東洋水産「マルちゃん 本気盛(マジモリ)豚骨鶏魚介の辛味噌ラーメン」



どうもー、taka :aです。動画の影響力って恐ろしいですねぇ…。昨日、とある人の記事のせいで、有頭赤海老の刺身を探し回り(その数なんと5店舗w)なんとかゲットして晩酌時のアテにしました。いやーやっぱり生で食べると甘くてコクがあって濃厚で美味しいですなー。むはぁ…っ幸せな気持ちになりました。エビラーですw ちなみに一昨日のアテはホタルイカ。それもとある人の記事が原因ですわ…w

さて、本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん 本気盛(マジモリ)豚骨鶏魚介の辛味噌ラーメン』です。「和風ぺペロンチーノ仕立ての塩ラーメン」と同時発売の製品で、こちらは準優勝に輝いた「Noodle Laboratory 金斗雲」とのタイアップ製品。お店のラーメンの特徴は、『豚骨・鶏ガラベースのスープに、自家製麺を合わせたこだわりの一杯』とのこと。イマイチ伝わってこないw 鹿児島のお店みたいなので、結構クセのあるラーメンを想像してしまいますが、どうなんでしょう。っていうか「豚骨鶏魚介の辛味噌ラーメン」ってこれまた突っ込めそうなものを片っ端から放り込んだ感じですねw まぁカップ麺の場合、色んなエキス系が混じり合ってたりするので、冷静に考えると珍しくはないのですが。しっちゃかめっちゃかな辛味噌スープになっていなければいいんですけどね。コンセプトの次世代ラーメンらしさがきちんとあるのか、そのあたりにも注目です。





は、『なめらかでコシのある、太めの角麺』とのこと。多分、「和風ペペロンチーノ仕立ての塩ラーメン」と同じ麺だと思います。原材料の並びもメーカーの製品説明も同じですね。今回はスープが思いの外に優しい感じだったので、ちょっと麺の主張が勝っちゃているような印象が無きにしも非ず。そこまで気になる程ではなかったのですが、湯戻し3分の本気盛の麺だったらまた印象も変わっていたのかなー、と。スープに少しとろみがあるため、スープの絡みや一体感は特に悪くはなかったのですが、麺だけ食べてると殆ど味噌の要素しか感じられず、スープの他の要素を追いかけようとすると油揚げ麺特有の風味が顔を出してくるので、ちょっと難しかったというか、何かひとりでカップ麺を相手に戦ってる気分でしたw

スープは、『味噌と豚骨をベースに、鶏や魚介の旨味を加えコクを出し』、『唐辛子を利かせたスパイシーな味噌味スープ』とのこと。どうなることかと思っていたスープですが、かなり安定感のある味噌スープですね。赤味噌系の味噌感をベースに豚のコクが加わって、鶏は下支え的な存在。少し手を止めてみると、ふわぁっと後口に煮干の風味が広がります。辛味はよくわかりませんでしたw 何かが突出して主張しているわけではなく、方向性は完全にバランス型。それでいて繊細な複雑味もあって、小難しいスープです。味噌感は割としっかりしていたのですが、刺々しいほどではありません。寧ろ優しい味わいと言えるでしょう。鹿児島のラーメン屋さんということで、もっとクセのあるスープを期待していたのですが、ちょっと想像とは違いました。とは言え、スープ自体は丁寧に作り込まれていたので、素直に美味しかったです。様々な要素が顔を覗かせ、非常に面白い味わいだったのですが、途中から油揚げ麺の風味が繊細な味わいをマスクしてくるというか、やや後半にかけてボヤけてくる印象も。それでも最後まで美味しかったのは美味しかったんですけど、このスープの持つポテンシャルが少し抑え込まれてしまっていたというか、そんな印象が少し残念でもありました。最終的に本気盛らしく纏めてはあるものの、ちょっとこのシリーズには向いてなかったかもしれませんね。ゆっくり味わうとかなり複雑で奥床しいスープなのですが、カップ麺らしい極端な味ではないため、手放しに美味しいかと言われると返答に困ります。

かやくは、『味付挽肉(豚・鶏)、たまねぎ、なると、ねぎ』とのこと。味付挽肉はしっかりめの味付で、きちんと存在感がありました。玉ねぎは特有の甘味とシャキッとした食感がかなり効果的!この玉ねぎの存在はかなりキーマンですね。玉ねぎと挽肉は意識的に食べなくても、麺やスープと共に口に運ばれてくるので、その都度はっきりと変化をもたらしてくれる感じが良かったです。ネギは大きめカットで、風味もリアル。本気盛シリーズのネギはいつもこんな感じ。意識するとモノによっては特有の辛味を感じることもあります。きちんと存在感のあるネギというのには好感が持てますね。ネギの風味と味噌の風味が合っていて良かったです。

(標準は★3です)

