東洋水産「マルちゃん 青いちゃんぽん」



昨日、久しぶりにマクドナルドに行ったんですけど、しれっと「メガマック」が再販されてました。いやー久しぶりに食べましたが、相変わらず食べにくかったですサイズ的にw でも実はメガマックって食べ方にちょっとしたコツがあってですね、上下を逆さまにひっくり返して持って食べると、安定感が増して少し食べやすくなります。圧縮派もいるようですが、私のように欲張ってソースとかトッピング類を全てオオメにしてもらうのが基本オーダー派の人間としては、圧縮すると…w

さて、本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん 青いちゃんぽん』です。東洋水産の和風麺・色シリーズから期間限定で「青いちゃんぽん」が登場。同時に「黄色い博多ラーメン」もリリースされたので、今日は2つとも記事にしたいと思います。黄色い博多は去年も出ていましたが、青いちゃんぽんは新登場みたいです。まずは青いちゃんぽんから。(何で「青」なんだろう?)





は、『ソフトな口当たりで、食べごたえのある太めのちゃんぽん麺』とのこと。湯戻し5分の丸刃の太麺で、もちもち感はやや控えめでしたが、滑らかな口当たりが印象的。ちょっとジャンキーな感じの油揚げ麺なんですけど、その質感や風味は製品の雰囲気的にもスープとマッチしてました。カップ麺らしい麺ではあるものの、ちゃんぽんの麺としてある程度の水準は確保できていると思います。あとはもうちょっと縮れを控えてくれると嬉しかったのですが、それを東洋水産に求めるのはお門違い、という思想が私の中に植え付けられつつあるので…w

スープは、『豚骨をベースに、アサリやホタテなどの魚介の旨味と野菜の甘味を合わせた、濃厚でコクのあるスープ』に、『胡椒などの香辛料で味を調え』たとのこと。オーソドックスなちゃんぽんスープで、とてもイメージが掴み易いですね。豚骨ベースのスープに、ちゃんぽんらしく魚介と野菜の旨味がギュッ、と詰まってる感じ。そして胡椒のアクセントが程よく全体を引き締めます。この手の胡椒系のアクセントは気持ち程度な時もあるのですが、胡椒の香りがきちんとあって、味を整えるという役割をしっかり果たしていました。豚骨感は「黄色い博多ラーメン」に似たジャンクなタイプなのですが、製品の雰囲気的に方向性は間違ってないと思います。目立った調理感などはありませんでしたが、仕上げの調味油を入れた瞬間に動物系の香りが漂い、その風味と軽い獣臭がツボでしたw 後味に残る調味油のこの旨味…好きですw しっかりとコクもあったし、ジャンクさがありながらも深みがあって、凡そ万人が楽しめるようなスープに仕上がっていると思います。

かやくは、『イカ、キャベツ、かまぼこ、かに風かまぼこ、きくらげ』とのこと。まずちゃんぽんに海鮮具材は必須だと思っているので、ちゃんとイカが入っていたのが嬉しかったです。サイズはそこまで大きくはありませんが、強めの歯応えとイカらしい風味があって、存在感がありました。キャベツはたっぷりと入っていて、ボリューム感があります。キクラゲは割と大きめサイズで、量もたっぷり。食感もコリコリで文句無しですね。カマボコはきちんと練製品らしい風味があって、見た目にも良かったです。このピンクの平たいの入ってるとちゃんぽんだなー、って思うんですよね。雰囲気って大事w カニ風カマボコの鮮やかな色味によって、より賑やかさが増していたし、予想以上に充足感の高い具材構成でした。

(標準は★3です)

