東洋水産「鶏喰~TRICK~鶏の醤油ラーメン」



どうもー、taka :aです。またiPhoneのシャッター音が1枚目だけ無音なりましたw ほんと何の前触れも無くw この現象って自分だけなんでしょうか…。

さて、本日の一杯は、東洋水産の『鶏喰~TRICK~鶏の醤油ラーメン』です。ファミリーマート×スリーエフ共同開発のカップ麺で、『Tポイント提携企業として2012年にTポイント10周年を記念した共同販促企画を実施』し、『共同展開のカップ麺の第3弾』とのこと。「鶏喰」と書いて「トリック」って読むんですね。好きですw 横浜にある有名店だそうで、『鶏ベースのスープに別添で鶏脂を使用』し、『店舗の特徴である、鶏の旨味・香りにこだわった一品』とのこと。昨今のトレンドとも言える「鶏」が主体のラーメンですが、「鶏白湯」とは違った方向性にある「清湯」系のラーメンみたいですね。ちなみにカップは明らかに同社の「本気盛」の汎用ですが、こうくると再現度のほうが不安に…w 鶏が主役の清湯系ラーメンということで、鶏がどう主張してくるのか楽しみですな。





は、『中細麺』とのこと。中細麺とのことですが、割としっかりした麺ですね。本気盛の麺を細くした感じ。そのため油揚げ麺特有の風味もそれなりにあったんですけど、スープの醤油感と鶏油コーティングでそこまで気にはならなかったです。その風味もスープを蹴散らしてしまうようなものではなかったし、取り合わせとしては問題ないでしょう。持ち上げると結構しなやかな麺質で、つるっとした口当たりが心地よく、スープとの相性も大きく外れてなかったです。主張し過ぎず、埋もれることも無く、ちょうど良かったと思います。

スープは、『鶏の風味が強く香る清湯スープをベースに濃厚な味わい』に、『別添スープを加えることで、醤油感がきわだ』つとのこと。原材料からしてシンプルな構成なのですが、実際の味わいも非常にシンプル。まず最初に醤油が切り込んできて、ふっと鼻を抜けるような鶏油の風味がイイ感じ。この手のスープにしては珍しく、魚系の要素はありませんでした。醤油も鶏もしっかりしたスープで、小細工無しの直球勝負。醤油感は醤油特有のクセを感じるくらいしっかりとしていたのですが、ベースにもチキンと…はいw きちんと鶏の旨味があって、こんぶエキスがさりげなく旨味を後押し。そこに多めの鶏油が加わることによって、明確な厚みとインパクトを添加してくれています。シンプルなだけに小難しくなくて、醤油は存在感がありながらも鶏を殺すことのない主張具合。そこにちょっとクセのある鶏油で一捻り、みたいな。残り香にほんのりと甘味があったのも印象深かったです。この後口に残る甘味は純粋に鶏の甘味ではなく、砂糖などによる糖類の甘味も含まれますが、まったく嫌味な感じではなかったので、素直に受け入れられる感じ。この演出は中々オツでした。スープ単体だとちょっとカラかった(醤油が濃かった)んですけど、麺を食べるときに鶏油の風味がダイレクトに感じられ、実直かつ押しの強いスープには素直に好感が持てました。自分にはスープ単体だと厳しいものがあったのですが、醤油がガツンと効いたスープが好みの人は、けっこう満足のいく仕上がりだと思います。醤油のキレのおかげか、鶏油のパンチによるものか、食べ終わる頃になっても油揚げ麺のネガティブな影響は殆ど感じられませんでした。

かやくは、『鶏肉ダイス、味付け鶏挽肉、ねぎ』とのこと。鶏肉ダイスは存在感があって、味付も程よく、鶏の旨味がギュッと詰まってる感じ。パサつきも少なくて、歯触りはソフトでした。これ美味しいです。その存在感から製品の鶏の要素を確実に高めてくれていました。反面、挽肉は存在感が薄かったのですが、同じ鶏肉を題材とした具材でも、個性の違う2種類の肉具材が入っているというのは嬉しいですね。ネギは特有の辛味を感じるタイプで、これまたリアル。おそらく本気盛シリーズからの汎用でしょう。このネギ特有の辛味が(と言ってもそこまで強烈ではない)スープのシャープさを助長している感じが良かったです。

(標準は★3です)

