東洋水産「マルちゃん でかまる 赤カラ味噌担々麺」



どうも、taka :aです。去年くらいからほぼ毎日のように納豆を食べているのですが、納豆を食べると箸がネバーってなるじゃないですか。あのネバネバが付いたまま次の料理に進みたくなーい、って人も多いと思います。アレ、一発で解消できる方法があるんですよ。ズバリ味噌汁。ネバネバが気になる人は、途中で味噌汁ブレイク入れてください。スパッ、と糸が切れますよ。ちなみに私は納豆箸という納豆専用の箸を使ってるんでストレスフリーです。…洗い物は増えますがw

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん でかまる 赤カラ味噌担々麺」です。これは以前、私が記事にした「本気盛(マジモリ)和風ぺペロンチーノ仕立ての塩ラーメン」と、「本気盛(マジモリ)豚骨鶏魚介の辛味噌ラーメン」に続く企画の製品になります。「『Yahoo! JAPANらーめん特集2014-2015』内の企画『第6回 最強の次世代ラーメン決定戦!』にて、『ガツ盛り部門』で優勝に輝いた『麺屋ガテン』(大阪・難波)の味を、同店店主監修のもと『でかまる』ブランドとして商品化したもの」だそうです。「ガツ盛り部門」ということは味より量で勝敗を…? ってそれはないかw このYahoo! JAPANとのコラボ企画製品は定期的に発売されているのですが、いつも再現モノに向かない「本気盛」シリーズで展開されています。今回は同社の「でかまる」シリーズということで、これまたビミョーな雰囲気…w 何でどんぶり型ノンフライ麺で展開しないんでしょうね。固定イメージが定着してしまい、後戻り出来なくなってしまったのでしょうか。それとも東洋水産の意地?w





は、「なめらかでコシのある、丸刃で切った太めのフライ麺」とのこと。表面は滑らかで、とても口当たりの良い麺です。コシはありませんw 食感はフカフカとしていて、一世代前の油揚げ麺というか、汎用麺っぽいチープな印象。私はインスタントらしくて好きですけどね。時間経過による劣化耐性もヘタレ級で、早い段階から湯伸びしてくるので、さっさと食べましょう。特筆すべきはしなやかさでしょうか。スープの関係か油揚げ麺特有の風味はそんなに気にならない感じでした。でも油揚げ麺臭が気になる人は気になるかも…って何か当たり前なこと書いてますねw いつもの「でかまる」の麺みたいな雰囲気だったので、再現度のほうは不明です。ジャンキーな路線の油揚げ麺なんですけど、スープがバケツ型のカップ麺らしく濃いめで極端な味だったので、相性としては悪くなかったと思います。

スープは、「ポークの旨味と味噌をベースに、ねりごま・豆板醤を合わせた担々スープ」で、「唐辛子とにんにくの風味を強めに利かせ、アクセントをつけ」たとのこと。ん…? 商品名は「赤カラ味噌担々」ですが、あんまり担担っぽくはないですね。ベースは東洋水産にありがちな辛味噌スープで、味噌の風味は赤味噌系でしょうか。花椒の存在は印象深かったんですけど、纏わり付いてくるような糖類による人工的な甘味がイヤらしかったです。ある意味、東洋水産らしいですけどw で、そこに胡麻を付け足した感じ。店主監修でよく練られてるなー、というよりも、既存の在り来たりな辛味噌スープに胡麻と花椒いれました、みたいな。ちょっと取って付けたような味でした。ある意味、「でかまる」らしいですけどw あくまでバケツ型の製品としての感想ですが、完成度は低くはなかったものの、なんかちょっと違う感。担担麺の定義やイメージは人それぞれかと思いますが、自分の場合、担担麺のスタンスで挑んで肩透かし喰らいました。花椒と胡麻の存在はきちんとあったものの、あくまでそれをアクセントにした「辛味噌ラーメン」って感じだったんですよね。スープ自体の味付も濃い味で、カップ麺らしい極端な濃度です。こういった極端なスープが好きな人はハマれると思いますが、新進気鋭な新世代系の味かと言われるとそうじゃなくて、グランプリ受賞のスープにしてはインパクト不足な不満が残りました。辛味(辣味)も大したことなかったです。花椒の風味と麻味(痺れ感)がきちんとあったことには好感が持てたのですが、芝麻醤もそんなに効いてなかったし、辣油も気持ち程度。花椒と擂り胡麻だけで担担らしさを演出するには難があると思います。味噌の主張がマスクしていたのかもしれませんが、一応、製品名は「赤カラ味噌」ですし…。好みの問題ですかねー。ひと捻りある辛味噌スープとしてはイイ感じだったんですけど、担担スープかと言われると微妙でした。それから人工的な糖類の主張から、トロミも不自然でワザとらしかったです。

