寿がきや食品「全国麺めぐり 富山ブラックラーメン」



本日2回目の更新で、「全国麺めぐり 富山白えびラーメン」に続きまして、以前から販売されている寿がきや食品の「全国麺めぐり 富山ブラックラーメン」です。「2009年より毎年大変好評をいただいている」とのことですが、発売当初は黒胡椒一辺倒やんけ…と、あまりにも攻撃的な仕上がりにたじろぎました。それから何度かリニューアルされ、随分と印象が良くなったように思います。最終リニューアルされてからは食べていなかったので、2年以上の間隔が空いてますね。富山ブラックラーメンは、「塩味の効いた真っ黒な醤油スープと、大量の黒コショウの独特な辛味が特徴のラーメン」とのこと。ご丁寧にHPにもカップのフタにも、「※コショウの辛味が強いラーメンです。辛いものが苦手な方はご注意ください。」という警告文。はい、インパクトは鮮明に覚えてますw 2013年のリニューアルで、「醤油ラーメンスープのコクをアップし、めんをスープと相性の良い太めんに変更し」たとのこと。さて、いくつ点を稼ぐでしょうか。楽しみです。





は、「コシと粘りのある滑らかな口当たりのノンフライ太めん」とのこと。「富山白えびラーメン」と同じく湯戻し時間は4分ですが、平打で厚みのあるやや幅広のノンフライ麺です。湯戻し4分で食べてみると少し硬かったので、液体スープを入れてから1〜2分くらい待ったほうが自然な質感になりますよ。その間にスープが麺に染み込んでくれるので、一体感が増します。経時劣化耐性も高く、ゆっくり食べても最後までモッチリとした歯触りが持続してくれていたため、湯伸びに関してはそんなに心配しなくて大丈夫。しっかりとしたコシがあって、スープのインパクトに負けない存在感のあるノンフライ麺でした。以前は麺がスープに押されているような印象があったんですけど、しっかりと改善されているようですね。主張し過ぎず、頼りなさも感じさせないベストバランスだったと思います。麺量は65gということで、レギュラーサイズの平均値ですね。意図してそうしてわけではないでしょうけれど、量的に物足りない人は、お供に白ご飯を。

スープは、「醤油感をアップした真っ黒な見た目の醤油ラーメンスープ」とのこと。イカスミでも入ってんのかと思うほど真っ黒なスープで、まさに「漆黒」という表現が相応しい色合いです。そんな見た目からしてインパクトのあるスープなのですが、実際の味わいも然り。現行品でよくここまで振り切ったと感心するほど、強烈にパンチの効いた黒胡椒の刺激がガツンッ、と攻め込んできます。私は唐辛子と同じく黒胡椒にも一定の耐性があるので、結構ツボだったりするのですが、とにかく生半可な量ではないため、それなりの覚悟はしておいたほうがいいでしょう。醤油感は割と鋭利なタイプなんですけど、単純に塩辛いわけではありません。醪(もろみ)の風味を感じる良い意味でクセのある醤油感で、鶏ガラと豚骨のコクもあり、そして魚醤の余韻が心地よく、軽いガーリック感がアクセントになっていて、なかなかに層のある深み。確かに大量の黒胡椒とクセのある醤油感で押しの強いスープではあるのですが、一辺倒ではありません。発売当初はもっと尖ってたんですけど、その個性は残しつつバランスがとれてきたように思いました。私はこの手の醤油が尖ったスープは少し苦手なのですが、今回は黒胡椒によるホット系の刺激(ピペリン)があったので、難なく完食。もともと富山ブラックは白ご飯の添え物という立ち位置にあるようなので、それを考慮すると納得できますしね。これからの時期、塩分補給にもイイかもしれませんw でも塩気よりピペリンが先行するので、体感的にはそちらの方が気になるかと。

かやくは、「チャーシュー、ネギ、いりゴマ、キャベツ、赤唐辛子」とのこと。チャーシューは情緒の無い薄っぺらいものですが、最近の寿がきや食品のとりあえずチャーシューとは少し違います。スープの黒胡椒も要因のひとつかもしれませんが、あの鼻に付くようなケミカルな風味も気にならなかったし、わずかですが厚みがあって、表面積も広いですね。おそらくこの2,3年で、新商品系の汎用チャーシューに何かしらの改悪が行われたのでしょう。この製品の次回リニューアルでは、チャーシューの変更が示唆されます。キャベツは特別スープと相性が良いわけではなかったんですけど、対極的な甘味と優しさがコントラストにはなっていたかな、と。胡麻は意外とアクセントになっていて、これもスープが一辺倒にならなかった理由のひとつかもしれません。ネギと赤唐辛子は飾り程度の量でしたが、文字通り漆黒スープを飾っていました。

(標準は★3です)