東洋水産で油揚げ麺を採用したタテ型製品ということで、ちょっと不安な部分もありましたが、思いの外に鶏を楽しむことが出来ました。「鶏の醤油ラーメン」という商品名に偽り無し、って感じですね。鶏油のクセと強めの醤油感が人を選ぶポイントになってくると思うのですが、醤油のキレのたったラーメンが好みの人はバシッとハマれると思います。割と分かり易い極端な内容だったんですけど、単調さを感じさせない鶏と醤油の兼ね合い、そして具材の後押しが効果的で、分かり易くも単純という言葉では片付かないような一杯でした。ちょっと濃い味だったので、カラい(醤油が濃い)と感じた人はお湯を足して調整しましょう。そして気になったのがビタミンB1の数値。カップ麺だと大体平均値は0.30〜0.50mg、多くても1mg台なのですが、まさかの3.06mgという計測ミスを疑ってしまうような異例の数値だったんですよね。ちょっとびっくりしましたw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:鶏喰~TRICK~鶏の醤油ラーメン
製造者:東洋水産
内容量:97g (めん70g)
発売日:2015年2月10日 (火)
発売地区:全国 (Family Mart,スリーエフ)
希望小売価格:193円 (税別)
JANコード:4901990333306

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (特製スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (97g) あたり

エネルギー:404kcal
たん白質:10.8g
脂質:15.2g
炭水化物:56.1g
ナトリウム:3,0g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:2.1g)
ビタミンB1:3.06mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:159mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:404kcal (めん・かやく:329kca / スープ:75kcal)
食塩相当量:7.6g (めん・かやく:2.3g / スープ:5.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、チキンエキス、香辛料、卵白)、添付調味料(醤油、チキンエキス、鶏脂、砂糖、たん白加水分解物、食塩、こんぶエキス)、かやく(味付チキンダイス、味付鶏挽肉、ねぎ)、化工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、かんすい、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、酒精、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、豚肉、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
これ、かなり醤油辛かったですワ・・・。

でも魚介系がないぶん、美味しく食べれました。
しかし食べた後、ものすごく喉が乾きますがね・・(^_^;)

マルちゃん・タテ型BIGって本気盛しか思い浮かびませんが、
いろいろ出してくるもんですね!

No title
シャッター音ならないんですか??
ならない方がいいんじゃないですか??(笑)
変な事に使うじゃないよ(笑)
No title
日本のカップ麺の再現性って、すごいですよね...
もちろんお店のと比べると,落ちるのはわかるけど...

極端に落ちるのであれば、お店も納得しないでしょうし...
麺や具材は別にして、スープはそこそこのラインまで
再現してるってことでしょう...

これをお湯をかけるだけで、再現するんだから...
やっぱりスゴイとしか言えませんね...
Re:たういパパ
確かに醤油カラさは結構なレベルでしたね…^^;
自分はスープ殆ど残しましたw

たしかに魚介系の要素は無かったので
パパみたいに魚介ラーメンが苦手な人にはポイントですね!

たしかに東洋水産のタテ型BIGは本気盛のイメージが強いです。
たまに変化球かけてきますが、基本ルーツは本気盛ですね(笑)
Re:yukiさん
シャッター音が鳴らないんですw
しかも何故か決まって1枚目だけ…苦笑。

> ならない方がいいんじゃないですか??(笑)
いやいや、ダメでしょ(笑) こういうとこ真面目ですw
Re:ハシダ・メンさん
日本のカップ麺は総じてクオリティが高いです。

海外製のカップ麺を食べると、
なおさら日本の技術力の高さを体感できますよね。

たしかに再現モノとなると再現度云々で賛否両論分かれますが、
お店の味を再現しようとする各メーカーの努力には脱帽です。

完璧に再現しちゃったらそれはそれでお店の立場ないですけどw

ほんと、こちらが用意するのは熱湯だけですし、
改めて冷静になって考えると、これってスゴイことですよね。
No title
お呼びでしょうか師匠w
Re:カブトムシさん
我が弟子よ・・・(誰やねんw)
今後ともよろしくです!(ハート)
No title
takaさん、こんばんは!(=゚ω゚)

東洋水産の縦型カップでの清湯系の再現カップ麺は
滑ることもあるのでけっこう不安もあったりしますが、
これは清湯ながらも上手く鶏の良さを引き出してましたね!

鶏以外の要素をいろいろ入れて無難にまとめるのではなく、
なおかつ鶏油だけに頼ってしまうのでもなく、
鶏の旨味できっちり仕上げてきたのも好感が持てました!(●・ω・)

いつもこれぐらいの安定感を見せてくれるとうれしいのですが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
お呼びでしょうか先生w
Re:かーとさん
たしかに東洋水産のタテ型は時々スベりますよね(笑)
然し乍ら清湯系でも鶏だと割と当ててくるイメージです。

鶏の良さをストレートに立てて引き出しているというか、
その実直な仕上がりに交換が持てた一杯でした。

ちょっと自分には醤油カラかったんですけどね^^;

最近の東洋水産のタテ型は割と安定感があるので、
今までよりも安心して楽しめている今日この頃です(笑)
Re:yukiさん
呼んだのはカブトムシさんで…って、
ほんと無意味に呼び出しただけですがw
(カブトムシさんゴメンねw)

まさかの一行コメントが新鮮でした(笑)

管理者のみに表示

トラックバック