サンヨー食品「サッポロ一番 大人の塩らーめん 薫るわさび タテビッグ」



どうも〜・・・最近バタバタでヘロヘロのtaka :aです(泣)明日は台風の影響が強いとか言ってるのに私用で出掛けなきゃいけないし、今日も午後から雨の中、車を駆り出さなきゃいけないし、あああぁぁ〜・・・(Soul has left my body...)

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 大人の塩らーめん 薫るわさび タテビッグ」です。「」「味噌」に続く「大人の」シリーズ第3弾で、次は醤油(焦がし葱)が来るだろうと勝手に高を括っていたら、まさかの塩がカムバックw しかも今まで「薫る焦がし」と続いていたにも関わらず、今回のテーマは山葵(わさび)と見事にヤラれました。過去2作が高評価なので、自然と期待値は上がってしまいます。というわけで勝手にハードル高めでw ちなみに今までは2品ともコンビニ限定発売だったんですけど、今回の販売ルートには縛りがないみたいですね。





は、「袋の食感を再現し」て、「太めでコシがあり、食べ応えあるボリューム感をお楽しみいただけ」るとのこと。袋の食感をって…いや、言いたいことは分かりますけどねw そのまま読んだら語弊を招きそうな製品説明…(苦笑)それは扨置き、おそらく初代の麺と同じでしょう。さすがに袋麺の食感を完全に再現するのは現段階では限界がありそうですが、近いものはありますね。原材料を見るとやまいも粉が練り込まれていたり、オリジナルの麺に近付けようという姿勢が見て取れます。プリッ、とした歯切れの良さと、ほのかに感じる甘味がサンヨー食品らしく、慣れ親しんだ風味と雰囲気にホッ、としました。もちろん、スープとの相性はバッチリです。ただ、ちょっと湯伸びするのが早かったようにも思えたので、早めにフタを開けてプリプリ感が残っている間に食べちゃいたいですね。

スープは、「チキンや野菜のうまみがきいたいつもの味わいに、わさびのツンとした爽快な辛みを加えることで、薫り高く、奥深い味わいをお楽しみいただける、ひと味ちがう塩らーめんスープに仕上げ」たとのこと。ベースにはいつもの独特でクセになる味わいの慣れ親しんだ塩スープがあって、そこに「わさび粉」を使って薫りを添加するというシンプルなスタイル。あのときどき猛烈に食べたくなるような香味野菜と香辛料が効いたスープ(どちらも内容は企業秘密らしい)と、上品に薫る山葵の風味が実に相性いいですね。間違いない組み合わせだったし、確実なランクアップを果たしていました。山葵は粉末状のものなので、ふりかけ的な風味ではあったものの、製品的には正解。今回は別添の小袋で油脂成分を追加して個性を持たせるなど、そのような演出はなかったため、途中から表面に浮かぶ油脂の減少と共に製品の個性が薄れるということもなく、最後までバランス良く楽しめます。山葵の風味によって旨味と甘味が引き立っているようで、それぞれの持つ相乗効果が重なった瞬間の爆発力には目を見張るものがありました。勢いよくイクと鼻にツンときますが、あくまでも風味で食わせるタイプ。刺激よりも薫り重視でした。

かやくは、「焼き目をつけたポークダイス、チンゲン菜、いりごま、かき卵、ねぎ」とのこと。焼き目のついたポークダイス、このシリーズの大きな武器だと思います。よくあるダイスミンチとは一味違い、焼き目をつける事によって視覚的な高級感を演出。その焼き目が功を奏しているのかは断定できませんが、肉の旨味がギュッ、と詰まっているようなジューシーさ。ダイス状に加工された肉具材なのに、有り勝ちな安っぽいチープさは感じられません。青梗菜も甘味が印象深く、特有の風味もきちんとあって、山葵の薫る塩スープとの相性は良好。ポークダイスも青梗菜もたっぷりと入っていて、量も質も申し分無かったです、かき卵は混ぜると存在感は薄くなってしまうのですが、炒り胡麻の芳ばしさと塩スープの相性は言わずもがな。サッポロ一番 塩らーめんと言えば「切り胡麻」ですが、今回は山葵の風味を活かすためでしょうか。意図して計算し、敢えて風味の差別化がし易い「炒り胡麻」を採用しているように思えました。テーマが山葵だったので、欲を言えば野沢菜なんかも欲しかったです。・・・ええ、どうせ在り来たりな発想ですよw

