東洋水産「マルちゃん 謹製 辛ダレ鶏しお」



最近なにかとバタバタしております…とは言え、溜まっている記事&在庫のカップ麺(泣)とりあず「3品同時リリース!」とか今はヤメてほしいですマジでw 今日も深夜枠でもうひとつ記事を予約投稿しているので、2回投稿することになりますが、マイペースにお付き合いいただければと思います(ぺこり)

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 謹製 辛ダレ鶏しお」です。「辛ダレ」なんかコレ定期的に出ますよねー。大して辛くもないくせにw 今回は「豆板醤と唐辛子の辛味が利いた、コクのある鶏白湯ラーメン!」だそうです。っていうか「鶏しお」と「鶏白湯」って別物なんじゃ…と思ったのは私だけでしょうか??





は、「なめらかな太めの丸麺」とのこと。雰囲気は同社の「本気盛」の麺と似てますが、幅はそこまで広くありません。そして厚みのある太めの油揚げ麺に有り勝ちなふかふかとした食感は控えめで、それなりの密度の高さ。エッジのない口当たりのいい麺で、油揚げ麺臭も嫌味なものではなく、本気盛の麺のような無骨さはありません。これが「謹製」たる所以でしょうか。麺自体の味付もしっかりとしていて、弾力のある歯ごたえから麺量(70g)以上の食べ応えを感じました。後半になるとそれなりに弾力は弱まってくるものの、今度は歯切れの良さが目立ってくる感じで、最後まで美味しかったです。ほのかに感じる甘味がスープと合ってました。

スープは、「チキンの旨味をベースに、唐辛子などの香辛料を利かせた、コクのあるピリ辛味の鶏塩スープ」で、「別添の豆板醤と鶏油ベースの辛ダレで、辛さとコクをプラスし」たとのこと。鶏白湯のような炊き出したクリーミーさや、ぽってりとした重厚感こそなかったものの、鶏の旨味は“それなり”に感じられます。でもそこまで強くはないですね。豆板醤による味噌感の方が強くて、どちらかというとバランスは鶏よりも豆板醤寄り。うちょっと鶏油のパンチや、鶏の癖も欲しかったです。辛味に関しては割とピリッ、とした刺激があって、食べる前は全く辛くないと思っていたので、これは嬉しい誤算でした。あくまでほんのちょっとピリ辛レベルですけどねw 食欲増進効果は得られました。思ってた以上に豆板醤の風味が強かったので、鶏しおっぽさは半減していたものの、コレはコレでアリかも。ほんの少しスープにはトロミがあったんですけど、不自然ではなかったですね。

かやくは、「FD ほうれん草・キャベツブロック、味付鶏挽肉、ねぎ」とのこと。さすが東洋水産、フリーズドライの加工技術は他社と比較するとアタマひとつリードしてますね。FDホウレン草はちょっとクタってたんですけど、風味はホウレン草っぽかったです。やや化学的な細胞の変化を感じましたが、これに関しては仕方ないでしょう。キャベツもフリーズドライブロックで、こちらもフレッシュな食感ではなく、しんなりとした歯触り。でもこれが軽く煮込んだような雰囲気を演出していて、スープにしっとりと自然に馴染んでいるようで良かったです。豆板醤の風味ともマッチしてました。味付挽肉は拾って食べると本物さながらで、めちゃくちゃ美味しかったですw ちょっと濃いめの味付で、肉具材らしい旨味がギュッ、と詰まってる感じ。それだけに極小サイズだったのが勿体無かったです。

(標準は★3です)

鶏白湯って言われると、うーん…という疑問符が無きにしも非ずでしたが、なんかこう、漠然と美味しかったですw 鶏しおなのに辛ダレ(豆板醤)寄りだったのが自分的に不満だったのですが、豆板醤の風味が立った鶏ベースのラーメンとして食べれば素直に楽しめる感じ。東洋水産のタテ型ビッグカップらしい油揚げ麺も何処かワンランク上にあるようで、具材もFD野菜がたっぷりだったし、なかなか良かったと思います。これでもうちょっと鶏油のパンチがあったり、鶏の色が濃かったら★5ですね。東洋水産のタテ型ビッグカップらしい仕上がりでした。あ、もちろん良い意味で(笑)ちょっと構えていた部分があったからなのかもしれませんが、過度な期待さえしなければ割と楽しめると思います。それからビタミンB1の数値が2.86mgと妙に高かったんですけど、具材のホウレン草かもしれませんね。あとこれは余談なんですけど、今回のような東洋水産のタテ型ビッグカップって、容器にカップの材質は「紙」って書いてあるんですよ。でもどう見ても中身プラスチック…というわけでメーカーに問い合わせてみたところ、どうやら比率の関係で内側のプラスチック部分は分別せずにそのまま紙として資源ゴミに出して問題ないそうです。わざわざ聞いといてアレなんですけど、コレを「紙」とするのはやはり抵抗が…w

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 謹製 辛ダレ鶏しお
製造者:東洋水産
内容量:96g (めん70g)
発売日:2015年5月4日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990333566

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:1袋 (特製スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (96g) あたり

エネルギー:413kcal
たん白質:10.2g
脂質:16.7g
炭水化物:55.5g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:2.86mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:168mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:413kcal (めん・かやく:305kca / スープ:108kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:2.3g / スープ:4.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、チキンエキス、香辛料、卵白)、添付調味料(チキンエキス、鶏脂、食塩、醤油、植物油、豆板醤、たん白加水分解物、でん粉、砂糖、粉末野菜、豚脂、香辛料、粉乳、発酵調味料)、かやく(味付鶏挽肉、キャベツ、ねぎ、ほうれん草、デキストリン、ゼラチン)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、カラメル色素、酒精、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
具がさすがにFDだけあってすばらしいですね!
菜っ葉の緑が目に眩しいです。
で、これは本気盛じゃないんですね・・(^_^;)
マルちゃんはタテ型BIG好きなんだなぁ~~!ww

個人的には今年の当初のブームの「鶏」・・・
ちょっと飽きたかも・・・(^_^;)
で最近避け気味です。
Re:たういパパ
東洋水産のFDブロックは基本的に安心できますよね!
挽肉だけは妙にふかふか?してるけどw

「本気盛」じゃなくて「謹製」です。
時折ふら〜っ、と登場するブランドですね。

たしかに鶏カップ麺も見慣れてきた(笑)
そろそろ牛骨本格始動希望です…(鼻息)
No title
今年確かに鶏多いですよねー。
あと、塩w

塩はなんか飽きて
カレーに逃げ込みましたが
3戦目もすればこっちもあきますねー。

それにしても最近評価の上がらない
カップ麺が多い・・・うーん・・・
Re:カブトムシさん
> あと、塩w
そこに被せてくる「鶏油」っていうねw

> それにしても最近評価の上がらない
> カップ麺が多い・・・うーん・・・
分かります分かります。しかもそれって製品の良し悪しもですけど、
こっちのスタンスとテンションにも大きく左右されますよね…w

管理者のみに表示

トラックバック