日清食品「行列のできる店のラーメン とりそば 特濃魚介鶏白湯」



最近、「ぐでたま」というキャラクターにハマってます。いやーもう無条件に可愛くて!w 徹底したヤル気の無さと怠さ加減がツボりましたw ダラけたコメントにも激しく共感w わかる!わかるよその気持ち!ぐでたまっ!!w

さて、本日の一杯は、日清食品の『行列のできる店のラーメン とりそば 特濃魚介鶏白湯』です。去年も発売されていた行列シリーズの「とりそば」ですが、今回は魚介の要素が加わって再登場。前回は「特濃鶏炊き白湯」というストレートな路線の鶏白湯で、炊き出したようなポテッとまろやかな口当たりが印象深く、全体的に優しい味わいだったのですが、鶏油のパンチによるアクセントで最後まで飽きさせない、といった完成度の高い実直な濃厚鶏白湯だったと記憶しています。今回は魚介の要素で一捻り。これが吉と出るか凶と出るか、鶏と魚介の兼ね合いが曖昧になっていないことを祈ります。今でも近所の(と言っても車で片道30分は掛かるんですけどね…w)マックスバリュでドドーンと絶賛発売中なので、少なくともこの記事の需要はゼロじゃないだろう、というのが自分的救いですw





は、『濃厚なスープとよく絡む、しなやかでコシのある中細ストレート麺』とのこと。しなやかさとコシを兼ね備えた高品質なノンフライ麺で、ブリッ、とした弾むような弾力が特徴的。生麺風のノンフライ麺で、小麦感もしっかりとあり、濃厚なスープに飲まれていないのが良かったです。角刃の麺で口当たりにも輪郭があるので、これも濃厚なスープに負けない要因のひとつとなっていますね。麺の表面は滑らかなのですが、スープのリフト性能は高く、きちんと一体感があって馴染んでいました。麺に仕込まれたチキンエキスの下支えが効いてます。後半になっても湯伸びする気配は無く、最後まで美味しいノンフライ麺でした。

スープは、『魚介のうまみと濃厚な鶏白湯スープを合わせた、コク深い特濃魚介鶏白湯』とのこと。いやいや、美味しいとは思っていましたが、かなり本格的ですね。行列シリーズらしいトロミのある濃度の高いスープで、ポテッ、とした口当たり。じっくりと炊き出したようなクリーミーな乳化感があり、どっしりとした路線の白湯スープです。動物系の要素が色濃い白湯スープなのですが、鶏の一本勝負ではなく、豚脂やポークエキスも入っているため、純粋な鶏白湯とは言えないかもしれません。しかし、豚の主張は豚骨って程でもなくて、鶏と魚介の仲介役をしている感じ。これによってトータルバランスが安定しているような印象を受けたので、方向性は間違っていなかったと思います。動物系のコクも魚介の風味もしっかりで、タレの存在感もやや強め。魚粉は節系の要素が軸になっていて、煮干の香りがほんのりと。煮干特有のエグみや煮干粉のようなクセはありませんでしたが、魚介はしっかり効いてます。動物油脂による油分が多く、油脂感は高かったのですが、タレの主張に輪郭があったので、全体がボヤけていなかったのも好印象。ちょっと自分には塩っぱかったんですけどね。動物油脂は鶏油で絞ったほうがパンチがあったんじゃないのかとも思いましたが、トータルバランスを考慮すると豚脂も蛇足では無いでしょう。この油脂感は人によってはクドいと感じてしまうかもしれませんが、ベースのスープが濃厚の指標を間違えていなかったため、まったく不自然ではなかったです。さらに具材の白髪葱の風味がスープに大きく寄与しており、葱の清涼感が濃厚スープの中で明確なアクセントになっていて、鶏,豚,魚,葱のそれぞれが互いを引き立て合い、濃厚かつ繊細な奥深いスープに仕上がっていました。

