日清食品「チキンラーメンどんぶり 酸辣湯風」



今日は京橋(大阪)で定例オフ会があるので、明日の記事は予約投稿になります。ちゃんと日曜日は休肝日したし、久々のリミッター解除だな(きゅぴーん)

さて、本日の一杯は、日清食品の「チキンラーメンどんぶり 酸辣湯風」です。「チキンラーメンビッグカップ ピリッと辛口担々風」に続く「アレンジレシピ」第2弾に当たる製品で、今回もフタの裏にレシピが書いてありました。酸辣湯風かー。チキンラーメン×酸辣湯風という組み合わせ、想像のイメージ的にはピッタリなんですけど、オリジナルのチキンラーメンの主張と兼ね合いが気になりますね。





は、「しょうゆベースのチキンスープで味付けした、香ばしい『チキンラーメン』の麺」とのこと。おそらく、いつものチキンラーメンの麺と同じでしょう。ど安定のクオリティ。吸水力が高いので、柔麺が苦手な人は早め(推奨時間1分半~2分弱)にフタを開けましょう。時間経過によってスープが濃くなってくる、というのもチキンラーメンの特徴ですよね。これによって後半はチキンラーメン色が濃くなってくるんですけど、これもこのシリーズのオツなところなのかな、と。変化球を狙った時、この麺の主張が仇になる場合もあるのですが、今回は大丈夫でした。

スープは、「国産チキンを100%使用したローストしょうゆの味わいの元祖鶏ガラスープに、黒酢とラー油の風味を加えた酸辣湯風スープ」とのこと。あくまでベースにはチキンラーメンの芳ばしい鶏ガラしょうゆ味のスープがあって、そこに軽く黒酢と辣油を入れるといった非常にシンプルな内容。スープの原材料も醸造酢と食物油脂というビックリするくらい簡素な構成で、実際の味わいも然り。ただ、このアレンジはハマってますよ。若い米酢には無い黒酢特有の熟成された酸味が印象深く、強烈に効かされているわけではなかったものの、決め手と呼べるだけの個性はきちんと感じられました。軽めとは言え辣油のピリッ、としたアクセントが食欲を刺激し、さらに胡麻油っぽい風味が中華っぽさを加速。共にオリジナルを侵食し過ぎず、程良く個性を与えるといった絶妙な主張でした。もうちょっとパンチが欲しい、って人は酢(黒酢)と辣油を足せば解決でしょう。もちろん本格的な酸辣湯ではありませんが、チキンラーメンに酸味と辣油の風味を加えるとこうなる、というのが分かり易く提案されていて、アレンジの幅を広げるという意味に於いては非常に提案力の高いスープに仕上がっているのではないでしょうか。不満要素を挙げるとすれば、少しトロミ成分なんかが入ってると良かったかな、と思いました。

かやくは、「かきたま、シイタケ、ネギ、キクラゲ」とのこと。かきたま、コレはいつものタマゴですね。ふわふわで好みです。酸辣湯風ということで、椎茸とキクラゲが中華料理っぽさを演出。どちらも目立った主張ではありませんでしたが、雰囲気を醸し出すには充分でしょう。肉具材は入っていませんでしたが、特に不満は感じなかったです。欲を言えばスープの雰囲気的に、食感のある細切りのタケノコなんかが入ってると嬉しかったかなー。

(標準は★3です)

チキンラーメンの酸辣湯風アレンジ、予想以上にハマってました。いつものチキンラーメンに黒酢と辣油を軽めに効かせてみました、みたいなシンプルなアレンジだったんですけど、なかなかどうして酸辣湯風w 個人的にはもう少しエッジが欲しかったのですが、そこは自分で黒酢と辣油を追加すれば調整できますし、酸辣湯風というアレンジがチキンラーメンにハマるということが体感できたので、ちゃんと需要のあるカップ麺だと思いました。やっぱり液体スープの存在は大きいですね。そんなに凝ったテイストじゃないんですけど、きちんと題材のコンセプトや変り種としての個性は打ち出せていたと思うし、チキンラーメンらしさを期待して手に取っても楽しめて、ちょっとした変化で普段とは違う表情に期待してもそれなりに満たしてくれる、みたいな。目立ったインパクトこそなかったものの、結果的に満足できました。これは家で袋麺でも試してみたいですね。いやー、もう思いっきり相乗効果バリバリじゃないですかw(まんまとメーカーの術中に落ちる…w)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:チキンラーメンどんぶり 酸辣湯風
製造者:日清食品
内容量:92g (めん80g)
発売日:2015年6月1日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105233047

