明星食品「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大辛」



本日2回目の更新で、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大辛」です。すっかり記事にするの忘れてましたw しかも辛口系製品なのに…!私としたことが…orz とりあえずイキま〜す(モチベーションw)





は、「ソースがよく絡む、しなやかで食べやすい油揚げ麺」とのこと。いつもの一平ちゃんらしい麺ですね。プリッ、とした歯切れの良さが目立つ細身の油揚げ麺です。ジャンクでスナック的な油揚げ麺で、こういった辛口系の製品にはぴったり。今回は市販の製品にしては辛味も頑張っていたと思いますし、この麺の良さが活かされているようでした。っていうほど辛くはなかったけどw

ソースは、「醤油ベースのたれにウスターソースを加え、シナモンで独特の香りを付けたソースに、唐辛子と唐辛子エキスで強烈な辛さに仕上げ」て、「ソースのコクをアップさせる『一平ちゃん夜店の焼そば』特製のからしマヨネーズ」付きとのこと。大辛という製品名ですが、最も強く感じたのは甘味。別の意味で面食らいましたw 香りはオリジナルの一平ちゃんらしい匂いなんですけど、実際に口にすると甘ッ…で、後からピリピリ。ソースの原材料を見たら糖類の記載が随分と手前(からしマヨネーズを抜いたら先頭)にあって、あ〜成る程…と。シナモンは意識しても殆ど気にならないレベルですが、何で大辛にシナモンを入れたのか意味が…いや、辛味と甘味はバランスによっては互いを引き立て合うので、分からなくもないんですけど、今回のはちょっと違うような…。それからマヨネーズですが、辛く食べたい人は入れないほうが無難。製品説明では「からしの刺激とマヨネーズのコクで、たまらなくクセになる味わいにな」るとのことでしたが、製品のジャンクさはアップするものの、辛味は弱くなります。とは言え、意識的に狙ったり避けたりするとアクセントになってくれたし、一平ちゃんらしかったんですけどね。

かやくは、「色鮮やかなキャベツ」と、「辛さの刺激をさらにアップする、チリパウダー、チリミンス、ネギを組み合わせた、見た目でも辛さを感じさせるふりかけ」とのこと。固形具材はキャベツだけですね。何の変哲もなかったので、流します。さて、期待していたフリカケですが、完全に見た目だけで拍子抜け。雰囲気は確かに醸し出してくれてますけど、辛味の加減はあってもなくても変わらない感じ。ただ風味はとても良くて、そこには好感が持てました。

(標準は★3です)

よっしゃ激辛焼そば食うぞーッ!みたいなテンションでイッたらコケます(コケた)辛味の感じ方には個人差がありますが、多分、頑張ってたほうだと思います。激辛好きな人にはちゃんとピリ辛で、苦手な人には激辛=「大辛」みたいな。マヨネーズには辛味を緩和する作用があるので、苦手な人にとっては助け船になるでしょう。「からし」マヨネーズですけどw 辛く食べたい人はマヨなしで。でも大辛を冠するのであれば、カラシの含有量を思い切って増やしてみるとか、マヨネーズにも唐辛子を入れて真っ赤にするとか、そういった捻りが欲しかったですね。ちなみに5月25日に大盛バージョンも発売されているのですが、原材料の構成も並びの順序もメーカーの製品説明まで全く同じなので、単純に量を増やしての再販だと思います。そんなにウケたのか? 全体的な味としての仕上がりは良かったし、結果的には美味しかったんですけど、ソースの糖類に関してだけは蛇足に思えました。さすがにもう少し抑えるべきです。というわけで、少し辛口レビューでした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大辛
製造者:明星食品
内容量:121g (めん90g)
発売日:2015年4月6日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902881424806

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:550㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (ソース・からしマヨネーズ・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (121g) あたり

エネルギー:550kcal
たん白質:10.2g
脂質:26.3g
炭水化物:68.1g
ナトリウム:1.7g
ビタミンB1:0.68mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:162mg

