日清食品「カップヌードル カラアゲ キング」



どうも、taka :aです。やりきれない焦燥感から本日2回目の更新になりますw

さて、本日二杯目のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル カラアゲ キング」です。さすがキングサイズ…デカいw「今回発売する新しいバリエーションには、ラーメンと相性のよい『カラアゲ』を具材として採用し」たとのことなんですけど、実際のラーメン屋さんでカラアゲが入ったラーメンってあるんですかねw「こだわりの唐揚」みたいなメニューはよく見かけますが、ラーメンにダイブさせるとなるとアナザーワールドなイメージ。今回のようにカラアゲを具材に採用したカップ麺は稀に出ますけどね。そして、「カップヌードル至上最大の麺重量」だそうです。カップヌードル至上最大なんて言われると、まるで快挙達成ー!みたいに聞こえますけど、既存の「カップヌードル キング」と同じ麺量(105g)ですね。なんかもう食べ応え重視な雰囲気が蔓延してるので、あらかじめそのスタンスで挑みます。ほんと食べ応えありそうだな…(大丈夫お腹空いてます)





は、「カップヌードルブランド最大重量 (105g) の麺」とのこと。原材料の並びから見ても、既存の「カップヌードル キング」と同じ麺だと思います。大盛仕様ということもあって、レギュラーサイズの「カップヌードル」や、レギュラーサイズより少し太めの「カップヌードル ビッグ」よりも気持ち太め。とは言え、体感的な差はそれほどなくて、言われたらそうかなー、くらい。意識しなければ「いつものカップヌードルの麺」です。ダラダラ食べてたら後半はダラけてくるので、しっかり事前に腹を空かせ、食感が残っているうちに食欲に任せて食べ切るほうがいいでしょう。私はいつもカップヌードル系は2分くらいから食べ始めますが、カップのサイズと麺の量を考慮すると、1分30秒でフタを開けて食べ始めても問題ないと思います。今回はスープがあっさりしていたので、麺の味付がハッキリしてました。

スープは、「ブラックペッパーを利かせたスパイシーなしょうゆスープ」とのこと。基本のベースラインにはお馴染み、「カップヌードル」の洋風な醤油味で、それを下地にブラックペッパーをほんのり効かせた感じ。そんなに言うほどスパイシーでもホットでもなくて、あくまでブラックペッパーはアクセントの枠を出ていませんでした。普通に美味しかったんですけど、商品名ほどのインパクトは無いというか、うん。それにかなりあっさりとした味付だったんですけど、おそらくキングサイズという量を考慮してのことだと思います。最初の2,3口は少し物足りなさを感じてしまったものの、最終的にクドさを感じさせないちょうどいいバランスだったかな、と。でも新鮮味やインパクトは全く無くて、せめて「ブラックペッパーしょうゆ味」と謳うのであれば、もうちょっとブラックペッパーの主張は強めに効かせて欲しかったですね。安定感は抜群だったんですけど、良くも悪くもフツーでした。ブラックペッパーはカップの底に溜まってしまうので、定期的に混ぜながら食べないと忘れると思いますw メーカーの説明では、「具材のカラアゲからにじみ出るうまみが特徴」とのことでしたが、そこまで具材のカラアゲがスープに寄与しているような様子は感じられませんでした。もうちょっと捻ってほしかったなー。

かやくは、「カラアゲ、スクランブルエッグ、ネギ、レッドベル」とのこと。さて、メイン具材のカラアゲですが、「唐揚」というよりも「ナゲット」という表現のほうがしっくりくる肉具材ですね。外はカリッ、中は肉汁あふれてジュワ〜…みたいな唐揚感は望めませんが、味付は和風醤油っぽい感じで、歯触りは鶏のムネ肉系。ナゲット系と言えど、なかなかどうして風味はそれなりに唐揚っぽくて、雰囲気は醸し出せていました。メイン具材としての存在感もあったし、ゴロゴロと入っていて食べ応えあったのが良かったです。スクランブルエッグは汎用感が否めませんが、ほんのり甘味のあるスクランブルエッグ、私は好きですね。でもちょっと甘さ控えめ? 甘味よりも卵の風味が前に出てくる感じでした。ネギとレッドベルは少なくて希薄。完全に見た目的要員です。まさに「飾り」。飾りであるが故に視覚的なアクセントを添えてくれていた、という点は大きかったんですけどね。思いっ切りコンセプトから外れますけど、スープがオリジナルのスープと比べてあまり差異が無かったので、カラアゲよりも海老と謎肉が欲しい感じでしたw

(標準は★3です)

