日清食品「日清のどん兵衛 カルボナーラうどん」



「カップヌードル チーズポタージュヌードル」に続きまして、本日二杯目のカップ麺は、日清食品の『日清のどん兵衛 カルボナーラうどん』です。カルボナーラうどんはよく作るんですけど、私が作るのはロングパスタとうどんを置換したようなやつなので、こういう汁あり系は新鮮だったりします。自分的カルボナーラの定義は、濃厚,黒胡椒,パンチェッタ。踏襲されていることを願います。





は、『日清のどん兵衛ならではのもっちりとしたうどん』とのこと。いつものストレートうどんですね。もっちりとした噛み応えがあって、相変わらず美味しいです。ただ、今回のスープと相性がどうかと言われると、可も無く不可も無し。あんまり一体感も無かったです。この麺自体のクオリティは高いので、完全にスープ側に問題ありですね。

スープは、『パルメザンチーズ、チェダーチーズ、エメンタールチーズのうまみを利かせたカルボナーラスープ』に、別添で『ブラックペッパー』とのこと。粉末スープを麺の上に開けた瞬間、ぬぉぉーっ!めっちゃカルボナールァッ!ってテンションが上がったんですけど、実際に飲んでみるとアナタドナタでした。予想以上に粘度も低く、カルボナーラというよりもサラッとしたポタージュスープのような感じです。普通カルボナーラって言われたらねっとり麺に絡みついてくるような濃厚なものを想像しません?これはどちらかというと真逆を走ってます。パセリの風味がよりポタージュらしさを強めていて、ブラックペッパーで無理矢理カルボナーラ感を演出しようとしているような印象がありながら、それにしてはブラックペッパーもそこまで主張してなかったし、なんかもう中途半端です。具材のベーコンの風味が影響していたのは効果的でしたが、これがカルボナーラかと言われるとノーですね。美味しいのは美味しいんですよ。でもこっちはカルボナーラを期待しているわけですから、その観点から評価するとイマイチです。チーズの風味やコクもあったのですが、これといって大きく主張しているわけではありませんでした。

かやくは、『ベーコン、キャベツ、かきたま』とのこと。今回このベーコンが唯一の救いですね。ベーコンの主張はスープからもしっかりと感じられたので、そこには好感が持てました。でもベーコンだけじゃ力不足です。キャベツも特に存在価値は見出せなかったし、卵もカルボナーラのイメージで入れたんでしょうけど、スープがこれじゃ蛇足です。

(標準は★3です)

美味しかったですよ。でもカルボナーラじゃないです…w たしかに所々カルボナーラらしさを感じさせる要素はあるのですが、どれも主張が弱いんですよね。カルボナーラうどんというよりも、ベーコンとパセリの風味が効いた軽めのポタージュスープにうどんを入れた感じ。ちょっとイメージとは掛け離れた仕上がりでした。カルボナーラ(日本の)って、あの卵黄の濃厚さやコクが売りじゃないですか。ブラックペッパーとベーコンで何と無くそう感じさせようとしていますが、なんか違うんですよ…。決して味としては悪くないのですが、「カルボナーラうどん」と思って食べるとスコーンと肩透かし喰らうと思います。チーズの主張も中途半端だったし、ちょっと何がしたいのかよく分からない一杯でした。「クリーミーポタージュうどん」って言われたらしっくりくるんですけどね。もしそうだったら★4を付けていたと思います。今回は完全に名前負けしてたので、このような評価とさせていただきました。チーズ星人しっかりーw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清のどん兵衛 カルボナーラうどん
製造者:日清食品
内容量:86g (めん66g)
発売日:2015年1月26日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105226551

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:380㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・かやく・スパイス)

