エースコック「スーパーカップ1.5倍 衝撃の泡立ち 豚骨醤油ラーメン」



すっかり気に入って愛用してた「ヒシク」の「専醤」(甘い鹿児島の醤油)が、とうとう底を尽きてしまいました。マイブームの手作り味玉で重宝してたのに…うーん、どうしよう。ちなみに昨夜、新たに味玉を仕込んだばかりなので、いま冷蔵庫には大量の味付ハンプティ・ダンプティが眠ってます。ふふふ…。

さて、本日の一杯は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 衝撃の泡立ち 豚骨醤油ラーメン」です。コレ話題性ありましたよねー。実は発売当初に食べていて(そのタイミングで記事にしろw)今回が2回目の実食となるのですが、1回目のイメージが悪かったんですよ…。ひたすらに塩っぱくて。なので2回目は食べ方を変えてみます。なのでレビューはアテにしないでくださいw サクッ、といきます。




写真を見てレビューやめようかと本気で思った…w

は、「しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるカドメン」とのこと。すっかりお馴染みの「カドメン」ですが、スープが豚骨感のある豚骨味味だったからか、細身のカドメンが採用されていました。細身でありながら存在感は強く、押しの強いスープにも負けていません。安定のカドメンクオリティです。

スープは、「まろやかな味わいのポークエキスと臭みのあるポークエキスを醤油と合わせた豚骨醤油スープ」で、「後入れ粉末スープ『泡のもと』でふんわり泡立て」たとのこと。泡が麺に絡みついてくるので、麺を食べているときにもスープをダイレクトに感じられるのですが、そうなると強烈な塩気もダイレクトに…。ということで、今回(2回目)は撮影後に泡が消えるまで混ぜまくって、コンセプト蹴飛ばしてから食べました。すると刺してくるような塩気も和らいで、随分と食べやすかったです。それでも自分には塩気が強かったんですけどね…。醤油よりも豚骨を重視した豚骨醤油味で、ポークの旨みがきちんとあったことには好感が持てました。刺してくるような塩気が苦手…って人は、しっかりと全体を大きく混ぜてから食べることをオススメします。いやでもそれ言っちゃったら他にオススメしたいカップ麺は山ほどありますけども…(苦笑)

かやくは、「程良く味付けした肉そぼろ、食感の良いキクラゲ、ごま、ねぎ、にんにく」とのこと。肉そぼろは結構入ってたんですけど、残念なことにハズレ系。スカスカで美味しくなかったです。キクラゲは底に溜まっていたので、最後らへんは顔を出していましたが、食べ終わる頃になるまでは意識しても存在感は殆ど無かったし、ネギも希薄。ゴマはアクセントになっていました。ニンニクはスープに寄与していたと思います。多分。(湯戻し後には確認できなかった…w)

(標準は★3です)

泡立つのは新鮮味があって楽しかったのですが、後入れ粉末スープの塩分濃度は見直すべきだと思います。泡を残した状態で食べると、まるで粉末スープを直接舐めているような鋭い塩気が攻め込んできて、自分には食えたもんじゃないレベルの塩気でした。1回目の印象は★1です。あまりにもスープがダイレクトすぎたので、2回目はしっかりと混ぜてから食べてみましたが、それなりには美味しかったものの、これじゃ泡の意味が…みたいな。これまでに無かった新鮮味とインパクトは凄まじかったのですが、話題性に頼っているような印象が無きにしも非ずでした。豚骨感には好感が持てたんですけど、それを手放しには楽しめなかったので。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:スーパーカップ1.5倍 衝撃の泡立ち 豚骨醤油ラーメン
製造者:エースコック
内容量:112g (めん90g)
発売日:2015年4月6日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4901071237530

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (かやく入り粉末スープ・泡のもと)

~標準栄養成分表~

1食 (112g) あたり

エネルギー:473kcal
たん白質:11.8g
脂質:16.7g
炭水化物:68.9g
ナトリウム:3.2g
(めん・かやく:1.2g)
(スープ:2.0g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:236mg

(食塩相当量:8.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(クリーミングパウダー、豚エキス、ブドウ糖、食塩、卵白粉、香辛料、オニオンパウダー、しょうゆ、酵母エキス、たん白加水分解物)、かやく入りスープ(豚エキス、ごま、食塩、鶏・豚味付肉そぼろ、キクラゲ、ねぎ、にんにく、しょうゆ、酵母エキス、香辛料、たん白加水分解物、チーズパウダー、植物油脂)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、重曹、炭酸カルシウム、増粘多糖類、酸味料、カラメル色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵を含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・牛肉・豚肉・大豆・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
こんばんわwwwお師匠さま。

冒頭からすみませんw

この製品、ある意味お師匠さまが
抑え込まれる製品なんですよね。
写真が・・・w

まあ、これ以上何も言いますまい。
さ、ポテチ食べよう。
No title
ホンマに塩分に敏感やね。。。(^_^;)
塩分(塩辛さ)が評価のかなりを占めてるんちゃう?(^_^;)
話題性という点でもうちょっと★サービスを!ww
たしかに話題性だけの製品でしたが・・・
Re:カブトムシさん
うむ、弟子よ・・・。

> 冒頭からすみませんw
ん? 味付ハンプティ・ダンプティ?w

> この製品、ある意味お師匠さまが
> 抑え込まれる製品なんですよね。
> 写真が・・・w
写真もそうですが、塩気にブッ飛ばされました(苦笑)
そしてam3時にポテチ食べるのはヤめましょうw
Re:たういパパ
> ホンマに塩分に敏感やね。。。(^_^;)
数年前はそうでもなかったんですよ。
急に過剰に反応しだして…まぁ多分アレのせいですわ(苦笑)

> 塩分(塩辛さ)が評価のかなりを占めてるんちゃう?(^_^;)
それは否定できませんが、自分には塩っぱかったとしても、
製品バランス的なことやコンセプトによっては、
塩辛くても差し引いて加点しているつもりです。

> 話題性という点でもうちょっと★サービスを!ww
> たしかに話題性だけの製品でしたが・・・
「話題性だけの製品」だったから★2w
衝撃の塩カド
takaさん、こんにちは!

このカップ麺はいろんな意味で衝撃的でしたよね!

話題性が高すぎたがゆえに高い期待を持って食べたら、
そのあまりの塩カドに驚いてしまいましたし!(=゚ω゚)

もともと塩カドの強さに敏感なtakaさんならずとも、
この塩カドの強さにやられた人は多いでしょうね!

かといってまぜすぎると泡は減ってしまいますし、
面白い点があっただけにもう少し調整が欲しかったですね!

仮に新作が出るならもっと上手くされるでしょうし、
そこに期待しながら今後の展開を見守りたいです!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!…ってまさかこの記事にコメントが入るとはw

いろんな意味で衝撃的でしたねぇ…
特に私の場合、塩気が鬼門になってくるので、
それはそれはもうガッツーン…とヤられました;;

完全に泡を消してしまえば何とか…って感じで、
でもそれってコンセプト的にどうなのよ…みたいな(苦笑)

インパクトとアイディアは素晴らしかったので
次回作では泡の濃度の調整に期待して楽しみにしたいと思います!

「EDGE×衝撃の泡立ち」みたいなブランドコラボも面白いかも!
(EDGEの指標が塩気だったら泣きますけど・・・)

管理者のみに表示

トラックバック