寿がきや食品「全国麺めぐり 京都濃厚白湯ラーメン」



なんか嫌らしいんで、サイドの「スポンサードリンク」消しました。設置した時から何だかなぁ…と感じていたんですよね。ちょっと自分らしくなかったです。あくまで趣味のブログなんでね!これからもマイペースにテクテクいきます。

さて、本日の一杯は、寿がきや食品の『全国麺めぐり 京都濃厚白湯ラーメン』です。今回の「全国麺めぐり」は、『京都ラーメンの数ある系統のうち、鶏ベースの「濃厚白湯」を再現』したとのこと。京都の濃厚白湯といえば、やはり真っ先に思い浮かぶのは「天下一品」(以下:天一)なのではないでしょうか。ちなみに天一の「こってり」は949kcalあるそうです…w 大阪の三国店,寝屋川店で裏メニューの「超こってり」を食べた時は感動ものだったなぁ…。大阪のこってりラーメンといえば、「一作」にも通っていた時期があって、裏メニューのレベル6を食べた時は——(軌道修正・・・w)製品説明を見ても明らかに天一がモデルになっていると思うので、こちら側もそういったスタンスで挑みたいと思います勝手にw





は、『口当たり滑らかなノンフライ細めん』とのこと。いつもの寿がきや食品らしいノンフライ麺ですね。細身で口当たりが良く、小麦の風味もしっかりとあります。ちょっといつもよりサイズは細めですね。寿がきや食品特有のしっとり感は今回も健在で、この質感は寿がきや食品独特のものだと思います。ちょっと使い回し感がありますが、私はこの麺大好きですね。寿がきや食品の麺はいつもそうですが、再現度云々はあまり重視していない模様。細さ的にスープに負けてしまうかもしれないと思ったんですけど、小麦の風味がきちんとあったことと、思ってたよりもスープがサラリとしていたので、この細さでちょうどいい感じでした。スープとの一体感も高かったです。クオリティは決して低くないので、あくまでカップ麺のノンフライ麺として食べれば、素直に楽しめると思います。

スープは、『凝縮した鶏の旨味と野菜を合わせたポタージュのようなスープ』とのこと。これは予想以上に鶏の主張が激しいですね!香り,風味ともに、後にも先にも鶏が前面に押し出されています。鶏の甘味や鶏油特有のクセを感じるくらいで、舌の根に残る鶏の旨味と鼻を抜けるような鶏油の風味には、おっ、と思わされました。ニンニク系の要素はあまり無くて、あくまで主体は鶏の要素をベースに鶏油で厚みを持たせ、野菜の旨味で底上げしている感じ。鰹節粉末も入っているのですが、あくまで旨味の下支えの枠を出ず、言われたら後口に感じるかな程度だったので、そんなに気にならないと思います。粘度はそこまで高くないですね。「噛めるスープ」と言っても過言ではない天一のスープですが、そんなポタージュ状のドロッとしたスープを期待すると肩透かしを喰らうと思います。しかし、マッシュポテトパウダーによるものと思われるザラついた舌触りはとても印象に残りました。この演出によって野菜を溶けるまで煮込んだような感覚と、スープの濃厚さが加速されます。おからパウダーよりも分かり易かったので、豚骨スープの時にも応用してもらいたいですね。やりすぎると態とらしいですけど、今回はギリギリのラインだったと思います。予想以上にサラッとしていましたが、鶏特有のクセを感じるくらい鶏が顕著だったことに好感が持てました。濃厚の指標は見失っていなかったと思います。あとはペッパー系の香りやガーリックのパンチなど、メリハリのあるアクセントがあるとスープの価値がグッと高まるでしょう。

かやくは、『チャーシュー、九条種ネギ』とのこと。麺とスープにコストがかかって具材が貧弱という「寿がきやクオリティ」は今回も例に漏れずw かやくの袋の中身なんて小さなお飾りチャーシューのみです。いつものペラペラなアレですね。今回はスープの関係か、ちょっとケミカルな風味がありました。この程度のチャーシューならいっそ取り払ってくれていいと思います(笑) その分、ネギに力を入れて欲しかったですね。今回は京都が題材ということで、一応、九条“種”ネギが採用されています。この九条種ネギの「九条種」ですが、品種は九条ネギだけど産地が京都ではないネギのことを指すのではないのか、というのが自分の推測。意識して食べるとやや辛味を感じ、いつものネギよりも風味は強かったものの、いつも通り「かやく入スープ」の中に放り込まれていたので、せっかくなら後入れにして風味を際立たせるとか、せめて別包装にするなど、もっと目立たせて欲しかったですね。お飾りチャーシューは排除してネギを大きめカットにするとか、ネギだけのシンプルな構成になっても構わないので、その分ドサッと入れてくれた方が分かり易く良かったかな、と思いました。「全国麺めぐり 京都とんこつ醤油ラーメン」のときは、ちゃんとネギは「あとのせかやく」だったんですけどね。

(標準は★3です)

