エースコック「極どろ 特濃とんこつラーメン」



どうもー、taka :aです。以前、チルドタイプで肩透かしを喰らったアイランド食品の「銘店伝説 博多だるま」ですが、「箱入タイプ3人前(税込1,080)」もネットで買って試してみました。値段が高い分、麺もスープも平均値はチルドタイプよりも上だったし、保存期間も長く、そういった付加価値は大きいと思うんですけど、味わいは最近トレンドの(らしい)牙の抜けたマイルド系豚骨。在り来たりな味というか、お店の特徴が全く感じられませんでした。濃厚というよりも、ただ単に濃い味って感じで、クセのない豚骨スープに背脂を加えて塩分濃度を高めました、みたいな。メーカーのHPでは「絶対味覚」を持つスタッフがどうたらこうたらと仰々しいことが書いてあったんですけど、「博多だるま」のラーメンってこんなにクセが無いスープなのでしょうか。豚骨臭は皆無、豚骨を炊き出したような乳化感とかクリーミーさに関しても特筆すべきものはありません。本店の味を知らない自分は、カップ麺で「博多だるま」に勝手なイメージを持っているだけなので、固定観念によるバイアスがかかっているのかもしれませんが、チルドタイプも箱入タイプも個性があまり感じられず、実際のお店まで出向いて食べようという気にはなれない感じでした。そこそこ濃厚(塩分濃度によるものが大きい)な万人ウケする濃い味豚骨ラーメン、って感じで、この製品ならではの特徴が見えなかったのが残念です。そんなカップ麺とのギャップから、ある意味お店で確かめてみたいという気持ちにもなれたんですけど、これなら日清食品のチルド麺、「行列のできる店のラーメン 博多」の方が豚骨ラーメンとしての濃厚の指標は正しいのではないかと思いました。なんてグダグダと書いてますけど、決して美味しくなかったわけではないんですよ。価格相応に美味しい豚骨ラーメンなんですけど、ちょっと自分の(勝手な)「博多だるま」のイメージとかけ離れていたというか、実際のお店も豚骨臭とかあんまりなくて、洗練されたクセのない豚骨スープなのかなぁ…って。ちなみに麺は下手なラーメン屋の麺よりも断然美味しくて、ちょっと麺自体の塩気は強めですけど、これに関しては手放しに楽しめると思います。(推奨ゆで時間25秒)

さて、本日の一杯は、エースコックの『極どろ 特濃とんこつラーメン』です。「極どろ」シリーズはこれまでにも何度か食べてきたのですが、2013年に発売されていた「特濃とんこつ」だけは食べ損なっていて、ずっと食べたかったなぁ…って思ってたんですよね。なのでこの製品のニュースリリースを見たときはテンションめっちゃ上がりました!w カリメロにも「仕事が休みの日に電車を乗り継いで他県に出向いてでも絶対に手に入れろ!」と指令を下したほど(自分で捜せw)そんな自分的満を侍しての一杯です。ただ、無駄に期待しているので、もしもイメージと違ったらダメージ大きいパターンですよねコレ…(苦笑)





は、『しっかりとした噛み応えのある角刃の太めん』で、『スープと相性の良い、食べ応えのあるめんに仕上げ』たとのこと。厚みのある角刃の麺で、ガッシリとした臨場感あふれる噛み応えです。密度の高い粘り気のある食感で、かなり主張が強いタイプの油揚げ麺ですが、今回のような高粘度スープが相手だと、このくらいの存在感がないと埋没してしまうと思うので、正解でしょう。スープの粘度が高いため、後半まで結構アツアツなんですけど、湯伸び耐性は高く、焦って食べなくても麺の食感が持続してくれていたのが良かったです。

