思いますけどw ちなみにフレッシュマック3品の中では、BLTが好きです。でもやっぱりメガマック注文しちゃうw(店舗によりますけど、密かに復活してますよー。)

さて、本日の一杯は、ヤマダイの「凄麺 富山黒醤油ラーメン」です。富山黒醤油ということで、題材は「富山ブラック」でしょう。瞬間的に思い浮かんだのは、寿がきや食品の「全国麺めぐり 富山ブラックラーメン」というカップ麺。あちらは常時販売品ですが、同じ題材でも差別化が図られているかに注目ですね。


今回、例の「オブラート状の物質」が大量に纏わりついていたのですが…個体差でしょうかw



は、「モチモチとした生麺に近い食感を再現した当社独自製法のノンフライ麺」で、「太麺を使用し、時間が経っても伸びしにくいのが特徴」とのこと。角刃で切った幅と厚みのある麺で、軽く縮れのつけられたノンフライ麺です。以前は解れにくさやゴリゴリとした不自然なコシ(?)が気になった凄麺のノンフライ麺ですが、最近は難なく解れてくれますし、不自然なゴリゴリ感も気にならなくなってきました。スープに押しの強さとインパクトがあったのですが、それに負けない存在感の持ち主。モチモチとした粘り気とコシ、そして歯切れの良さを両立。製品説明通り、時間が経っても伸びにくいのが特徴です。小麦感が強く、生麺風というのも納得のクオリティではあるのですが、あまりに湯伸びするのが遅い、というのがある意味ノンフライ麺らしいですねw 今回は特に小麦の風味を強く感じ、力強いスープに負けない麺の風味が印象に残りました。その小麦感とスープの鋭利な部分が見事なコントラストを描いていて、後味に残る小麦と醤油の余韻が何とも言えず心地良かったです。後半にかけて液体スープが馴染んでくると、スープとの一体感が高まり、歯触りも自然な感じになってくるので、後半こそ美味しいと思える麺でした。わざと時間をかけて食べるのもオツなんじゃないのかな、と思います。

スープは、「地元富山の山元醸造株式会社の丸大豆醤油を使用し、魚醤の旨味とチキン、ポークのコクを効かせた黒い醤油味が特徴のスープ」で、「さらにピリッと辛い黒胡椒と香り立ちの良い魚粉からなる別添の特製スパイスが、スープのおいしさをより引き立たせ」るとのこと。ご覧の通り見た目からしてインパクトがあって、少し時間が経てば麺まで真っ黒に染め上げてしまいます。醤油好きには堪らないビジュアルでしょうね。数値的にも体感的にも塩気は強めだったんですけど、別添のスパイス(黒胡椒&魚粉)によるパンチが幾分、塩分濃度の高さを緩和してくれていました。私は塩気に過剰反応しますが、こういうスープは好きなんですw まず醤油感ですが、若干クセのあるタイプ。でも醤油特有のコクや旨味など、風味を重視しているような醤油感だったので、嫌味な感じではなかったです。そして富山ブラックらしく、多めの黒胡椒でバチッ、とパンチを打ち出していますね。そんな黒胡椒のインパクトも然る事乍ら、かえしには少し甘味があって、どこかキレのある蕎麦つゆを彷彿とさせるような味わい。醤油の旨味が凝縮された醤油ダレに魚醤がふわっ、とアクセントを加え、魚粉が和のテイストをブースト。ちょっと面白かったです。ただ闇雲に尖っているわけではなくて、濃口醤油特有のコクも感じられたし、山元醸造株式会社の丸大豆醤油を使用したというこだわりが体感できたことに好感が持てました。これなら醤油好きも納得でしょう。畜産系の厚みもあって、魚粉の主張もバランスがよく、黒胡椒でインパクトを持たせつつもトータルバランスに優れた仕上がり。黒胡椒耐性の低い人はヤメといたほうが無難ですが、ガテン系な黒醤油スープを求めているときはピタッ、とハマれるんじゃないのかな、と。個人的には寿がきや食品の方が好みではあったものの、トータルバランスの高さと完成度は素直に評価したい黒醤油スープでした。

かやくは、「チャーシュー、ネギ、メンマ」とのこと。寿がきや食品と比較すると、ここはヤマダイが圧勝でしょうw チャーシューはそれなりに厚みがあって、脂身の部分は甘くてジューシー。どんぶり型ハイエンドカップ麺の肉具材として、納得できるチャーシューだと思います。ネギは特有の風味がきちんとあって、大きくカットされた部分は甘味と仄かな辛味があり、小さくカットされた部分は無意識的に麺にまとわりついてくるので、どちらもアクセントになってくれたのが良かったです。メンマはそんなに大きくなかったし、量が多いわけでもなかったんですけど、意識的に拾って食べると食感と発酵感がいい箸休めになりました。これといって特別な具材が入っているわけではありませんが、インパクトのあるスープで充分に楽しめる内容だったので、シンプルかつソツのない具材構成は好印象です。

(標準は★3です)