こんな奴が学校にいたら、間違いなく生活指導の先生に目を付けられますねw 明らかにヤり過ぎと思えるほどの強烈なインパクトの持ち主で、ハッキリ言って人を選びます。黒胡椒の量が度を超えているので、その手の耐性に自信がない人は手を出さないほうが無難でしょう。だが、それがいい。このヤンチャ坊主をレギュラー品としてラインナップに加え、期間を問わず年中通して販売を続けている寿がきや食品の攻めの姿勢には好感が持てますし、それを可能としているということは、やはりそれなりの需要があるということなのでしょう。「ピペリン」にはダイエット効果が期待できますし、ノンフライ麺ということでカロリーと脂質も低く、スープさえ完飲しなければダイエットにも向いていると言えるでしょう。食塩相当量は「富山白えびラーメン」と同じ7.9gなんですけど、こちらは黒胡椒の刺激が先行するので、体感的な塩カドは白のほうが強かったです。大量の黒胡椒で突き抜けたインパクトを持たせつつ、常時販売を可能としているという現状を高く評価して、このような評価とさせていただきました。日清食品には到底真似のできない荒技かとw ホット系の刺激が好きな人は、結構クセになるカップ麺だと思います。斯く言う私がそうなんですけど、これは買い置きしておきたいカップ麺ですね。今回は黒胡椒の刺激に一定の耐性がある者の意見、ということで宜しくお願い致します(ぺこり)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:全国麺めぐり 富山ブラックラーメン
製造者:寿がきや食品
内容量:109g (めん65g)
発売日:2013年4月22日 (月)
発売地区:中部
希望小売価格:208円 (税別)
JANコード:4901677081148

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (かやく・粉末スープ・液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (109g) あたり

エネルギー:328kcal
たん白質:9.7g
脂質:6.1g
炭水化物:58.6g
ナトリウム:3.1g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:2.4g)
カルシウム:91mg

(食塩相当量:7.9g)

原材料名:めん(小麦粉、でん粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆多糖類、たん白加水分解物)、スープ(しょうゆ、たん白加水分解物、動植物油脂、食塩、砂糖、チキンエキス、香辛料、しょうゆもろみ、ポークエキス、香味油、ごま、魚介エキス、魚醤、ガーリックペースト、唐辛子)、かやく(キャベツ、チャーシュー、ねぎ)、加工デンプン、着色料(カラメル、クチナシ)、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸カルシウム、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、乳化剤、香料、ソルビット、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(V.E、V.C)、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
富山ブラック・・・

どれがリニューアルか
わからないw
Re:カブトムシさん
> どれがリニューアルかわからないw
そういうカップ麺ありますよねw

「辛辛魚」とか新商品なのか、
リニューアル品なのか…(苦笑)
No title
白の次に黒を持ってくるとは確信犯やわ!ww

この製品は3年前に食べたっきりです。
自分はこれはなかなか美味しかった記憶です。
先日のニュータッチの製品と食べ比べしてほしいです。
No title
このカップ麺、大好きですわ...
醤油馬鹿だし、もともと胡椒も好きなので
本当にたまらん!

No title
takaさん、こんばんは!

これは数年前に一度食べたことがあります!

ほんとこのシリーズは黒胡椒の主張が強烈ですよね!
自分は胡椒の刺激が好きなのでそこは気に入りましたが!

これだけ飛び抜けてくれると逆にすがすがしいですね!(●・ω・)

醤油もキリッと立てながら、カドの強さにやられるという印象はなかったですし、
刺激を持たせながらもまとめ方が上手いですよね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:たういパパ
確信犯です!ww どうしてもコレがしたくて
急いでカリメロにブラック送ってもらいましたもんw

3年前よりも成長してますよ!
スープのコクがアップしていました。

> 先日のニュータッチの製品と食べ比べしてほしいです。
もちろん比較するつもりですよ♪ というか必然的に(笑)
その伏線としても、記事にしときたかったんですよね。
Re:ハシダ・メンさん
自分もこのカップ麺に限っては
手放しに醤油感も塩カドも受け入れられるんですよ!

きっと黒胡椒のおかげですね。

胡椒が好きなのはハシダさんと一緒です!
鶉の卵と一緒に納豆に入れたら美味しいですよー。
Re:かーとさん
こんばんは!

かーとさんも記事にされてましたよね!
数年前よりもれべるがあったと自分は感じましたが、
必然的に次のリニューアルが強くもあります・・・。
そろそろリニューアルを謳ったコスト調整がかかりそうで(苦笑)

> 自分は胡椒の刺激が好きなのでそこは気に入りましたが!
私もそうなので、素直に楽しめました。
日本のメーカーが定番品で、ここまで振り切るのも珍しいかと。

黒胡椒の刺激は飛び抜けてますけど
きちんとコクのあるスープに好感がもてますよね!

麺とスープもバランスも良くなってましたし、
見かけて余裕があったら、かーとさんの再レビューも見たいです。

管理者のみに表示

トラックバック