日清食品「日清のどん兵衛焼うどん だし醤油味」



本日の一杯は、日清食品の『日清のどん兵衛焼うどん だし醤油味』です。どん兵衛の焼うどんは定期的に発売されているのですが、随分ご無沙汰していて久しぶりに食べる気がします。それからこのブランドの持つイメージの影響だと思うんですけど、何なんでしょうね、この実食前の安心感たるやw





は、『「日清のどん兵衛」ならではのもっちりとしたうどん』とのこと。粘り気のあるもっちりとした噛み応えで、表面には艶があり、しっとりとした口当たり。やや纏わり付いてくるような独特の歯触りだったんですけど、嫌味に感じるものではありませんでした。麺肌は滑らかなのですが、ソースとの馴染みは良く、存在感がありながらも孤立感は皆無。ソースとの一体感は申し分なかったです。既存のどん兵衛の麺をU.F.O.型のカップに合わせて固形化させた感じなのですが、原材料を見ると醤油が練り込まれていたり、やや緩やかな縮れがつけられていたので、きちんと焼うどん用に調整してある模様。麺自体に焼うどん感は無いのですが、ソースに調理感があったので、焼うどんらしさが感じられたのが良かったです。

ソースは、『だし醤油を焦がしたような香ばしい風味が特徴のソース』とのこと。節系の要素を中心とした和風出汁がしっかりと効いていて、醤油の香りも強め。かえしには甘味があって、コクの深い和風だし醤油ソースに仕上がっていました。「だし醤油味」の王道にあるというか、めんつゆ風の味付で、奇を衒っていない非常に安定感のある味わいですね。こんなの間違いなく美味しいですよw で、そのままだと在り来たりな味わいなのですが、だし醤油を焦がしたような芳ばしい風味が感じられたことによって、王道路線を踏み外さずに一捻り。こういった差し支えのない細工が実に日清食品らしいですね。麺を含めて油脂感は低くありませんが、クドさを感じさせないバランスだと思います。ただ、味付としては結構濃いめなので、横に白ご飯があるといいかもしれません。言わずもがなビールでもw

かやくは、『キャベツ、ニンジン』に、別添で『かつおぶし』とのこと。キャベツは特に書くことないんですけど、 厚みがあって、甘味もあって、みずみずしくて普通に美味しいキャベツでした。ソースが濃い味だったので、意識的に食べると箸休めになる感じ…って書くことありましたねw 人参はコリコリとした歯応えがあって、きちんと存在感があったのが良かったです。で、鰹節。和風出汁の効いたソースとの相性は疑う余地も無く、さらに製品の雰囲気を盛り上げてくれています。鰹節の入ってるカップ麺って意外と少ないんですよね。お好みソース味の焼そばなんかにも積極的に入れて欲しいです。踊る鰹節パフォーマンスがイイ感じでしたw

(標準は★3です)

まさに焼うどんの王道にあるというか、日清のどん兵衛らしい安定した総合力とクオリティの高さが光る一杯でした。焦がし醤油の芳ばしさも印象に残ったし、だし醤油味の焼うどんとしてひとつの完成系にあると思います。おそらく今後も定期的に発売されるでしょうね。そう素直に思える一杯でした。焼うどん系の製品はカップ焼そばほど頻繁にリリースされないので、そういった意味でも一定の需要はあると思いますし、定例商品として今後も販売を続けてもらいたいです。ソースの感じ的にマヨネーズをかけたり、卵黄とか乗せても美味しそうでした。濃いめの味付でビールとの相性も良かったです。というか自分には喉が乾く感じの濃さだったので、ビールがないと厳しかったんですけどね。でも、ビールのお供にぴったりな感じで美味しかったです。←(安定の着地点w)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清のどん兵衛焼うどん だし醤油味
製造者:日清食品
内容量:115g (めん90g)
発売日:2015年3月16日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105221808

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:530㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (液体ソース・かつおパック)

~標準栄養成分表~

1食 (115g) あたり

エネルギー:512kcal
たん白質:8.5g
脂質:24.0g
炭水化物:65.7g
ナトリウム:1.5g
ビタミンB1:0.28mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:157mg

(食塩相当量:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、醤油、大豆食物繊維)、ソース(醤油、たん白加水分解物、植物油脂、糖類、魚介エキス、食塩、魚介調味油、香味油、酵母エキス)、かやく(キャベツ、かつお節、人参)、加工でん粉、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、pH調整剤、香料、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルギー物質:小麦・乳成分・大豆

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
はいっ!、焼きそば系はビールはなんでも合いまっせ~~(^O^)/
っていうか無理でも合わせますww

この製品は安定クオリティですね!
なんか食べる前から味がイメージできるので安心!
でも安心な分、ワクワクドキドキ感不足かなww

ところで焼きうどんって醤油味派?ソース味派??
自分的には甲乙つけがたいんですよね・・・(^_^;)
でも自分はこちらは買ってソースの方はパスしました。
Re:たういパパ
ですよね!必然的にビールのお供w

たしかに目立ったサプライズこそありませんでしたが、
焦がし醤油の風味はとても味わい深かったです。

> ところで焼きうどんって醤油味派?ソース味派??
ソース味ってあんまり自分は馴染みが無いかも…
家で作る時は基本的に醤油味(だし醤油)ですね。
でも焼肉のタレで炒めた焼うどんもこれまた美味!w
No title
まさか「何気無いつぶやき」でコメント返しがくるとはwww
さすがtakaさん、エンターティナーですね!w
ありがとうございます!

ジョロキアって凶暴な辛さのやつですよね。花道に…すごいですね!ちょっと挑戦してみたいような…後悔するような…
(すでに今日ちょっと後悔しましたし…)

ギャラリーの画像も凄まじく美しいですよね。映画「ニューシネマパラダイス」のラストシーンのような感動を憶えます…!

こちらのうどんはホントに王道でしたね!素直においしかったです(←記事にしろ)
No title
師匠、焼うどんはしょうゆじゃありません。ソースですよっ(迫真)

おたふくソースで育った自分は・・・
しょうゆが理解できない時があるんです。
とはいっても、これはおいしかったので
何故か黙って食べてました。おいしかったと言うのは世界が広がったからでしょうか?(都合の良さw)

写真はどうやっても勝てる気がしないのですが・・・汗
Re:清水さん
> まさか「何気無いつぶやき」でコメント返しがくるとはwww
でしょでしょ!w 気づいていただけて良かったです(笑)

ジョロキアちゃんは凶暴ですよ♡(滅多に使わない記号w)
早く激辛コーナーで紹介したいんですけど、麺の記事が…××

激辛系の製品を食べてお腹がヤられちゃうのであれば、
食前に牛乳や飲むヨーグルトで胃壁を守るといいですよー。

> 「ニューシネマパラダイス」のラストシーンのような感動を憶えます…!
それはオーバー過ぎるでしょw ほんと勿体無いお言葉です(ペコッ)
いつもベタ褒めしてくださるので嬉しいです(////)

このカップ焼うどんはまさに王道でしたね!
お忙しい時期だったので、アップできなかったのは仕方が無いですよ^^;
Re:カブトムシさん
なんとっ!弟子はソース推しであったか・・・。
でもマジで焼肉のタレや塩ダレ系の変化球もなかなか(ry

自分もソースは「おたふく」が多かったですね^^
もちろんソース焼うどんも嫌いではないですよ!
基本的に甘辛いのんが好きですから(笑)
(大阪の父はシャープ系が好みw)

写真・・・いや!弟子は独自の路線でいくのだ!
逆を言うと自分は絶対に真似できませんからねw

管理者のみに表示

トラックバック