エースコック「芳醇香味 塩そば」



「27日」毎月27日には何か悪いことが起こる、というジンクスがあります。先月は奇跡的に回避したものの、今月はどうなることやら…。この記事を更新した後、車で外出する予定なので、気を引き締めて行きたいと思います。

さて、本日の一杯は、エースコックの「芳醇香味 塩そば」です。このカップ麺、実は数回リピートしてまして。 既に何度も食べているので、もう評価は決まっています。以前、日清食品からローソン限定で、「麺屋一燈 芳醇香味塩そば」というカップ麺が発売されていましたが、名前が同じなだけで中身は全然違いますよw





は、「歯切れの良い、生めんのような品質のもちもっち多加水麺」とのこと。既に定評のあるエースコックの「もちもっち多加水麺」ですが、いつの間にかシレッ、とこのサイズの麺も作れるようになったみたいですね。歯切れの良さよりも粘り気を重視したような麺で、しっとりとした艶のある口当たりと、しなやかで上品な質感が印象的。湯戻し5分かけても大丈夫…?って感じの細さですが、大丈夫です。ちゃんと指定された規定の時間を守ることで、しっとりとした口当たりと自然な質感を楽しむことができます。風味,質感共に生麺に限りなく近く、今までに食べた多加水系ノンフライ麺の中では、最もリアルで自然なノンフライ麺でした。海老推しスープとの相性も良くて、バランスも良好。申し分無いです。

スープは、「えびの旨みをしっかり利かせ、香辛料でバランスを取ったポークベースの塩スープ」に、「えびの旨みと香りが利いた後入れ調味油を加えることで、最後まで芳醇な香りを楽しめ」るとのこと。ほんのりと上品に海老が香ってるのかなー、と思いきや、全く以てそんなことなかったですね。ベースはすっきりとした塩スープなんですけど、麺を食べてもスープを飲んでも真っ先に飛び込んでくるのは海老の主張。その存在感たるや、甚だしいです。海老の風味は芳ばしさに寄ったタイプなのですが、そこに振り切っていて、存在感は明白。それでいて動物系のコクもあって、土台にも抜かりありません。でもステージは、あくまで海老の独擅場。後入れの調味油も多めに入っていて、入れると油膜で湯気が立たなくなるほどの量。これによって一瞬、鼻の役目がシャットダウンされるわけですがw 麺を持ち上げたりスープを回す度に海老の香りが鼻腔を擽り、味,香り共に海老・えび・エビ。 調味油は一面を覆い尽くすほどの量ですが、食物油脂が中心となっているため、クドさを感じません。そして食べ終わる頃になっても海老油は残っていて、最後の最後まで主張を緩めない存在感。シンプルですが、インパクトありますよ。

かやくは、「食べ応えのあるえび風味ボールに、風味の良い桜えび、色調の良いねぎ、唐辛子」とのこと。海老風味ボールはきちんと海老らしい風味があって、プリッ、とした食感が茹で海老らしくも思えました。風味でも歯触りでも楽しませてくれます。そして桜海老の芳ばしい香りと、風味が全体の海老感をブースト。湯戻しの段階からスープに寄与していたと思うし、直接口に入った時には急激な爆発力を魅せてくれます。海老を題材にした具材が2種類入っているということもあって、違った表情の海老らしさが楽しめるのがいいですね。何個か食べていると個数にバラツキがあったのですが、どのカップ麺でも不満を感じさせないだけの量は平均的に入ってました。ひとつだけ桜海老が平均値の倍近く入っていた製品があったんですけど、それ食べた時はぬっほぉーぅ!でしたw ネギもたっぷりと入っていて、意識しなくても麺に絡んでアクセントになってくれたのが良かったです。

(標準は★3です)

