サンヨー食品「サッポロ一番 大人のみそラーメン 薫る焦がしガーリック タテビッグ」



ブロ友の純野一益さんに、「おたふく」というお店の「すそば」というメニューを紹介していただきました。(参考記事)うどん出汁でラーメンの麺を食べるのだとか。和風だしに中華麺ということで、姫路駅名物「まねきのえきそば」と似た雰囲気を感じますよね。これは家で試してみようと思い、早速やってみました。うどんつゆは我が家の定番「ヒガシマルのうどんスープ」をベースに、麺は冷蔵庫にあった生麺「頑固親父の太鼓判 ストレート麺」を合わせ、トッピングはシンプルに刻み葱と天かす。最後に中華麺らしさをプラスするため、優しさを損なわないようホワイトペッパーを1,2振りして軽く香り付けを施しました。いやー良い意味で想像通りといいますか、合わないわけがないですよ。美味しかったです。麺類のレパートリーが広がりました。純野さんありがとう!はい、カップ麺も食べますw

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の『サッポロ一番 大人のみそラーメン 薫る焦がしガーリック タテビッグ』です。『おなじみ「サッポロ一番 みそラーメン」に上質感ある大人の味わいをプラスしたビッグサイズのタテ型カップ麺』とのこと。前作は「大人の塩らーめん 薫る焦がしバター」だったので、方向性は同じみたいですね。「みそ」で「焦がしガーリック」うん、なんていうんですかね、こう、不味いわけない的な抜群の安定感というかw そんな雰囲気がスゴイです(笑) 私は黒マー油に弱いので、バイアスかかって評価が暴走しないように気をつけます。





は、『スープとの一体感がある、つるつるした中太麺で、袋麺独特の茹で上げたような食感を再現し』たとのこと。袋麺独特の茹で上げたような食感…イマイチこうピンときませんが、口当たりのいい油揚げ麺で、プリッとした歯切れの良さが如何にもサンヨー食品らしいですね。中太麺とのことですが、サイズは中細です。醤油や味噌は練り込まれていないので、風味は袋麺のそれとは少し異なるのですが、スープとの一体感は高く、取り合わせとしては問題ないですね。スープとの相性も良かったし、焦がしガーリックの芳ばしさによって、油揚げ麺臭もそこまで前に出て来ない感じでした。ちょっと湯伸びしてくるのが早かったんですけど、しっとりとして口当たりの良さが際立ってくるというか、スープが馴染んでいくようで美味しかったです。焦がしガーリックコーティングがたまりませんでしたw

スープは、『厚みのあるポークエキスに数種類のみそをブレンドし、焦がしガーリックを加え、ほんのりとした苦味がある風味豊かなみそラーメンスープ』とのこと。まず予想以上にポークの旨味と厚みがきちんとあって、そこに数種類の味噌をブレンドした合わせ味噌のコクが加わり、馴染み深くもいつもとは少し違う重厚感のある味噌味に仕上がっています。そこに黒マー油的な焦がしガーリックのビターな風味が加わることによって、「大人の」雰囲気を演出。ほろ苦さで「大人の」を演出するという手法は前作と同じですね。しかし今回は焦がしの芳ばしさがハッキリと明確で、前作よりも分かり易く焦がしが主張していました。オリジナルには無い豚脂が入ってたり、逆にかつおエキスが無くなってたりして、オリジナルの雰囲気を踏襲しつつ、きちんと焦がしに合わせた味噌スープに仕上がっています。ポークと味噌と焦がしガーリックのそれぞれの主張がちょうどいいバランスで、その相性も完璧。そして通常は後半にかけて薄れていくオイル感ですが、最後まで焦がしガーリックの主張があったことに好感が持てました。ただオリジナルよりも塩気が強く、スープ単体で飲むと自分には少し濃かったです。

