日清食品「鶴橋風月焼そば」



どうもー、taka :aです。「まねきのえきそば天ぷら」「ハイカラこぶうどん」に続きまして、本日三杯目のカップ麺は、日清食品の『鶴橋風月焼そば』です。「鶴橋風月」関西では有名なチェーン店ですね。お好み焼は何度か食べたことがあるのですが、風月で焼そばってあんまり食べた記憶がありません。なので再現度は分かりませんが、シズル感たっぷりのパッケージデザインと、極太麺の表記に食欲をそそられます。ちなみに日清食品のHPでは、有名店シリーズに分類されていました。





は、『食べ応えのある極太ストレート麺』とのこと。油そば系に製品にも使えそうな太麺で、その存在感たるや絶大。しかしソースがこっくりとしたコクのある味わいだったなので、麺が一人歩きするというネガティブな印象は受けません。とてもしなやかな質感で、存在感がありながらも口当たりは優しく、弾力のあるもっちりとした噛み応えと歯切れの良さが見事に両立。縮れが少ないということもあって、これだけで他の製品よりも高級感のある佇まいに。油揚げ麺臭も全く気にならず、ソースとのバランス,相性,馴染みの良さ、どれをとっても特に文句をつける要素は見当たらず、とても美味しかったです。

ソースは、『ラードで炒めたような香ばしさ、うまみと酸味を利かせた甘辛ソース』とのこと。ソースの雰囲気がお好み焼屋さんらしいというか、ベースにはお好みソースを彷彿とさせるフルーティさがあります。原材料のソースの項目でも割と手前に糖類の記載があったり、アレルゲン情報にバナナがあったりするのですが、クドさを感じるような甘味ではありませんでした。そして豚脂を中心に豚の旨味がしっかりとあるのが好印象。さらに鉄板で炒めたような調理感というか、ローストしたような芳ばしさがあって、「ラードで炒めたような」というのがきちんと伝わってきます。動物系のまったりとしたコクとフルーティさの兼ね合いが実に味わい深く、ほんのりとした酸味が軽いアクセントになっていて、最後まで飽きさせません。油脂感は高めなのですが、これも嫌味な感じではなくて、調理感を底上げしてくれている感じ。甘口のソースが苦手な人にはお勧めできませんが、お好みソース系の味付が好きなら手放しに楽しめるのではないでしょうか。斯く言う自分にはドストライクな味でしたw 甘口ソースというよりも、酸味の抑えられた、という表現のほうが適切かもしれませんね。

かやくは、『「鶴橋風月」の焼きそばをイメージした豚肉、キャベツ、イカ』とのこと。昨今、キャベツオンリーなカップ焼そばが多い中、豚肉とイカまで入れてくれてるなんて…(涙目)キャベツは大きめにカットされていて厚みがあり、ザクザクとしていてしっかりと食べ応えのあるキャベツです。そして豚肉,イカが入ることによって、具材の賑やかさが一気に増しますね。ただ豚肉はチップ状のもので、タテ型カップに入ってるチャーシューチップに似た情緒のない肉具材だったのですが、コレがあるのと無いのとではこちらのテンションも違いますw 量は少なかったんですけどね。反面、イカはたくさん入っていて、外装フィルムを破った瞬間からイカの香りが漂い、調理前から存在を強く感じます。実際きちんと魚介の風味があって、効果的な海鮮具材でした。たとえ一種類ずつとは言え、野菜,肉,魚介と種類の違う具材が取り揃えらていて、賑やかだったのが良かったです。

(標準は★3です)

しなやかな存在感のある太麺と、鉄板で炒めたような芳ばしい調理感がとても印象に残りました。方向性はソース焼そばの王道路線にありながら、しっかりとこの製品にしか無い個性があります。これはいいですよ。この路線が苦手でなければ手放しに楽しめると思います。って当たり前なこと言ってますね…w ひとつのカップ焼そばとして納得のいく上々の仕上がりでした。方向性がお好み焼風ということで、マヨネーズ,アオサ,紅生姜,削り粉,鰹節,天かす,一味唐辛子,カラシなどなど、多彩なアレンジにも幅広く対応してくれそうですし、トッピング次第でいろんな楽しみ方ができそうです。もちろんオリジナルのままでも美味しかったので、これは買い置き決定ですね。ビールとの相性も最高でした。(ここ重要w)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:鶴橋風月焼そば
製造者:日清食品
内容量:113g (めん90g)
発売日:2015年2月16日 (月)
発売地区:近畿
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105227343

