プライムワン「萬珍軒 玉子とじラーメン」



今日は母の日ですねー。と言っても自分は毎年、特に何をしてあげているわけでもないのですが、差し障りの無いちょっとした小物くらいは用意してプレゼントしています。ちっちゃいときはベタに肩たたき券とか作ったりしてたっけなぁ。その肩たたき券を使ってもらったという記憶は無いんですけどねw

さて、本日の一杯は、プライムワンの『萬珍軒 玉子とじラーメン』、製造は寿がきや食品です。ちょっと販売店がややこしい製品で、2月16日に「アピタ・ピアゴ・ラフーズコア(中京地区)」「アピタ・ピアゴ(北陸・静岡)」で販売が開始され、さらに1週遅れの2月23日以降に、「ミニピアゴ(関東)」「アピタ・ピアゴ(関西)」「サークルK・サンクス(中京地区)」で、店頭に並んだ製品とのこと。ちなみにこのカップ麺は、カリメロが2月15日に滋賀県でゲットしましたw もう無茶苦茶ですw「萬珍軒」自分は初めて聞くお店なのですが、名古屋の名店だそうで、この「玉子とじラーメン」が有名なんですね。なんか風邪ひいた時とかに良さそう(完全に玉子酒からの単純な連想w)「玉子抜き」もあるそうです。ホームページ見てたら薄皮が売りの「餃子」とか、「焼豚」とか、「エビマヨ」とか、「鶏の唐揚げ 葱ソース」とか、「黒酢酢豚」とかとかetc…美味しそうなメニューいっぱいでした。で、何故か「ラーメンと一緒にどうぞ!」という項目に五目あんかけ「バリソバ」というメニューがあって、麺類のお供に麺類を推していたのが不可解で面白かったですw 萬珍軒の玉子とじラーメンの製品化は今回が初めてではないようですが、自分は今回が初体験。10年前はワンタンや海苔も入ってたみたいです。あの頃の具材は「寿がきやクオリティ」ではなかった…w カップ麺で玉子とじかー。かきたま系とはまた違うんですかね? 未体験ゾーン突入です。





は、『濃厚スープによく絡む極細のノンフライめん』とのこと。いつもの寿がきや食品らしい独特なしっとり感のあるノンフライ麺なのですが、今回はかなり細めです。この細さは珍しいですね。有名店監修ものだろうと関係無しに汎用麺を使ってくるイメージが強い寿がきや食品でしたが、ちょっとイメージ変わりました。いつもより細い分、口当たりの良さが増しているような印象も受けます。さらに細さの割に歯応えはしっかりめで、風味も生めん風。基礎クオリティの高いノンフライ麺で、説明通りスープがしっかりと絡み、きちんと一体感がありました。寿がきや食品のノンフライ麺が好きな自分としては、その個性と強みをダイレクトに堪能できたのが嬉しかったです。スープのリフト性能が高かった分、感じるスープの塩気も必然的に強かったわけなんですけどね…苦笑。

スープは、『豚骨、鶏ベースにほわっほわっの玉子でおいしさを包み込むような、さらっとしていてまろやかなスープ』とのこと。サラっていうかザラっとしてましたw この舌触りは卵の影響だと思うんですけど、コレちょっと苦手な人いるかもしれません。でも個性的な舌触りだったので、印象に残りました。思ってたよりも豚骨と鶏がしっかりとしていたことに好感が持てたのですが、如何せん体感的な塩分濃度が高い…。卵たっぷりのところが口に入ってくると、たしかにまろやかだったんですけど、そうじゃない部分は先行して塩気が刺してくるような味で、キレを通り越していて自分には厳しかったです。ややとろみがあったことと、多めの動物油脂による油脂感も高めだったので、サラッと軽い優しいスープではありません。玉子とじという優しそうなイメージに反した重厚感のあるどっしりとしたスープです。それでいてそんなにクドさを感じなかったのは、塩分濃度の高さによるものでしょう。油脂の重みは先行する塩気によって相殺されている感じでした。自分は数口でノックダウンしましたが、溶け出した卵のボリューム感があるので、飲み応えのあるスープだと思います。でも完飲したら後から喉が渇くかも。ほんのり胡麻油の風味は中華料理っぽさが出てて良かったです。

