エースコック「CoCo壱番屋監修 チリトマカレーラーメン」



本日2回目の更新で、「CoCo壱番屋監修 魚辛カレーうどん」に続きまして、エースコックの「CoCo壱番屋監修 チリトマカレーラーメン」です。こちらも全く以て新鮮味はありませんが、実食前の安心感だけはズバ抜けてますねw たまにカレー&チリトマト系が無性に食べたくなるので、この製品はありがたいです。





は、「適度な弾力とコシを併せ持つ丸刃のめん」で、「食べ応え充分なめんに仕上げ」たとのこと。ナイス not カドメン!w しかも味付麺で、内容も食塩,しょうゆ,鶏・豚エキス,砂糖,野菜エキスなどエースコックらしい構成でフルカスタマイズ。総じてカップ麺らしい麺ですが、油揚げ麺特有の風味は殆ど気にならず、麺単体として素直に美味しいと思える油揚げ麺でした。細身の形状はスープをよく掬い上げてくれるし、麺の味付からスープとの一体感も高く、歯切れの良さで食感も楽しませてくれます。細身でありながら、経時劣化体制も比較的高め。スープとの兼ね合いも取れていたし、特に文句の無い取り合わせでした。

スープは、「数種類のポークエキスとトマトの旨みがきいたカレースープに、別添のホットチリとび辛スパイスを加える事で、トマトの旨みの中にも、辛みがきいたスパイシーな一杯に仕上げ」たとのこと。前回と原材料を見比べてみると、内容の構成から並びの順序まで全く同じです。その味わいも然り。辛味は相変わらず頼りなかったものの、カレーらしいスパイス感あふれるスープに軽めのスナック的なトマトの風味が合わさって、ピリッ、とした刺激がチリらしさを演出。ホット系の刺激とトマトの風味はもうちょっと強くてもいいような気もしますが、カレー優勢のスープは専門店監修らしかったです。動物系のコクや野菜の旨味もきちんとあって、トロミも麺との一体感を自然に高めてくれていました。相変わらず軸はブレてないですね。もしかしたら微調整しているのかもしれませんが、前回のスープをそのまま使用していたとしても、むしろ好印象とすら思えたでしょう。そして今回は特に印象に残ったのが、後入れスパイスから感じる唐辛子特有の香りと風味。まぁこれに関しては、私が去年よりも唐辛子に対して情熱を注いでいる、という単なる不可抗力のようなものだと思いますけどねw

かやくは、「シャキシャキとした食感の良いキャベツ、風味の良い玉ねぎ、程良く味付けした肉そぼろ、色調の良いねぎ、唐辛子」とのこと。肉そぼろは終わってます。ハズレ系。論外。というわけでスルーしまして、キャベツや肉そぼろなどは前回と同じ構成なのですが、今回は玉ねぎが新たに入ってます。しかも注目すべきポイントは、その大きさ。通常、エースコックの玉ねぎは食感重視の細切れ系が多いのですが、この玉ねぎは白菜と見紛うような大きさでカットされていて、特有の甘味が強く、仄かな芳ばしさが印象に残る野菜具材となっています。カレー味との相性も申し分なく、キャベツに負けない存在感があったし、新鮮味が感じられました。もちろんキャベツもカレー味と相性が良かったし、安定した組み合わせ。そして輪切り唐辛子も時折ピリッ、とした刺激を与えてくれて、食欲を増進してくれます。ちゃっちい肉そぼろが良い意味で気にならなくなりましたw エースコックの白い鶏肉そぼろは基本的に美味しいのですが、この色の肉そぼろはマズいw

(標準は★3です)

こちらも方向性は昨年とほぼ同じですね。まず麺がカドメン風の角刃の麺じゃなかったのが嬉しかったのと、スープのトータルバランスの高さは相変わらず。そして具材の玉ねぎ。アクセントの枠を超えた存在感のある玉ねぎが加わることによって個性が強まり、前作よりも完成度が上がったような気がしました。相変わらずホットな刺激に関しては物足りなさが否めませんが、総合力は高く、「チリトマカレー」と言われた時に抱くイメージから連想される期待は殆ど裏切らない仕上がりだと思います。まぁ個人差はあるでしょうけど…w 留意点を挙げるとするならば、日清食品の「カップヌードル チリトマトヌードル」のようなチリトマト感に期待すると、少し肩透かしかもしれません。あくまでメインはカレー味で、トマトは割と軽いので。個人的に来年の夏にも是非再び製品化して欲しいカップ麺なんですけど、出来ればもうちょっとトマトらしい酸味なんかを強めてもらえると嬉しいです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:CoCo壱番屋監修 チリトマカレーラーメン
製造者:エースコック
内容量:112g (めん90g)
発売日:2015年5月4日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4901071237622

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・スパイス・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (112g) あたり

エネルギー:472kcal
たん白質:10.6g
脂質:15.3g
炭水化物:73.0g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.67mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:236mg

(食塩相当量:7.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、鶏・豚エキス、砂糖、野菜エキス)、スープ(豚エキス、砂糖、カレー粉、食塩、野菜パウダー、ソース、クリーミングパウダー、酵母エキス、香辛料、しょうゆ)、かやく(キャベツ、玉ねぎ、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、唐辛子)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、増粘多糖類、重曹、酸味料、かんすい、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、カロチノイド色素、香料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
今回のこの2製品、
食べ安さではラーメン、
意外性ではうどんですね!
自分は意外性のあるうどんのほうが食べていておもしろかったですね。

まぁ、CoCo壱コラボは出尽くしていますので、
よほどのぶっ飛び製品でないとこっちもぶっ飛べませんww
No title
おや?どこかで見たような・・・

ま・・・まさか・・・在庫に・・・
(ガクブル
Re:たういパパ
これは去年も食べているので
自分的に驚きは全く無かったんですけど
エースコック×CoCo壱番屋らしい相変わらずの安定感でしたね!

> よほどのぶっ飛び製品でないとこっちもぶっ飛べませんww
ですよねー。そろそろトマ辛カレー味焼そばが出るかも?(笑)
Re:カブトムシさん
> おや?どこかで見たような・・・
むむ…時期的に夜食行きになってしまうのか…
それとも「カップ麺レビュアーらしく」レビューするのか!←w

管理者のみに表示

トラックバック