「全国麺めぐり 富山白えびラーメン」も美味しかったですけど、こちらは海老の芳ばしさを実直に立てていて、また違った表情。さらに麺,スープ,具材のどれを取っても手放しに楽しめるほどクオリティが高く、製品バランスの安定感、調和と方向性など、その全てが固まっていて、これといって文句の付け所が見つからない一杯でした。海老殻の芳ばしい風味が好きな人は、まず買って損はないでしょう。個人的にスープは寿がきや食品の「富山白えび」に軍配を上げたいところですが、非の打ち所がない麺に海老感のある具材ということで、総合力の高さはこちらの方が上だと思い、★の数を多くしました。麺量は60gと平均値で、どんぶり型にしては必要なお湯の目安量も380mlと少なめ。このあたりでコスト調整を図っているのでしょうね。でも体感的に物足りないわけではなかったし、それを補って余りあるほどのインパクトがあったため、ネガティブさは全くありませんでした。「『香り高い素材がもたらす新しい美味しさ』がテーマの“香りコンセプト”による新ブランド!」とのことなので、今から次回作が楽しみです。ちなみにPDFではコンビニ限定発売のような記載があるのですが、行き付けのスーパーにも売ってました。ただ、そのスーパーがコンビニ限定発売の製品を置いてあることがたまにあるので、これに関しては特例なのかもしれません。次はどんな香りかなー。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:芳醇香味 塩そば
製造者:エースコック
内容量:85g (めん60g)
発売日:2015年4月20日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ)
希望小売価格:240円 (税別)
JANコード:4901071211295

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:380㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (かやく入り粉末スープ・調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (85g) あたり

エネルギー:368kcal
たん白質:6.6g
脂質:15.6g
炭水化物:50.2g
ナトリウム:1.9g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.2g)
カルシウム:179mg

(食塩相当量:4.8g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、たん白加水分解物、植物性たん白、デキストリン、大豆食物繊維、でん粉、卵白粉)、調味油(植物油脂、豚脂、鶏油)、かやく入りスープ(食塩、魚介エキス、豚エキス、魚肉練り製品、香辛料、砂糖、しょうゆ、ねぎ、でん粉、桜えび、酵母エキス、オニオンパウダー、唐辛子)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、炭酸カルシウム、香料、かんすい、増粘多糖類、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、紅麹色素、(原材料の一部に卵、ごまを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・えび・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
お~~~~!!!!!!
27日は嫌なことが??!!!

あ~~yukiにも嫌な事おこりました~~泣


まさかのラーメンが食べれませんでした・・・・泣

とほほ・・・・


27日・・・・憎らしいですね(笑)
Re:yukiさん
> 27日は嫌なことが??!!!
そうなんですよぉ〜・・・
でも…もしかしたら脱却したかもしれません!
詳しくは明日の冒頭にて。ちぇきら。

> まさかのラーメンが食べれませんでした・・・・泣
なんと!待ちに待った解禁日だったのに(泣)
理由はブログに書いてるのかな? 今から見に行きます。
海老油
takaさん、こんばんは!

こちらも今年を代表する見事な内容のカップ麺でしたね!(`・ω・´)

とにかく海老油の香ばしい海老の風味が秀逸で、
ここまで海老油を生かしたカップ麺がなかっただけに、
海老系ラーメンの中では満足度は非常に高かったですね!

でもって、ここに細麺の多加水麺を合わせたのも大正解でしたね!

このスープにあの麺が合わされたほぼ無敵ですからね!
ついにあの麺が細麺にもなったという喜びもありましたし!

ちなみにこのラーメンは自分もリピートしています!
海老好きなら絶対に押さえておくべき逸品でしたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

かーとさんの評価も高かったですもんね!
自分も概ね同じような印象を抱きました。

清湯系+海老油で攻めてきた、
というのも大きなポイントでしたよね。
そして、主役になった海老の主張が顕著だったこと。

実は初めて食べた時に★8を付けようか本気で悩んで、
数回食べるうちに冷静になって落ち着いた感じだったので、
リピートしたのはブログ的には失敗だったかもしれません(苦笑)

> ついにあの麺が細麺にもなったという喜びもありましたし!
これも大きかったと思います!「さのまる」の時もそうでしたが、
今後のシリーズ展開には益々目が離せなくなりましたね。
エースコックの多加水麺、かなり推したいノンフライ麺です。

兎にも角にも、このカップ麺は秀作でした。
まだ在庫があるので、こっそり隙を見つけながら食べます(笑)
No title
お師匠さま、こんばんわ^^

そしてこれは追いますよ。
在庫もちです。
そろそろ追加の時期なのですが
ポイントサービス待ちです。
イーグルス勝て!
Re:カブトムシさん
うむ、弟子よ・・・。
(このくだりが無いと寂しいw)

ポイントサービス? イーグルス?
仕入先との兼ね合いでしょうか。

管理者のみに表示

トラックバック