かやくは、『チャーシュー・ネギ・別添のスパイス』とのこと。かやくの袋を見たとき脱酸素剤が入ってるのか? と思ったらスパイスの袋でしたw チャーシューはいつもの残念な「とりあえずチャーシュー」です。そして今回もケミカルな風味が気になりました。前はこんな風味しなかったと思うんですけど…。葱はそれなりに風味があったのですが、かき混ぜると見た目には良かったものの、存在感は薄れてしまいました。卵は独特の食感で、「カップヌードル」の卵とも違う、「赤いきつね」の卵とも違う、かきたま系の卵とも違う、今までに食べたことない感じ。例えるなら…ダマ系?w 単体で食べると卵の黄身っぽい風味がありました。スープの項目でも触れましたが、ザラっとした馴染みのない舌触りが気になる人もいると思います。でもこれに関しては卵の黄身らしさを演出しているようにも思えました。スパイスはホワイトッペッパーの香りが強めのラーメンコショー的なヤツだったのですが、スープの塩気が強くて香りもへったくれもない感じでしたw

(標準は★3です)

調理後の見た目は玉子とじっぽかったし、玉子とじ感もそれなりに伝わってきて、遠からずも近からず、って感じでした。ちょっと今までに食べたことがないタイプのカップ麺で、おもしろかったです。ただ、せっかく卵の風味や動物系の旨味があるのに、こんなに塩分濃度が高いのは如何なものかと。私が塩気に敏感というのを差し引いても、他の要素を殺しているような印象を受けてしまったんですよね。コクのあるスープなのにもったいないです。でも試みは非常に面白かったし、乾燥具材で玉子とじらしさを表現しようという努力も見られたので、それは印象に残りました。ザラっとした独特の舌触りと強い塩気が受け入れられれば、それなりに楽しめるカップ麺だと思います。もし卵がフリーズドライの卵だったり、かきたま系のフワフワ卵だったら万人ウケするでしょうね。再び製品化されることがあれば、あの必要価値の見出せないとりあえずチャーシュー制度を廃止し、浮いた分のコストを利用して卵をFD化してほしいです。で、塩気はもうちょっとお手柔らかに…苦笑。あと「粉末スープ」の中身は多分、フルで卵だと思います。液体スープを入れる前に確認したところ、とくにスープらしい要素は感じられなかったので。もはや「粉末スープ」じゃないですねw 具材に強い東洋水産が「FDたまごブロック」を駆使して、どんぶり型のカップで再現してみても面白そうです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:萬珍軒 玉子とじラーメン
製造者:寿がきや食品
内容量:133g (めん65g)
発売日:2015年2月16日 (月) ※詳細は記事前半
発売地区:中京地区・北陸・静岡・関東・関西 (UGHD.系列店舗)
希望小売価格:248円 (税別)
JANコード:4901677081599

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋+α (かやく+スパイス・粉末スープ・液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (133g) あたり

エネルギー:497kcal
たん白質:14.9g
脂質:21.3g
炭水化物:62.0g
ナトリウム:2.7g
(めん・かやく:1.3g)
(スープ:1.4g)
カルシウム:213mg

(食塩相当量:6.9g)

原材料名:めん(小麦粉、でん粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆多糖類、たん白加水分解物)、スープ(しょうゆ、動物油脂、全卵粉末、ポークエキス、デキストリン、チキンエキス、食塩、発酵調味料、ごま油、たん白加水分解物、野菜エキス、酵母エキス、香辛料)、かやく(チャーシュー、ネギ、香辛料)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、かんすい、香料、乳化剤、着色料(クチナシ、カラメル)、酸化防止剤(V.E)、リン酸塩(Na)、カゼインNa、(原材料の一部に乳成分、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
ふぅ〜〜ん...柔らかいスープを予想してたんだけど
意外にカドが立っているんですね...

きっと玉子とじということで、味をボケさせないよう
とのことなんでしょうが...

店ラーメンってことは、もしかするとそのお店も
塩分高めなのかもしれませんね...

じゃないと販売OKの許可が出ないのでは?
Re:ハシダ・メンさん
自分も優しスープを想像していたので、
ちょっと意表を突かれました(笑)

たしかに店主監修とのことですから、
実際のお店のラーメンも塩っぱいのかもしれません。

だとしたら再現度も高いということになりますが、
如何せん本物を食べたことがないので… ^^;

他にも美味しそうなメニューたくさんありましたし、
いつか機会があったら行ってみたいお店ですね。
(ラーメン食べずに一品モノで呑んでそうw)
No title
takaさん、こんばんは!

