日清食品「博多長浜屋台やまちゃん とんこつラーメン」



ちょっと前から「Instagram」というやつを始めてみました。たしか誰かが最近のナウなヤングはTwitterよりもInstagramを利用している人が多いと言っていたので。でもこれってフォロワーしか見れないシステムなんですかね? とりあえずブログを更新したら、調理後の写真をポンッ、と投稿しています。

さて、本日の一杯は、日清食品の『博多長浜屋台やまちゃん とんこつラーメン』です。『博多・長浜の人気ラーメン店「やまちゃん」監修の商品』とのこと。ファミリーマート限定で販売されているカップ麺なのですが、日清食品×ファミリーマートで「やまちゃん」の再現モノは今回が初めてじゃないんですよね。でも実際に食べるのは今回が初めてです。豚骨特有の臭みが抑えられているのが特徴みたいなので、あらかじめそういったスタンスで挑まないとですね。豚骨臭に期待して、すっこーん…と肩透かしは喰らいたくないのでw





は、どう見ても湯戻し3分は長過ぎるだろ…と、思うような細麺です。カタ麺が好きな人は1分30秒でイイと思います。(実際その段階で一口すすりましたがイけました)自分は撮影時間を考慮して、1分30秒でフタを開けて麺を解し(難なく解れます)、スープ投入,盛り付け,撮影で3分15秒くらいから食べ始めたんですけど、そこまでヤワくはなかったです。でもやっぱり湯戻し3分も必要ないですね。スープを作る作業も考慮し、1分30秒〜2分で充分でしょう。断面の丸いストレート細麺で、小麦感がしっかりとあります。その鼻を抜けるような風味が心地よく、ややザラついた舌触りと独特の粉っぽさがあって、博多麺の雰囲気をきちんと演出。この手の麺は明星食品が抜きん出ていますが、日清食品さんも負けてないじゃないですか。パツンッ、とまではいかないものの、歯切れの良さも悪くなかったです。芯の残るような歯切れの良さに関しては、やはり明星食品が一枚上手ですね。

スープは、『豚骨特有の臭みがなく、旨味が凝縮されたコクはあるが後味はすっきりしとしたスープ』とのこと。いわゆるマイルド系豚骨ですね。製品説明の通り、豚骨の持つ旨味とコクはきちんとありながら、豚骨特有の臭みは抑えられている優等生な豚骨スープです。雑味の無さも印象的。一見すると塩豚骨なビジュアルですが、醤油ダレの風味もありますね。原材料も豚骨一本勝負では無く、豚骨のクセを抑えるためにチキンエキスで動物系の旨味を底上げしている模様。もちろん店舗にもよりますが、博多ラーメンは豚骨ラーメンの中では比較的食べやすい部類に入ると思うので、そこを大きく強調したスタイルとなっています。そして後味はすっきりとしながらも豚骨らしい風味が舌の根に残り、やや粉っぽさのある舌触りには、おっ、と思いました。舌触りに関しては、おそらく小麦粉によるものだと思うのですが、きちんと豚骨の旨味があるので、それも蛇足なものに思えず、むしろ豚骨感を押し上げる効果的な演出となっていて、本格さが増しています。コレ系の要素は全く期待していなかっただけに、とても嬉しい誤算でした。

かやくは、『チャーシュー、ごま、紅生姜、キクラゲ、ねぎ』とのこと。長浜ラーメンの王道トッピングを一通り揃えました、って感じですね。私は豚骨ラーメンにはネギさえドッサリ入ってたらオッケーと思っているような人間なので、この構成だとちょっと賑やか過ぎる感じでしたw とりあえず順番にイきましょうか。チャーシューは日清食品の十八番、スーパー厚切焼豚ではなかったのですが、あの大判チャーシューを薄くスライスしたような感じで、脂身の部分がジューシーで美味しかったです。(箸で持ち上げると割れるくらい柔らかかったw)胡麻はプチプチとした食感がアクセントになっていて、特有の芳ばしさがスープに合っていました。紅生姜は生タイプで存在感がありますね。紅生姜は替玉してから、もしくは途中で入れたい派なんですけど、撮影の関係上、止むを得ず…。最初は避けて食べて、途中で意識的に食べると爽やかなアクセントになって効果的だったと思います。生タイプということで、リアルでした。(当たり前w)量も適量だったので、スープに影響し過ぎていなかったのが良かったです。キクラゲは厚みがあって、しっかりとした食感。これもホンモノっぽくて美味しいキクラゲでした。葱にはもうちょっと頑張って欲しかったんですけど、それぞれの具材がしっかり混ぜてからも存在感があって、賑やかな具材構成で良かったと思います。

(標準は★3です)