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:460㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (液体ソース)

~標準栄養成分表~

1食 (113g) あたり

エネルギー:499kcal
たん白質:9.1g
脂質:20.6g
炭水化物:69.4g
ナトリウム:1.8g
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:163mg

(食塩相当量:4.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、卵粉、香辛料、大豆食物繊維)、ソース(ソース、豚脂、糖類、ポークエキス、香味油、食塩、野菜調味油、たん白加水分解物、香辛料)、かやく(キャベツ、味付豚肉、いか)、加工でん粉、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、香料、グリセリン、酸味料、焼成Ca、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ベニコウジ色素、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、鶏肉、りんご、バナナ、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・いか・大豆・りんご・バナナ・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
麺が素晴らしかったですね~~
存在感がU.F.O.なんかとは比べ物になりませんでした。
U.F.O.もこの麺にしたら「F」になるのに・・・
と思いました・・・(^_^;)

甘辛ソースは好みの別れるところでしょうが、
大阪の焼きそばって、まぁこんな感じなんでしょうね!
雰囲気の再現性はいいと思います。

自分はウスター系のスパイシーが好きですが・・・(^_^;)
Re:たういパパ
一時期U.F.O.の麺は、とにかく太く太くという方向性にありましたが、
その頃の麺を思い出しました。今は「F」っぽくはないですけど… ^^;

でもU.F.O.の麺に関しては、無闇矢鱈に太くするよりも
ソースとのバランス的にも今くらいがちょうど良いかなとも思ったり。

この麺は存在感が抜群で非常に良かったです!

ソースはやはり大阪=甘辛のイメージが強いので、
そういったテイストを意識したのでしょうね。
自分は甘辛いのん好きなので、好みな味でした^^

そして調理感!これも印象に残ったポイントです。
神経質そうなハゲ風のネチネチとした文章と画像で食欲がなくなりました。
Re:名無しさん
いやぁ…それは申し訳なかったです(汗)

でもこのカップ麺の出来は良かったと思うので、
私のせいで製品まで嫌厭しないでいただけたらなと思います。

仰られる通り、神経質なのは当たってますねw
・・・

まぁ〜いいだろう!←空気読めよ・・
Re:JoJoさん
ありがとうございます!w

ちなみにハゲてないですよ(笑)

むしろ定期的にカットしないと髪型が整わず
多すぎて困ってるくらいですから・・・w
No title
takaさん、こんばんは!

これはほんと良商品でしたね!

実際の鶴橋風月の焼そばも食べたことがありますが、
大阪のお好み焼き屋の焼そばは極太麺が多く、
それをできるだけ再現しようという意欲が見えますね!

もともとは極太麺を前提にした焼そばだけあって、
カップ版も太麺との相性という点では絶妙でしたし、
具に肉といかが両方入ってるのも高ポイントでしたね!(●・ω・)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
> これはほんと良商品でしたね!
ですよね!近畿地区限定が勿体無いように思いました。

> 実際の鶴橋風月の焼そばも食べたことがありますが、
> 大阪のお好み焼き屋の焼そばは極太麺が多く、
成る程、あまり外で焼そば食べないので、参考になります_φ(. .*)

太麺も然る事乍ら、ソースの完成度も高く、
尚且つ具材の賑やかさに好感が持てました。

数年前にも発売されていたようですが、
今後も意欲的にリリースしてもらいたいですね^^
No title
これいいですねーー^^

食べたい。
とにかく食べたい一心ですw

あ、えっとですね・・・
3Dタグは・・・w
酔うのでみてなかったのですが
このコメで気づきましたw
Re:カブトムシさん
食べたいと仰っていただけで嬉しいです(笑)

でも近畿地区限定のカップ麺なので、
東海地方で入手するのは難しいかもしれませんね ><

3Dタグ・・・自分でも見ないようにしてますw ←

管理者のみに表示

トラックバック