「玉子とじ」をカップ麺で表現ってなかなか難しそうですね!

FD具でかきたまを入れるのが最もわかりやすいですが、
玉子とじは卵の風味がスープに移るのも重要なので、
それとともに卵黄パウダーみたいなものを
スープに忍ばせるなどの工夫もいるのかもですね!

でも、そこまでするとコスト面が大変になりそうですが(;゚ω゚)

ところでこのラーメンを写真で見てみると、
背脂系の塩ラーメンみたいにも見えてきますね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
こばわー^^

これは・・・
玉子とじですか。
この店知らないです。
名古屋は店が多すぎて。

とりあえずチャーシューの
名前は笑ったんですが
食べる時には笑えないですね。
適当感がぬぐえないですし
玉子とじなら、玉子主体で
コストを割いてほしいですもんね。
自分は塩っ気のある玉子スープの
方がいいと思ったのでこれを
食べてみたい気がします。

今日はめちゃくちゃいいことが
あったので、コメントも非常に長く
なりました・・・。
Re:かーとさん
> FD具でかきたまを入れるのが最もわかりやすいですが、
> 玉子とじは卵の風味がスープに移るのも重要なので、
> それとともに卵黄パウダーみたいなものを
> スープに忍ばせるなどの工夫もいるのかもですね!
たしかに!そういった路線もアリですね_φ(. .*)

でも麺にコストを持っていかれる寿がきや食品なので、
ちょっと難しそうな面もあったりします… ^^;

> ところでこのラーメンを写真で見てみると、
> 背脂系の塩ラーメンみたいにも見えてきますね!
麺を引っ張り上げて撮ったので、言われてみるとたしかに(笑)
実際カップの底らへんにダマになった卵が結構ありましたw
Re:カブトムシさん
名古屋って有名店が多いですよね。
「とりあえずチャーシュー」使ってくださいw

> 自分は塩っ気のある玉子スープの
> 方がいいと思ったのでこれを
> 食べてみたい気がします。
おっ、カブトムシさん塩っぱい系ウェルカムですか。
コレ自分にはちょっと厳しい塩気でした… ^^;

> 今日はめちゃくちゃいいことが
> あったので、コメントも非常に長くなりました・・・。
何があったか気になります!w
No title
必要価値の見出せないとりあえずチャーシュー・・・いい表現だね~
自分も今後は「どうでもいいチャーシュー」は止めて
「とりあえずチャーシュー」に改名しますww

それにしても仰るとおりで、特化したかき玉にコストを集中してほしいですね!

これ、このへんではサークルKサンクスで売ってました。
(買ってませんが)
No title
今日はつぶやきがない・・・(笑)

母の日~~私も送りましたよ~♪
ちょっと先生!!来年の母の日は~いつものちょっとしたプレゼントと・・・
「肩たたき券」あげて見て下さいよ~♪
どんな反応するかな~~(笑)
じゃ~~来年私も肩たたき券をお母さんにギャグで送ります(笑)アハ

イタズラ大好き(笑)
Re:たういパパ
> 必要価値の見出せないとりあえずチャーシュー・・・
だってもうまさにその通りでしょ… ^^; w
「とりあえずチャーシュー」ぜひ引用してください!笑

ほんと卵に集中してほしかったですね。

これはこれで悪くはなかったんですけど、
ちょっと個性(クセ)のある卵でした。

努力は認める的なw 面白かったですけどね^^
Re:yukiさん
> 今日はつぶやきがない・・・(笑)
つぶやいてたんですけど、HTMLミスってましたw

「肩たたき券」敢えてのw やってみますかねー。
でもここぞとばかりに使われたら鬱陶s…(ry

たしかに反応は気になりますが。
いざ使用された時のために「肩たたき券(5分)」
とかって時間制限かけとかないと痛い目みそうですw
No title
あは(笑)

確かに~~時間つけないと・・(笑)
子供の時は小さいから可愛いし~気持ちで充分ってお母さん思ってけど~~(笑)今なら容赦なさそうですね~~(笑)

Re:yukiさん
たまにはしてあげないとなー、とは思うんですけどね。
なんか小っ恥ずかしいというか… ^^;

管理者のみに表示

トラックバック