黒胡椒のインパクトは寿がきや食品に軍配ですが、コチラも市販品ということを考慮すると、しっかりとインパクトがありました。魚粉の存在や奥から感じる味醂風の甘味など、寿がきや食品の富山ブラックとも差別化が図れていたのが良かたです。寿がきや食品の方は常時販売品なので、見つけたら食べ比べてみるのも面白いと思いますよ。私は寿がきや食品の富山ブラックの方が好みでしたが、寿がきや食品のほうはしっかり黒胡椒ラーメン、こちらは蕎麦つゆを彷彿とさせるような和のテイストを感じる黒胡椒ラーメン、みたいな感じで、お互いに良き個性があり、どちらも完成度が高いと感じました。個人的な好みを言わせてもらうと、もうちょっと黒胡椒は多くても良かったです(注意:黒胡椒馬鹿の意見w)濃いめの味付と和風テイストな味だったので、きっと白ご飯との相性はさぞ宜しかろうと思います。黒胡椒の刺激に対して耐性が弱い人と、醤油特有のクセなんかが苦手な人は手を出さないほうが無難ですが、パンチのある黒醤油ラーメンが食べたい気分のとき、このカップ麺をチョイスすれば大きくハズすことはないでしょう。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:凄麺 富山黒醤油ラーメン
製造者:ヤマダイ
内容量:119g (めん65g)
発売日:2015年6月8日 (月)
発売地区:-
希望小売価格:210円 (税別)
JANコード:4903088011271

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (液体スープ・かやく・特製スパイス)

~標準栄養成分表~

1食 (119g) あたり

エネルギー:360kcal
たん白質:11.4g
脂質:6.4g
炭水化物:64.1g
ナトリウム:3.0g
(めん・かやく:0.4g)
(スープ:2.6g)

(食塩相当量:7.6g)
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:6.6g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、大豆食物繊維)、スープ(しょうゆ、糖類、動物油脂、植物油脂、食塩、香辛料、チキンエキス、魚醤、ポークエキス、たん白加水分解物、鰹節粉末、オニオンパウダー、醸造酢、ガーリックエキス、ジンジャーエキス)、かやく(味付豚肉、ねぎ、メンマ、糖類)、加工でんぷん、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酒精、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(キサンタン)、乳化剤、クチナシ色素、(原材料の一部に卵、乳成分、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これ、コショーキツかったですワ~(^_^;)
最初の一口目は不用意にいったのでむせ返りましたww
慣れればそれが心地よかったんですがww
まぁ、好みの分かれる一品ですね。
とくにビジュアルはスゴイですからね!

マクドの「アボカドビーフ」と、「アボカドえび」・・・
アンタ、そんなもん食べれるの?
それなら餃子も余裕でOKやな!ww
Re:たういパパ
寿がきや食品の「富山ブラック」は、これ以上ですねw
当初の黒胡椒一辺倒の時は少し引きましたけど、
今は随分とバランスが見直されたように思います。

一方、こちらは蕎麦つゆを思わせる和のテイストが思いの外あって、
らーめん色の強い寿がきや食品との差別化が図れていたのが良かったですね。

どうやら私は富山ブラックに弱いようですw
っていうか最近、醤油感が強いラーメンが好きなのかも…
相変わらず塩カドには過敏に反応してしまうんですけど(苦笑)

> マクドの「アボカドビーフ」と、「アボカドえび」・・・
いやw あの、コレには深〜いワケがあってですね…(アタフタ)
No title
これ、弟にとられた奴ですわーwww

そして、レビューは俺に任せろとか
言ってたのに感想は一言。
うまかった。

( ・`д・´)?

えーーーっと・・・
レビュー記事ってうまかったで
よかったかなぁ・・・(´・ω・`)
Re:カブトムシさん
お疲れ様です!

弟さんに横取りされましたか…っていうか
弟さんツボですww 任せろからの一言ってw

いっかいブログ任せてみても面白いかもしれませんよ?
私ならランキングタグ連打しますねw
No title
うわ…一瞬、ああいうパッケージデザインかなぁ…
と、思いましたわ…(笑)あまりにも
溶け込んでいるから…(^_^)

ヤマモト恐るべし!

富山ブラック、好きなんですよ…
これもかなり興味アリアリですわ…
でかっ!
ヤマモトの態度!でかっ!
Re:ハシダ・メンさん
> うわ…一瞬、ああいうパッケージデザインかなぁ…
> と、思いましたわ…(笑)あまりにも
> 溶け込んでいるから…(^_^)
そう言われて、そう見えてきました(笑)
たしかに絶妙にマッチして見えますねw
パッケージが黒と赤でシックに決まってますし、
ヤマモトがどこぞのマフィアのボスに見えなくもないですw

> 富山ブラック、好きなんですよ…
自分も好きです!醤油感が強すぎたり、
塩分濃度が高いスープは苦手なはずなんですけど、
黒胡椒のパンチで乗り越えちゃってるんでしょうね。
カップ麺でも富山ブラック系の時は基本ハマってます!

寿がきや食品の富山ブラックと表情の違いがありますし、
見かけたら試してみてください。ちょっと和のテイストがオツでした。
Re:JoJo氏
いい感じでしょ?(笑)

最近、「ヤマモト」を「ハセガワ」に改名しようか悩んでます。
もちろん元ネタはアレですけど、すでにヤマモトの浸透率が…w
No title
お師匠さまwタグ連打やめてw
Re:カブトムシさん
うむ、弟子よ・・・。

マジでバトンタッチしたら2桁は高速連打決定w

管理者のみに表示

トラックバック