~標準栄養成分表~

1食 (86g) あたり

エネルギー:393kcal
たん白質:7g
脂質:17.5g
炭水化物:51.9g
ナトリウム:1.9g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.2g)
ビタミンB1:0.20mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:125mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:393kcal (めん・かやく:340kca / スープ:53kcal)
食塩相当量:4.8g (めん・かやく:1.8g / スープ:3.0g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維)、スープ(加工油脂、食塩、糖類、卵粉、乳等を主要原料とする食品、オニオンパウダー、チーズパウダー、香味油、香辛料、昆布エキス)、かやく(キャベツ、卵、ベーコン)、加工でん粉、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、pH調整剤、酸味料、香料、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、クチナシ色素、カロチン色素、(原材料の一部に豚肉を含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・大豆

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
スマホやめるか・・大学やめるか・・・
ビールやめるか・・・

相変わらずのこのイケメンぶり♪
コショウがまた素敵(≧▽≦)♪
やはり見た目って大事ですよね~~♪

あっ~~~!!思い出した!!
見た目って大事~~(≧▽≦)
先生のおかげで思い出した~♪

↑意味不明なやつ(笑)
Re:yukiさん
いつも「つぶやき」への反応ありがとうございます(ぺこり)

「スマホやめるか、大学やめるか」 信州大入学式の学長の言葉ですね。
ビールやめるくらいならスマホも大学もやめ・・(殴打)

「見た目」料理の盛り付けの話ですよね?
やっぱり視覚,嗅覚,味覚が揃っての料理ですから!
No title
写真がアートすぎるw

くっ、負けるわけにはいかないw
No title
今回の盛り付けも芸術的ですな~~(^O^)/
スパイスのかけかたがフランス料理っぽいww

製品については「和」と「洋」の融合がうまい日清さんにしては
なんか物足りないものがあった気がする製品でした。
ちょっと日清らしくないと言うか・・・(^_^;)
No title
takaさん、こんにちは!

ちょっとこれはコンセプトとして無理がありましたよね;

カップヌードルでこの路線なら、お湯の量が少なく、
高い濃度のスープにできたかもと思えますが、
さすがにどん兵衛だとそれは難しいですよね(;゚◇゚)

「カルボナーラの濃厚さを再現したうどん」というよりは、
「カルボナーラっぽい要素がちょこちょこと顔を出すうどん」という感じでしたし;

ただ、カルボナーラとしての主張を横に置けば、
案外バランスが良く、楽しめる仕上がりでもありました!

「ちょっぴりカルボナーラうどん」という名前だったら、
食べたときの印象もけっこう変わったかもですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:カブトムシさん
> 写真がアートすぎるw
ありがとうございます!
でも調理後の写真に関しての牙城は崩させませんよw
Re:たういさん
> 今回の盛り付けも芸術的ですな~~(^O^)/
> スパイスのかけかたがフランス料理っぽいww
ありがとうございます!オシャレ意識しましたw

> 製品については「和」と「洋」の融合がうまい日清さんにしては
> なんか物足りないものがあった気がする製品でした。
そうなんですよね。普段なら上手にまとめてくれるのですが…。
というか、ひとつのカップ麺としては充分に美味しかったんですよ。
ただ如何せん名前負けしていたので、これじゃ完全に肩透かし。
この致命的なギャップに★の数を落とさざるを得ませんでした。
Re:かーとさん
この製品はカルボナーラのイメージに押されてしまい、
本当にもったいないなと思いました。

でも「ポタージュ」はカップヌードルで使っちゃってるので、
他の名前を取って付けるしかなかったのかもしれませんね。

仰る通りカルボナーラとしての主張を扨置けば、
バランスが良く素直に楽しめる製品だと思うのですが、
カルボナーラと銘打つからにはこちらもそのスタンスなわけで、
これじゃちょっとイメージと掛け離れ過ぎているだろ…と。

> 「ちょっぴりカルボナーラうどん」という名前だったら、
ほんとそんな感じでした(笑) カルボナーラらしさも多少ありましたし。
製品自体の出来は悪くなかったので、本当にもったいないなと思いました。

管理者のみに表示

トラックバック