セブンプレミアム「地域の名店 博多だるま」



今年も「Mini Moto 4h耐久ロードレース」に出場するため、4月12日の本戦に備え、今日から友人と共に鈴鹿へ行ってきます。練習走行と移動時間も考慮し、3泊4日。私はお手伝いなんですけどね(笑) というわけで、本日の記事は予約投稿です。

さて、本日の一杯は、セブンプレミアムの『地域の名店 博多だるま』、製造者は明星食品です。2007年7月23日から発売されていて、最終リニューアル日は2014年9月29日とのこと。販売地域は近畿以西となっています。何を隠そう「地域の名店 博多だるま」これこそが私のマイベストオブカップ麺なんです!未だ嘗てこれを超えたカップ麺に出会ったことがありません。しかし、それは2014年に行われたリニューアル前の話。麺も今までは、バリカタ,硬め,普通(1分半,2分,3分)と湯戻し時間をユーザー側で調整できるという工夫が凝らされていたのですが、最終リニューアルから2分と固定になっているのがちょっと引っかかりますね。リニューアル後の製品は今回の実食が初となるのですが、写真で見ると焼豚も四角いものから丸型に変わっているようですし、何より最も懸念しているのは、あの豚骨特有のクセやスープのザラついた舌触り、豚脂の風味や豚骨臭などが失われていないかどうかということ…。あーなんかドキドキする。ちなみにリニューアル前の製品は記事になっていませんが、★をつけるとしたら文句無しの「★9+」です。





は、『2分で戻す硬めで歯切れのよい極細ストレート麺』で、『独自の配合で博多特有の食感を追求し』たとのこと。博多麺の質感を見事に再現しています。やはりこの手の麺に関しては、完全に明星食品の独擅場ですね。他社の追従を許さないような出来栄えです。博多麺らしい爽快な歯切れの良さに、ややボソッとした低加水麺特有の独特の粉っぽさまで再現しているのが素晴らしいですね。その粉っぽさによって小麦の甘味もより豊かに感じられ、鼻を抜けるような強い小麦感が印象深く、豚骨スープとの相性は最高でした。替え玉プリーズw ちなみに私は撮影時間などのタイムラグがあるため、この手の麺は熱湯0分調理で食べます。今回は湯戻し時間が2分と固定指定されていますが、リニューアル前は1分でも食べられた麺ですから、まあ問題ないだろうとw(※熱湯0分調理:最初にフタを完全に剥がしてしまい、あらかじめ湯煎しておいたスープなどの内容物を熱湯を注いだらすぐに入れて調理してしまうこと。)バリカタ好きにオススメの調理方法です。

スープは、『豚骨をふんだんに使用した炊き出しスープを使用し、豚背脂を浮かせた濃厚な豚骨ラーメンスープに仕上げ』たとのこと。懸念していた不安要素が見事に的中…。リニューアル前よりも明らかに豚骨臭が控えめになっていて、若干ですがスープが軽くなったような印象を受けました。そもそもリニューアル前が秀作過ぎたんですけどね。それでも既存のカップ麺の豚骨スープと比較すると、まだまだクセのある部類に入りますし、豚骨臭が控えめになったとは言え、何とか牙は残っていました。まず明確に豚骨が中心となっていることが分かり、豚骨特有のコクのある甘味、豚脂の風味、鼻につくような豚骨臭、骨粉を思わせるザラつき、こういったクセのある豚骨感は数あるカップ麺の中でも圧倒的だと思います。スープを飲み干すと底に骨粉を彷彿とさせる粒子が溜まっていて、食中もややザラついた舌触りが豚骨感をブースト。卵殻カルシウムがこのザラつきのある舌触りを演出しているのだと思いますが、スープの豚骨感が強いため、ほんとに骨粉が入っているかのような錯覚を起こすんですよね。背脂特有の甘味と粒感にも印象深いものがあります。表面には豚脂による厚みのある油膜が張っていて、油脂感の強いこってり系なクセのある豚骨スープなので、人、選びますよ。なーんて褒めてますけど、やっぱりリニューアル前ほどの勢いを感じられなかったショックは大きいですね…。