まずフタを開けた瞬間からチキンナゲットみたいな匂いがして、おっ、と思ったんですけど、実際の仕上がりはそこまで奇抜ではなく、キレイ過ぎるくらいキレイに整ってました。 ラーメンに唐揚ってカップ麺でしか食べたことないんですけど、慣れ親しんだスープと万能麺にナゲットっぽいインスタントらしい加工系肉具材という組み合わせで、特に違和感は感じなかったです。カップヌードルらしく全体的にジャンクだった、というのも違和感を感じなかった理由のひとつでしょう。ただ、麺とスープと具材が三位一体だったかと言われると、ちょっと微妙なところもあるんですけどね。具材のカラアゲに話題性はありますが、新商品としての新鮮味はあんまり無くて、オリジナルのカップヌードルに黒胡椒を少し入れて肉具材を変えてみました、みたいな。その分、抜群の安定感はありましたけど、変り種としてのインパクトに欠けるというか、少しやっつけ感が拭えず。量的な食べ応えはあったので、「キング」のコンセプトは打ち出せていたと思います。というわけで、値段的なことも考慮すると★の数はこのくらいが妥当ですかね。尚、麺もスープも具材も尖ってはいませんでしたが、食塩相当量は近年稀に見るエゲツナイ数値デスw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:カップヌードル カラアゲ キング
製造者:日清食品
内容量:119g (めん105g)
発売日:2015年4月6日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:230円 (税別)
JANコード:4902105222751

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:520㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:小袋無し

~標準栄養成分表~

1食 (119g) あたり

エネルギー:515kcal
たん白質:13.0g
脂質:18.5g
炭水化物:74.2g
ナトリウム:3.6g
(めん・かやく:1.5g)
(スープ:2.1g)
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:170mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:515kcal (めん・かやく:474kca / スープ:41kcal)
食塩相当量:9.1g (めん・かやく:3.8g / スープ:5.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、チキンエキス、ポークエキス、醤油、たん白加水分解物)、かやく(唐揚げ、味付卵、ねぎ、レッドベルペパー)、スープ(食塩、香辛料、醤油、豚脂、糖類、香味調味料、たん白加水分解物、香味油、チキンエキス、ポークエキス、メンマパウダー)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、かんすい、カラメル色素、セルロース、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、香辛料抽出物、カロチノイド色素、ビタミンB2、香料、ビタミンB1、酸味料、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
こんばんわ^^

これ、つい最近食べたような・・・

自分的にはからあげがよかったです。
お師匠さまの言う通りからあげと
言うよりはナゲットでしたけど。

麺量もたっぷり、スープも塩気があり
自分的にはもってこいの品。
汗をかいた後の塩分補給にはぴったりでした。

しかし、今日は夜食テロにならなかったなー。なんでだろう・・・。

でも写真はバッチリでした。
(気づいたらバナナ食べてました)
No title
takaさん、こんにちは!

奇抜なようでいて、実際は意外にノーマルな路線でしたね!
このタイプの味だろうと思っていたら予想通りでしたし!

この手のカップ麺は過去にも他社から出てましたし、
あえてカップヌードルで出すならもう少し攻めてくれても、
といった面も無きにしも非ずではありましたが!(=゚ω゚)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
私...これ2杯ぐらい、ペロッと行けちゃいます。

でもまぁ...確かにインパクトはなさそうですね...
何となく出しました的な...
Re:カブトムシさん
こんにちはー。

たしか5月の下旬に記事にされていたかと。
このカラアゲは予想以上にそれっぽかったですよね!

> 麺量もたっぷり、スープも塩気があり
食塩相当量の割に感じる塩気は控えめだったので、
いやはや恐ろしいもんだなと改めて思いました。

あくまで食塩に換算しての「相当量」なので、
その数値分の食塩が入っているわけではないでしょうし。

> (気づいたらバナナ食べてました)
うむ、健康的で良いぞ…弟子よ・・・。
Re:かーとさん
こんにちは!

> 奇抜なようでいて、実際は意外にノーマルな路線でしたね!
もうちょっとスープに個性があってもいいような気がしましたが、
以前、かーとさんの記事でカラアゲ系の製品の共通点を見ていたので、
たしかに言われてみれば成る程、と納得した次第です。

> この手のカップ麺は過去にも他社から出てましたし、
> あえてカップヌードルで出すならもう少し攻めてくれても、
> といった面も無きにしも非ずではありましたが!(=゚ω゚)
良くも悪くも万人ウケを狙い過ぎたというか、
そこが大手の看板「カップヌードル」らしくもあるのですけど、
期間限定の製品だと思うので、もう少し攻めの姿勢が欲しかったですね。
Re:ハシダ・メンさん
> 私...これ2杯ぐらい、ペロッと行けちゃいます。
アナタなら余裕でイけるでしょう(笑)

具材はそれになりにカラアゲっぽかったし、
題材やコンセプトにインパクトはあったんですけど、
実際の内容は想像以上に無難かと思います。

良くも悪くも、って感じですかね。安定の★3。
おかげで今回は評価が極めて楽でしたw

管理者のみに表示

トラックバック