エースコック「2WAYどっちーも 豚骨醤油味」(汁あり)


そこはかとなくパッケージ側面の顔が怖かったから上部を撮影w

どうも、taka :aです。10日ほど前ですかね、「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」ついにあの名作が3DSで正式にリメイクされるという発表がありました。ぱちぱちぱちー。今か今かと待ち望んでいたので、ほんと満を持してというか、ゾクッ、としました。既にセブンネットにて予約済み。発売日は8月27日ということで、随分と先の話になりますが、とても楽しみです。っていうかオリジナルの発売日が2004年って…まじか。…え? いや、まじか(白目)

さて、本日の一杯は、エースコックの「2WAYどっちーも 豚骨醤油味」です。去年もありましたよねー、2WAY。微妙でしたけど…w 今回は「”汁あり“のラーメンか”汁なし“の油そばか気分に合わせた味が楽しめる!!」とのこと。…えーい、儘よ!こうなりゃどっちもレビューしてやろうじゃマイカw





は、「しっかりとした弾力のある食べごたえのあるめん」で、「適度な味付けをし、スープとの相性も良く仕上げ」たとのこと。おっ、ここのところカドメン風の油揚げ麺ばかりだったので、久々にエースコックの丸刃の麺を食べた気がします。ちょっと「ガッシリ3Dめん」に似てますね。最近カドメン風の油揚げ麺ばかりでしたが、かつての「ガッシリ3Dめん」を彷彿とさせる丸刃の味付麺です。しかし、ガッシリ3Dめんよりも質は高く、カドメンからエッジを取って噛み応えと歯切れの良さはしっかりと残した感じ。ちょっと麺の塩気は強めだったんですけど、油揚げ麺特有の風味も嫌みのないもので、なかなか美味しい油揚げ麺でした。スープとの取り合わせも悪くなかったと思います。今回のスープは多めの油脂によって温度を保つ保温力があったのですが、大盛でも湯伸びしなかった、というのも大きなポイント。そんなスープの脂コーティングによってジャンクさも倍増してましたw

スープは、「ポークエキスをベースにガーリックやオニオン、コショウなどを利かせた豚骨醤油味」で、「香味野菜の旨みや香辛料をバランスよく加える事で、ラーメンでも油そばでも楽しめる味に仕上げ」たとのこと。原材料を見ても豚脂が真っ先に記載されていて、その表記通り油脂感は高め。唇テカりますw 油そば用に調整されているのでしょう。塩気のエッジがあったので、こってり系でもボヤけていなかったのは好印象。ただ、この塩分濃度の高さは私には厳しかったです。タレは後口に少し甘味を残すタイプで、醤油の香りも強めですね。それに負けない動物系の旨味もしっかりあって、思いの他にパンチのある豚骨醤油味でした。中でも豚脂の風味が個人的に嬉しかったです。そして多めの油脂によって、最後までアツアツでした。でも私、キャットタン(猫舌と普通に書けw)なんですよ…。

かやくは、「シャキシャキとした食感の良いキャベツ、程良く味付けした肉そぼろ、ねぎ」とのこと。キャベツはスープとよく合っていて、みずみずしさと野菜の甘味がエッジの効いたスープの中で箸休めになる感じでした。(まさに助け舟w)肉そぼろは残念ながらハズレ系…スカスカしたスポンジみたいな食感で、あんまり美味しくなかったです。実際にスポンジを食べたことはありませんけどもw ネギは風味があって良かったです。あともう一捻り何かが欲しかったですね。

(標準は★3です)

可も無く不可も無しな仕上がりではあったと思うのですが、自分には味が濃くて塩気ばかりが目立っているような印象しか残りませんでした。ある意味カップ麺らしい極端さは良かったんですけど、裏を返せば単調。昔のスーパーカップとかでありそうな感じ。でも油揚げ麺はカドメンの登場以来、久々にバケツ型でエースコックの丸刃の油揚げ麺を食べることができたので、ちょっとホッとしましたw 食べる前は全く期待していなかった、というかむしろ不安ですらあったのですが、ひとつのカップラーメンとして成立するギリギリのラインには達していると思います多分。ただ、わざわざコレを食べるために買う理由としては、2WAYというネタ的な要素の他に価値が見出せませんでした。コンセプトにはインパクトがあったんですけどね。今回の★の数ですが、私が塩気に過敏に反応する、ということが大きく作用していると思うので、いやいや普通に美味しい(★3)やん、って人もいると思います。うん。そのあたりは差し引いてやってください(ぺこり)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:2WAYどっちーも 豚骨醤油味
製造者:エースコック
内容量:119g (めん90g)
発売日:2015年3月16日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4901071237592

