日清食品「老舗の逸品 神田まつや監修 鶏南ばんそば」



どうもー、taka :aです。先日、料理人でも何でもない素人の「とある方」が作ったハンバーグを食べたのですが、そんじょそこらの飲食店なんて裸足で逃げ出すんじゃないかと思うようなレベルで正直ビビりましたw 材料はそのへんのスーパーで調達し、原材料も味付も至極シンプル。高級食材なんてひとつも使用していないのに、原価の安さを感じさせないようなクオリティを叩き出していて、成る程これが「ウデ」の差か…と、妙に納得してしまいました。なんか悔しかったですw

さて、本日の一杯は、日清食品の『老舗の逸品 神田まつや監修 鶏南ばんそば』です。メーカーのHPを見てみると、ブランドとしては「有名店シリーズ」に属しているみたいですね。「神田まつや」監修のカップ麺は過去にも発売されていたようですが、自分は今回が初の実食となります。関東の蕎麦はカラい(醤油が濃い)というイメージから、どうしても自分は構えてしまうんですけど、麺に関しては定評のある日清食品の蕎麦なので、そのあたりは手放しで楽しめそうですが。





は、『のどごしのよいまっすぐなそば』とのこと。ほぼ縮れの無いしなやかなストレート麺で、しっとりと口当たりが良く、蕎麦らしい歯切れの良さと喉越しの良さを兼ね備え、油揚げ麺臭も殆ど気になりません。油で揚げたとは思えない非常に上品な麺で、油揚げ麺の蕎麦の中では最高峰の出来といっても過言ではないでしょう。同社の「日清のどん兵衛」に採用されている「ニッポンのそば」と酷似した麺なのですが、麺自体の塩分は控えめに感じ、原材料を見比べてみても「醤油」の記載がないことから、どん兵衛の汎用でないことが分かります。麺単体としてのクオリティも、どん兵衛の蕎麦よりも上だと感じました。色合いは少し淡いのですが、蕎麦の風味はきちんとあって、コンビニの麺類(冷蔵)コーナーに置いてあるチルドタイプの蕎麦よりもずっと蕎麦らしいと思います。タテ型カップとは思えない高級感のある蕎麦でした。

つゆは、『本節、宗田節などからとっただしと甘辛いかえしを合わせた、やや濃いめのつゆ』とのこと。節系のダシがしっかりと効いていて、醤油の濃い蕎麦つゆなのですが、どこか物腰が柔らかく、かえしのほんのりとした甘味に奥床しさを感じます。関東の蕎麦つゆということで実食前は構えていたのですが、このくらいの醤油感であれば関西人でも親しみ易いのではないでしょうか。自分はすんなりと受け入れることができました。反面、醤油のたったゴリゴリの黒い蕎麦つゆを期待すると物足りなさを感じてしまうかもしれません。蕎麦つゆなのに豚脂が入っているのも面白いですね。それでいて嫌味の無い存在感から、つゆに適度なコクを自然に与えてくれていたのが良かったです。これが少しクセを感じるような鶏油だったら、もっと面白かったかもしれませんね。個人時にはもう少し甘味が欲しかったところですが、最初に醤油のコクと節系のシャープなダシ感で飲ませ、ほんのりと後口に余韻として残る軽い甘味の明暗には味わい深いものがありました。そして柚子七味の活躍が顕著だったのですが、それは加薬の項目で触れたいと思います。

かやくは、『大ぶりの鶏肉、ネギ』に、別添で『ゆずの香り立ち、のりやゴマなどの風味が豊かな「神田まつやのゆず七味」』とのこと。シンプルな具材構成なんですけど、鶏肉もネギも明確な存在感があって、何ら不足感はありませんでした。鶏肉はきちんと鶏の旨味があって、サイズもかなり大きくゴロンと入っています。食感はムネ肉っぽい感じで、これまたリアルな歯触り。 少し味付(塩気)は濃いめでした。ネギは大小入っていたのですが、基本大振り。ネギ特有の風味と甘味がきちんとあって、お飾りのネギじゃなかったのが良かったです。「鶏」の要素も「南ばん」の要素もしっかりと感じられました。そして柚子七味、これが非常に効果的なんですよ。柚子の主張がしっかりとありながら、その主張たるや絶妙。唐辛子のピリッとした刺激がアクセントになっていて、柚子の爽やかな香りと複雑味のある上品で繊細な風味が全体をしっかりと引き立てていて、ほんのりと後口に残る蕎麦つゆの甘味と、追って香る柚子とのコントラストが実に良かったです。

(標準は★3です)

「有名店シリーズ」の期待を裏切らないというか、タテ型カップとは思えない高級感のあるカップ麺です。麺,つゆ,具材,ゆず七味のそれぞれに意味があり、きちんと共存していて、その全ての要素に妥協を許さないような姿勢が感じられたことに大きく好感が持てました。もっと醤油感の鋭利な人を選ぶような蕎麦かと思いきや、凡そ万人が美味しいと思える仕上がりですね。お店の再現度のほうは分かりませんが、自分は素直に楽しむことが出来ました。それから柚子七味なんですけど、これ「素井興(スイコー)」の「元祖ゆず七味」なんじゃないですかね。絶妙な柚子の香りと他の要素との巧みな兼ね合い…うん、きっとそう。ちなみに自分は滅多に七味唐辛子は使わないんですけど、そんな自分が唯一愛用している七味唐辛子が素井興の元祖ゆず七味なんです。スーパーの七味唐辛子と比べると値は張りますが、それだけの価値はありますよ。前にもチラッとブログ内で登場したのですが、詳しくは紹介していないので、追って紹介したいと思います。って最終的に柚子七味の話になってるしw でもこの柚子七味のおかげで★ひとつ稼いでます。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:老舗の逸品 神田まつや監修 鶏南ばんそば
製造者:日清食品
内容量:92g (めん72g)
発売日:2015年2月9日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105223956