もっと軽めの製品を想像していたのですが、予想以上にスキのない仕上がりでした。インスタントらしい路線の製品だったのですが、全体の方向性がその方面に統一されていたし、麺,スープ,具材のそれぞれにちゃんぽんらしさがあって、きちんと雰囲気が演出されています。予想以上に満足できました。色シリーズらしい安定感があり、そして期間限定ものとしても一定の水準を保っていて、今後も準定番商品として発売されていきそうな予感。良い意味でのインスタントらしさが個人的にツボでした。製品説明とのギャップも殆どありませんでしたし、予想以上に美味しかったです。中でも特製油は印象深かったですね。製品の方向性をガッチリと固めてくれていたし、何より自分的好みw この手の風味があると無条件で評価を上げてしまうのが私taka :aの特徴でもあるので、要注意です。(一応、冷静に判断している…つもりw)また来年も発売してほしいと思えた一杯でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 青いちゃんぽん
製造者:東洋水産
内容量:87g (めん65g)
発売日:2015年3月2日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901990333177

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:340㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・特製油・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (87g) あたり

エネルギー:376kcal
たん白質:8.7g
脂質:13.4g
炭水化物:55.2g
ナトリウム:2.1g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.24mg
カルシウム:140mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:376kcal (めん・かやく:301kca / スープ:75kcal)
食塩相当量:5.3g (めん・かやく:1.7g / スープ:3.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、でん粉、植物油脂、食塩、卵白)、添付調味料(ポークエキス、食塩、植物油、豚脂、砂糖、粉末野菜、香辛料、香味油脂、たん白加水分解物、魚介エキス、醤油)、かやく(キャベツ、いか、かまぼこ、かに風かまぼこ、きくらげ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、レシチン、香料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、香辛料抽出物、pH調整剤、クチナシ色素、ベニコウジ色素、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、鶏肉、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・いか

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
takaさん、こんばんは!

この商品はまだ記事化はしていないものの、既に食べています!

油揚げ麺系のちゃんぽんとしては非常に整っていて、
レギュラーでも何らおかしくないバランスの良さでしたね!(=゚ω゚)

なおかつ他社製品とは違った個性もちゃんとあって、
マルちゃんならではのカップ麺らしいちゃんぽんとして
成立していて満足度はなかなか高かったです!

赤いきつね系統のデザインでラーメン系なので、
どうしてもそこに違和感を少し持ってはしまいますが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
こんばんわ^^
連投お疲れ様です。

そういえば、グーグル垢どうかしたんですか?気になって・・・w

で、この青ですが・・・
なかなかよかったですね。
インスタントな感じは
すごくいいですよね。
でも一つ思い出したんですが
これ確か左側が潰れてたんですよ(怒)
思い出してしまいましたw

味よりもこういう事の方が覚えてるっていう・・・
Re:かーとさん
かーとさん、こんにちは。

これはインスタントらしさが良い方向に作用していて、
「カップ麺としてのちゃんぽん」として納得できる仕上がりでした。

もちろん、これは褒め言葉ですよ(笑)

ぜひ季節の準定番商品として定例販売してほしい、
自分的にそう思えるくらいの仕上がりでした。

たしかに和風カップ麺シリーズからなので、
その違和感は無きにしも非ずな部分がありますが、
期間限定ということでオッケーでしょう(笑)

黄色い博多ラーメンがレギュラーから弾かれたのも
おそらく和風カップ麺のイメージからだと思うのですが、
ラーメンは既に日本の文化として定着しているので、
その辺もう少し砕けてもいいような気もするんですけどね。
Re:カブトムシさん
カブトムシさん、こんにちは。

実質、食べたのはこちらのカップ麺で、
黄色い博多は書き溜めの記事だったんですよねw

Googleに不正アクセス入っちゃって、
転送先に設定していたメールアドレス(スマホ)のほうに
大量に迷惑メールが送りつけられてきれるんですよ(苦笑)

ひとつのインスタントのちゃんぽんとして
しっかりと作り込まれていたと思います!

> これ確か左側が潰れてたんですよ(怒)
あ、そういえば左側がクラッシュしてましたねw

たしかにそういうのって記憶に残ります ^^;

管理者のみに表示

トラックバック