サンヨー食品「サッポロ一番 名店の味 金色不如帰 トリュフ香る塩そば」



今日の冒頭は、ブロ友のJoJo氏に丸投げされたのでw 私がレビューさせていただきますよ。というわけで、サンヨー食品の袋麺、「サッポロ一番 塩とんこつラーメン」について触れたいと思います。発売日は今年の1月で、取り扱っている店舗も多いのではないでしょうか。豚骨味の袋麺はたくさんありますが、この豚骨味は敢えて「塩」の文字を商品名に冠しています。ココがポイントですね。まず麺は豚骨ラーメンだからといって細いわけではなく、茹で時間も3分。縮れのあるオーソドックスな角刃の油揚げ麺で、大きなクセも無く、やや新世代系。何味でも合いそうな麺ですね。油揚げ麺臭は他の味よりも比較的控えめで、色は少しだけ黄色みがかっていました。サンヨー食品の麺って白いイメージが強いので、ちょっとイレギュラーにも思えましたが、風味や舌触りはサンヨー食品らしいものです。そしてスープですが、パッケージには「とんこつの“旨味”と塩の“キレ”味」とあり、実際まさにそんな感じ。豚骨はクセのないタイプですが、きちんとポークの旨味があり、チキンエキスがそれを後押し。そこに昆布だしと魚粉が下支えになっていて、「サッポロ一番 塩らーめん」に通じるアノ独特な香味感があり、それによってオリジナリティがより明確なものとなっています。程よい塩気(塩気に過剰反応する自分でも大丈夫なライン)が後味にキレを生んでいて、存在感がありながらも他の要素を引き立てるという塩本来の役割に徹しているような主張に強く好感が持てました。そして「サッポロ一番 塩らーめん」よろしく、切り胡麻の主張がハンパないです。これによってサッポロ一番らしさがブースト。ホワイトペッパー系の香りも効果的なアクセントになっていました。豚骨ラーメンにしては珍しく別添の調味油がないことと、クセのない豚骨の旨味に塩のキレが相俟って、シャープな豚骨ラーメンという非常に食べやすい仕上がりです。シンプルですが、今までにありそうでない味わいで、たまにはこんな豚骨味もいいですね。感想は素ラーメンの状態ですが、茹で上がる1分前くらいに溶き卵を入れて綴じたら美味しかったですよ。具材はキャベツを一緒に煮込んだり、後乗せでカイワレ大根とか合いそうです。物足りない人は生おろしニンニクをプラスでジャンキーに解決w 隠し味にほんのちょっと柚子胡椒を加えると風味が引き立って美味しいですよ。カップ麺だと物足りなさを感じてしまいそうな味ですが、袋麺だからこそというか、このくらいの塩梅が丁度で、新味ながらもスッと馴染める安心感のある味わいでした。新しい定番ラインナップのひとつとして加わっても全く違和感が無いと思います。味の方向性としては、新しく開発された豚骨ラーメンというよりも、既存の「塩らーめん」の亜種として捉えたほうがしっくりくるかもしれませんね。サッポロ一番らしさを感じる飽きのこない安定した味わいから、リピーターも生まれることでしょう。(JoJo氏納得?w)

さて、かなーり前置きが長くなりましたがw 本日の一杯は、サンヨー食品の『サッポロ一番 名店の味 金色不如帰 トリュフ香る塩そば』です。本当は違う記事を上げる予定だったんですけど、長ったらしいマクラがサンヨー食品なんでねw 必然的にw 黒と金を基調としたパッケージデザインで、金色の部分は光が反射して高級感あふれてます。しかも題材がトリュフ!もちろん原材料にトリュフは含まれておらず、あくまで「トリュフ香料使用」とのことですが、いやーまさかカップ麺でトリュフの文字を目の当たりにすることになろうとは思いませんでした。どんだけミスマッチw パッケージデザインもネーミングもインパクト大ですが、中身が伴ってなきゃ意味ないですよー。ってことで、実食前の期待値の高さとサンヨー食品の強気な姿勢に圧倒されないように若干ハードル高めで挑みます。