かやくは、『チャーシュー、キクラゲ、ネギ』とのこと。チャーシューは四角型から丸型に変更されていて、おそらくコスト削減のために汎用性の高い丸型のものが採用されたのだと思います。以前の四角いチャーシューには明確な個性がありましたが、こちらは言ってしまえばハイエンドカップ麺によくあるチャーシューですね。とは言え、以前の四角いチャーシューには劣りますが、脂身の部分は特有の甘味があったし、ちょっと濃いめの味付に旨味がギュッと詰まった感じで、それなりに美味しかったです。ある程度の厚みもあったし、一応、枚数も2枚入ってます。キクラゲはコリコリ食感できちんと存在感があり、量もたっぷりで好印象。そして後入れのネギですが、これでもかー!ってくらい入ってます。後入れということで香りも風味も良かったし、麺にたっぷり絡めながら食べても、これでもかー!ってくらい入ってるので、遠慮なく楽しむことができますよ。品数はシンプルですが、たっぷりキクラゲと大量のネギが健在だったのにはホッとしました。

(標準は★3です)

「本店」ではなく「支店」で食べているような感覚に陥りました。リニューアル前のラーメンが本店のラーメンで、リニューアル後のラーメンは支店のラーメン。支店は少し大人しくなって客層を広げているが、本店はもっとすごいんだぞ、みたいな。リニューアル前よりも評価が落ちてしまったのは、豚骨臭を含め、リニューアルによって全体的に少し軽くなったような印象を受けたからです。栄養成分表の数値を見ても、全体的に各項目の数値は低くなってますし、今回のリニューアルは改良というよりもコスト調整をしたのでしょうね。これは★の数を落とさざるを得ないかと最後まで迷ったのですが、控えめになったとは言え、これほどの豚骨感を味わえるカップ麺は他にありませんし、原材料の高騰や増税、各社製品の値上げなど、煽りの厳しさは承知していますから、今回のコスト調整も致し方ないということで、現段階ではこのような評価とさせていただきます。あのTPO御構い無しに撒き散らしていた豚骨臭が控えめになったのは残念でなりませんが、スープはそんじょそこらのヘタなラーメン屋さんの豚骨ラーメンよりも美味しいと思うし、麺の出来も秀逸で、まだ嘗ての「だるま」らしさは残っていましたから。ほんとは厳しい目で見ると、★7って感じなんですけどね…。今後のリニューアルによって、これ以上豚骨の要素が控えめになるようであれば、次回は厳しく評価したいと思います。っていうかこのカップ麺のイメージをこれ以上崩したくないから、もしも落ちてたら記事にはしないかも…。今後もこのようにコスト調整されていくのかもしれませんが、この牙のある豚骨スープだけは一定のラインを何とか保ってもらいたいものです。こういったハイエンド商品は、品質を落として価格を維持するのではなく、価格を上げてでも品質と個性を維持していくことのほうが重要だと私は思うんですけどね。少なくとも私と同じようなタイプの豚骨好き&カップ麺好きは、たとえ高くてもこのカップ麺でしか味わえないようなクセとインパクトを楽しみたいと思っている筈です。このカップ麺に関しては、個人的な好みから評価に多少のバイアスがかかっていると思いますが、そこは見逃してやってください(ぺこり)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:地域の名店 博多だるま
製造者:明星食品
内容量:149g (めん75g)
発売日:2014年9月29日
発売地区:近畿以西 (セブン&アイHLDGS.系列店舗)
希望小売価格:258円 (税別)
JANコード:4902881479691

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:520㎖
調理時間:熱湯2分
小袋構成:3袋 (かやく・液体スープ・あとのせかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (149g) あたり

エネルギー:649kcal
たん白質:16.7g
脂質:57.5g
炭水化物:61.2g
ナトリウム:3.6g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:2.5g)
カルシウム:1009mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:649kcal (めん・かやく:392kca / スープ:257kcal)
食塩相当量:9.1g (めん・かやく:2.7g / スープ:6.4g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、でん粉、卵粉、食塩)、スープ(香味油、豚・鶏エキス、豚背脂、たん白加水分解物、食塩、しょうゆ、香味調味料、香辛料)、かやく(チャーシュー、キクラゲ、ねぎ)、香料、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、キサンタンガム)、かんすい、炭酸カルシウム、卵殻カルシウム、リン酸塩(Na)、乳化剤、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

無題
出ました! ★9つ!!

だるま ヤバイね☆
ネギたっぷりなのが嬉しい!

よし、セブンへ行こう☆
No title
自分もこのだるまのカップ麺はすばらしいと思いますね。
って、食べたの当然リニューアル前のなんですけど・・。

新しいのはちょっとおとなし目になっているのかな??
それでもぜひ食べてみたいな~!!

ホンモノ(お店)のくっちゃい系もよかったですよ!
博多にお出ましの時はぜひ!!
Re:カリメロ
ほんとは厳しくつけると7なんだけどね…
リニューアル前が優秀過ぎたんだよ。
Re:たういパパ
リニューアル前は本当に秀作でしたよね!

