寿がきや食品「番長花道 辛味噌ラーメン」



本日2回目の更新で、寿がきや食品の「番長花道 辛味噌ラーメン」です。去年、「味噌麺処花道監修 辛味噌番長ラーメン」というカップ麺が発売されていたのですが、商品名は違えど製造メーカーと監修店は同じなので、中身とコンセプトに殆ど違いは無いでしょう。去年は★5をつけていますが、今年はどうでしょうか。





は、「全粒粉を配合したコシと弾力のあるノンフライ太めん」とのこと。去年は「辛辛魚のときと同じ麺ですかね」なんて書いてますけど、花道は熱湯5分(辛辛魚は熱湯4分)なので…(苦笑)体感的に全粒粉の恩恵は感じられませんが、湯戻し前の状態では目視で粒感が確認できるため、雰囲気は楽しめると思います。なんかちょっと健康的だしw コシのあるノンフライ麺で力強く、厚みのあるスープに負けない存在感。縮れがあることでスープの絡みは良かったし、スープに埋没してしまわない主張の強さがあるので、麺を食べながらバランス良く麺の風味と味噌と辛味を味わえるのが好印象。湯伸びもしにくくて、特に問題の無い組み合せでした。

スープは、「動物系の旨みと白味噌の濃厚スープに、たっぷりのラー油が浮かび、仕上げに後入れ粉末スープを加える激辛濃厚味噌味」とのこと。よくある辛味噌スープと比較すると、「辛」に傾いているのは明白ですね。辛さレベルは激辛というほではなく、程良い辛さ。もちろん辛辛魚には劣りますが、一般的な市販のカップ麺の中ではきちんと辛い方だと思います。これによってしっかりと差別化が図られていました。そして辣味に負けない旨味があるかどうか、ここが重要になってくるわけなんですけど、そのあたりも抜かりありません。まず味噌感ですが、前作よりも少し強くなったような気がします。しかし白味噌が軸になっているので、深いコクと風味で食わせるタイプ。食塩相当量はエゲツナい数値ですが、体感的には辛味が勝るので、恐ろしいことに気になりませんでしたw 動物系の旨味は相変わらずどっしりとしていて、重厚感のある太い辛味噌スープに仕上がっています。唐辛子特有の風味がきちんと感じられたことにも好感が持てたし、この風味が前作よりも芳醇だったんですよね。それに後入れ粉末スープには花椒が入っていたのか、麻味(痺れ感)と花椒っぽい香りがありました。これによって刺激的な要素に多層性が生まれ、とても効果的なアクセントに。味噌感との相性もバッチリで、より磨きがかかったように思いました。香味野菜の下支えも効いたし、それも単調にならなかったポイントのひとつ。適度なガーリック感も後引く感じで良かったです。

かやくは、「モヤシ、ニラ」とのこと。ニラ少ないし、モヤシは麺と同化してるし、雰囲気すら感じられるかどうかも危うい状態w 完全にオマケですが、たった気持ち程度でもモヤシが入っているだけマシでしょう。辛辛魚と同じく、赤山を具材のひとつと捉えるべきですね。寿がきや食品が何とかギリギリ踏ん張っているような瀬戸際の意地?プライド?みたいなものを感じましたw 来年はニラだけになってるかも…って、今更そんなことくらいで驚きませんけどねw 逆に今年もモヤシが入っていたことに、おぉー、と思ったくらいですからw

(標準は★3です)

寿がきや食品の激辛カップ麺と言えば、言わずと知れた「辛辛魚」が王座を独占状態でしたが、こちらも辛口の「辛味噌ラーメン」として明確な個性があって、良商品だと私は感じています。去年は★5をつけていますが、全体のバランスやスープの多層性など、確実にパワーアップしているような印象を受けたため、思い切って★ひとつプラスしました。美味しいです。辛い物好きとしては、取り敢えず買い置きしておきたいですね。まだまだ先輩(辛辛魚)の背中は大きいですが、良き後輩として今後も気張って欲しいと思います。2014年,2015年と連続で発売されてますし、年の初めは「辛辛魚」先輩が飾り、中頃になったら新米番長の「花道」が繋ぐ、みたいな感じで今後定例化するのもありでしょう。っていうかしてくださいw 最初は辛辛魚と酷似したビジュアルから、そのネームバリューによる相乗効果を利用した二番煎じ感が少なからす尾を引いていたのですが、今回の仕上がりからひとつの製品として確立しているという印象が確固たるものになりました。中でも花椒っぽい香りと、麻味によるアクセントが特に良かったです。来年も食べたいなー。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:番長花道 辛味噌ラーメン
製造者:寿がきや食品
内容量:150g (めん75g)
発売日:2015年5月18日 (月)
発売地区:全国 (沖縄除く)
希望小売価格:256円 (税別)
JANコード:4901677081674

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (かやく入スープ・液体スープ・後入れ粉末スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (150g) あたり

エネルギー:515kcal
たん白質:16.7g
脂質:18.6g
炭水化物:70.2g
ナトリウム:3.3g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:2.5g)
カルシウム:140mg

(食塩相当量:8.4g)

原材料名:原材料:めん(小麦粉、でん粉、小麦全粒粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆多糖類、たん白加水分解物)、スープ(味噌、チキンエキス、動物油脂、唐辛子、砂糖、香味油、ポークエキス、粉末味噌、食塩、香辛料、おろしにんにく、ゼラチン、酵母エキス、ポークプロテイン、ローストガーリックペースト、ジンジャーペースト)、かやく(もやし、にら)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、かんすい、炭酸カルシウム、着色料(カラメル、パプリカ色素、クチナシ)、乳化剤、酸化防止剤(V.E、V.C)、香料

アレルギー物質:小麦・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
にらは歯に挟まって
つらい思いをしました(´・ω・`)

でも寿がきやのくせにって
言いたかったです。
Re:カブトムシさん
> にらは歯に挟まって
> つらい思いをしました(´・ω・`)
個体差だったのか、歯に挟まるほど入ってませんでしたw

モヤシは頑張ってましたね!
存在感は・・・うん、アレですけど(苦笑)
No title
辛辛魚はひたすら辛かったけど、
この花道番長はまだ自分でも旨さを感じれたので
こちらのほうがぜんぜん美味しく感じました。
暑い夏にカ~~っと汗かきながら食べたい一杯♪
Re:たういパパ
これは確かパパの評価も良かったですよね!

きちんと辛口に仕上げながら、
それに負けない旨味があったことに好感が持てました。

個人的にはもっと凶暴にしてもらってもいいんですけどw
でもトータルとして見てのバランスは優れていたと思います!

管理者のみに表示

トラックバック