明星食品「明星 一平ちゃん大盛 旨辛台湾ラーメン」



呑ん兵衛トーク。「酒の肴」ってよく言うじゃないですか。でもコレ実は間違った表現で、「肴」は元々「酒菜」と表記されていたことから、この一字で「お酒のアテ」を意味します。つまり、酒の肴は重複表現。言うなれば、「頭痛が痛い」みたいなw それを知ってから、使い方には気を付けてます。日本語ってムズカシイ。

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 一平ちゃん大盛 旨辛台湾ラーメン」です。既に名古屋メシとして認知されている「台湾ラーメン」ですが、最近はカップ麺業界でも「台湾まぜそば」が流行っていたり、じわじわ名古屋がキてますね。この勢いに乗って、激辛系の製品もガンガン開発してもらいたいです。っていうか7月という時期的に、もっと激辛カップ麺のリリースがあってもいいと思うんですけどね。どうも今年は少ない気がします。と、話を戻しまして。最近、一平ちゃんシリーズには勢いの無さに不満を感じているので、そろそろ攻めの姿勢を見せてもらいたいところ。今回は悪い意味で「無難」か、良い意味で「イメージ通り」か。





は、「パンチの効いた濃厚スープにマッチした、しっかりとした食べ応えのある油揚げ麺」とのこと。縮れがつけられた平打ち麺で、厚みがあって湯戻し4分。一平ちゃんの油揚げ麺は、基本スナック的な軽めの食感という傾向にありますが、今回かなり力強いです。同社の「太打製麺所」の麺と似てますね。太打製麺所はオープン価格のブランドですが、あの麺の出来の良さは今でも印象に残っています。油揚げ麺特有の風味もそれなりにあったんですけど、これに関してはブランドの持つイメージ的に加点ポイント。ひとつの油揚げ麺として見てのクオリティは、高い位置にあると思います。台湾ラーメンの麺にしては太めな気もしますが、スープが結構ストロングだったので、麺の主張はこのくらいでないと、って感じでした。後半は少しふかふかしてきますが、グデン…とヘタレるような麺ではなかったです。

スープは、「名古屋のご当地メニュー『台湾ラーメン』をイメージし、醤油をベースに『にんにく』と『辛み』で特長をつけたスープ」で、「 『一平ちゃん』ならではの味わいを演出するためにとんこつスープを加え、深く濃厚な味わいに仕上げ」たとのこと。醤油ベースのスープに辣油とニンニクのパンチ、まさに台湾ラーメンですね。ただ…かなり鋭いw 醤油の主張にはカドがあって、豚ダシよりも先行するのは鋭利な塩気。体感的な塩分濃度も濃く、食塩相当量9.4g(スープ6.4g)という数値にも納得です。辛味も弱かったので、なおさら塩気が先行する感じ。完全に私の苦手系なスープだったのですが、豚ダシの香りは確かにあって、ニンニクもガッツリと効いていたし、一平ちゃんらしさが少し戻ったような気がしました。辛味は大したことありませんが、全く辛く無いくらいに思っていたので、きちんとピリ辛だったのが良かったです。そのままスープ単体で飲むには塩気的に厳しいものがあったんですけど、麺を食べる分には食べ応えを感じさせてくれる感じだったので、結果的に楽しめました。この押しの強さは素直に評価したいですね。

かやくは、「ダイス肉、ネギに加えて、『台湾ラーメン』定番のニラ、ニンニク、チリを組み合わせ」たとのこと。ダイス肉は麺と一緒に最初から入っていて、ニラ,ニンニク,チリは後入れになっているのですが、この振り分けは最善です。ニラはすぐに戻るので、後入れでも全く以て問題ありませんし、ニラもニンニクも後入れの方が風味が際立ちます。まずメインのダイス肉ですが、挽肉ではなくダイス肉を入れることで、台湾ラーメンの雰囲気を踏襲しつつ、肉具材としての存在感が明確に。一平ちゃんらしいジャンクさも演出できますし、製品の雰囲気的にも違和感はありません。量もそこそこ入ってて、その確固たる存在感から不満を感じさせない肉具材でした。後入れのニラはとても風味が良く、ニンニクもスープのインパクトを確実に助力。かなりパンチが効いてます。一平ちゃんらしい具材構成で、トータルで見ても素直に楽しめる内容でした。

(標準は★3です)

いやー、攻めてました。まさにガッツリ系。塩気の鋭さに関しては私の苦手分野だったものの、ガツンッ、とした攻めの姿勢には素直に拍手を送りたいと思います。強めに効いたニンニクとニラのパンチが印象深く、台湾ラーメンらしいスタミナ感あふれる一杯でした。一平ちゃんらしいジャンクさが在ったことにも好感が持てます。塩カドが気になる人は、生の卵黄や半熟卵なんかをトッピングすると、マイルドになっていいかもしれませんね。文中で何度も触れているように、「一平ちゃんらしさ」が少しずつ戻ってきているような気がしました。カップ麺でしか味わえない、そんなジャンキーな雰囲気が良かったです。今回は麺,スープ,具材に良い意味でカップ麺らしい極端さがあったので、そこを評価して★5にしました。以下余談になりますが、明星食品はスープを粉末化して小袋包装する「スープ別添方式」を1962年に開発したメーカーで、この技術を各社が模倣。つまり、「粉末スープ」のパイオニアなんですよね。今でこそ日清食品の子会社として扱われてますが、確かな歴史と力を持ったメーカーです。ある意味、それを完全子会社化してしまった日清食品も凄いわけなんですけど。それに飲まれない勢いを魅せて欲しいですね。