(標準は★3です)

まさに実食前に想像してた通りの味だったんですけど、無難に終わらない総合力の高さと、予想を上回る品のある味わい深さ。山葵という侘び寂びを感じる和のテイストを取り入れることによって奥床しさが生まれ、油揚げ麺なのに慎ましいとも思える仕上がりに舌鼓。さらにベースの塩らーめんと山葵の相性も抜群で、タテ型カップの油揚げ麺で定価215円の製品ですが、値段以上の価値があると感じました。今回で3作目ですが、いちばん美味しかったです。しかも小袋無しというお手軽さ。この「大人」シリーズ、ほんとに外しませんね。ちなみに食塩相当量は7.1gと高めの数値でしたが、山葵の風味があったからか体感的な塩気はそんなに強烈ではなかったです。(冷めてから飲んだらビックリでしたけどね…w)次は柚子? 焦がし葱? 時期的に山椒もありですよね。想像が膨らみます。次回も流れ的に「えっ…そうくる?!」みたいな意表を突いたサプライズがテーマにあると嬉しいです。ちなみに今回、フタを開けたその瞬間、鼻腔を通じて脳内の食を司る部分の中枢に激しく訴えかけてくるものがあって、改めて塩らーめんの恐ろしさを垣間見た気がしましたw 今回は絶妙な山葵の薫りもあってのことですが、オリジナルの香味野菜と香辛料って何が入ってるんでしょう…企業秘密って言われると余計に気になりますよねw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 大人の塩らーめん 薫るわさび タテビッグ
製造者:サンヨー食品
内容量:96g (めん72g)
発売日:2015年5月18日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:215円 (税別)
JANコード:4901734024514

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:420㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:小袋無し

~標準栄養成分表~

1食 (96g) あたり

エネルギー:429kcal
たん白質:8.5g
脂質:18.1g
炭水化物:57.9g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:200mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:428kcal (めん・かやく:369kca / スープ:59kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:2.5g / スープ:4.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、やまいも粉)、スープ(食塩、糖類、香辛料、豚脂、でん粉、デキストリン、ごま、ポークエキス、鶏脂、チキンエキス、わさび粉、酵母エキス、野菜粉末)、かやく(味付豚肉、チンゲン菜、ごま、味付卵、ねぎ)、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、かんすい、カラメル色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、ビタミンB2、カロチン色素、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・やまいも

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
うまいは正義ですね^^

ところでお師匠さま。

←側にあります毎日のネタコメント。
そろそろ通常コメントに戻さないと
突っ込みませんよw
No title
このわさびの風味を次の一平に使って欲しかった!
あっ、メーカー違うかww
それにしてもこれ旨かった♪
No title
takaさん、こんにちは!

おっと、これは先を越されてしまいましたね!
3週間以内には自分のブログでも記事化する予定です!

サッポロ一番のアレンジ系はこれまであまり買いませんでしたが、
今回はわさびに惹かれてちょっと購入してみました!

名前の「薫るわさび」にあるように、
わさびの持つ香りが上手く生かされてましたね!

多少はツーンと来る刺激もありはするのですが、
それ以上に香りによって全体を引き立てる効果が大きく、
塩ラーメンのスープと見事な相乗効果を見せてましたね!

わさびの効果の大きさというのを感じましたし、
わさびを生かすこのスープもまた良かったです!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:カブトムシさん
うむ、弟子よ・・・。

> ←側にあります毎日のネタコメント。
> そろそろ通常コメントに戻さないと
> 突っ込みませんよw
残念ながら禁酒解禁するまで続けますw
もしかしたら今日?解禁かもしれませんので!
そこは多めに見てあげてーw
Re:たういパパ
メーカーは違いますけど同週にリリースしてますし、
やっぱりメーカー間で何か話し合ってますよね絶対w

このワサビ風味は印象に残りました。
塩らーめんとの相性も抜群でしたし!
Re:かーとさん
こんにちは!

ふふふ…最近、私も少しずつ追いついてきたようで(笑)

「大人の」シリーズは基本的に完成度が高いですよ!

今回はまさに「薫り」が強調されていて、
ワサビの持つメリットが十二分に楽しめました。

ちょっと大人のイメージにもピッタリでしたし、
よく結びつけたなー、と少し感動しましたね。
次回作にも期待したいと思います!

管理者のみに表示

トラックバック