サンポー食品「焼豚ラーメン」



暑い…どんよりした曇り空なのに、暑い…。だが、今年も限界まで扇風機で乗り切ってやる。毎年そう思いながら、そっこーエアコンつけちゃうんですけどね。

さて、本日の一杯は、サンポー食品の『焼豚ラーメン』です。これ食べたかったんだー。スーパーでごく稀に見かけることはあったんですけど、その確率は非常に低く自分の普段の行動範囲内の店舗ではまず見かけることはありません。というわけで、ネットで注文してやりましたw そこまでして食べたかったんです。楽しみ :)




本格的な豚骨スープに焼豚、ねぎ、コーン、そして生の紅しょうが。焼豚はハート型をしており、「心をこめて作りました」との意味がこめられています』とのこと。

:細めの油揚げ麺ながらもコシがあり、プリッとした歯切れの良さが印象的な麺です。油揚げ麺らしい風味があって、それが良い意味でチープなインスタントらしさを醸し出していました。なんだか昔ならがの麺というか、その感じがとても好みです。下味も丁寧に付けられていて、スープとの相性もよく美味しかったです。

スープ:どちらかというとサッパリめなとんこつスープなんですけど、けっこう胡椒が効いていてパンチがあります。そして何と言っても嬉しかったのが、最近のとんこつ系カップ麺では必ずと言っていいほど抑えられている“獣臭”がしっかりと感じられたこと。最初はスッキリとしているんですが、食べ進めていくとジワジワ頭角を現してくる感じ。ややスープに油揚げ麺の風味が滲み出ちゃってますが、それも“これがイイ!”と思えるような感じで今回の場合は好印象。飽きのこない安定感があって、クセになるような後引く味わいのスープでした。

かやく:ハート型の焼豚、ハート型というかリアルな“心臓型”に見える…w 生の紅生姜は出来上がりの撮影のために始めから投入しましたが、今回は撮影後に取り出して途中で入れて味を変えるというスタイルをとりました。焼豚は向こうが透けて見えるんじゃないかってくらい薄くてペラペラなんですけど、今回のカップ麺ではこういうチープさこそが好印象。味付けも程よく、ペラペラながらもパサつきのない食感で美味しかったです。紅生姜を途中で入れるとフレッシュな酸味がアクセントになり、それでいてスープに滲み出るほどの主張ではなかったのでとてもバランスのいい仕事ぶりでした。コーンは…うーん、なくてもいいかな。もともとはコーンではなくナルトがデフォだったようなんですが、東日本大震災の影響でナルトの安定供給が難しくなったため現在はコーンが代役を務めているようです。

総評

高い送料を払ってまでネット注文した価値がありました。これといって特別なインパクトがあるわけじゃないんですけど、とにかくクセになりそうな感じ。食べ終わった直後にも関わらず、記事を纏めながら“また食べたいなー”と思ってしまいました。安定感といい、インスタントらしさといい、クセになりそうな感じといい、飽きのこないバランス感が好印象なカップ麺です。九州のほうでは手軽に手に入るんだろうなぁ…羨ましい。羨ましいぞ九州。まさにオーソドックスなインスタントらしいとんこつラーメンで、こういうブログをやってなかったら間違いなく箱買いしてますね。そのくらい自分的に好みな一杯でした :)


※あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わりますのでご了承ください。


【製品情報】

商品名:焼豚ラーメン
メーカー:サンポー食品
発売日:不明
麺種類:油揚げ麺 (熱湯3分)
小袋構成:4袋 (焼豚・スープ・調味油・紅しょうが)
希望小売価格:170円 (税別)

内容量 (めん量):94g (70g)

~標準栄養成分表~

1食 (94g) あたり

エネルギー:429kcal
たんぱく質:11.1g
脂質:19.3g
炭水化物:52.6g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく 0.7g)
(スープ 1.6g)
ビタミンB1:0.67mg
ビタミンB2:0.51mg
カルシウム:187mg

(食塩相当量:5.8g)

絶賛ランキング参加中…


ポチッと応援お願いします :)



関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック