エースコック「タテロング 池袋大勝軒 中華そば」



3DSソフト「DQⅧ」の発売まで、あと約1ヶ月。最近は暇潰しに、「ガンダムブレイカー2」(PS Vita)で遊んでます。どうも最近、テレビにつなぐタイプのゲームに手が伸びないんですよねぇ…初回限定版の「ダークソウルⅡ」も、未だに密閉状態(苦笑)ちなみにガンダムシリーズはファーストが好きで、SEED以降はよく分かりません(SEEDも見てない)一定の世代からアニメだとCGが多用されたり、絵のタッチがガラッ、と変わったじゃないですか。私はレトロでザラついた画質のガンダムが好きなので、所謂「平成ガンダム」には疎いんです。ちゃんと見たら面白いんだろうけど。ちなみに平成ガンダムの中では、平成3部作と言われている「機動武闘伝Gガンダム」だけは唯一、まともに見た作品かもしれません。ゲームでもゴッドガンダムびいきですw そろそろMGのパーツ集めしようかなー。

さて、本日の一杯は、エースコックの「タテロング 池袋大勝軒 中華そば」です。2003年から長きにわたって、エースコックと大勝軒がタイアップして開発されてきたこのシリーズ。創業者の山岸一雄さんがお亡くなりになり、今後どうなるかと思っていたのですが、関係者の意向によって今後も山岸さんの意思は継がれていくようですね。山岸さん亡き後の再現カップ麺としては、この「中華そば」が第1弾に当たります。タテ型カップ麺の再現モノですが、大勝軒コラボはいつも安定して美味しいので、特に構える必要もないでしょう。オーソドックスなテーマに期待。





は、「適度な弾力と滑らかさを併せ持った角刃の太めん」で、「適度な味付けを施し、食べ応えのあるめんに仕上げ」たとのこと。やや厚みのある幅広の太麺で、密度が高く力強い油揚げ麺です。そのクオリティは高く、弾力のある噛み応えと歯切れの良さを両立。麺の味付もしっかりとしていて、しょうゆ,鶏・豚エキス,砂糖,野菜エキスなど、エースコックお得意の構成ですね。主張の強い存在感のある油揚げ麺なんですけど、スープの動物系の色が予想以上に濃かったので、踏み外した感は皆無。中華そばという題材のスープに主張の強い太めの油揚げ麺という組み合せから、最初は少し懸念していた部分があったのですが、全く以て杞憂のことでした。麺の味付がスープとの橋渡しをしていて、麺が独り歩きしたりスープとぶつかってしまったりというようなネガティブさも感じられず、スープとの一体感と食べ応えのある組み合せを素直に楽しめたのが良かったです。油揚げ麺特有の風味もそれなりにあったんですけど、嫌味ではありませんでした。

スープは、「ポークやチキンの旨味に、魚介エキスをバランスよく組み合わせたしょうゆベースのスープ」で、「ほのかな甘みとコクに、チキンの風味が食欲をそそ」り、「別添スパイスを加えることで、最後まで飽きの来ない味わいに仕上げ」たとのこと。ちなみに別添のスパイスは、「実際の店舗にある「花胡椒」をイメージ」しているそうです。まさに正統派という文字が相応しい王道の中華そばらしい味わいで、どこか落ち着くような優しい面持ち。ベースは鶏と豚のWエキスを使って動物系の旨味をきちんと持たせ、そこに豚脂を中心とした動物油脂でパンチと重厚感を演出。ほんのり鶏油の香りが加わることによって、豚脂だけでは出せない油脂感がオイルの質を高めています。さらに効果的だったのが、具材のメンマから染み出す風味とメンマパウダーの香りで、これによって古風な中華そばらしさが一気に加速。醤油ダレの主張もカドがなく、魚介はあくまで下支え。中心になっているのはハッキリと畜産系の要素なんですけど、別添のスパイスによる香辛料の香りが適度に全体を引き締めてくれていて、最後まで飽きさせず、こってり感がありながらもクドさを感じさせないバランス。砂糖やオニオンパウダーによる甘味も自然な感じで、これによってコクが深まっていました。奇抜さや派手さこそなかったものの、味わい深さと奥行きを感じるクラシカルな動物系醤油スープですね。主張の強い麺にも負けない力強さを持っていたのが良かったです。

かやくは、「程良い味付けの焼豚と、コリコリとした食感のメンマ、色調の良いねぎ、なると」とのこと。如何にも中華そばらしい構成ですね。奇を衒った具材はありませんが、今回はスープがクラシックな王道路線にあったため、この取り合わせで間違いないでしょう。焼豚は汎用のカップ麺らしい肉具材でしたが、適度に厚みがあって、味付はいつもより濃いめ。あくまでインスタントらしい具材なんですけど、その土俵に於いてのクオリティは高いと言えるでしょう。タテ型カップということで納得もできますし、雰囲気を醸し出すという意味でも効果的でした。それからメンマですが、相変わらず美味しいです。エースコックのタテ型カップにメンマが入ってると、いつも同じようなことを書いてるような気がするんですけど、エースコックの乾燥メンマって優秀なんですよ。しっかりとした歯応えと特有の発酵感があって、安定のクオリティ。明らかに汎用と思われる具材ですが、むしろ汎用してくれて有り難うと思えるようなメンマです。ネギも風味がきちんとあって、歯触りもアクセントになっていたし、ナルトで視覚的にも賑やか。王道路線を引き立てるような具材構成で、特にケチをつける要素は見当たりませんでした。

