エースコック「タテロング 池袋大勝軒 復刻 特製みそラーメン」



今日はネガホロ通過しやがったんで冒頭すっ飛ばしま〜す・・へろへろ。

さて、本日の一杯は、エースコックの『タテロング 池袋大勝軒 復刻 特製みそラーメン』です。「池袋大勝軒」といえば、エースコックが度々タイアップしている定番ラーメン店のひとつですよね。他にもCoCo壱番屋とか、リンガーハットとか、定期的にコラボ系のカップ麺が登場してます。今回の大勝軒の再現モノは、味噌ラーメン。『創業当時(昭和36年)に人気を博していたメニュー「みそそば」を“量も美味しさのうち”という山岸氏の信念に基づいて、タテロングサイズで再現したカップめん』だそうです。大勝軒のカップ麺って、いつも大盛サイズですよね。それにしても何で商品名を「みそそば」にしなかったんだろう。





は、『適度な弾力と滑らかさを併せ持った角刃の太めん』で、『適度な味付けを施し、食べ応えのあるめんに仕上げ』たとのこと。かなり太めの麺だったので、もっちり系の食感を想像していたのですが、意外にもスパッとした歯切れの良さが印象に残る麺でした。これにはちょっと意表を突かれましたね。そしてこの太さから油揚げ麺臭に対しての懸念があったのですが、さすがカドメン開発後のエースコック、そのあたりのネガティブさは最小限に抑えてあります。スープの関係も大きいと思うんですけど、これだけ存在感のある麺なのに、油揚げ麺特有の風味がスープに影響しにくいというのは非常に大きなポイントですよ。味付も食塩,しょうゆ,鶏・豚エキス,砂糖,野菜エキスというエースコックお得意の配合。スープとの一体感を高めていたし、麺単体としても美味しくて、麺量80gと大盛仕様ですが、後半になっても時間経過による劣化が目立っていなかった事にも好感が持てました。最後まで食べ応えのある麺です。ほんとにエースコックの太めの油揚げ麺に関する技術力は、カドメンの登場から飛躍的に向上しましたよね。ちなみに冒頭で商品名について触れましたが、「みそそば」となっていたら間違いなく違和感を感じていたと思いますw 商品名って大切ですねー。

スープは、『大勝軒の特徴である動物系と魚介系の旨みに、甘味ある白味噌を加えた濃厚な味噌スープ』で、『まろやかなポークの旨みにすりごまや香辛料をしっかり加えることで、飽きの来ない味わいに仕上げ』たとのこと。見た目の割に厚みのあるスープで、まず動物系の要素が軸になっていて、魚介の要素は下支え程度にほんのりと香っている感じ。そして味噌感ですが、白味噌というのがハッキリと分かりますね。塩分による尖りが無くて、まろやかで口当たりのいい甘めの味噌スープです。それでいて麺に負けない芯の強さがありました。すり胡麻の風味も非常に良いアクセントになっていて、ピンボケしてないのが好印象。食べ応えのあるしっかりとしたスープでありながら、冷めてから飲んでみても感じる塩気は控えめで、塩気よりも旨味で食わせる感じだったのが良かったです。ちょっと濃い目の味付ですが、意外とグイッとイけちゃうと思いますよ。

かやくは、『程良く味付けした肉そぼろ、メンマに、彩りの良いなると、ねぎ、唐辛子』とのこと。エースコックの肉そぼろは当たり外れがあるのですが、今回は当たり系ですね。食感に関してはちょっと残念なところがあったんですけど、旨味がかなりしっかりとしていました。決して量は多くないので、混ぜると行方不明者続出ですがw たまに麺なんかと一緒に口に入ってきた時の主張の強さは半端じゃなかったです。メンマは発酵感,食感ともにいい感じ。エースコックのタテ型製品に入ってる乾燥メンマって、結構リアルで美味しいんですよね。ナルトは8枚くらい入ってて、きちんと練製品らしい風味があったのが良かったです。ネギは小ぶりながらも風味が強く、食感もフレッシュな感じで、きちんと存在感があった事に好感が持てました。唐辛子は気持ちですw

(標準は★3です)

何なんでしょうねーこのシリーズの安定感って。奇抜さこそありませんが、ほんと安心して手に取れる感じ。麺もスープも食べ応えがあって、両者の兼ね合いも素晴らしかったです。安心感に関しては、この山岸さんの愛嬌のある笑顔も影響してますよね。なんか山岸さんの笑顔で★稼いでる感も…ってさすがにそれは無いですよw ひとつの商品として見て、内容の出来も良かったし、私は素直に楽しめました。尖りのない優しい甘味のある味噌スープに、しっかりとした動物系の柱があって、絶妙な胡麻のアクセント。コンセプトのひとつである食べ応えも踏襲されていたし、万人が美味しいと思えるのではないでしょうか。それにしても大勝軒の再現モノって頻繁に出てくる割にネタが切れないもんですなw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:タテロング 池袋大勝軒 復刻 特製みそラーメン
製造者:エースコック
内容量:106g (めん80g)
発売日:2015年1月19日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071278113

