日清食品「ハイカラこぶうどん」



どうもー、taka :aです。「まねきのえきそば天ぷら」に続きまして、本日二杯目のカップ麺は、日清食品の『ハイカラこぶうどん』です。「ハイカラ」これは天かすのことで、ハイカラこぶうどんとは、要するに天かすと昆布の入ったうどん、ということになります。自分も家でうどんを作るとき、とろろ昆布や天かすは王道のトッピングのひとつなので、お馴染み感がありますね。これ結構パッケージの配色が派手なので、これでもか!ってくらい店頭で目立ってましたw





は、『つるみのある太くもっちりとしたうどん』とのこと。日清のどん兵衛のうどんと似ていますが、ちょっとだけ気持ち厚みが薄いような気がしました。然し乍らそのクオリティは日清食品らしく高水準。縮れが少なく、つるみのある口当たりと喉越しの良さが印象的。油揚げ麺ですが、油揚げ麺特有の風味も気にならず、繊細なつゆに悪影響を及ぼすことがないというのも大きな利点。いやでもやっぱコレどん兵衛の麺と同じかも…って頼りないレビューですなw とにかく安心して食べられる麺ということは間違いないです。

つゆは、『昆布だしを利かせた関西風のすっきりとしたうどんつゆ』とのこと。昆布だしの効いたすっきり和風つゆで、まさに関西風。これは地域によって好みが分かれると思いますが、我々関西人にとっては馴染み深い優しい味わいです。ちょっとあっさりし過ぎな印象も受けましたが、ここで大きく関わってくるのが加薬の存在なんですよね。とろろ昆布がつゆの旨味をグッと高め、天かすの油脂感がコクを生み、さらに揚げ玉の生姜の爽やかさと海老の芳ばしさが滲み出てくることによって、奥床しく深みのあるつゆに仕上がります。かなり緻密に計算されている印象を受けました。後半はとろろ昆布と生姜入り海老天かすの主張が顕著になり、最後の一口は濃い味ギリギリって感じだったので、ベースのあっさり感はこのくらいがベスト。すっきり感の加減が素晴らしかったと思います。

かやくは、『とろろ昆布、天かす、ショウガ入りのえび天かす、かまぼこ、ネギ』とのこと。とろろ昆布はシート状のもので、「日清のどん兵衛 年明けうどん」に入っていたものと同じだと思います。とろろ昆布特有の旨味がつゆに良い影響をもたらしてくれていますね。少量でも昆布の存在が濃厚に感じられるので、少しずつ麺と絡めながら食べるとこれまた美味。お湯で戻ると結構な量になるので、最後の一口まで麺に絡ませながら食べることが出来ました。天かすは特有の油脂感がつゆにコクを添加。生姜入り海老天かすは、同社の行列シリーズ「えびそば 特濃みそ豚骨」や、「えびそば一幻 えびみそ」の生姜入り海老揚げ玉と同じかと思われます。麺とともに口に入れると爆発的なアクセントになり、また時間の経過によってつゆに風味が滲み出てくるのが実に効果的。そしてこれらの具材は後入れすることをお勧めします。カマボコは事前に入っていますし、かやくの袋の中身は少量のネギ,とろろ昆布,天かすなど、特に湯戻しする必要は無い内容なので、後入れで問題無し。ネギはしばらくすれば戻りますし、とろろ昆布もすぐに馴染みます。とろろ昆布が不本意に溶け込てしまい存在感が薄くなるという現象も防げますし、後入れすることによって天かすのサクサク感も楽しめますからね。特にとろろ昆布と生姜入り海老天かすの両者は後入れによって存在感が明確になり、また旨味が徐々につゆに染み出していくので、その表情の変化を楽しむのもオツですよ。

(標準は★3です)

このカップ麺を最大限に楽しむポイントとしては、やはり具材を後入れにする、ということに尽きるでしょう。とろろ昆布は麺に絡めて食べるもよし、つゆに溶かし込んでしまうもよし、そのあたりはお好みで。天かす類に関しては無条件に後入れをお勧めします。麺は安定のクオリティ、かやくのバラエティさを活かす計算された和風つゆ、そして天かすやとろろ昆布が織り成し魅せる多彩な表情。文句なしに美味しかったです。っていうか天かすにとろろ昆布なんでねw こんなもん間違いなく美味しいですよw スーパーだと100円前後で手に入ると思いますし、コストパフォーマンスも高いと思います。今回はかやくを勝手に後入れした、という点がかなり大きかったと思うので、それを含めての評価ということをご了承ください。もしこの記事を見て食べようと思った方は、是非かやくは後入れで。実は3品の中で最も期待していなかった製品だったんですけど、想像以上の出来栄えに満足です。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ハイカラこぶうどん
製造者:日清食品
内容量:79g (めん66g)
発売日:2015年2月16日 (月)
発売地区:近畿
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105227329

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:370㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (粉末スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (79g) あたり

エネルギー:335kcal
たん白質:6.9g
脂質:11.6g
炭水化物:50.8g
ナトリウム:2.0g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:134mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:335kcal (めん・かやく:313kca / スープ:22kcal)
食塩相当量:5.1g (めん・かやく:1.5g / スープ:3.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維)、スープ(食塩、魚介エキス、糖類、醤油、魚粉、昆布パウダー、香辛料、昆布エキス、魚介調味油)、かやく(揚げ玉、味付昆布、かまぼこ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、カラメル色素、pH調整剤、酸味料、ベニコウジ色素、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、トレハロース、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、えびを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・えび・大豆

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
具は後入れか・・・、
それには気づきませんでしたね~~
天カス系はやはり後入れがいいです。
食感も風味も油っぽくなる前に食べれるというか・・!

まぁ、関西限定商品ですが、関東でも発売したら、
関東在住の関西出身の方が懐かしく食べれるでしょうね。

関東の方はこのアッサリを許容できるかはビミョーww
Re:たういパパ
かやくの後入れと先入れではかなり印象が変わると思います!

ネギは粉末スープと同梱して、
とろろ昆布と天かすは後入れ指示してほしかったですね。

> 食感も風味も油っぽくなる前に食べれるというか・・!
たしかに!そういう利点もありますね_φ(. .*)

仰る通り醤油感の強いつゆに慣れている人は、
ちょっと物足りなさを感じてしまうかも… ^^;

でも天かす×とろろ昆布の組み合わせは幅広くお勧めしたいです!
No title
むぅ・・・これはカブトムシの
大好物系ではないですか・・・
こぶは沈めます。
天かすは後入れですね。
むしろ増量して追加で・・・。
家ではとろろこんぶと
天かすは大活躍中です。
ただ、最近七味系統が
残念なくらいに活躍してません。
Re:カブトムシさん
天かすお好きですもんね。b

天かす増量いいと思いますよ!
うどんと天かすのタッグは最高です。

七味系統はジョロキアにその座を奪われたのでしょうかw
素井興の柚子七味はお勧めですよ^^
早く記事にしたいのですが、なかなか手が回らなくて…。

管理者のみに表示

トラックバック