まさに一般的にイメージされる長浜ラーメンの王道をいくような一杯でした。久留米,鹿児島,熊本などの豚骨と比べ、長浜はクセが抑えられたすっきりとしたイメージなので、ほんとその通りのテイストだと思います。油脂感も控えめで、獣臭もありませんでしたが、きちんと豚骨らしさが感じられたことには素直に好感が持てました。豚骨ラーメンは嫌いじゃないけど、クセのある豚骨ラーメンやこってり系はちょっと…って人にはピッタリだと思います。価格帯を考慮すると★ひとつ落とそうかと思ったのですが、麺もスープも出来栄えは上々だったし、具材構成も賑やかで、カップ麺としてきちんと美味しい博多系豚骨ラーメンだったので、ちょっとサービス的な意味合いも込めて。これが200円前後だったら最高だったんですけどね。って無理かw イメージ通りの美味しい長浜ラーメンでした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:博多長浜屋台やまちゃん とんこつラーメン
製造者:日清食品
内容量:111g (めん65g)
発売日:2015年2月17日 (火)
発売地区:- (Family Mart)
希望小売価格:255円 (税別)
JANコード:4902105226742

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:470㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく・紅生姜)

~標準栄養成分表~

1食 (111g) あたり

エネルギー:389kcal
たん白質:15.3g
脂質:11.4g
炭水化物:56.5g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:461mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:389kcal (めん・かやく:296kca / スープ:93kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:2.5g / スープ:4.6g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、でん粉、卵粉、植物油脂、大豆食物繊維、植物性たん白)、スープ(ポークエキス、醤油、チキンエキス、豚脂、香味油、香辛料、糖類、ごま、小麦粉、食塩、酵母エキス、オニオンパウダー)、かやく(チャーシュー、ごま、紅生姜、キクラゲ、ねぎ)、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、pH調整剤、かんすい、酒精、加工でん粉、炭酸Ca、乳化剤、カラメル色素、酸味料、野菜色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
ふぁみふぁみふぁみ~ふぁみふぁみま~🎶

おいしそうですねー。自分はごまときくらげだけ入っていれば十分です。
細麺がかなりいい感じですね。焼きそばと違って、ラーメンは大歓迎の細麺です。
とりあえず豚骨と言うと手を出してみたくなるのですが・・・ふぁみふぁみま~🎶(涙)
Re:カブトムシさん
ふぁみふぁみふぁみ~ふぁみふぁみま~♪
いやいやいや…青葱は必須ですって!(推し)

こってり豚骨をイメージすると肩透かしを喰らうので、
あらかじめすっきりとした博多ラーメンを想像するといいでしょう。

その路線としては王道的で非常に上手くまとまっていましたよ。
コンビニ限定だからカブトムシさんは手が出せませんよね…(涙)
No title
takaさん、こんばんは!

このラーメンはなかなか良かったですね!

最近よくある濃厚さをウリにしているようでいながら、
豚骨臭を抑えて丸めたマイルド系豚骨とはまた違い、
あっさりしつつも豚骨の旨味がしっかり生きていて、
長浜系ならではの旨さを見せてくれましたね!(●・ω・)

中途半端に濃厚マイルド路線に走るくらいなら、
この商品のように逆にわかりやすく
すっきり仕上げてくれたほうが好感が持てますね!

長浜系には長浜系の良さがちゃんとありますし!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
自分がこれ食べたのは2013年ですが、
なんかビミョーにカロリーが違いますな・・
「微」リニューアルなんでしょうか?

アッサリ系とんこつでしたね!
でもビジュアルはかなりよかったですよね~~!

去年博多行った時、屋台って行きたい!・・って思ってたのですが、
ひとりじゃさすがに入る勇気がなかったヘタレですww
ラーメンもいいけど他のアテが喰いたい(^O^)/
Re:かーとさん
まさに王道の長浜ラーメンって感じでしたよね!

仰る通り濃厚の指標を履き違えた中途半端なスープよりも、
このように端っから方向性を定めてくれたほうが好印象です。

すっきり系の長浜ラーメンとして完成度の高い製品でした。

自分の好み的には反するような製品ですが、
地元の行き着けのラーメン屋さんがこんな感じなので、
ちょっと雰囲気が馴染み深かったりもしたんですよね。

もちろんそれは評価対象に入れてませんよ(笑)
Re:たういパパ
「魁力屋」や「ますたに」など、
定期的に「微」リニューアルしながら発売される
コンビニ限定再現カップ麺なのかもしれませんね。

あっさり系豚骨でしたが、
麺もスープも高水準で具材も賑やか。
「まさに」って感じで良かったと思います。

屋台ってちょっと敷居が高いとこありますもんね… ^^;
いつか一緒に九州で食べ(呑みw)歩き旅行しましょう!(本気)
No title
ナウなヤング(笑)でた(笑)

「Instagram」私もやろうかな~~♪
Re:yukiさん
「ナウなヤング」とか「パツキンのチャンネー」とか
なんかこういう古臭い香りのする言い回しが好きですw

さすがにもうディスコとはは言いませんけどね(爆)

「Instagram」
手料理とイクラでイッパイになりそう(笑)
あ、スーパードライも必須かw

管理者のみに表示

トラックバック