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (92g) あたり

エネルギー:400kcal
たん白質:8.7g
脂質:17.4g
炭水化物:52.3g
ナトリウム:2.1g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.2g)
ビタミンB1:0.60mg
ビタミンB2:0.75mg
カルシウム:114mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:400kcal (めん・かやく:355kca / スープ:45kcal)
食塩相当量:5.3g (めん・かやく:2.3g / スープ:3.0g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、醤油、食塩、チキンエキス、糖類、たん白加水分解物、香辛料、香味調味料、オニオンパウダー)、スープ(醸造酢、植物油脂)、かやく(卵、味付椎茸、ねぎ、キクラゲ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、やまいも、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・鶏肉・大豆・やまいも・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
初日におおへこみしました。

(´・ω・`)

難しいっすなあ。
No title
ふむふむ...チキンラーメンのアレンジは
今まで何度かいただきましたが、どうしても
オリジナルの味が強くて、難しかったですよね...

でも...酸辣だったらアリかもしれないな...
僕も見つけたら買ってみますわ...
No title
昨日はお疲れちゃんでした!
いいものをありがとうございます(^O^)/

チキラーの次回作の話聞いてすでに期待が膨らみます。
この製品はチキラーカップシリーズの枠にちょっと収まりすぎかな?(^_^;)
でもレギュラーサイズのどんぶりだったのは自分的には助かります。
もうちょっとはじけてほしかったww
Re:カブトムシさん
初日におおへこみって…マジですか(泣)
大丈夫? くれぐれも無理なさらないでくださいね。
Re:ハシダ・メンさん
> オリジナルの味が強くて、難しかったですよね...
そうなんですよ。オリジナルが濃すぎると個性が無いし、
かといって弱いとチキンラーメンではなくなる。
レビュアー泣かせなアレンジカップ麺のひとつです(苦笑)

でもこの酸辣湯風は中々でしたよ!
チキンラーメンらしさがきちんとあって、
そして変り種としての個性も感じられました。

とろみ成分があったらモアベター、
自分で水溶き片栗粉を少し入れてみるのもアリかもしれません。
Re:たういパパ
> いいものをありがとうございます(^O^)/
あのアングルは本気で吹きましたねw 最高でしたww

確かに今回はチキラー色が濃いめでしたが、
自分的には中々アレンジも効いていたように思いました。

とろみ成分がなかったのがちょっと残念でしたね。
もうひとつ小袋があったら更に化けたと思います!
No title
takaさん、こんばんは!

ここ最近のアレンジ系の中では、
黒酢+ラー油を入れただけという超シンプル路線ですが、
それが思いのほか酸辣湯らしさを演出していて、
その個性の変化には大いに驚かされましたね!

でもって、意外にもチキンラーメンと
酸辣湯路線の相性がいいという発見もありましたし、
シンプルながらもアレンジの良さが光ってましたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

> 黒酢+ラー油を入れただけという超シンプル路線ですが、
そうなんですよ!思ってたよりも酸辣湯風ハマってましたよね。

> でもって、意外にもチキンラーメンと
> 酸辣湯路線の相性がいいという発見もありましたし、
自分はチキンラーメンに酢を入れて食べた事があるのですが、
それを酸辣湯に結びつけるまでには至らなかったので、
違和感が無いながらも新しい発見となりました。

次回作が既に発表されていますが、
ひっくり返らない事を祈ります(笑)

管理者のみに表示

トラックバック