は、『見た目や風味に特徴があり、つるみとしっかりとしたハリのある細麺に仕上げ』たとのこと。全粒粉(含有量5%)が練り込まれた麺で、湯戻し前の色合いからしてハッキリと個性を感じるノンフライ麺です。やや写真では黄色く見えますが、実際はもう少し黒ずんでいるというか、特有の粒感があって全粒粉らしさがハッキリと感じられました。密度の高い粘り気のある食感と歯切れの良さを両立していて、全粒粉入りらしく小麦の風味もしっかりと感じられ、コシのある麺質から「ハリのある」という製品説明にも納得。形状は角刃で、輪郭のある口当たりから存在感はより明確なものに。ここ最近のサンヨー食品のノンフライ麺は手放しに楽しめる、というイメージが私の頭には刷り込まれているのですが、それを抜きにしても高水準だと思います。たとえ5%と言えど、きちんと麺に練り込まれた全粒粉の恩恵を感じられたことに好感が持てました。主張の強いノンフライ麺なのですが、スープにも強烈な個性があるため、孤立してしまうようなネガティブな印象は受けず、むしろこのくらいの主張がないと成立しないだろうな、って感じです。時間経過によってスープが馴染んでいく感じで、尚且つヘタれた食感にランクダウンしなかったのも好印象。取り合せとしても問題無し。麺単体としても素直に美味しいと思えるノンフライ麺でした。やはりサンヨー食品の高価格帯の製品に採用されるノンフライ麺はクオリティが高いですね。

スープは、『アサリ、タイ、ホタテ、かつお、煮干しの魚介エキスにチキンエキスを合わせて、魚介と鶏のうまみをきかせ、東京・幡ヶ谷の人気ラーメン店「金色不如帰」のトリュフ風味が特徴的な塩味スープを再現』したとのこと。まず粉末スープと液体スープを投入した瞬間から漂ってくる商品名に違わぬトリュフの香りに驚きました。あくまで香料によるものですが、しっかりと香ってます。タイトルが「トリュフ香る」なので、香ってもらわなきゃ困るんですけど、ここまで明確だとは思いませんでした。ベースは魚介の風味と鶏の旨味が効いた塩スープという路線なのですが、中でもアサリやホタテなどによる貝類の主張が顕著で、他に類を見ない個性を放っているのも特筆すべき要点。舌の脇に独特のエグ味を感じるほどです。そこにトリュフの香りですからね。個性が際立つどころかオリジナリティあふれ返ってましたw この極端さは人を選ぶかもしれませんが、いい意味でクセがあると思える極端さが良かったです。圧倒的な貝の旨味を筆頭に、魚,動物系の要素,塩がそれぞれ主張していて、鼻腔を擽るトリュフの香りが織り成す巧妙な複雑味があり、複雑でありながらも強い旨味があるので、そこまで難解ではありません。それでいてカップ麺らしからぬ非常に奥深い味わいのスープに仕上がっています。やや塩気は強かったのですが、塩の甘さを思わせる甘味が感じられ、嫌味に思ってしまうような塩気ではありませんでした。

かやくは、『チャーシューのうまみ、メンマのコリコリとした食感が食欲をそそり、ねぎと白髪ねぎのさわやかな風味がスープとよく合い、おいしさを引立て』るとのこと。チャーシューは取り立てて云々といった要素の無い、薄くスライスされたペラチャー(ペラペラチャーシュー)でしたが、寿がきや食品のペラチャーよりかはよっぽどマシw メンマは小振りながらも量はそこそこ入っていて、再現性は高く、塩スープとの相性も良好。もうちょっと特有の発酵感が強いと嬉しかったです。葱はよくある青葱と、細切りにされた白髪葱が入っていて、どちらも風味豊かだったのですが、白髪葱は特別ですね。葱特有の甘味が強く、細長い形状から意識しなくても麺に絡みついてきて、かなり存在感がありました。繊細かつ明確なアクセントが個性のあるスープをより引き立てているようで良かったです。この手の白髪葱ってカップ麺では珍しいですよね。地味なようで重要な個性となっていて、独特だった塩スープを更に一段階上に押し上げていたことに好感が持てました。