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (119g) あたり

エネルギー:504kcal
たん白質:10.1g
脂質:21.2g
炭水化物:68.3g
ナトリウム:3.2g
(めん・かやく:0.5g)
(スープ:2.7g)
ビタミンB1:0.36mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:250mg

(食塩相当量:8.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(豚脂、鶏・豚エキス、しょうゆ、植物油脂、砂糖、食塩、たん白加水分解物、香辛料、発酵調味料、オニオンエキス、ねぎ、酵母エキス)、かやく(キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、香料、増粘多糖類、カラメル色素、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
「二兎を追う者は一兎をも得ず」・・・
すばらしい格言ですね!
まさにこのカップ麺のための格言です。
昔の人も「2WAYどっちーも」食べたのかな?ww
No title
評価2(笑)
Re:たういパパ
> 「二兎を追う者は一兎をも得ず」・・・
多分、この言葉を考えた人もエースコックの
「2WAYどっちーも」を食べたのだと思います(違うw)
でも担担麺の時に気付いて欲しかったですけどね(苦笑)

粉末ソースで濃度調節はいいアイディアだと思いました!
『アイディア」は、ですけどw また来年も出るのかなぁ^^;
Re:yukiさん
個人的バイアスかかってますw
No title
takaさん、こんばんは!

汁あり版は自分の中ではそこまで塩カドは感じなかったですが、
このあたりはけっこう個人差が出てくるのでしょうね!

自分としては今年はけっこう発見もあったというか、
油そばにも対応できるように油脂と甘さを強めにしたら、
案外それがラーメンにも上手く当てはまったという印象でした!

汁なしに関しては「油そば」というよりも、
「焼ラーメン」としたほうが妥当な味でしたね!(●・ω・)

油そばだと本来は酸味が大きな要素になりますが、
そうするとラーメンにするのが難しくなるので、
この商品でも酢などは特に入ってないですしね!

粉末スープで調整するというのは方法として面白かったですが、
残した粉末をスープとして飲むのは無理がありましたね;

あれはさすがに単独で飲めるクオリティではないですし;

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

塩気に関しては完全に個人差だと思います…^^;
こんなブログやっててなんですけど、過剰に反応するので(苦笑)

> 油そばにも対応できるように油脂と甘さを強めにしたら、
> 案外それがラーメンにも上手く当てはまったという印象でした!
あっ!たしかにそういう意見もありますよね!

> 汁なしに関しては「油そば」というよりも、
> 「焼ラーメン」としたほうが妥当な味でしたね!(●・ω・)
既に記事にしてるんですけど、
鶏ガラ中華のほうは「焼ラーメン」的な印象が強かったです。
仰る通り、酸味があると印象も変わっていたかもしれません。

余った粉末スープで作ったスープは微妙でしたね…(苦笑)
ほんと「余りもんでとりあえず」って感じで・・・^^;
No title
こんばんわ^^

お師匠は塩気に厳しい・・・(´・ω・`)

汁有は食べてないんですけど
自分的には汁なしが
文章的にはよかったかなと。
実食したのは汁なしだけですが
感覚的にもあってましたし
多分間違いないかな~と。

個人差が出る商品だったのですね。

・・・塩気でごまかしたのかな?
Re:カブトムシさん
こんにちはー。

うむ、弟子よ・・・。
> お師匠は塩気に厳しい・・・(´・ω・`)
というよりも、単純に「弱い」んですw

これはかなり個人差が出る製品だと思います。
塩気の塩梅で私は汁ありに一票(笑)

管理者のみに表示

トラックバック