おそらく天一のラーメン(こってり)をイメージしていると思うのですが、全くの別モノで、そのイメージを軸に万人ウケを狙ってアレンジを加えたラーメン、って感じでした。しかし万人ウケを狙っているとは言え、鶏特有のクセのある風味には特筆すべきものがあったし、ザラつきのある舌触りも個性的で、「天一の再現モノ」というバイアスさえ放り投げることができたら、濃厚な鶏白湯として素直に楽しめると思います。(現に天一の再現モノとは謳っていませんし)具材に関してはもう触れたくないんでスルーしますけどw 麺は相変わらず高水準なノンフライ麺だったし、スープも鶏を中心にしっかりと濃厚。鶏の存在感も野菜の炊き出し感もきちんとあって、濃厚系カップ麺として分かり易い仕上がりでした。カップ麺の枠を超えようと本格路線を狙い、見栄を張って空回りしている気張った製品よりよっぽど好感が持てますね。あくまでカップ麺的な濃厚白湯ですが、この方向性は間違っていなかったと思います。麺がかなり自分好みだった、という理由が大きいのですが、あと何回かは食べときたいなと思える一杯でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:全国麺めぐり 京都濃厚白湯ラーメン
製造者:寿がきや食品
内容量:119g (めん65g)
発売日:2015年2月16日 (月)
発売地区:全国 (沖縄除く)
希望小売価格:227円 (税別)
JANコード:4901677081605

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (かやく・かやく入スープ・液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (119g) あたり

エネルギー:417kcal
たん白質:11.5g
脂質:14.9g
炭水化物:59.1g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.6g)
カルシウム:169mg

(食塩相当量:6.4g)

原材料名:めん(小麦粉、でん粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆多糖類、たん白加水分解物)、スープ(チキンエキス、動植物油脂、食塩、ポーク調味油、砂糖、マッシュポテトパウダー、全卵粉末、オニオンパウダー、デキストリン、しょうゆ、たん白加水分解物、香味油、オニオンエキス、ガーリックペースト、鰹節粉末、酵母エキス)、かやく(チャーシュー、ねぎ)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸カルシウム、香料、乳化剤、着色料(カラメル、クチナシ)、増粘多糖類、酸化防止剤(V.E、V.C、ローズマリー抽出物)、リン酸塩(Na)、酸味料、カゼインNa、(原材料の一部に卵、乳成分、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
壁って(笑)背景ですね~~(笑)
私ど忘れすごいんですよね~~(笑)
肝心の時に思い出せなくて(笑)どうでもいい時に思い出すんです!!
いつもアホ丸出しですみません!!
takaさん優しいから~♪そのまま丸出しでいってます(笑)

お~~~天一のラーメンカロリーすげ~~(;゚Д゚)凄すぎる~~!!!!!
一度食べた事あるんですが・・・
こってりは苦手です・・・
なのでそれっきり行ってないです(笑)

Re:yukiさん
あー多分「背景」が出てこなかったんだろうなぁ、
って内心思いながら「壁」は敢えてツッコミませんでした(笑)

天一のカロリーもヤバいですけど、
おそらく本格的なラーメン屋さんのカロリーと塩分は、
知ってしまったら大半が食べられなくなってしまうと思います… ^^;

ちなみに天一は「あっさり」も侮れませんよ。
カロリーも380kcalですし、こってり苦手なら試す価値アリです。

半分くらい素の状態を味わってから、
卓上の「特製辛子味噌」「辛子ニンニク」を入れると、
爆発力ハンパじゃないですよ。(セルフで鬼も持参しましょう)
No title
天一モデルのカップ麺っていくつか経験しましたけど、
ホンモノに迫るようなものには未だに出会ったことないです。

ってか、自分的には
「そんなに簡単に天一をカップ麺で再現されてたまるか!!」
的な反発精神さえ生まれますww

だから、再現てきていなくて逆にホッとする(^_^;)
自分はそれくらいの天一愛を持っているつもりです(笑)

久々に食べたくなってきたな~~
今週カップ麺新製品少ないのでチャンスです♪
Re:たういパパ
正式な天一の再現モノって未だに無いですよね?
根強いコアなファンが多いだけに敷居が高いのでしょうか。

カップ麺で天一の個性を再現するのは難しそうですが、
エースコックの「極どろ」然り、遠く無いかもしれません。

パパは天一大好きなんですね!
自分も最近行ってないので、久々に食べたいです… ><
でも裏メニューの超こってりが無くなったのがツラい;;
No title
寿がきやなのに
takaさんが写真撮ると
具材が「あるように」見えるんですよねwww

おっと、これ以上は・・・おやこんな時間に誰か(ry
Re:カブトムシさん
> 寿がきやなのにtakaさんが写真撮ると
> 具材が「あるように」見えるんですよねwww
ありがとうございます!w

ちゃんと内容物のみで撮影してるので、
セルフで具材を追加したりはしてませんよ(笑)

でもやっぱり寿がきや食品は圧倒的に少ないですね… ^^;
No title
>寿がきやなのに
takaさんが写真撮ると
具材が「あるように」見えるんですよねwww

爆笑しました(笑)
taka :aさんのカメラ技術、勉強したいです!!

天一を目指しているであろうドロドロ系ラーメンはまだまだジャンル的に進化の途中のように思えますねえ。これからに期待です。
Re:ねんごろさん
私も笑いましたw

ドロ系ラーメンは珍しくなくなってきましたが、
コアなファンが多い全国チェーンの天下一品を冠するのは、
各社まだ荷が重たいのでしょうか・・・^^;

いつかカップ麺からも正式な再現モノが出てほしいですね!

ポイントはカメラではなく盛り付け技術ですね。
カメラiPhoneの純正カメラなんでw

> taka :aさんのカメラ技術、勉強したいです!!
>
> 天一を目指しているであろうドロドロ系ラーメンはまだまだジャンル的に進化の途中のように思えますねえ。これからに期待です。

管理者のみに表示

トラックバック