かやくは、『食べごたえのある大判焼豚、スープにアクセントを加える風味豊かな白髪ネギ、ワケギ』とのこと。この厚切焼豚ですが、この期に及んで多くを語る必要は無いでしょう。乾燥焼豚の中ではトップクラスの焼豚で、圧倒的な存在感。未だに牙城が崩れる気配は微塵もありません。ヘタなレトルトチャーシューよりも美味しいです。ほんと焼豚だけ単体で販売していただきたいw 側面を見ても分かるように、きちんと“焼”豚なのもポイントですね。葱は粉末スープ側に分葱が入っていて、後入れ加薬の中に白髪葱が入っているのですが、この白髪葱が実にイイ仕事してました。後入れということで風味に輪郭が生まれ、やや辛味を感じる白髪葱のリアルな風味と爽やかさが濃厚な魚介鶏白湯スープとベストマッチ。細長い形状だったので、意識しなくても麺に絡んでくれるし、見た目にも上品で製品の雰囲気を盛り上げてくれていました。スープがどっしり濃厚だったので、メンマとか欲しい感じだったんですけど、王様焼豚と後入れ白髪葱のアクセントで不足感は皆無です。

(標準は★3です)

このシリーズの持つ高クオリティなイメージと、鶏白湯×魚介ということで、まず美味しくないわけがないとは思っていましたが、いやいや美味しかったですw さすが日清食品のフラッグシップモデルですね。定価だと税込313円もする超ハイエンドカップ麺ですが、値段以上の価値を感じる一杯でした。高水準なノンフライ麺、しっかりと作り込まれた濃厚魚介白湯スープ、充足感の高い焼豚に後入れ白髪葱で一捻り。納得の★7です。鶏推しの鶏白湯を想像すると若干の疑問符もありましたが、濃厚な魚介白湯ラーメンとしてのクオリティは非常に高いラインにありますね。「感謝15周年」の文字は伊達じゃなかったです。トータルバランスに優れたハイエンドカップ麺というこのブランドの強みが遺憾無く発揮されているようでした。値段はちょっと高いけど、高級感のある濃厚な魚介白湯ラーメンが食べたい時は安心して手に取ってもらって大丈夫です。ご飯との相性もかなり良さそうですね。やや塩分濃度は高かったのですが、本格的で美味しい一杯でした。白髪葱にハイライト。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:行列のできる店のラーメン とりそば 特濃魚介鶏白湯
製造者:日清食品
内容量:127g (めん70g)
発売日:2015年3月9日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:290円 (税別)
JANコード:4902105225387

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・液体スープ・焼豚・後入れかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (127g) あたり

エネルギー:494kcal
たん白質:15.0g
脂質:21.4g
炭水化物:60.5g
ナトリウム:3.3g
(めん・かやく:1.3g)
(スープ:2.0g)
ビタミンB1:0.36mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:155mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:494kcal (めん・かやく:326kca / スープ:168kcal)
食塩相当量:8.4g (めん・かやく:3.3g / スープ:5.1g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、醤油、卵粉、チキンエキス)、スープ(動物油脂(豚、鶏)、チキンエキス、たん白加水分解物、醤油、ポークエキス、糖類、魚粉、加工油脂、ねぎ、食塩、香辛料、卵粉、香味油、植物油脂)、かやく(チャーシュー、ねぎ)、加工でん粉、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、いか、さばを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・いか・さば・大豆

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
taka:aさんこんにちわ。
私のブログのリンク、ありがとうございました。私もちょっと真似をしてリンク集作ってみました。http://hapilife.net/%E3%81%AB%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%93%E3%81%8C%E3%81%98%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%E8%AA%AD%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%81%84%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/

こちらにtaka :a さんのブログも掲載してもよろしいですか?

もしかしてこのラーメンのブログはお2人で執筆されているのですか、、。
私も食べました(*^^*)
このカップ麺はかなり美味しかったと記憶してます。
そこらの下手なラーメン屋さんより美味しいと思います(笑)
最近のカップ麺のクォリティの上昇は凄いものがありますね!
Re:にゃんこさん
こんばんはー。毎度ありがとうございます(ぺこっ)
昨日の夜中? に項目が増えてるなー、って見てました。

掲載の件ですが是非こちらからもお願い致します!
願ってもないお話です^^

カップ麺の調達係に「カリメロ」という奴がおりまして、
つい最近、カリメロも執筆もするようになったのですが、
このブログは基本的に私ひとりで管理,運営しています。

カリメロの記事を投稿するときも、
あらかじめメールでカップ麺の感想を送ってもらい、
それを私がコピーして予約投稿、って感じですね。

まだまだカリメロの記事は少ないですが、
これから本格的に書かせていく予定なので、
その際はよろしくしてやってください(ぺこり)

数日後にカリメロの記事が上がる予定です。
Re:satoさん
satoさんも召し上がりましたか!