スープは、『複数種の豚骨エキスパウダーをブレンドすることで、濃厚な豚の旨みと厚みを味わうことのできるスープに仕上げ』て、『ポークコラーゲンを加えることで スープの旨みやコク、ドロッとした濃厚感を演出してい』るとのこと。「極どろ」の名に恥じない粘度の高さで、「どろ系」の雰囲気は踏襲されています。しかし、原材料では「ポークコラーゲン」と「豚脂」が真っ先に記載されていますが、豚骨感や豚骨特有のクセは抑えられているので、粘度の割に飲みやすいスープですね。でもポークの旨味はギュッと詰まっている感じで、粘度の高さも不自然ではありませんでした。「高粘度コラーゲン調味油」を売りのひとつにしてあるだけあって、豚骨で重たくしているというよりも、コラーゲンによって重みを持たせている感じですね。おからパウダーを採用し、ややザラついた舌触りを生み出すことによって濃厚さを加速させるという演出は今回も健在。芳醇な(?)クセのある豚骨臭を期待すると肩透かしを喰らいますが、きちんとポークの旨味は感じることができるので、濃厚の指標は履き違えていないと思います。程よいホワイトペッパーの香りのアクセントも効果的でした。単純に例えると、同社の「スーパーカップ1.5倍 とんこつラーメン」がベースにあって、それをドロッとさせた感じですね。

かやくは、『ほど良く味付けした肉そぼろ、メンマに、色調の良いねぎを加え』たとのこと。具材はオマケ程度な内容ですが、スープの粘度が高い分、意識しなくても口に入ってくるのが好印象。メンマは特有の発酵感がきちんとあって、コリコリ食感が良い箸休めになりました。割とスープがシンプルな路線だったので、胡麻やキクラゲが入ってたら嬉しかったですね。ややチープな印象を受けましが、スープが売りの製品なので、具材に関しては許容範囲内でしょう。

(標準は★3です)

如何にもクドそうなカップ麺に見えますが、イメージよりもずっと食べやすいカップ麺だと思います。と言うのも、豚骨を煮詰めて煮詰めて濃くしたというよりも、コラーゲンによって濃厚さを添加しているような仕上がりだったので、ドロッと濃厚だけどクドくない、みたいな。逆に獣臭や豚骨特有のクセを期待するとイマイチな感じではあるのですが、方向性は間違っていないように思います。自分的にはもっと豚骨臭全開で人を選ぶようなスープにしてほしかったですけどねw「どろ系入門編」というか、そんなイメージのカップ麺でした。(どろ系門下生になったところでメリットがあるのかどうかは知りませんけどw)これで豚骨臭があったら最高だったんですけどね。ちょっと後半は濃厚さが単調に思えてきたので、何かしらのアクセントが欲しかったです。やっぱりカプサイシン?(これだから辛味バカは…w)ちなみにしっかり混ぜないと粉末スープがダマになってしまうので、親の仇かっ!ってくらい気合い入れて、鬼のように掻き混ぜてやってくださいw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:極どろ 特濃とんこつラーメン
製造者:エースコック
内容量:92g (めん70g)
発売日:2015年2月9日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071278182

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (92g) あたり

エネルギー:405kcal
たん白質:9.8g
脂質:16.2g
炭水化物:55.1g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.23mg
カルシウム:194mg

(食塩相当量:5.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖)、スープ(ポークコラーゲン、豚脂、食塩、豚エキス、糖類、おからパウダー、香辛料、酵母エキス、しょうゆ、オニオンパウダー、たん白加水分解物、全卵粉)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、メンマ、ねぎ)、加工でん粉、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、重曹、香料、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ゼラチン、ごまを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ゼラチン・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
この製品は定例モノなんですね・・・?
それは知りませんでした。
なんかよくパッケージとは思っていたのですが、
自分は実食していないかもしれません。
どろ系入門編ですか・・・(^_^;)
タテ型BIGなので自分はなかなか手を出しにくいのですが、
一度スープだけでもすすりたいですww
Re:たういパパ
このシリーズは「豚骨醤油」や「みそ豚骨」など、
どろ系スープをコンセプトにしたシリーズなのですが、
今回のように過去と全く同じ商品名の製品は初めてですね。

あっさり系ではないんですけど、
想像よりも軽いというか、親しみやすいスープだと思います。

もし見かけたら挑戦してみてください^^
「うわぁ〜・・・(^_^;) 」ってほどではないと思いますよ!
念の為に繰り返しますが決してあっさり系ではないですw
No title
(笑)(笑)
前ふり(笑)

私はそれより何よりも!!!
あれが気になります!!!

