エースコック「わかめ ぶっかけうどん」



本日2回目の更新で、エースコックの「わかめ ぶっかけうどん」です。わかめブランドで汁なしの亜種、去年は「汁なしわかめラーメン ごま・ポン酢」が登場し、今度はうどん。ホントいろいろ考えますよねー。感心します。「卵を落とせば『釜玉うどん風』に!」とのことなので、せっかくですし落としましょうか。




コレ…L寸の卵黄なんですけど、こうして見るとデカッw

は、「つるっと滑らかで喉越しの良いうどん」とのこと。やや幅広で、そんなに厚みのない平打ち麺ですね。つるみが特徴的だったんですけど、後半にベタついてくるのが少し難点でしょうか。卵黄を絡めてからは卵黄の持つ濃厚さであまり気にならなくなってくるのですが、そのまま食べてると油揚げ麺臭は割と強めで、かなりジャンキーです。これぞ油揚げ麺のうどん、って感じのインスタントらしい麺ですね。でも卵黄を絡めるとイメージが一変して、油揚げ麺臭は殆ど気にならない感じでした。卵黄スゲェです。

スープは、「風味豊かな鰹だしが香る、醤油と昆布の旨みを利かせた和風つゆ」とのこと。かえしが甘めの和風つゆで、ザックリ例えるとよくある濃縮還元の麺つゆっぽい感じ。普通に美味しいんですけど、果糖ブドウ糖液糖と化学調味料の主張が強く、ちょっと取って付けたような味でした。そして思っていた以上に油脂が多くて、結構こってりしてます。「ぶっかけうどん」というと清涼感のあるイメージですが、意外とガッツリ系。わかめシリーズの特徴でもある磯の香りは戻し湯と一緒に流れ出てしまうので、このシリーズの持つ特色は薄かったです。多めの油脂感と塩分濃度の関係から、私にとっては卵黄を絡めて丁度いいくらいの濃さでした。釜玉アレンジはお勧めですよ。白身も入れちゃうと少し味気なくなっちゃうかもしれないので、卵黄だけいれるといいでしょう。卵黄特有のコクがプラスされ、まったりと濃厚な感じが絶妙でした。美味しさが途端にブーストします。その際、サイズはL寸がベストかと。M寸だとちょっと足りないかもしれません。

かやくは、「広がりの良いわかめ、香ばしい炒りごま、彩りの良いねぎ」とのこと。わかめの膨張率、相変わらず半端じゃ無いですね。湯切り口ふさいじゃって、とりあえず湯切りしにくかったですw でも風味が湯切りしたときに流れ出てしまうので、ちょっと出涸らしを食べてる感じでした。胡麻は的確なアクセントになってます。わかめブランドに胡麻は必須だと思っているので、これは加点要素ですね。ネギはチャイブス(浅葱?)っぽかったです。

(標準は★3です)

あの「わかめ一辺倒」な主張こそがこのシリーズ最大の売りなので、そういった意味ではインパクトに欠けますが、栄養成分表の「炭水化物」が「糖質」と「食物繊維」に分けられていて、わかめブランドらしさが感じられました(笑)それから卵黄を入れての「釜玉うどん風」はかなりお勧めです!コレは間違い無いですよ!卵黄を絡めた瞬間、自分的に「★6+」に昇華しましした。でもそれって卵がある状況(家とか)でしか出来ないと思うので、それなら冷凍うどんと乾燥わかめを買ってきて、麺つゆぶっかけて卵黄を鎮座させたほうが…というのは考えちゃいけない感じですね多分w このジャンクさと手軽さは、カップ麺でしか味わえないと思います、はい。この卵黄の独特なコク、いつかカップ麺でも再現できないかなぁ…ってそれはそれで怖いけどw 季節柄、冷やしでもいいかもしれませんね。湯きり後に水を入れて、水切りを2,3回繰り返してから氷をインです。今回は卵黄なかったらモヤモヤしてごちそうさまぁ…だったと思うんですけど、卵黄ひとつで超大満足な一杯になりました。卵黄スゲェっす、マジパネェっす(言ってみたかった)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:わかめ ぶっかけうどん
製造者:エースコック
内容量:102g (めん80g)
発売日:2015年4月27日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901071207199

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:390㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (調味たれ・かやく・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (102g) あたり

エネルギー:438kcal
たん白質:8.1g
脂質:20.1g
糖質:50.0g
食物繊維:2.2g
ナトリウム:1.9g
ビタミンB1:0.32mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:215mg

(食塩相当量:4.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖)、たれ(植物油脂、しょうゆ、果糖ブドウ糖液糖、醸造酢、たん白加水分解物、食塩、みりん風調味料、魚介エキス、コンブエキス)、かやく(ごま、わかめ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、リン酸三ナトリウム、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、増粘多糖類、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にさば、鶏肉、豚肉を含む)

アレルギー物質:小麦・豚肉・鶏肉・さば・大豆・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
チリチリかと思ったw

あ、お師匠さま。おはようございます^^w
No title
おっ!、黃卵のトッピングとはtaka :aさんにしては珍しいね!
でも卵なしではこれはなんかちょっと・・って感じでした。
自分的にはここにネギもドバ~っといきたいです。
No title
takaさん、こんばんは!

うちのブログの今日更新する記事がこれなのですよね!
なので、これを見て「先を越された!」と思いました!笑
(すでに予約投稿を済ませています)

ちなみに私は冷やしで卵黄なしにして作ったので、
同じ商品ながらも作り方は好対照だったりします!

両方とも読んで比較してみると参考になるかもですね!(●・ω・)

意外に油脂が多くてジャンクだったのは特徴的でしたね!

それが卵黄と合わせたときに和風まぜそばぽさが出て、
思った以上にいい相性を見せた面もあるかもですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:カブトムシさん
うむ、弟子よ…。

え? チリチリ?w
Re:たういさん
絶対に合うと思ったので珍しく!
たまにはこういう記事も良いかなと(笑)

卵黄なしだったら、絶対にうーん…ですね。
ネギはもちろん鰹節や刻み海苔も合いそうでした!
完全にTKGからの単純な発想に過ぎませんけれどw
Re:かーとさん
こんにちは!

> なので、これを見て「先を越された!」と思いました!笑
これは珍しいパターンですね!ふふふ…何か嬉しいです(笑)

> ちなみに私は冷やしで卵黄なしにして作ったので、
> 同じ商品ながらも作り方は好対照だったりします!
おー!私も冷やしを総評で提案していますが、
実際にやってないので参考にさせていただきます。

> 意外に油脂が多くてジャンクだったのは特徴的でしたね!
そうなんですよ。意外に油脂が多くて(笑)
ぶっかけうどんのイメージと対局にあるというか、
でも酢橘とか絞ったらいい感じになりそうかなー、とも。

> それが卵黄と合わせたときに和風まぜそばぽさが出て、
> 思った以上にいい相性を見せた面もあるかもですね!
そうそう!その例え的を射ています。
卵黄投入は予想以上の効力を発揮してくれていました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

トラックバック