勝手に激辛アレンジ

物足りない辣味と塩気の強さから、カプサイシンにSOS。ジョロキア入れようかなー、と思ったんですけど、唐辛子の風味が欲しかったので、とりあえず足りない辣油を添加し、「からし屋 大祐」の「焙煎鬼殺し」と「超鬼殺し」をブレンドして投下。この唐辛子も早く紹介したいのですが…スイマセン(泣)ちなみに激辛化するとカプサイシンの辛味が先行して塩カドがボヤけるので、非常に美味しく食べることが出来ました。麺も力強かったし、製品バランスが崩れて辛味一辺倒にならなかった、というのも大きかったです。一味唐辛子&辣油追加投入、オススメ。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 一平ちゃん大盛 旨辛台湾ラーメン
製造者:明星食品
内容量:119g (めん90g)
発売日:2015年4月27日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881402552

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・あとのせかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (119g) あたり

エネルギー:510kcal
たん白質:11.8g
脂質:21.1g
炭水化物:68.1g
ナトリウム:3.7g
(めん・かやく:1.2g)
(スープ:2.5g)
ビタミンB1:0.37mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:205mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:510kcal (めん・かやく:454kca / スープ:56kcal)
食塩相当量:9.4g (めん・かやく:3.0g / スープ:6.4g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、でん粉、酵母エキス)、スープ(しょうゆ、ラード、食塩、豚・鶏エキス、糖類、香辛料、香味調味料、たん白加水分解物、香味油、酵母エキス、ねぎ、植物油脂)、かやく(味付豚肉、香辛料、ニラ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、カラメル色素、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、カロチノイド色素、乳化剤、酒精、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、卵、ゼラチン、えび、ごま、さけ、さばを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・さけ・さば・大豆・ごま・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
「まさに一平ちゃん」ッて感じの製品でしたね。
こういうジャンキーさ、荒っぽさが一平の持ち味ですからうれしかったです。
この強烈なにんにく味はすごくインパクトがありますよね。

これ実はリピートで2個追加買いしたのですが、
やっぱり2食目以降の感動は薄くって・・・(^_^;)
★1個減る感じでしたww
Re:たういパパ
これたしかパパが体調崩してて、
それでもガツンとキた製品でしたよねw

食べて成る程なー、と思いました。
いい意味で雑というか(笑)一平ちゃんらしかったです!

> やっぱり2食目以降の感動は薄くって・・・(^_^;)
余程の完成度じゃない限り、
2食目はそうなっちゃいますよね(苦笑)
でも1食目のインパクトが大きかったのでOKでしょう!
No title
おっ…これは攻めてそうですなぁ…

ちょっとカドの残るスープも
食べてみたくなりましたわ…

店頭で見かけたら、買ってみよう!
Re:ハシダ・メンさん
コレは素直に楽しめると思います。
久々に「一平ちゃんらしい極端さ」がありました!

まぁ、過去を知っている者にとっては、
まだまだ序章に過ぎない感じですけどね…(苦笑)

でも買って損は無いと思いますよ!
No title
一平ちゃん・・・
焼そばならおいしく頂きます^^

お師匠さま、今日の写真は
ノックアウト寸前でした。
最近耐えることを覚えたのですよ。
No title
takaさん、こんばんは!

おぉ、塩カドを強めに立てたスープでありながら、
高評価を得るというケースは珍しいですね!(=゚ω゚)

自分が食べたときは、takaさんには合わなさそうと感じたのですが、
ひさびさの一平ちゃんらしい攻めの姿勢が功を奏したのか、
その予想を覆す結果となってくれましたね!

ジャンクさという点ではなかなかのものがあるので、
辛さなどを自分で加えるとより引き立つかもですね!

次以降の一平ちゃんもワイルドさを出してほしいですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:カブトムシさん
> 焼そばならおいしく頂きます^^
このカップ麺は一平ちゃんらしかったですよ!
豚骨でもこのくらい振り切ってほしいんですけどねー。

> お師匠さま、今日の写真は
> ノックアウト寸前でした。
> 最近耐えることを覚えたのですよ。
くっ…寸前だったかw いや、健康的には良いのですが(笑)
最近、記事作りも撮影も億劫になってきて、
ちょっとブログ停滞期かもしれません。ぬぁ〜・・・←
Re:かーとさん
こんにちは!

> おぉ、塩カドを強めに立てたスープでありながら、
> 高評価を得るというケースは珍しいですね!(=゚ω゚)
塩カドを超えるものを感じたので!
度を超えない限り、塩気に関しては出来るだけ
評価(★)に響かせないようにしてるつもりです(笑)

> 自分が食べたときは、takaさんには合わなさそうと感じたのですが、
かーとさんのレビューを見て自分もそう構えていたのですが、
かーとさんのおかげで事前に押しが強いということが分かっていたことと、
一平ちゃんらしい攻めの姿勢が功を奏した、というのが大きかったですね。

激辛アレンジにも優に耐えてくれましたし
それが評価が伸びた要因のひとつでもあります!(個人的…w)

> 次以降の一平ちゃんもワイルドさを出してほしいですね!
そうそう、ワイルドさ。ぜひ豚骨で剥き出して欲しいです!(鼻息)

管理者のみに表示

トラックバック