東洋水産「マルちゃん 昔ながらのソース焼そば お好みソース」



どうもー、taka :aです。今日は2回目の更新です。日中あまりに天気が良かったので、瓦屋根の上に布団を広げて干してたんですけど、その光景に溜まらず布団の上に乗っかって日向ぼっこしながら昼間っからビール飲んでましたw これぞ田舎の醍醐味のひとつですね。のどかで静かだし、空気は澄んでるし、上の階の屋根がイイ感じの影を作ってくれて、雲ひとつ無い晴れ渡った空の青と生い茂る山の緑を肴に飲むビールは格別でした。途中、スズメバチが突進してくるというトラブルに見舞われるも、これも田舎の醍醐味だと(ry

さて、本日二杯目のカップ麺は、東洋水産の『マルちゃん 昔ながらのソース焼そば お好みソース』です。同社の「昔ながらのソース焼そば」がリニューアルされ、「お好みソース」版が新発売となりました。パッケージのツヤのある麺が美味しそうですねー。このシリーズ好きなので、仕上がりが楽しみです。





は、『モチモチとした食感の、食べごたえのある角刃で切った太めの麺』とのこと。東洋水産の「つやもち麺」って、ほんとにツヤがあってモチモチしてて美味しいんですよ。それにしてもこの麺は非常に独特ですね。既存のレギュラー製品の麺よりも幅と厚みがあって、かなり主張が強く、弾力のあるムッチリとした噛み応えが印象的。油そば系の製品にも流用できそうなくらい、力強い臨場感のある麺です。それでいてしなやかで、口当たりの良さも兼ね備えているところがニクい。精製ラードが使用されているので、東洋水産らしい油揚げ麺特有の風味があるのですが、自分はこの風味が結構好きだったりします。ソースの馴染みが良いので、主張の強い麺が孤立するようなマイナスな印象も受けませんでした。醤油,香辛料,粉末野菜などによって味付が施されており、ソースとの一体感は高かったです。東洋水産独特の油揚げ麺特有の風味と甘口ソースとの相性が結構良くて、素直に楽しめました。ちなみに麺量は90gとオリジナルよりも10g少なくなっていましたが、しっかりと食べ応えのある麺なので、体感的な差は殆ど感じられないと思います。

ソースは、『「お好みソース」をイメージした甘口のソース』で、『フルーティーな甘さに仕上げ』たとのこと。まさしく「お好みソース」ですw 製品説明通り、フルーティーで甘口ですね。アレルギー物質の項目でも「りんご」や「もも」など果実の表記があり、原材料でも「砂糖」が随分と手前に記載されていて、さらに「りんご酢」や東洋水産お得意の「デーツ果汁」も配合。確かに糖類による甘さもあったのですが、ワザとらしかったり嫌味な甘さではなかったです。カップ焼そばにしては甘口な方ですが、それ故お好みソースらしさが分かり易く打ち出されていますね。隠し味的なトマトケチャップの風味も良い感じです。とてもシンプルな構成のソースなのですが、小難しさがないというか、食べる前のイメージ通りの仕上がりでした。甘口ソースが苦手な人はスルーしたほうが無難とは思いますが、極端に人を選ぶほどクドい甘さではなかったし、自分は素直に美味しいと感じました。

かやくは、『(先入れ)キャベツ』、『(後入れ)紅生姜揚げ玉』とのこと。キャベツはみずみずしくて、普通に美味しいです。ソースの雰囲気とも合っていました。後入れの紅生姜揚げ玉はサクサクとした食感がアクセントになっていて、爽やかな生姜の風味が甘口ソースの中で映えています。ただソースが甘口なので、生姜の風味はもっと効かせてもよかったかな。

(標準は★3です)

非常に分かり易い製品ですね。いつもより幅の広い「つやもち麺」は、油揚げ麺としてのクオリティが非常に高く、お好みソース感満載のソースに、サクサクの紅生姜揚げ玉が甘味のたったソースの中でアクセントになっていて、コンセプト通りの仕上がりだったと思います。お好み焼き風ということで、セルフトッピングでマヨネーズやアオサ、削り粉や鰹節などが合いそうです。一味唐辛子でキリッとした締まりを与えてみたり、カラシのアクセントも合いそうですね。ベースがシンプルな分、かなりアレンジの幅が広がりそうな一杯でした。それから麺もソースも実食前のイメージ通りの仕上がりだったので、裏切られなかった感が嬉しかったですw 甘口ソースというのが人選ぶポイントになってくると思うんですけど、そういうのが苦手な人は「お好みソース」というタイトルから手に取らないですよね。突き抜けた要素こそありませんが、分かり易いコンセプト通りの仕上がりに拍手。ちなみにビールとの相性は最高でした。後口に残る甘味をビールでスカッとリセットし、また焼そばで甘くしてビールでスカッ、って感じでw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 昔ながらのソース焼そば お好みソース
製造者:東洋水産
内容量:116g (めん90g)
発売日:2015年2月2日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901990332958

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:530㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (液体ソース・かやく・あとのせかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (116g) あたり

エネルギー:510kcal
たん白質:7.2g
脂質:21.6g
炭水化物:71.6g
ナトリウム:1.4g
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.39mg
カルシウム:205mg

(食塩相当量:3.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、精製ラード、食塩、醤油、香辛料、粉末野菜、卵白)、添付調味料(ソース、砂糖、豚脂、トマトケチャップ、植物油、りんご酢、デーツ果汁、食塩、酵母エキス、香辛料)、かやく(紅しょうが揚玉、キャベツ)、加工でん粉、カラメル色素、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、酒精、炭酸カルシウム、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、増粘多糖類、ビタミンB2、ビタミンB1、ベニコウジ色素、(原材料の一部に乳成分、えび、ごま、鶏肉、ももを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・えび・大豆・豚肉・鶏肉・りんご・もも・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
ふ~、あぶないあぶないw
また負けるところだったw

しかしおいしそうですなー。
実はぶぶか油そばを注文したんですが
焼きそば系統とか、油そば系統の
はっきりした違いが・・・(´・ω・`)
ソースや味付けはもちろん違うんですが
区別がつけにくいです。
線引きはどの辺にあるのかなぁ・・・
No title
これはかなり存在感のある麺でした。
なんか焼うどんのような独特のモチモチ食感!

