サンヨー食品「サッポロ一番 カレーラーメンどんぶり」



本日2回目の更新で、「サッポロ一番 塩とんこつラーメンどんぶり」に続きまして、サンヨー食品の「サッポロ一番 カレーラーメンどんぶり」です。こちらも袋麺が先に発売されていますが、残念ながら未経験。なのでカップ麺で初体験になるんですけど、サンヨー食品の袋麺をカップ化という流れから、よく言えば「安定した」悪く言えば「中庸的」な仕上がりが予想されます(個人的推測)





は、「もちもちとした食感で、カレースープによく合う中太めん」とのこと。やや幅と厚みのある縮れ中太麺で、密度はそこそこ高め。かと言って存在感は多大な麺ではなくて、カレーつゆに合わせて適度に調整した感じ。目新しさのある油揚げ麺ではありませんが、大きく踏み外すこともなく、スープとの相性も悪くありませんでした。油揚げ麺特有の風味もそれなりにあったんですけど、製品バランスを崩すようなものではなかったし、むしろ程良くジャンクで良かったです。

スープは、「ビーフのうまみに、オニオンとガーリックのコクを合わせ、香り豊かなカレーパウダーで程よい辛さに仕上げ、隠し味として白みそやチャツネシーズニングパウダーで味に深みを加え」たとのこと。ビーフを中心動物系の旨味がきちんとあって、どこか欧風カレーっぽい雰囲気を感じるスープですね。スパイスは香りを強調したものかと思いきや、思ってたよりもピリッ、とした刺激があったのが好印象。全体的にコクと深みや柔らかなまろやかさを強調しつつ、後口にはシャープな面持ちも。白味噌は確かに隠し味でしたが、チャツネシーズニングパウダーは割と前に出てますね。やや果実の甘味を立たせたチャツネをイメージしているようだったので、そこが好みの分かれ目でしょうか。甘いといっても嫌味なものではなかったし、適度なスパイシーさと甘味のコントラストは効果的だったので、私は素直に受け入れることが出来ましたが、シナモン(ナツメグ? クローブ?)なんかの香りが気になる人は気になるかも。

かやくは、「ポテト、肉そぼろ、人参、ねぎ」とのこと。まさにカレー味のカップ麺らしいド定番の具材構成なんですけど、中でもポテトには特筆すべきものがあって、ホクホク感も然る事乍ら、フライドポテト的な風味がかなり印象に残りました。ここまでハッキリとポテトらしいポテトをカップ麺で食べたのは今回が初めてかもしれません。ちょっと感動。肉そぼろはしっかりスパイシーな味付で、カレースープとの相性もよく、食感も自然で好印象。人参とネギで彩りも良かったんですけど、やっぱりハイライトはポテトですね。妙に美味しかったw

(標準は★3です)

よし!5食入の袋麺バージョンも買って食べ比べてみよう!という程の余裕はありませんがw これまでの流れを考慮すると、再現度はそれなりの位置にあると思います。想像以上に複雑味があったし、思ってたよりも個性的でした。チャツネの主張が人を選びそうですが、サンヨー食品らしい安定感は踏襲。今回の総評は「無難」ではなく、「安心して美味しい」の★3です。インパクトのある製品が多い中で、わざわざこれを手にするメリットがあるかと問われると微妙なところがありますけど、スーパーで安売りしてたら取り敢えず買ってみるのもアリかなー、と。私は同じくスーパーで買うなら、日清食品の「カップヌードル カレー」を選ぶと思いますけどねw でも方向性は悪くないと思います。どちらかと言うと「塩とんこつラーメン」の方が独創的で、サンヨー食品らしいと思いました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 カレーラーメンどんぶり
製造者:サンヨー食品
内容量:79g (めん60g)
発売日:2015年5月25日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901734024545

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:350㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (特製スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (79g) あたり

エネルギー:349kcal
たん白質:6.5g
脂質:13.5g
炭水化物:50.3g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:0.58mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:200mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:349kcal (めん・かやく:283kca / スープ:66kcal)
食塩相当量:5.6g (めん・かやく:2.0g / スープ:3.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、粉末卵、糖類)、スープ(糖類、食塩、香辛料、クリーミングパウダー、しょうゆ、ポークエキス、たん白加水分解物、ビーフエキス、みそ、チャツネシーズニングパウダー、チーズパウダー、酵母エキス、乳等を主要原料とする食品)、かやく(フライドポテト、鶏・豚味付肉そぼろ、人参、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、増粘多糖類、クチナシ色素、かんすい、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、乳化剤、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にごま、バナナ、りんご、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・りんご・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
やっぱり「カレーラーメン」って難しいジャンルなんだな・・・
ってあらためて感じさせられた製品です。
同時にカップヌードルカレー万歳!~とも思いましたww

エースコックのような固形ルゥみたいなのが
気分的に美味しく感じるかも・・・。
Re:たういパパ
カップヌードルは、あくまで「ヌードル」ですけど、
「ラーメン」となると、やはりエースコックが強いですよね。

チャツネの主張が個性的ではありましたが、
どうしても中庸的な印象は否めませんでした。

実際のお店でも提供してる所は少ないですよね。
「うどん」や「そば」のイメージが先行するのか、
やはり中華麺となると差別化と合わせ方が難しいのでしょう。

家でカレーが残った時、単純に中華麺を入れるの好きなんですけどねw
No title
カレーヌードルにしか
手が伸びないのはなぜですか?

お師匠さま・・・
Re:カブトムシさん
> カレーヌードルにしか
> 手が伸びないのはなぜですか?
うむ、弟子よ・・・それが牙城と言うものだ。
って日清食品の話ですよね?(一応、確認w)


あの安定感も半端じゃないですけど、
エースコックのカレーヌードルも美味しかったなー。

管理者のみに表示

トラックバック