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (ゆず七味)

~標準栄養成分表~

1食 (92g) あたり

エネルギー:409kcal
たん白質:11.6g
脂質:16.4g
炭水化物:53.9g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.26mg
カルシウム:122mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:409kcal (めん・かやく:344kca / スープ:65kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:2.0g / スープ:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白)、スープ(糖類、醤油、魚介エキス、豚脂、食塩、魚粉、七味唐辛子、たん白加水分解物、魚介調味油)、かやく(味付鶏肉、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、カラメル色素、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、さば、ごまを含む)

アレルギー物質:小麦・そば・乳成分・豚肉・鶏肉・さば・大豆・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
自分も麺はどん兵衛よりも上と感じました。
ひじょうにしなやかで食感最高でした!

つゆはたしかに関東風を期待していた自分は肩透かし・・・ww
でもすごい出汁感でこれもありだと思いました。

タテ型カップ蕎麦のなかでは最高峰の製品という感じです♪
No title
お~~たういパパの評価も高い~~♪

へ~~その方のハンバーグ食べてみたいです~~♪
でも思ったんですが~~
先生もかなりの腕前があるのでは??
すごい知識ですからね~~♪
No title
なるほど...多分おつゆに関しては、関西、関東と
味覚が統一化されつつあるのかもしれませんね...

全国チェーンの定食屋さんでも、うどんは関西風に
味付けしてるみたいだから...

ラーメンもほぼ、変わらなくなってきてますからね...
昔ながらの鶏ガラ醤油とかは別にして...
Re:たういパパ
これは本当にクオリティが高いと思いました!
最後まで★6つけようかどうしようか迷ったんですよね…。

もし豚脂が鶏油だったら…かえしにもう少し甘味とコクがあったら…
そんな思いがあったので「5+」としましたが気持ちは★6です!

2016年にも発売されたら、また改めて食べてみたいですね。
Re:yukiさん
このカップ麺は美味しかったですよ!
タテ型なのにかなり本格的で、ちょっと抜きん出ていましたね。

> 先生もかなりの腕前があるのでは??
自分も料理はするほうですが、「とある方」には勝てません(笑)
でも舌を信用していただいてるので、アドバイスはさせていただいてます。

> すごい知識ですからね~~♪
知識と腕は必ずしも比例するわけではないのですよ(笑)
少なくともyukiさんの足元にも及びませんわ…orz
Re:ハシダ・メンさん
これはタテ型とは思えない出来栄えのカップ麺でした。

日清食品は蕎麦つゆを関西,関東とハッキリ分けてきますが、
今回は珍しく中間点というか、みんなが楽しめる蕎麦だと思います。

> ラーメンもほぼ、変わらなくなってきてますからね...
そうなんですか?!
でも昔ながらの鶏ガラ醤油系は、どこかホッとする味わいというか、
優しくて、みんなが思っているイメージはきっと似ていますよね^^
No title
>麺,つゆ,具材,ゆず七味のそれぞれに意味があり、きちんと共存していて、その全ての要素に妥協を許さないような姿勢が感じられた

ほんとその通りです。これにつきます。
再現度は分かりませんが、お店の意地を感じた気がします。
Re:ねんごろさん
たしかにお店の意地を感じましたね。
これやっぱり★6にするべきだったかなぁ…。

きっとまた発売されると思うので
その時に振り返りながら記事にしたいと思います!
No title
takaさん、こんばんは!

この商品については食べていないのですが、
「老舗の逸品」シリーズはクオリティが高いですよね!

むしろどん兵衛などと比べてもより高級感がありますし、
おだしや具などのクオリティも非常に高いですね!(=゚ω゚)

和風カップ麺が好きなら押さえておいて損のないシリーズですね!

自分も次にこのシリーズを見かけたときは購入しておこうと思います!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
タテ型なのにどんぶり型よりも高級感があるように思います!

麺,つゆ,具材,後入れの香辛料など、
全てが高い水準にあるカップ麺でした。

かーとさんの感想も楽しみにしてますね!
No title
こんばんわ^^

おっと、これは食べましたよ~。
非常においしかった記憶があります。

夜食の兼ね合いもあり
レビューしたかどうかを忘れたり
していますがその件で
ブログ内に検索を設置したのですが
単語ごとに大量に出てくるので
却って面倒なことになりましたw
使えないなーと素直に思いました。
Re:カブトムシさん
このカップ麺は良かったですよね!
後日になって、やっぱ★6だったかなぁ…って(笑)

ブログの「記事検索」カテゴリいいじゃないですか!
試しに何回かキーワードを入れてみたのですが、
きちんと検索されましたし、使えますよ。b

管理者のみに表示

トラックバック