日清食品「有名店シリーズ 龍の家 濃厚とんこつ こく味」



ハッキリとした原因は不明なんですけど、最近よく親指の側面を切ります。この前も切ったみたいで、先月から数えて3回目。それも決まって同じ位置。思い当たる原因は、欠けた皿でも洗ってる時にうっかりヤっちゃったかなー、くらいなんですけど、全く記憶に無いんですよ…切った瞬間とか気が付かないくらい痛くないし…後から血が出ててアッ、みたいな。ってのが最もヤベェんですかね(白目)

さて、本日の一杯は、日清食品の「有名店シリーズ 龍の家 濃厚とんこつ こく味」です。今回で第6弾。「龍の家」私は初耳だったので、ちょっと調べてみたんですけど、「力の源カンパニー」(博多一風堂)が絡んだお店みたいですね。「久留米で創業し、東京にも進出中」とのことですが、スープは久留米ラーメンの大きな特徴のひとつである「呼び戻し」という技法は使わず、どうやら「博多豚骨」の流れを汲んでいるようです。でも別添の特製香油は焦がしニンニクという黒マー油系の調味油みたいなので、「熊本」らしさも見え隠れ。それぞれの主張がバラバラな方向に進んでたらヤバいなぁ…という懸念が無きにしも非ずですが、このシリーズはいつも油揚げ麺が秀逸なので、それに関しては安心して手に取ることができます。お店の再現モノでタテ型カップなのに安心できる、というのは一貫してこのシリーズの大きな強みと言えますよね。


お店で使えるフタ裏クーポン付



は、「豚骨スープと相性のよい、しなやかなストレート麺」とのこと。タテ型カップの油揚げ麺として、まさにトップクラスの出来映えです。このシリーズではお馴染みの質感で、油揚げ麺とは思えない上品さから、「日清のどん兵衛」の蕎麦を彷彿とさせる慎ましさ。油揚げ麺というネガティブさを殆ど感じさせない麺で、非常にクオリティの高い油揚げ麺です。写真で見たら実際のお店は博多麺らしい極細パッツン系みたいなので、この麺の形状を見る限り麺の再現には拘っていないようですね。ですがスープとの違和感は全く無くて、カップ麺としての取り合わせとしては間違っていないでしょう。スパッ、とした歯切れの良さが印象深く、極限に抑えられた油揚げ麺臭と縮れの無さが高級感を演出。タテ型カップの油揚げ麺なのにスープをマスクしない、というのがこの麺の持つ大きな強みですね。後半になっても歯切れの良さが持続していたし、レベルの高い油揚げ麺です。

スープは、「煮出した豚骨のこくが特徴の濃厚豚骨スープ」で、「焦がしにんにくの風味の『特製香油』付き」とのこと。豚骨臭や獣臭の抑えられた、飲み易いマイルド系の豚骨スープです。個人的には豚骨の荒々しさが欲しかったところですが、実際のお店のスープも臭みのない豚骨スープが売りみたいなので、予備知識があればコケることはないでしょう。作り込みは丁寧で、豚骨らしい厚みと甘味を感じられたのが好印象。土台はしっかりとしているものの、敢えて奇を衒わず、特製香油を立てるような構成となっています。特製香油の色は黒マー油ほど濃くなくて、豚脂で割っているような雰囲気。これによって豚脂の風味とマー油の芳ばしさが添加されるわけですが、ガーリックのアクセントも焦がしの芳ばしさも強すぎず、弱すぎず。特製香油の量もそんなに多くなくて、どこかにインパクトを持たせて突出させるわけではなく、それぞれの要素をバランス良く組み込んで形にしているような仕上がり。それでいて物足りなさや単調さを感じないのは、それだけバランスが整っていたということでしょう。こってり感もほどよくて、きちんと豚骨らしさがあったことから、小麦粉によるザラついた舌触りの演出も蛇足ではありませんでした。如何にも日清食品らしい豚骨スープです。久留米ラーメンのような荒々しさや、熊本ラーメンのようなパンチに期待すると肩透かしですけど、美味しい豚骨スープであることは確かですよ。

かやくは、「チャーシュー、ネギ、キクラゲ、モヤシ。」とのこと。豚骨ラーメンにモヤシ…実際のラーメン店では、味噌ラーメン以外にモヤシはヤメテ派ですw モヤシって地味に主張が強くないですか? 麺を食べ終わる頃にはスープにまで風味が影響しちゃってて、モヤシ味になっちゃうから苦手なんです。(モヤシ自体は好きですよw)ただカップ麺に入っている乾燥モヤシの主張は、良くも悪くも控えめで、今回も例に漏れず。体付きも細く量も少なかったんですけど、意識的に食べるとモヤシの風味はありました。キクラゲはコリコリしてて存在感があったし、今回の豚骨スープとも合っています。チャーシューはチップ状ですが、量はそれなりに入ってました。スープに厚みがあったので、もうちょっと味付は濃くても良かったかな。ネギはフレッシュな食感と、風味がアクセントになっていて良かったです。スープの雰囲気から、擂り胡麻とか欲しい感じでした。