(標準は★3です)

最初はトリュフ香るってどんなだろ、って思ってたんですけど、ほんと分かりやすく香っていて、既存の製品とは一線を画す仕上がりでした。カップ麺らしからぬ鮮烈な味わいです。実に個性的。よくトリュフの香りは「ヨード臭」などと例えられますが、身近なものに例えると「青海苔」などの磯の香りが近いかもしれません。それ故にアサリを中心とした魚介エキスの強いスープとの相性は申し分なく、しかも貝の要素が思いの外に強かったので、トリュフの香りが無くても十二分に美味しいスープだったと思います。良くも悪くもクセがあるので、人を選ぶテイストかもしれませんが、一度は味わってみる価値のある一杯だと感じました。アサリや魚介出汁、トリュフの香りが苦手な人はヤメときましょう。と、言えるくらい振り切っていたのが良かったです。麺も最近のサンヨー食品らしくクオリティの高いノンフライ麺で、しかも全粒粉入り。具材にも白髪葱を加えるなど、一捻りあるアクセントも好印象。60gという麺量に若干引っかかるところはありますが、これだけ麺とスープに個性を打ち出してくれていたことが印象深かったのと、実食前の期待を裏切らない名前負けしていなかったその仕上がりから、文句無しの★7+です。カップ麺らしからぬ高級感があり、繊細かつダイナミックな一杯でした。一癖も二癖もありますが、お勧めです。ちなみに私はリアルなトリュフはあまり好きではありませんw 嫌いじゃないですけど、トリュフよりも椎茸の方が好きです(笑) キャビアにしろ、フォアグラにしろ、世界三大珍味って希少価値が高いだけで正味そこまで美味しいものでもな…(ry 今回は黒トリュフが題材のようでしたが、白トリュフなんてオスフェロモンとガソリンを足したような臭いというか、もはや異臭とも言え…(ry はいw ハードル高めで挑みましたが、個性あふれる実に美味しい一杯でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 名店の味 金色不如帰 トリュフ香る塩そば
製造者:サンヨー食品
内容量:93g (めん60g)
発売日:2015年2月23日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:230円 (税別)
JANコード:4901734023692

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (特製スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (93g) あたり

エネルギー:335kcal
たん白質:8.4g
脂質:11.4g
炭水化物:49.8g
ナトリウム:2.7g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:335kcal (めん・かやく:279kca / スープ:56kcal)
食塩相当量:6.9g (めん・かやく:2.1g / スープ:4.8g)

原材料名:めん(小麦粉(小麦全粒粉5%)、でん粉、植物油脂、食塩、粉末卵、大豆食物繊維)、スープ(魚介エキス、豚脂、食塩、チキンエキス、植物油脂、ポークエキス、糖類、みりん、たん白加水分解物、デキストリン、香味食用油、香辛料)、かやく(チャーシュー、ねぎ、メンマ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、かんすい、トレハロース、香料、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素、増粘多糖類、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部にえび、乳成分、ごまを含む)

アレルギー物質:えび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
これ、めっちゃうまかったんですよ、ッ師匠!

リピートしようかどうしようか迷ってたくらいです。しかしながらリピートするには高く・・・w

takaさんのブロ友さんのjojoさんて言う方のブログも見にゆきました。結構ぶっ飛んでて面白い方でしたね^^コメ欄カオスだったし。
takaさん、いったいいくつブログ回ってるんですか?
Re:カブトムシさん
うむ、弟子よ・・・!(キリッ)

コレはなかなかキてましたねー。
カップ麺らしからぬ一杯で、満足度が高かったです。

自分もリピートしたいのですが、
後ろに控える段ボール箱の威圧感がハンパじゃなくて…w

JoJoさんぶっ飛んでたでしょw
でも実はシャイで真面目な人だと…
とかって言ってたら怒られるかな(笑)