昔ながら~も安定した焼そばの定番商品ということで
安心して食べれます~~。

でもこれは自分には甘かったワ~~(^_^;)
この甘さがなんかクセになる気分も・・・ww

自分は一味投入しましたが、お好み焼き風ということで
からしをためしてみるのも楽しそう!
こんど焼そばにからしチャレンジです。
No title
takaさん、こんにちは!

東洋水産って油揚げ麺でもちもち感を出すのが上手いですよね!(●・ω・)

それに伴って油揚げ麺の香りもより強く出ますが、
焼そば系だとそれもマイナスにはならないので、
もちもち系油揚げ麺は焼そば向けとも言えますね!

レギュラーの「昔ながらのソース焼そば」は
実のところそこまで好きなわけではないのですが、
このシリーズから出る変り種はどれも好きだったりします!

今回も麺、ソースに紅しょうが揚げ玉という工夫も入るなど、
十分に楽しめる仕上がりになってましたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
No title
おお...美味しそう...

紅生姜揚げ玉って面白いですね...
パッと見、イチゴチョコかと思いましたわw

麺の出来も良さそうだし、これは買ってみないと
いけませんね...
Re:カブトムシさん
くっw 勝てなかったかw ←

> 焼きそば系統とか、油そば系統の
> はっきりした違いが・・・(´・ω・`)
カップ麺になってしまうとごっちゃになりますが、
実際のモノになると油そばは焼きませんよね。

油そばは麺を茹でて和えるので、
まずそこがハッキリとした違いかなぁ、と。

最近はパスタみたいな「まぜそば」もありますし、
思い浮かぶ違いといえば「かんすい」の有無くらいで、
もはや何でもアリな世界に思えてきますw
Re:たういパパ
この麺はモッチモチで本当に独特でした!

東洋水産の「昔ながら」シリーズは安定感がありますが、
これは安定感がありながらも個性があって良かったです。

たしかに甘さは人を選ぶかもしれませんが、
自分はクセになる感じでしたねw また食べたいと思いました。

からしマヨではなく、からし単体がオススメですよ_φ(. .*)

ただ、からし入れて混ぜて馴染ませようとすると、
場合によっては所々に混ぜムラ地雷が発生するので、
ちょびっとずつ麺に付けながら食べるのがいいです(笑)
Re:かーとさん
東洋水産の焼そば麺は基本クオリティが高いです!

「焼そばに強いマルちゃん」
というイメージが自分の中では強いですね。

独特のラードの風味が気になる人もいるかもしれませんが、
自分はこれも個性のひとつだと受け入れられる感じです。
むしろこの風味を口が求めている時も(笑)

> レギュラーの「昔ながらのソース焼そば」は
> 実のところそこまで好きなわけではないのですが、
そうでしたか…^^; 自分はレギュラー版も割と好きです!
Re:ハシダ・メンさん
紅生姜揚げ玉は2014年の四季物語(冬)にも入っていて、
もしかしたらそれを汎用したのかもしれません。
明確なアクセントになっていて効果的ですよ!

> パッと見、イチゴチョコかと思いましたわw
自分はドラゴンボールの魔人ブゥの破片に(ry

麺はかなりポイントです!
かなりインパクトがありました_φ(. .*)

今でもスーパーなんかに普通に置いてありますし、
定番ラインナップに追加されたのかもしれませんね。
No title
私はイチゴチョコのってるかと思いました(笑)

へ~~この昔ながらの・・・食べた事なかったんですよ~~!!
でも東洋水産だから私にも合うかも~~と思っていて~~♪
けっこう太麺なんですね~~(笑)
でも先生の記事見て食べてみたくなりました(≧▽≦)
よしこんど食べよう♪

うわ~~素敵な日向ぼっこ~~♪
超最高ですね~~(≧▽≦)
しかもビール付(笑)

先先!!ビール飲んで痩せたのはアテは無しだから??
Re:yukiさん
> 私はイチゴチョコのってるかと思いました(笑)
そんなもん焼そばに乗っけたら食べられませんw
でも最近はチョコを白飯に乗せる子もいるみたいですね…。

このカップ麺なかなかの出来でしたよ!
この太麺はしっかりと印象に残りました。
今でもスーパーでよく見かけるので見かけたら是非^^

瓦屋根ビールいいでしょー(笑)

> 先先!!ビール飲んで痩せたのはアテは無しだから??
いや、アテは普通に1食分は食べてますよ。
ただ自分は飲む時間が長いので(平均1日8時間w)
お腹が一杯になってからはアルコールのみになりますが。

太りやすいと言われている日本酒も大好きなんですけど、
アテさえ食べすぎなければアルコールで太ることはない、
というのは身を以て実証済みです(笑)

もちろん体質の関係とかもあるのかもしれないですけど、
食事制限よりも痩せやすい体質を作ることが先決、というのは絶対ですよ。

管理者のみに表示

トラックバック