そう~~そう~~あれよ~~(゚Д゚)ノ
あれだってば~~!!!
あれ~~~!!(笑)

フタを開けた写真見て~~!!!
そして~~出来上がり~~♪
ぱっかり~~ん♪♪♪

うお~~めっちゃ美味しそうなラーメン♪

ってなってるやん!!!

ビフォー・アフターの差がすごくて(笑)その先先にホンマ関心します(笑)

ってこのネタしつこいですね(笑)yuki(笑)

って!!!ボーリングの激ヤセ前!!
恐ろしい数字やわ~~(゚Д゚)ノ
↑いつの話よ(笑)しかも私に話したのじゃないし(笑)
私なんてな~~平均50やで~~!!!
どやっ

恐ろしくウザいyuki降臨。。。。
あっ酔ってません(笑)
一滴もまだ今日は飲んでません(笑)
Re:yukiさん
素面でそのテンション、ぐっじょぶ。b ←
でも「あれ」が長いわー!w(私いまリアルタイムで飲んでますw)

> ビフォー・アフターの差がすごくて(笑)
自分で言うのもなんですけど究極のヤラセ写真ですよね…^^;
これも自分のブログの特色としているつもりなので、頑張ります。
ちなみに寿がきや食品は具材が貧弱なので、楽できて嬉しかったりw

ボーリングは年に3,4回?
たまーに友人と行くくらいだったんですけど、
特に練習したわけでもないので、相性が良かったようです。

かっこよくスピンとかかけれませんし、
たまたまストライクが続いて点数のびた、みたいな(笑)

アベレージ50・・・スコア表は「G」の嵐でしょうかw
この前たまたまカリメロとボーリングに行ったのですが、
ボーリング経験皆無の奴でも80いってたので、負けないように(笑)
No title
こんばんわーー^^

これなんかすんごいギッシュだった気がするんですよね。
自分的に・・・
醤油がいらないなーとか思ってたり
複雑な気分で食べた一品です。
評価はふつうくらいだったのですが
定例的な商品のようで
次回は醤油が入ってないのを期待します。
Re:カブトムシさん
カブトムシさんがレポされたのは「特濃豚骨醤油」で
こちらは醤油が入って無いやつですよ!

もし機会があったらお試しください^^
No title
takaさん、こんばんは!

この商品ってイメージとしては「無鉄砲」のような
超どろどろ系の濃厚豚骨をイメージしていながらも、
実際はコラーゲンとおからパウダーの効果が大きいので、
濃度や油脂感という点では意外に軽めなのですよね!(●・ω・)

それゆえに物足りなさを感じる面もあったりしますが!

豚骨臭だけで見るなら、同じエースコックでも
「驚愕の1.5玉」のほうが上だったりしますね!

ではでは、おじゃまいたしました!
No title
濃厚豚骨はいいんだけど、カエシの主張が弱くて
ピンボケ気味の味わいになるんだったら、イヤだなぁ...(笑)

これ...コンビニで見かけて、ずっと気にはなってるんですよ...
買ってみようかなぁ...
Re:かーとさん
仰る通り「無鉄砲」系を想像したら少し肩透かしですね^^;
その分、ユーザー層の幅は広がりますが、物足りなさも…苦笑。

「驚愕の1.5玉」の豚骨感は中々ですよね!
ノンフライ麺でスープがボヤけることもありませんし、
麺量も太っ腹で、個人的に大好きなシリーズのひとつです。
Re:ハシダ・メンさん
> 濃厚豚骨はいいんだけど、カエシの主張が弱くて
> ピンボケ気味の味わいになるんだったら、イヤだなぁ...(笑)
おっと…その懸念は無きにしも非ずですよ。
ピンボケとまではいきませんが、かえしの主張は弱いです。

このカップ麺は「豚骨ラーメン」として食べるよりも、
「高粘度コラーゲンラーメン」というスタンスで食べると
イメージとのギャップや物足りなさ、不足感は緩和されると思います。

もし実食されるのなら、どろ系の要素はコラーゲンが主体、
あくまで食べやすい感じのどろ系というスタンスでいきましょう。

管理者のみに表示

トラックバック