かやくは、「味付もやし、味付挽肉、ねぎ」とのこと。モヤシはレトルト調理品だけあって、安定の「でかまる」クオリティ。乾燥具材のモヤシは埋もれてしまうことも多いのですが、レトルト調理品ということで存在感は大きいです。ただ、レトルト調理品であるが故の塩気と、スーパーなんかによく売ってある即席のナムルっぽい酸味が気になりました。酸味も担担麺に必要な要素のひとつですが、この酸味は何か違うw それから担担麺にモヤシ? というイメージが先行してしまい、担担麺らしさが半減。で、悲しいかな味噌ラーメンらしさが増長。スープの感想はこのイメージが寄与している部分もあると思います。ナムルっぽい感じから中華っぽさは醸し出せてましたけど、いやそれも何か違うw みたいな。単体で見ると存在感があってリアルなモヤシなんですけどね。でもやっぱ酸っぱいのは気になるなぁ…。味付挽肉は程よい味付で、挽肉らしさもあって美味しかったです。アタリとハズレの差が激しいエースコックとは違い、東洋水産の肉そぼろ系は安心して食べられますよね。レトルト調理品がモヤシじゃなくて青梗菜や搾菜だったらちょっとは担担麺っぽかったんだけどなー。ってそれじゃ再現にならないか(コテッ)

(標準は★3です)

バケツ型の大盛製品としてはコンセプト上、的を射た仕上がりかとは思いますが、再現モノとしての要所に点在する疑問符が否めませんでした。具材のレトルト調理品やスープの味噌感、そこに与えられた擂り胡麻と花椒のアクセントが効果的で、辛味噌ラーメンとしての完成度は平均値以上の数値を確保していましたが、担担麺って言われるとちょっと違うんじゃ? みたいな。実際のお店のラーメンを食べたことがないので、あまり偉そうなことも書けないんですけど、食べ応え重視のバケツ型カップ麺らしく、質より量を重視する人には御誂え向きだと思います。量より質を求めている人は避けたほうが無難でしょう。ある意味コンセプトに沿った仕上がりではあったものの、一応、再現モノなわけですし、そこを考慮すると★の数は悩みました。そもそも「でかまる」シリーズにそのような質の高さや本格的な味わいを求めるということ自体ナンセンスな考え、と言われたらそうかもしれませんし、バケツ型の大盛カップ麺らしく食べ応えはあったので、このような評価とさせていただきます。普通に美味しかったけど、ちょっとサプライズに欠けたかなぁ…。

勝手に激辛アレンジ

私は担担麺が食べたい気分だったんです!w というわけで「花椒」「ブートジョロキアパウダー」「辣油」を投入。芝麻醤も入れたかったのですが、崩壊しそうだったので、回避w だいぶ担担麺側に寄せたつもりだったんですけど、それでも味噌感がイメージをマスクしてしまい、やっぱり最後まで何かちょっと違うなぁ…って。花椒が隠し味の激辛味噌ラーメン、って感じでそれなりに美味しかったんですけどね。でもやっぱり担担麺じゃないよなコレ…と、最後までモヤモヤ。あーこういうときはどうすればw 寿がきや食品の「PS三世」が尾を引いているのかもしれません。食べる順番を間違えたか…orz まぁでもコレはコレで美味しかったです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん でかまる 赤カラ味噌担々麺
製造者:東洋水産
内容量:170g (めん90g)
発売日:2015年3月23日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:210円 (税別)
JANコード:4901990333252

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:480㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・もやし調理品)

~標準栄養成分表~

1食 (170g) あたり

エネルギー:562kcal
たん白質:13.6g
脂質:23.0g
炭水化物:73.1g
ナトリウム:3.1g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:2.1g)
ビタミンB1:0.39mg
ビタミンB2:0.39mg
カルシウム:270mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:562kcal (めん・かやく:434kca / スープ:128kcal)
食塩相当量:7.9g (めん・かやく:2.6g / スープ:5.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、香辛料、粉末野菜、卵白)、かやく(味付もやし、味付挽肉、植物油、ねぎ)、添付調味料(みそ、糖類、ねりごま、食塩、豆板醤、香味油脂、ポークエキス、植物油、すりごま、でん粉、チキンエキス、香辛料、酵母エキス、発酵調味料)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酒精、トレハロース、増粘多糖類、炭酸カルシウム、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE、ローズマリー抽出物)、酸味料、乳化剤、かんすい、乳酸カルシウム、クチナシ色素、甘味料(ソーマチン)、pH調整剤、パプリカ色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、香料、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、りんごを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・大豆・豚肉・鶏肉・りんご・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
うわ~~、なんかこれはノーコメントやww
わかってくれるでしょ!!
なんばのお店なんですか?、知りませんでした。
あいかわらず、謎なランキングですな・・・(^_^;)