かやくは、『香ばしい焼ポークダイス、もやし、ねぎ、赤唐辛子』とのこと。焼ポークダイス…いわゆるダイスミンチだろうと侮るなかれ。きちんと焼き目のついた肉具材で、ジューシーなポークダイスです。焼き目が入ることでちょっと高級感w 肉らしい旨味がきちんとあって、味付もほどよく、満足度の高い肉具材です。汎用希望。そして存在感のあるモヤシにも好感が持てました。ちょっと濃いめの味噌スープと相性が良く、特有の風味とシャキシャキ感がしっかりとあって、これは高評価です。ネギの風味はちょっと微妙だったんですけど、食感はイイ感じでした。唐辛子もきちんとカプサイシン系のアクセントになっていて良かったです。

(標準は★3です)

今回もきちんと「大人の」コンセプトが表現できていました。いつもの「サッポロ一番 みそラーメン」とは明らかに雰囲気が違い、ハッキリと差別化が図られているのですが、きちんとオリジナルの面影も感じます。薫る焦がしガーリックによるホロ苦いアクセントで「大人の」を演出するといった手法は前作と同様なのですが、今回の方が焦がしの要素が明確で、より分かり易かったです。それにポークと味噌と焦がしガーリックの兼ね合いが絶妙で、分かり易くも奥深い味わいがあります。前作では気品を感じるような上品さが売りでしたが、こちらは攻めの姿勢が目立っていて、勢いよく食べられる感じ。それでいて単調ではなく、インパクトがありながらもチャラチャラしてないというか、どこか落ち着きを見せてくれていたところにも「大人の」要素を感じました。このシリーズはいいですね。「しお」「みそ」ときたので、おそらく次は「しょうゆ」でしょう。続けて「薫る焦がし」をテーマに捻りを入れてきているので、次は「薫る焦がしネギ」でしょうか。ってなんの根拠もない憶測ですけどw どんな捻りを入れてくるのか楽しみですね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 大人のみそラーメン 薫る焦がしガーリック タテビッグ
製造者:サンヨー食品
内容量:100g (めん72g)
発売日:2015年2月16日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ限定)
希望小売価格:215円 (税別)
JANコード:4901734023555

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (仕上げの小袋)

~標準栄養成分表~

1食 (100g) あたり

エネルギー:442kcal
たん白質:8.3g
脂質:18.1g
炭水化物:61.4g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:200mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:442kcal (めん・かやく:350kca / スープ:92kcal)
食塩相当量:5.6g (めん・かやく:1.5g / スープ:4.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩)、スープ(みそ、食塩、糖類、豚脂、香辛料、香味食用油、ポークエキス、植物油脂、酵母エキス、乳等を主要原料とする食品、発酵調味料)、かやく(味付豚肉、もやし、ねぎ、唐辛子)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、乳化剤、酒精、かんすい、増粘剤(キサンタン)、クチナシ色素、香辛料抽出物、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、ごま、鶏肉を含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
ヘルシー系じゃないほうのもう一方の「大人の~」シリーズですね。

自分は何気にこちらのコンセプトのほうが好きだったりします。

どうせカップ麺!・・・
なのだから多少の罪悪感があって、旨いものをすする!!!
これがカップ麺の醍醐味ww

そういう意味ではこのシリーズはよく出来ているんですね!
自分は塩味も含めて食べてないんですが、
将来出る醤油味にはチャレンジしたいです!
できたら醤油味よりごま味がいいのですが・・・(^_^;)
Re:たういパパ
「機能性」とは違った路線の「大人」シリーズですね!

自分は矛盾しているような機能性カップ麺も好きですが(笑)
こういったカップ麺らしい「大人」も素直に楽しめました^^

カップ麺はジャンクだからこそウマイ!w
っていう部分かなり大きいですもんね!w

パパは2製品とも未食でしたか… ><
次回作が出てきたら是非動画アップしてください。

> できたら醤油味よりごま味がいいのですが・・・(^_^;)
たしかに!大人のごま味…それこそ仕上がりが気になりますね。
やっぱり「薫る焦がし胡麻油」?w
No title
人多いわっ・・・
どこへおでかけですか?^^

今日は寝すぎてさらに眠いですー^^
Re:カブトムシさん
いや、特に何処かに出掛けていたわけではないですよ。
ゴールデンウィークは家でダラダラを決め込んでたのでw

ちょっとスーパーに買い出しに行ったら、
ど田舎でも帰省してきた方で賑わっててそれで… ^^;

管理者のみに表示

トラックバック