> そこらの下手なラーメン屋さんより美味しいと思います(笑)
特にスープに関しては、まさにその通りですね(笑)

下手な店の800円の鶏白湯よりも
300円ちょっとこの完成度ですから、
そう考えるとコストパフォーマンスは高いでしょう。

最近のカップ麺、所詮インスタントなんて侮れません。
No title
初めまして!カナメと申します。
初めてお邪魔させて頂きます。

カップラーメンのレビューブログと
いうものを初めて見ました♪
写真の撮り方・具の盛り付け方が
とても上手いですね。
思わずヨダレがw

私はこちらのカップラーメン
シリーズの和歌山トンコツ?味が
好きなのですが、この
「魚介鶏白湯」は未だお店で
見たことがないです・・・。

また訪問させていただきますね。
Re:カナメ@アマゾンさん
初めまして(ぺこり)

と、このようなやり取りとしては初めましてですが、
実は以前、カナメさんのブログにお邪魔したことがあります(笑)

カップ麺という限られたジャンルでブログ活動をしていますが、
所詮カップ麺でしょ? なんて侮れない奥の深さがあるんですよね。

> 思わずヨダレがw
そんなふうに褒めていただけると嬉しいです!

行列のできる店のラーメンシリーズの「和歌山」ですが、
この豚骨醤油味だけが常時販売されているんですよね。

以前、このシリーズは和歌山のラーメンを再現するために生まれた、
という情報を耳にしたことがあるので、それでなのかもしれません。

チルド麺も何種類かありますし自分も「和歌山」は好きですよ!

この「魚介鶏白湯」は多分、期間限定だと思いますが、
自分の付近でもまだ置いてあるスーパーも多いので、
魚介が苦手でなければ見かけた際にお試しください。
なかなか本格的で美味しかったです。

はい^^ 是非また気軽にお越しくださいませ(ぺこり)
No title
takaさん、こんばんわ^^

これは、おいしかったですね。
文句なしの逸品でした。

今日新たな在庫を確保し
色々と見ていたんですが
死ぬほど日清が多かったですw
日清オンパレードが続きますよ。
多分・・・
No title
takaさん、こんばんは!

行列シリーズらしい、どっしりとした動物系スープと
パンチのある魚介が上手く組み合ってましたね!

こうした重厚系の路線は行列シリーズはやはり強いですね!(●・ω・)

一方で「とりそば」を名乗るのであれば、
もう少し鶏の主張がガツンと欲しかったと思う面もあったりしましたが!

全体のバランスを取るために豚系も多く使われていましたからね!

ただ完成度は高かったので、贅沢な注文ではありますが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
へ〜〜っ...さすが日清のフラッグシップ
モデルということで、皆さん評価が高い
みたいですね...

今回は店カップではないんですが、どこか
モデルになる店は、存在するんでしょうね...

Re:カブトムシさん
こんにちはー。

さすが行列のできる店のシリーズって感じでしたよね!

おっ、新たな在庫を確保されましたか。
日清オンパレード楽しみにしてますw
Re:かーとさん
こんにちは!

まさに行列シリーズらしい強みが打ち出せていたというか、
ハイエンドカップ麺として素直に頷ける仕上がりでした。

たしかに「とりそば」という商品名ほど
鶏の主張が目だ立っていなかったのは残念でしたが、
それを補うだけの要素がきちんとあったように思います。

鶏油がガツンと効いた王道の「とりそば」も
また出して欲しいですね!次回作も楽しみです。
Re:ハシダ・メンさん
ちょっと値が張るカップ麺ではありますが、
それでも充分に納得できる水準にありましたよ。

高級指向のハイエンドカップ麺として、
このシリーズのクオリティは相変わらず高いです。

仰る通り、モデルになったお店もあるでしょう。

「えびそば」は「一幻」がモデルと思われますが、
「とりそば」のモデルもどのお店か気になりますね。

「えびそば」みたいにローソン限定で判明するかも?笑
No title
期待通りの内容で素晴らしい製品でした。
ハイエンド商品ですが、しっかしそれだけのクオリティを持った製品!
魚介と鶏のバランスが絶妙です♪

どんぶりのデザインもよかった!
こういう細かいところにもこだわりを感じます(^_^;)
Re:たういパパ
まさに行列クオリティでしたよね^^
魚介系が苦手のパパでも高評価でしたし!

「カップのデザイン」
もしかしたらモデルになったお店の丼が
モチーフになっているのかもしれませんね!

管理者のみに表示

トラックバック