(標準は★3です)

動物系の要素を中心とした王道のクラシカルな中華そばをイメージしたような仕上がりで、まさに実直な正統派と例えたくなるような一杯でした。麺,スープ,具材の全てがソツの無い印象ではあったものの、食べ応えのある麺に弱さを全く感じさせない厚みのある王道の動物系スープ、そして古風な雰囲気を確固たるものにしていた具材構成など、大勝軒ブランドの今後に向けて原点回帰しているような印象を受けました。奇抜さや突出したインパクトこそ無かったものの、総合力の高さは太鼓判。食べ応えのあるタテ型カップの中華そばとして、まず間違いのない一杯だと思います。いい意味でイメージ通りの仕上がりでした。取り敢えず2,3個ストックしときたいというか、ふと食べたくなるような優しい味わいで、山岸さんの笑顔のような温かい雰囲気を感じられたのが良かったです。エースコック×大勝軒、今後の作品も楽しみですね。そろそろ正統派のつけ麺も出してもらいたいなー。

(※以下余談)今回はエースコックにしては珍しく、フタの上にスパイスの小袋が貼り付けられていたんですけど、もう一袋(調味油)は相変わらずカップの中で粉末スープにまみれてましたw 以前も大勝軒の再現モノで(池袋大勝軒 ワンタン中華そば)フタの上に液体スープの小袋が貼り付けられていたことがあったのですが、フタの上に貼る技術があるんだから、いっそ統一して貼ってくれとw この粉末スープまみれの小袋もエースコックの個性のひとつと言えなくもないんですけど、東洋水産の頑な縮れ麺然り、メーカーのこだわり?みたいなものがあるんですかねw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:タテロング 池袋大勝軒 中華そば
製造者:エースコック
内容量:98g (めん80g)
発売日:2015年5月25日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071278304

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (調味油・スパイス)

~標準栄養成分表~

1食 (98g) あたり

エネルギー:437kcal
たん白質:10.3g
脂質:17.2g
炭水化物:60.2g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.43mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:2.6mg

(食塩相当量:5.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、鶏・豚エキス、砂糖、野菜エキス)、スープ(豚脂、食塩、しょうゆ、でん粉、鶏・豚エキス、砂糖、香味油、鶏油、植物油脂、魚介エキス、たん白加水分解物、ポークコラーゲン、酵母エキス、大豆たん白、香辛料、オニオンパウダー、メンマパウダー、発酵調味料、コンブエキス)、かやく(焼豚、ねぎ、メンマ、なると)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、カラメル色素、かんすい、カロチノイド色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘多糖類、甘味料(ソルビット)、酸味料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、紅麹色素、(原材料の一部に卵、乳成分、えび、さば、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・さば・大豆・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
大勝軒のカップ麺はエースコックさんにとっても
ある程度安定した売上を見込めるシリーズなので外せないでしょう。

で、大勝軒系のスープってけっこう魚介の強いイメージなんですが
この製品はそんなことなさそうですね。
麺の雰囲気もじっさいのお店の麺の再現度が高いように感じました!
今後もいろいろな思い出限定メニューのカップ麺に期待したいです。
Re:たういパパ
このシリーズは本当に安定感がありますよね!

今回、魚介はあくまでも下支えでした。
多分この程度なら、パパでも大丈夫なのではないかと。

そろそろ「つけ麺」来て欲しいんですけど、
パパ的には別に、って感じでしょうねきっとw
No title
むぅ・・・在庫の中に・・・ガクブル
Re:カブトムシさん
安定した美味しさでしたよー。
気楽にイきまShow!
私はν(ニュー)ガンダムが好き♡

グフもええなぁ〜

グフフ・・・←‼︎
No title
takaさん、こんばんは!

今回のこの中華そばは実に安定感がありましたね!

昔ながらの雰囲気を持たせたスタイルながら、
単によくある路線に調えてしまうのではなく、
豚脂をバチッと効かせることで力強さを出し、
太麺とも上手く合うように調整してきたのが特に良かったです!(●・ω・)

バランス調整を間違うと麺勝ちになるところを
これだけきっちりとまとめあげてきましたからね!

今後のこのシリーズに対しても安心感が持てる、
そういう印象を強く与えてくれる内容でした!

山岸さんは旅立たれましたが、
これからのこのシリーズには頑張ってほしいですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:JoJo氏
JoJoとは違うのだよ…JoJoとは…!(ランバ・ラル)

νガンダムかっこいいですよね!
フィン・ファンネル使い捨てなのがアレですけど…(苦笑)
「Hi-ν」になるまでは、ちょっとエコじゃないですよねー。
(ガンダムにエコを求めること自体ナンセンスだがw)
Re:かーとさん
こんにちは!

コレ美味しかったですねー。

特別インパクトがあるわけではなかったのですが、
動物推しのスープと麺の相性も良かったし、
食べ応えもあって素直に楽しめました。

バランスという点に於いては、
縦型カップなのに絶妙な安定感がありましたよね。
「なのに」というか、「だからこそ」な雰囲気でした。

引き続き新作のリリースが楽しみです!
でも、しばらくは過去作品の再販も考えられますね。
ワンタンとかが間に入ってきそうな予感がします(笑)

管理者のみに表示

トラックバック