基本、リンク集のブログは廻るようにしているので、
数えてみたら現段階で「9」ですね。(けっこう大変w)
No title
イタチは味の区別がつかないので
「旨い」「旨くない」で十分ですっ...(笑)

ブログではあんな感じですが、実際は
大きな石を持ち上げた時にいる、まるむし
みたいなオトコですわ...(どんなw)

話変わるけど、このラーメン...
美味しそうですね...見たことないけど...
Re:ハシダ・メンさん
大きな石を持ち上げた時にいる
「まるむし」みたいなオトコ・・・どんなw
でもとても斬新な表現ですね_φ(. .*) メモメモ

このカップ麺は個性派で美味しかったですよ!

自分の付近ではスーパーにまだあるのですが…
見かけたら是非食べてみてもらいたいですね。

圧倒的な貝の旨味とトリュフの香りに注目です。
納得しました!
さすがのレポート!ありがとうございます!(≧∀≦)ノ

サッポロ一番シリーズの麺はちょこちょこ変わる?イメージがありましたので今回はそこまで気付きませんでした。
そして切り胡麻の存在感は正にその通り!効いてましたよね〜
本当に違和感のない仕上がりだと思います!

わざわざありがとうございました!次は何をお願いようかな?(笑)
Re:JoJoさん
よかったです。ホッとしました(笑)
(思いの外に真面目レポしてしまったのでw)

麺は既存のサッポロ一番の袋麺の麺よりも、
やや湯伸びしにくいような印象もあったんですよね。

味の方向性もサッポロ一番の袋麺らしく、
まさに敵を作らない味わいだったと思います。

> 次は何をお願いようかな?(笑)
私の身の回りで手に入る袋麺なら何でも(笑)
No title
takaさん、こんばんは!

食べる前は「ほんのりと香るぐらいかな」と思っていたら、
その強烈な香りの強さに驚いたのをおぼえています!

トリュフの強い香りと貝類の持つクセのある旨味という
実に個性のはっきりした両者の組み合わせでしたね!(=゚ω゚)

なので、とてもじゃないけど無理な人もいそうな一方、
カップ麺好きとしては楽しめる側面も多かったですね!

とにもかくにも印象に強く残る商品でした!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
ある意味これは歴史に残るカップ麺だと思います!
ここまで強烈にトリュフが香るとは思いませんでしたね。

それ故に人を選ぶかもしれませんが、
この突き抜けたインパクトは強く印象に残ると思います。

さらに貝類のクセが製品の色を強めていて、
かなり攻めの姿勢にあるカップ麺でしたよね。

こういった製品を意欲的に開発してもらいたいです!
No title
「サッポロ一番 塩とんこつラーメン」・・自分もだいぶ前に買いました。
単品がなかったので止む無く5袋パックをね。
でもまだ1袋食べただけで残り4袋のままです。
なんか進まないなぁ~、なんでかな?
自分はノーマルのとんこつラーメン(袋)のほうがくっちゃいので好きですw

この製品素晴らしかったね~~・・・(^O^)/
スープの旨みが反則でしょ、これ!
せっかく頭から離れていたのに記事見てまた食べたくなったやん!

間違いなく今年のランクイン商品になりそう♪

Re:たういパパ
こちらもバラ売りしていなかったので、
止む無く5袋パックを購入です… ^^;

個人的な好みとしては、自分も「くっちゃい系」
推しなので、気持ちは分かります(笑)

生にんにく投入や柚子胡椒を隠し味に入れるなど、
なんとか工夫して捌いてやってくださいw

このカップ麺は素晴らしかったですね。
具材にもう一捻りあったら★8も夢じゃなかったです。

トリュフの香りに爆発的な貝の旨味、まさに反則級でした。
もっかい買おうかなコレw

> せっかく頭から離れていたのに記事見てまた食べたくなったやん!
王将ネタの仕返しになってよかったですw けっけっけっw

管理者のみに表示

トラックバック