東洋水産「マルちゃん ラーメン横綱 豚骨しょう油」



本日2回目の更新で、「マルちゃん 縦型ビッグ ラーメン横綱 豚骨しょう油」に続きまして、東洋水産の『マルちゃん ラーメン横綱 豚骨しょう油』です。こちらが常時販売されている、どんぶり型のハイエンドカップ麺ですね。パッケージにも「これぞ豚骨しょうゆ味の定番!」と書かれていますが、まさに横綱のラーメンのイメージってそんな感じで、個性が無いのが個性、みたいな印象があります。このカップ麺はミニストップやマックスバリュなど、イオンリテールの系列店舗でよく見かけるのですが、なにか因果関係でもあるのでしょうか。





は、『なめらかな口当たりとコシをあわせ持つノンフライ麺』とのこと。湯戻し5分も待って大丈夫? な、中細ノンフライ麺ですが、大丈夫です。同社の「麺づくり」を思わせるタイプのノンフライ麺で、ノンフライ麺特有のしっかりとしたコシがあります。それから小麦の風味がかなり強くて、鼻を抜けるような小麦の香りが印象に残りました。小麦感と豚骨醤油味のスープがイイ感じにマッチしていたのが良かったです。時間経過による劣化耐性も高く、その食感と風味が最後まで楽しめたのも好印象。ただ、がっつりと縮れがつけられているので、タテ型同様、こちらもお店の麺を再現する気はないみたいですw とは言え、少なからずこちらの方が近いでしょうね。それにしても何で東洋水産って頑なにウェーブをかけてくるんでしょうか…。ストレート麺を開発する技術が無い? いやいや、そんなことはないでしょう。お得意の「ナチュラルウェーブ製法」を売りにしたいのか、コスト的に効率がいいのか、そのくらいのことしか私には理由が想像できませんが、そろそろ東洋水産のストレート麺も食べてみたいです。

スープは、『ポーク・チキンエキスをベースにした、濃厚感のある豚骨しょう油スープ』で、『「ラーメン横綱」の味わいを再現し』たとのこと。やや芳ばしさを感じる醤油ベースの焼豚ダレに、臭みの無い豚骨スープを合わせた感じのスープで、目新しさや驚きこそありませんが、きちんとコクがあって素直に美味しいと思えるオーソドックスな豚骨醤油味です。奇抜な特徴も無く、豚骨感もクセの無い万人ウケするタイプで、やや無難に纏め過ぎているような印象が無きにしも非ずですが、ある意味それがお店の特徴だという意見も多いのですよね。私もそう思います。悪く言えば平凡な味なんですけど、良く言えば王道、みたいな。豚骨感とタレの主張バランスとしては、やや醤油ダレの方が強いでしょうか。ちょっと喉が乾く感じ。でも豚骨感を殺してしまうほどのバキバキな主張ではなかったので、その匙加減には好感が持てました。最近ハヤりの魚介系の要素は無いため、魚系のラーメンが苦手な人でも安心して手に取っていただいて大丈夫です。強烈なインパクトやパンチなんかを期待すると肩透かしを喰らいますが、横綱のスープは大衆的な路線にあると思うので、このスープの感じは雰囲気的に正解だと思いました。

かやくは、『FD チャーシューブロック、メンマ、ねぎ』とのこと。タテ型製品同様、FDチャーシューブロックは秀逸。タテ型のチャーシューもコレを汎用したのだと思います。脂身が少ないタイプのチャーシューなのですが、たしか実際のお店のチャーシューもそんな感じでしたよね。メンマの発酵感は控えめでしたが、コリコリとした食感は意識的に食べると箸休めになる感じで良かったです。葱は粉末スープと加薬の袋の両方に入っていて、粉末スープ側は薬味系の小葱、加薬側は具材系の大振りな葱。小葱の方は麺によく絡んでくれて意識しなくても風味が感じられたし、大振りの葱は特有の辛味が少し残っているほどのリアルな風味。横綱は葱入れ放題というのも特徴なので、その拘りを模しているようでした。

(標準は★3です)