(食塩相当量:4.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、ソース(からしマヨネーズ、糖類、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料、ソース、たん白加水分解物、香味油、香味調味料)、かやく(キャベツ、香辛料、ねぎ)、カラメル色素、炭酸カルシウム、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、かんすい、カロチノイド色素、香料、乳化剤、酸味料、香辛料抽出物、トレハロース、甘味料(スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、鶏肉、豚肉、りんごを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・りんご

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これは一平ちゃんらしくてかなり好きでした。まあ、リピしませんでしたが、マヨネーズで食べるのが一平ちゃんと言う流れになってしまってますね。

焼そばだから許されてるものの・・・
マヨネーズに頼り切りでいいのかと言う
悩ましい問題もあります。だってレビューにマヨネーズがすべてですなんて辛口ではかけないですもん(ニヤリ

あー、師匠より辛口だったかな。大辛だけに。
No title
ふむふむ...マヨネーズが辛さを
マスキングしてしまうんですな...でも、
この商品は、興味アリアリですわ...

やっぱりペヤングの激辛を超えるのは
なかなか登場しないんですかね...
Re:カブトムシさん
たしかに一平ちゃんらしさはありましたね!
自分はソースの妙な甘さが気になってしまいました(苦笑)

> マヨネーズに頼り切りでいいのかと言う
それ、たまに思うことあります。
でも多分、無かったら無かったで
「一平ちゃんなのにマヨ無しって…」
みたいに不満に思ってしまいそうですよねw
Re:ハシダ・メンさん
> ふむふむ...マヨネーズが辛さを
> マスキングしてしまうんですな...
マヨネーズやヨーグルトなどの乳製品は、
カプサイシン系の刺激を和らげますからね。

以前、激辛ペヤングにマヨネーズの付いた
「ペヤング 激辛やきそば おたすけマヨネーズ」
という製品を思い出しました(笑)

> この商品は、興味アリアリですわ...
唇がヒリッ、とするくらいの辛味はあったんですけど、
カプサイシンに耐性があるとソースの妙な甘さが気になると思います。

私の中で激辛系の焼そばといえば、
やはりペヤングが圧勝ですね。未だ牙城は崩れずです。
からし
takaさん、こんにちは!

>カラシの含有量を思い切って増やしてみる

いっそからしそのものにしてしまうのもアリかもです!笑
「からしマヨネーズ」と書いておけばいけますし!(゚◇゚)

もしそうだったらかなり人を選んだでしょうが、
その個性は他にないものになったでしょうね!

自分も激辛焼そばと言えばやはりペヤングですね!

ペヤングの味をそのまま辛くしたような、
考えてみると非常にシンプルな作りなのですが、
それがピタッとハマって王道の強みを発揮してるのですよね!

それゆえに変化球で攻めてもなかなか越えられないでしょうね!
まろやかさがあって、ソースとしての主張がそこまで強くないペヤングだからこそできる芸当でもあるでしょうし!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

> いっそからしそのものにしてしまうのもアリかもです!笑
> 「からしマヨネーズ」と書いておけばいけますし!(゚◇゚)
たしかに(笑)それこそカプサイシンとの兼ね合いが気になりますが
ストレートなカラシを別添にしたカップ焼そばは記憶にありませんし!

激辛焼そばと言えばペヤングでしょう!
エースコックのEDGEは方向性が違いますし、
やはり完成度の高さはペヤングが一頭地を抜いてますね。

あれだけシンプルかつ思い切った製品は他に類を見ませんし、
仰る通りまさに王道の強みをストレートに打ち出しているようでした。

嗚呼、懐かしきかな…。来年くらいには生産再開して欲しいですよね。
そしてかつてのキワモノ路線を突き進んでいた勢いを取り戻してもらい
それに各社も対抗してカップ焼そば界を再び賑わせてほしいものです!

管理者のみに表示

トラックバック