プライムワン「味仙 台湾ラーメン ビッグ」



大量に送りつけられてきていた迷惑メールですが、削除せずに既存のメールアプリの中にある迷惑メールフォルダに移動させてみたんです。そしたらピタッ、と止みました。何この呆気なさw 逆に不安w

さて、本日の一杯は、プライムワンの『味仙 台湾ラーメン ビッグ』、製造は日清食品です。プライムワンということで、サークルKサンクスのオリジナルカップ麺ですね。「名古屋市に本店を構える「味仙」の「台湾ラーメン」をカップ麺で再現し」たとのこと。この「味仙」が名古屋名物のひとつ、「台湾ラーメン」発祥の店と言われています。そんなお店の再現モノということで、通常ならタテ型カップという形状に不安を感じるところですが、ここで製造を任されたのは天下の日清食品ですよ。同社の「有名店シリーズ」然り、日清食品はタテ型カップでも慣れた手つきで店ラーメンを再現してくるんですよね。タテ型の再現モノの中では他社よりも安心感があります。でも日清食品だから辛味は期待できないだろうなぁ(苦笑)





は、同社のタテ型カップにある「有名店シリーズ」に採用されているタイプの油揚げ麺で、それを一回り細くした感じ。「日清のどん兵衛」の蕎麦麺をラーメン化したような雰囲気です。(伝わりますかねw)ほぼ縮れのないストレート状の油揚げ麺で、加水率が低めのスパッと噛み切れる歯切れの良さが特徴。油揚げ麺特有の風味も嫌味なものではなく、殆ど気になりません。日清食品らしい上品な油揚げ麺でした。油揚げ麺ということで、ちょっとスナック的ではあるんですけど、そのジャンキーさが良い方向に作用していたと思います。今回は辛味のあるスープだったのですが、そういうスープと油揚げ麺って相性が抜群なんですよね。いい取り合わせでした。麺量も80gとタテ型ビッグカップ仕様だったので、食べ応えがあったのも良かったです。麺自体の塩気も程よく、細さの割に耐久性があって、湯伸びしなかったのも高印象。日清食品らしい水準の高い油揚げ麺です。

スープは、『鶏の旨みと唐辛子の辛味を効かせた醤油味で、炒めたひき肉とニラの風味を加え』たとのこと。すっきりとした醤油ベースのスープに辣油や唐辛子などによるカプサイシン系の要素を添加し、ニンニクを効かせるという典型的な台湾ラーメンのスープです。イメージが掴み易く、タテ型らしからぬ本格さの感じられる味わいでした。辛味はピリ辛以上、激辛未満。でも思ってたよりも割と結構しっかりピリ辛(ニュアンスw)で、激辛ではなかったものの、日清食品としては思い切った辛さだったと思います。唐辛子特有の風味と旨味がきちんと感じられたのも好印象。ベースはすっきりとしていながらも、ポークとチキンによる動物系の旨味があって、奥深いコクのあるスープに仕上がっていました。挽肉を炒めたような調理感というのも印象深かったです。これは原材料の小麦粉と、後入れの特製辛味油が鍵を握っているのでしょうね。麺との相性もバッチリでしたし、スープ単体としても素直に楽しめました。油揚げ麺の主張も激しいものではなかったので、スープがマスクされにくいという点も大きかったです。そして甘味。コレがポイントですよ。原材料では糖類が真っ先に記載されているのですが、やや人工的な甘味とはいえ、その後口に残る甘味と辛味の兼ね合いがクセになる感じでした。好みw

かやくは、『味付豚ミンチ、味付豚肉、赤唐辛子、ニラ』とのこと。肉具材は四角いダイスミンチ状の豚肉と、肉そぼろ的な挽肉状のモノが入ってました。ダイスミンチはジャンキーな感じで、挽肉はリアル系。量もゴロゴロと入っていて、かき混ぜた後に頑張って探さななくてもすぐに見つかる感じ。存在感は明白です。ニラはもうちょい入ってると嬉しかったかなー。でも意識的に食べると風味があって、製品のスタミナ感を助長。雰囲気を醸し出すには充分だったと思います。実際の台湾ラーメンも挽肉とニラが基本ですし、ダイスミンチのジャンキーな感じも違和感なく溶け込んでました。欲を言えばフライドガーリックも欲しかったです。

(標準は★3です)

スープは本格的なのですが、麺や具材はジャンキーで、何とも微妙なラインを突いてきてるんですけど、しっかりと台湾ラーメン独特のクセになる味わいが感じられたし、そのジャンクさも良い意味でカップ麺ならではというか、中毒性を感じるモノだったんですよね。それによって微妙が絶妙に昇華しているような感じ。なかなかビシッとキまったんじゃないでしょうか。タテ型カップの台湾ラーメンとして、ひとつの完成系にあるような一杯だと思います。そして値段も税込価格200円。タテ型カップのメリットである「手軽さ」をきちんと踏襲しつつ、しっかりとお店の特徴が感じられる「本格さ」を兼ね備えた素晴らしい製品だと感じました。これで激辛だったら文句無しなんですけどねw それを差し引いても★6です。オススメ。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:味仙 台湾ラーメン ビッグ
製造者:日清食品
内容量:109g (めん80g)
発売日:2015年3月3日 (火)
発売地区:全国 (沖縄除くUGHD.系列店舗)
希望小売価格:186円 (税別)
JANコード:4902105226773

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (特製辛味油)