値段が値段ですが、それ相応の水準には達していると思います。再現モノのカップ麺らしく、お店の雰囲気は感じられると思いますし、再現度云々を抜きにしても、タテ型と比較するとひとつのカップ麺としての完成度は明らかにこちらが上でした。麺の縮れに関しては納得いきませんでしたが、そこは東洋水産なんでね…w 昔のお店のスープにはもっと個性があった、という意見も聞こえてきそうなんですけど、現在の大型ロードサイド店のイメージからすると、再現度は納得できるラインにはある思います。カップ麺としては高級な部類に入りますが、カップ麺でお店の雰囲気を、というコンセプトはきちんと体現できていると思うので、このような評価とさせていただきました。あとは葱は後入れ指定にするとか、別添で薬味の「うま味唐がらし」を付けるとか、そういった捻りがあると嬉しいですね。このカップ麺は置いてるお店も多いですし、常時販売品ということもあって、やはりそれなりの需要があるということでしょう。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん ラーメン横綱 豚骨しょう油
製造者:東洋水産
内容量:125g (めん 70g)
発売日:2013年5月27日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:270円 (税別)
JANコード:4901990327930

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく2袋)

~標準栄養成分表~

1食 (125g) あたり

エネルギー:394kcal
たん白質:14.1g
脂質:10.4g
炭水化物:61.1g
ナトリウム:3.3g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:2.3g)
ビタミンB1:0.71mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:391mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:394kcal (めん・かやく:311kca / スープ:83kcal)
食塩相当量:8.4g (めん・かやく:2.6g / スープ:5.8g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、食物繊維、卵粉)、添付調味料(ポークエキス、醤油、豚脂、チキンエキス、発酵調味料、でん粉、野菜エキス、香味油脂、たん白加水分解物、砂糖、ゼラチン、ねぎ、香辛料、植物油)、かやく(焼豚、めんま、ねぎ、デキストリン、ゼラチン)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、カラメル色素、レシチン、酒精、かんすい、炭酸カルシウム、香料、pH調整剤、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
横綱・・・
近くと言えば近くなんですが
実店舗で食べたことがなくって
カップ麺を食べても
再現されているかどうか
わからないんですよねーw
寿がきやならわかるんですがw

家族が言うには横綱は結構
うまいよーとのことだったので
これはみかけたらぜひ買いたいですね。
Re:カブトムシさん
少なくとも雰囲気は感じられると思いますよ!

冒頭でも述べていますが、個性が無いのが個性というか(笑)
言い意味で「普通に美味しい豚骨醤油味」のラーメンです。

実は寿がきやのラーメンって、
袋麺とカップ麺でしか食べたことないんですよねw

カリメロはフードコート?
みたいなところでよく食べてたみたいですけど。

以前、フォークなのかスプーンなのか
よく分からない物体の写真が送られてきましたw
あぁ〜
横綱さん。

何かと思い入れのあるお店ですよ。

「うま味唐がらしが」が、昔は「ニントン」でしたね。ニンニクと唐辛子で!(笑)

あと、松葉杖で店内をウロつくと・・・

思いっきり松葉杖がスベって冷や汗もんっ‼︎

そんな私の青春でした・・・←やな青春だな
Re:まるむ氏(改)もといJoJo氏
> 「うま味唐がらしが」が、
ちょっと気になる連続の「が」w

横綱の「うま味唐がらし」
昔は「ニントン」だったのですか_φ(. .*)

> あと、松葉杖で店内をウロつくと・・・
王将のヌルヌル床的なやつと同じ感触のやつですかねw
なぜ松葉杖かは敢えて聞きませんけど(と、然りげ無くw)
No title
これは食べていませんが、
画像でもやっぱり麺が違いますね~

ホントにストレート麺の技術がないのか!!
もしくはちぢれ麺で提供している横綱があるのかも?(^_^;)
(まさかね・・)
Re:たういパパ
こちらはノンフライ麺ですし、
質感も形状も全くの別物ですね。

しかし相変わらず頑なにウェーブを…w

> もしくはちぢれ麺で提供している横綱があるのかも?(^_^;)
いや、どうなんでしょう…。
まさか…ってそんなわけないですよね(笑)

管理者のみに表示

トラックバック