(標準は★3です)

総じて優等生な豚骨ラーメンだったんですけど、バランス型の豚骨ラーメンとしての完成度は高く、さすが日清食品と言わしめるものがありました。麺の再現に関しては怪しい部分があったものの、カップ麺としては上々。久留米を思わせる少し太い麺に、博多を思わせる濃厚な豚骨の旨味。そこに熊本を思わせるマー油のライトなアクセントが加わり、それらが見事に三位一体となって融合。久留米,博多,熊本の良いとこ取り、みたいな。ひとつのカップ麺として、納得のいく仕上がりだったし、前述したスタンスで食べると素直に楽しめるでしょう。このシリーズは、本当に安定感がありますね。タテ型ビッグカップらしい食べ応えもあったし、今回も期待を裏切らない仕上がりでした。次回作も楽しみです。この油揚げ麺を食べながらふと思ったんですけど、そろそろ「日清 THE NOODLE」の新作が出てもいい頃合いですよね。「有名店シリーズ」「日清 THE NOODLE」どちらもこの手の油揚げ麺を作らせたら、日清食品の右に出る者はいないでしょう。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:有名店シリーズ 龍の家 濃厚とんこつ こく味
製造者:日清食品
内容量:107g (めん80g)
発売日:2015年4月20日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105235164

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (特製香油)

~標準栄養成分表~

1食 (107g) あたり

エネルギー:514kcal
たん白質:11.5g
脂質:24.5g
炭水化物:62.1g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:128mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:514kcal (めん・かやく:403kca / スープ:111kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:2.0g / スープ:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、スープ(豚脂、ポークエキス、糖類、小麦粉、香辛料、植物油脂、でん粉、醤油、チキンエキス、香味油、酵母エキス、味噌)、かやく(味付豚肉、ねぎ、キクラゲ、モヤシ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、グリセリン、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、トレハロース、カロチノイド色素、香料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:小麦・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
うんうん。お夜食に頂きました。
結構前に・・・(´・ω・`)

明日からどうしようか悩んでます。
焼そばの順番が厳しいw
流れがあるんですよねー。
そのまま次の流れを作りたくて
一生懸命組立を考えてます。

なんかそういうのないですか?
Re:カブトムシさん
これはカブトムシさんも記事にされてましたが、
お夜食にも召し上がったのですか!w

> なんかそういうのないですか?
わかりますよ!流れに関連を持たせたり組立を考えるの!

いま自分は発売日の古いものから順に
追っていくようにセレクトしていますが、
旧ブログでは凄麺勝負とか連続サンポーとかしてました(笑)

今でも昨日の「富山白えび」からの「富山ブラック」など、
そういう流れや抱き合わせを意識して考えちゃいますねw
No title
これは自分は食べてないですよね・・・?
おそらく・・・ww
相変わらずどうもタテ型BIGには手の出ない自分ww
しかし博多&久留米&熊本って黄金の組み合わせです。
食べときゃよかったかな?(^_^;)
No title
takaさん、こんにちは!

これは非常にバランスよくまとめられた豚骨ラーメンでしたね!

豚骨ラーメンとして欲しくなる要素を上手く盛り込み、
なおかつ本格派としての納得をいかせてくれる、
いいとこどりではありますがよくできてました!

麺に関してはあえて再現にこだわらなかったのは正解でしたね!(=゚ω゚)

もともと日清の高級系油揚げ麺はパツパツ系ですし、
あえて細麺にしなくても豚骨にはよく合いますからね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
このカップ麺…多分、記事にはなってないですね。

> 相変わらずどうもタテ型BIGには手の出ない自分ww
この「有名店シリーズ」はオススメですよ!
今までも総じて油揚げ麺特有の風味は至極控えめでしたし、
油揚げ麺臭に敏感になってるパパでも嫌味に感じないと思います。

> しかし博多&久留米&熊本って黄金の組み合わせです。
そのどれもが突出しているわけではなかったのですが、
厚みはあって、良い意味で日清食品らしい美味しい豚骨味でしたよ。
Re:かーとさん
こんにちは!

突き抜けたインパクトこそなかったものの、
バランス型の豚骨味としては非常に良く出来たカップ麺でしたね。

このカップ麺にしかない個性を問われると、
やや平凡な表情ではあったものの、麺を筆頭に
カップ麺としての出来栄えは素晴らしいと思いました。

> 麺に関してはあえて再現にこだわらなかったのは正解でしたね!(=゚ω゚)
自分もそう感じました!スープとの相性は良かったですし、
カップ麺として上々だったので、敢えて減点はしませんでした。

第7段も楽しみですね!

管理者のみに表示

トラックバック