~標準栄養成分表~

1食 (109g) あたり

エネルギー:514kcal
たん白質:12.6g
脂質:24.1g
炭水化物:61.8g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:1.37mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:135mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:514kcal (めん・かやく:433kca / スープ:81kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:2.3g / スープ:4.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、スープ(糖類、豚脂、植物油脂、小麦粉、醤油、香辛料、ポークエキス、でん粉、チキンエキス、食塩、酵母エキス、香味油)、かやく(味付豚ミンチ、味付豚肉、赤唐辛子、ニラ)、酸味料(アミノ酸等)、加工でん粉、炭酸Ca、かんすい、カラメル色素、増粘剤(キサンタンガム)、カロチノイド色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ごま、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:卵・乳成分・小麦・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
台湾ラーメンもじつにいろいろな系列というか味があるようなので、
なんとなく「台湾ラーメン」だと自由度があるんでしょうが、
(先日の一平カップのような)
お店コラボになるとその特徴が絞られるので
目指すものが明確になりますね。
そういう意味で今回の製品はしっかし先が見えた製品ということなんでしょう。
味仙の台湾ラーメン、いちど本場ホンモノの味を経験してみたいですね。
Re:たういパパ
> お店コラボになるとその特徴が絞られるので
> 目指すものが明確になりますね。
まさに的を射たコメントありがとうございます。
しかも製造が日清食品なので、安心できるんですよね。

一般的に想像される台湾ラーメンの王道にあるような味わいで、
自分も本店は未経験なんですけど、訪問したい気持ちが強まりました。

そう思わせてくれた仕上がりに満足です^^
実際は結構辛いみたいなので、なおさら行ってみたいw
初めまして!
初めまして!ブログ拝見しました。
すごい詳しく紹介してくださっていますね!画像もきれいで、おいしそう♪カップラーメンと言えば、カップヌードルかどんべぇばかりでしたけど、ものによってはほんとに味が違いますよね。中には「え!?これでカップ!?」と驚くものもあります。味仙も、近くで売ってたら買ってみますね!
またお邪魔します!応援ぽち!
Re:にゃんこさん
にゃんこさん、初めまして。
ご丁寧なコメントありがとうございます(ぺこり)
アフィリエイト系のブログを執筆されているのですね。

たまに神経質だのクドいだのと言われますが
そこを評価していただけて嬉しい限りです!笑

しょせんカップ麺と思われる方もいらっしゃいますが、
お店にはない独特の良さがあるというか、奥深いんですよね。

> 中には「え!?これでカップ!?」と驚くものもあります。
ほんとその通りで、自分もたまに当たるとビックリします。

「味仙」まさに the 台湾ラーメン!って感じでオススメです ^^
No title
師匠こんばんわ^^今日は失礼しました。

もっとひねりの効いた物を引っ張ってきますね(マテ)

写真も王道ではなくて、邪道を進みつつありますがよいのでしょうか。この先心配です。

宅麺、自分も気になります。でも万人力の油そばも食べてみてくださいw楽天でぜひ。おいしいですよ^^
No title
takaさん、こんにちは!

縦型再現ものでの安心感は日清が断トツですね!
東洋水産の場合はまず心配から入ってしまいますが!笑

縦型はどうしても油揚げ麺が使われることが多いので、
その質が全体の完成度を大きく左右しますからね!(=゚ω゚)

その点、日清の縦型向けの高級油揚げ麺は秀逸で、
弱点が皆無とは言わないものの食感、風味ともに良く、
この点では他のメーカーより頭2つか3つほど抜けてますね!

この台湾ラーメンは自分は見かけたことはないですが、
これなら安心して楽しめそうな雰囲気がありますね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:カブトムシさん
こんにちはー。いやいや全然(笑)
全く以てノープロブレムです!(親指ビシィッ)

> もっとひねりの効いた物を引っ張ってきますね(マテ)
おっ、じゃあ楽しみにしてますよ。(にやり)

> 万人力の油そば
チェックします_φ(. .*)
Re:かーとさん
こんにちは!

タテ型で再現モノはダントツで日清食品ですね。
この主張の程よい油揚げ麺の存在が大きいです。

> 東洋水産の場合はまず心配から入ってしまいますが!笑
分かります(笑)本気盛×Yahooとか特に不安で…苦笑。

控えめな油揚げ麺臭にストレートな形状。
油揚げ麺なのに上品さすら感じますよね。

しなやかな麺質に歯切れの良さなど、
日清のどん兵衛の蕎麦麺の雰囲気を感じます。

まさに王道の台湾ラーメンって感じでした!

台湾ラーメンが食べたい気分の時、
安心して手に取ってもらって大丈夫だと思います。
No title
カップ麺で発売されたんですね...この店カップは
見つけたら、買ってみたいと思います。

台湾ラーメン、好きなんですよ...「味仙」のラーメンは
通販とかでも買えるんですよね...お店の味を
そのまま家でも楽しめる...これはいいですよ...

http://hashidamen.blog46.fc2.com/blog-entry-2377.html
Re:ハシダ・メンさん
愛知ハムが作っている生麺タイプ(2食入1,080円)は以前
食べたことあるのですが、カップ麺の方が近いように感じました。

いや、と言っても本店は未経験なので、
あくまで想像からの漠然としたイメージですがw

味仙の記事、拝読しました。

スープそのままパックは稀にありますが
(メジャーなのは佐賀ラーメンの喰道楽など)
味仙も希釈タイプのスープではないのですね!

希釈でなければ再現度も飛躍的に上がりますし、
安心してお取り寄せできそうです。(する気満々w)

製品のオススメ紹介ありがとうございました!

管理者のみに表示

トラックバック