今回のコスト調整は仕方ないでしょう…。
一応、控えめになってしまったとはいえ、
くっちゃい感やクセは残ってましたから、
まだ王の座は降ろさないでおこうかと。

本店ほんとに行ってみたいです!
No title
Mini Moto 4h耐久ロードレース!アクティブですね!
天気がいいことをお祈りしています。(もう終わったのかな?)

これがくっちゃい系かー
いまからセブンに行くので探してみます。
たういさんにも評判がいいとは、楽しみです!
豚骨は深いなあ
Re:カップ麺レポーターさん
生憎の雨ですわぁ…。今日は納車,明日は練習走行,明後日が本番です!
予報では明日から天気が回復し、本番は晴れるみたいで一安心しました。

私は今年も本番の給油スタッフとしての参加になるので、
毎晩繰り広げられる打ち上げ宴会がメインのイベントですねw ←
(今夜はアジアンカフェでハッスルし、現在ホテルでプチ二次会中w)

このカップ麺、関東では見つからないかもしれません…。
でも見かけたら手に取ってみてください!オススメのカップ麺です。
リニューアル前と比較すると、随分と大人しくなってますけどね…(苦笑)

マイルド系豚骨が好きな人にとっては手に取り易くなったと思うのですが、
我々ディープ派にとっては物足りなくなってしまったのが正直な意見です。

豚骨と言っても一口には語れませんからね!
私はこってり濃厚なクセのあるくっちゃい系が好みです!(しつこいw)
No title
9-!?

上だけ半角ですw
びっくりしました。
いやぁ・・・まあ、買いたいですが
セブンなわけでw

評価の高さと写真で
今夜は掟を破り
夜食に・・・。


負けた・・・がくっ
orz
ワイルド系豚骨
takaさん、こんばんは!

この「博多だるま」はワイルド系豚骨の
最高峰と言っていい存在ですよね!

昨今のカップ麺の豚骨の多くがまろやか系に移行する中、
これだけはお店の再現ものということで
ワイルド系路線が続いているのはありがたいことです!

でも、そのワイルドさもややゆるんでいるみたいですね(;゚ω゚)

「博多だるま」は自分としても好きなカップ麺なので、
在庫などを見ながら自分でもまた食べてみたいと思います!

ではでは、おじゃまいたしました!
Re:カブトムシさん
勝った・・・w
Re:かーとさん
まさに「ワイルド系とんこつ」ですね!
でもリニューアルによって荒々しさは随分と控えめに…orz

それでも以前のクセは残っていますが、
これ以上抑えられるとファンとしては悲しい限りです。
No title
へ~~~すごい評価高いしくっちゃい系ですか~~♪とんこつ好きくないけど(笑)ためしてみようかな~~♪
大人になったから口も変わってるかもしれないしね(笑)

お~~三重ですな~~♪
すげ~~♪給油スタッフとしてですか~~(≧▽≦)カッコいいじゃなですか~~♪そのレポも聞きたいし(笑)
飲み会の写真やレポ聞きたい(笑)
Re:yukiさん
常時販売されているカップ麺の中では、
結構クセのあるほうですね。

でも今回のリニューアルによって、
豚骨感が少し控えめになったので、
客層は増えると思います。

我々ディープ派にとっては寂しいことですが…。

今月1回目の三重は鈴鹿です。

昨夜は近所のアジアンカフェで打ち上げがあって、
ホテルに帰ってからも勝手に部屋で二次会(笑)
今夜はちょっとオシャレなお店です。

今日から人数が3人から9人に増えるので、
さぞ盛り上がることでしょう(笑)
No title
こんばんは!
ついに出ましたね~だるま!いつtaka
:aさんのだるま評価が読めるのかと気になってました!

くっちゃい感は抑え目になっているみたいですが、初見のユーザーにはかなりのインパクトはありますね!
Re:ねんごろさん
ついに出ましたよ!博多だるま!

ちょうど今この瞬間チルド麺の博多だるま(安い方)食べてます(笑)
(カップ麺の方が美味しいという異例の自体に戸惑っているw)

これね…ほんとにリニューアル前をブログにアップしたかったんですよ。

この製品のファンとしては今回は記事にしないでおこうかと思ったくらいで、
かなり抑え気味になってしまっていたんですよね。次のリニューアルが怖い…w

凄麺の「熟炊き博多とんこつ」を記事にしていないのも同じ理由です。

管理者のみに表示

トラックバック