極端に分かり易く、手放しにウマーッ!って感じの製品では無いのですが、意識しなくても普通以上に美味しかったし、注意深く味わってみると色んな表情が顔を覗かせる感じで、食べていて楽しかったです。ただ、スープが複合的で繊細だっただけに、どうしても油揚げ麺の風味が自分は気になってしまったんですけどね。まぁコンセプトは食べ応えですし、繊細さを語るシリーズではないんですけれども…。お門違いの考察かもしれませんが、やはりスープの出来の良さも最後までそのまま味わいたかったです。麺の項目でも触れましたが、湯戻し3分の少し細身の本気盛麺だったら、きっと印象も変わっていたと思います。それでもこの多重層なスープは印象に残るものだったし、本気盛でもそれを感じられたということは大きく、具材もひとつひとつ意味があって製品の複雑味を高めていたし、コンセプトの食べ応えも踏襲されていたので、このような評価とさせていただきました。同時発売の製品とは全く違った表情を見せてくれていたので、差別化が図られていたのも良かったです。どっちがオススメかと聞かれると…うーん、どっこいどっこいですかねw とりあず両方とも買って食べ比べてみても損はないかな、って感じでした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 本気盛(マジモリ)豚骨鶏魚介の辛味噌ラーメン
製造者:東洋水産
内容量:106g (めん80g)
発売日:2015年2月2日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990332873

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:1袋 (特製油)

~標準栄養成分表~

1食 (106g) あたり

エネルギー:483kcal
たん白質:10.7g
脂質:21.9g
炭水化物:60.8g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:200mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:483kcal (めん・かやく:365kca / スープ:118kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:2.5g / スープ:3.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、チキンエキス、香辛料、卵白)、添付調味料(みそ、豚脂、植物油、食塩、香辛料、香味油脂、でん粉、砂糖、ポークエキス、野菜エキス、粉末煮干し、たん白加水分解物、チキンエキス、すりごま)、かやく(味付挽肉、たまねぎ、ねぎ、なると)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、クチナシ色素、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
鹿児島のラーメン屋さんで味噌味・・、それもクセの少ないタイプ
って、ちょっと意表をついたカップ麺ですね。
ペペロンが主張強いだけにうまく対比させているのですか!

しかし1回そのヤフーの投票とやらに参加してみたいです。
どんなシステムなんでしょうね??
まぁ、あんまり調べる気もおこらないのでいいか・・・(^_^;)

スーパー5件とはお疲れちゃんです!
車で走り回ったのですね・・・(汗)
まぁ、それでもゲット出来てよかったです。
こんどは捜してもゲット出来ないようなアテ考えますww
Re:たういパパ
たしかに意表を突かれた製品でしたが
主張の強いペペロンチーノとは違った雰囲気で
抱き合わせとしてのバランスは取れていたと思います!

細かく突っ込むと粗が出てくるのですが、いろいろ差し引いて—
って感じだったので、今回は★つけるのが難しかったです^^;

Yahooの企画、自分も参加してみたいのですが、
同じく詳しく調べる気までは起こらないっていうw

ど田舎を車で走り回りましたよw
最初のスーパーでは赤海老の刺身すら無くて、
その次のスーパーでは有頭じゃ無かったから違う!ってなって。

最後のスーパーで5尾入の有頭赤海老の刺身を発見し、
ラスト2パック計10尾買い占めましたw (2パック税別680円)

> こんどは捜してもゲット出来ないようなアテ考えますww
やめてーww「ノレソレ」とか珍味系だと絶対に見つからないんで!w
チャンジャも無性に食べたくなったんですけど、発見できませんでした…orz
No title
takaさん、こんばんは!

これは何とも不思議なカップ麺というか、
一見ワイルド系に見えつつ油脂感も強い一方で
味はむしろバランス型だったりしましたしね!

それでもソツなく整えられていましたし、
ペペロンとはまた違う感じで楽しめましたが!(=゚ω゚)

Yahooの投票には一応いつも参加するようにしています!
よく知ってるお店が出場していることが多いですので!

単に「どれが一番おいしそうか」を投票するだけですが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
これは良い意味で意表を突かれた一杯でした。

一見がっつり系のワイルド路線かと思いきや、
それぞソツなく取り揃えたバランス型だったことが印象深かったです。

ペペロンチーノのほうとの棲み分けも図れていたし
今回の優勝,準優勝は中々の組み合わせでしたね!

> Yahooの投票には一応いつも参加するようにしています!
そうでしたか!ちょっと調べてみようかなぁ…。
No title
麺が気になりますね。非常に。
一度食べてみたいです。
そういえばヤフーの投票を
一度参加したことがありましたが
反映されたことはなかったなぁw
Re:カブトムシさん
本気盛に慣れ親しんだ人からしたら
「いつもの」本気盛の麺なんですけど、
食べ慣れていないと、どんな麺なのか気になりますよね。

かなり食べ応えのある麺ですよ!
割と主張が強い麺なので、スープを選ぶ麺です。

投票、自分もしてみようかな(笑)
No title
いや~~あの動画は影響ありすぎですよね~~!!!
めっちゃそそられる~~♪(≧▽≦)
クチャラー(笑)
たまらない(笑)

698円って安いじゃないですか~~!にしても・・・5軒(笑)
うちも田舎の方だけど(笑)
そんな田舎??(笑)
ちゃんとチキチキボーンはあるんですね(笑)
Re:yikiさん
あの動画は反則ですね(笑)
モロに影響されまくってますw

最寄駅やコンビニまで車で30分くらいですかね。

コンビニはセブンイレブンが無くて、
一番近いセブンイレブンは車で1時間10分弱ですw

チキチキボーンと素は奇跡的にありました(笑)
さとうグループ系列のお店があるので、メジャー系の製品は一通り。

管理者のみに表示

トラックバック