あの例の製品見つからないです!
困ってますww
今週の新製品たち、ラブライブにかき消されすぎ!
Re:たういパパ
わかりますw 大丈夫ですw

ほんと謎なランキングですよねー。
そもそも業界最高権威って自ら名乗ってる時点で

「例のアレ」こちらも困ってますw
カリメロが明日休みらしいので、
1日かけて頑張ってくれるそうですww
No title
例のアレッテ?

お師匠も大変そうだ・・・
このもやし。大好きです。
自分は天そばと同じくらい
好きなもやしなんですが
味付けが違うのでどうかなー。
もやし味噌時代には
かなりお世話になりました。
是非食べてみたい製品ですね。
Re:カブトムシさん
> 例のアレッテ?
呑ん兵衛親子にとって絶対に外せない…
そんなカップ麺の新商品があるんですよw

このモヤシは存在感ありますよね!
味噌ラーメンに入ってたら違和感もないんですけど
担担麺に?? っていうバイアスがどうしても…。

「でかまる バリシャキ!もやし味噌ラーメン」
これは安定のクオリティですね!最近、食べてないなぁ。
No title
納豆(笑)分かります!!!
確かに汁ものと食べたら解消しますよね~♪
私は納豆箸がオすすめです( *´艸`)
すっと愛用してて~ブログでも紹介したんですが・・・
間違えて捨ててしましました(笑)

また買ったら紹介しますね♪
いいって??(笑)
Re:yukiさん
螺旋彫の納豆箸使ってますよー。
でもアレ洗うの大変じゃないですか?
気を付けないと洗剤までネバ〜・・・ってw

> 間違えて捨ててしましました(笑)
どう間違えたらそうなるのか、
その経緯のほうが気になりますね(笑)

そして「しましました」が面白かったw
また買ったらブログで紹介してくださいね。
No title
takaさん、こんにちは!

Yahooの投票は単純に見た目で「おいしそう」と
感じるものに入れるだけという方式なので、
有名ではあるけど大した意味はないんですよね;

このラーメンはもやしが入る時点で
担々麺らしさが弱いのは想像できていたので、
「ちょっとだけごまの効いた辛味噌ラーメン」と
割り切ることができて、逆に普通に楽しめました!

でも担々麺を期待すると間違いなくコケますよね;

どう見ても「辛味噌+担々麺の融合」ではなく、
「ドカ盛り系辛味噌ラーメンにちょっとだけ担々麺要素を入れました」
というラーメンですからね!(=゚ω゚)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

> Yahooの投票は単純に見た目で「おいしそう」と
> 感じるものに入れるだけという方式なので、
え・・・そうなんですか?!
そこまでアバウトな大会だったとは…

確かに胡麻と花椒の効いた辛味噌ラーメンとして
その完成度は高かったように思います!

でも自分の場合どうしても「担担」が(苦笑)
割り切れば楽しめるのは共感です!

> 「ドカ盛り系辛味噌ラーメンにちょっとだけ担々麺要素を入れました」
この表現は実に的確ですね(笑)まさにそんな感じの一杯でした。

それにしても業界最高権威と組んだランキングが、
まさか其れ程までに頼りないものだったとは・・・w
No title
間違えて捨ててしましました(笑) って(笑)

わやですね(笑)自分でも指摘されてビックリしました(笑)

螺旋の箸ですか~~!!そうゆうのもありますね~~!!
私のはイボです(笑)

今度買ったら紹介します~~(笑)
その時に捨てた経緯を!!
って引っ張るほどのネタじゃないんですけどね。。。。
いつものボケなすです(・_・;)
Re:yukiさん
> 間違えて捨ててしましました(笑)
わやですねw でも面白かったです。b

イボ付の納豆箸は見た事ないかも…!
もし買ったらブログで紹介してくださいね!

> その時に捨てた経緯を!!
> って引っ張るほどのネタじゃないんですけどね。。。。
> いつものボケなすです(・_・;)
ボケなす(笑)そのくだりも楽しみにしてますよ(親指ビシィッ)

管理者のみに表示

トラックバック