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (106g) あたり

エネルギー:454kcal
たん白質:11.8g
脂質:18.4g
炭水化物:60.4g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:0.52mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:223mg

(食塩相当量:5.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、鶏・豚エキス、砂糖、野菜エキス)、スープ(みそ、鶏・豚エキス、糖類、豚脂、ごま、鶏油、食塩、香辛料、酵母エキス、大豆たん白、魚介エキス、たん白加水分解物、植物油脂、全卵粉)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、メンマ、なると、ねぎ、唐辛子)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、酒精、ソルビット、香料、かんすい、カロチノイド色素、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(甘草)、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB2、ビタミンB1、紅麹色素、(原材料の一部に卵、乳成分、牛肉を含む)

アレルギー物質:小麦・卵・乳成分・牛乳・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
分かります!!ネガティブホロウにやられますよね~~ホロホロ~~( ;∀;)
ウソップ見習いたい(笑)
ある意味強いですよね~~(笑)

大丈夫takaさんには鋼の肉体があるじゃんですか~~(≧▽≦)
私は今ね~ここだけの秘密なんですが~
ゴムゴムのぉ~~風船!!をしてるだけなんです!!デブじゃないの~~
ゴムゴムの~風船!!

そっか~~筋肉をつける事をちょっと考えた方がいいですね・・私・・・
何できるかな~~あ~~~

なんか分かります~~私もいまいちテンション上がらない~~手痛いし・・泣

大勝軒のつけ麺って美味しいですよね~~♪カップラーメンも何回か食べたことあります~~♪

今日カップラーメン食べたんですが~
やっぱり、、なんであんなに綺麗にカップラーメンを盛り付けできるか不思議です・・・
マネできませんでしたよ~~!!
(ᴑ̨̨̍̆͞͡ ͦ̆ ॑ᵓ̩̗̍ { 俺に任せろ☆ by.ジャイ○ン
Re:yukiさん
ホロホロホロホロ〜♪ (ネガティブホロウ)
生まれてきて…すいません…。(マリモヘッド)

ウソップはイメージ的に一見すると悲観的ですが、
彼こそポジティブシンキングを絵に描いたような存在かと(笑)

ここだけの秘密って…コメント欄だと閲覧者みんなに見られますやんw
ゴムゴムの風船、分かります。ちゃんと分かっておりますぞよ。

お腹周りが気になるなら、やっぱり腹筋でしょう。
ダーリンに足を持ってもらって、ビール飲む前に10回とか。
無理のない程度に少しずつ毎日続けるのがポイントです。

手が痛いって怪我されたんですか?

大勝軒、実際のお店には行ったことないんですよ。
でもカップ麺や袋麺では何度も食べてます。山岸さん好きです(笑)

お、今日はカップ麺を食べられましたか。
このヤラセ盛り付け画像はうちの専売特許なんでw
Re:カリメロ
頼りないわぁ…いやまぁたしかにジャイアンには見えるけどもw
No title
この製品は未食です・・・。
売っていたのは知っていたんですが他で忙しかったのかな?(^_^;)

で、これは13年秋に発売されたバケツ型大盛りカップの
タテ型BIGバージョンと考えられます。

味的にはバケツ型はかなりよかったので、今回の製品もそれを引き継いでいる
感じかと思います。

ゴマの風味が印象的な製品でした。

大勝軒行ってみたいですね・・、でもつけ麺メインだからいいかww
お弟子さんの前勝軒(千葉幕張)も自分には合わなかったので・・・(^_^;)
No title
へ〜〜っ…大勝軒の味噌は初めて知りましたわ…
まぁ、お店の方も二度ぐらいしか行ったことがないし…
やっぱ東京とは味が違うのかな…と思ってみたり…

カップ麺で手軽に楽しめるのは、いいですよね…
レベルも高そうですな…(・ω・)ノ
No title
実は一度も食べた事がなくて・・・

どっか探しますか・・。
Re:たういさん
エースコックと大勝軒のコラボということで、
今回も安定した仕上がりでしたよ^^

そういえば2013年にもバケツ型で味噌ありましたね!
あの時も胡麻の風味がアクセントになっていて、印象深かったです。

自分も大勝軒に行ってみたいのですが…
っていうか行きたいラーメン屋さん多過ぎますw
でも殆どが関東か九州なんですよ…遠い・・^^;

つけ麺は魚介系が多いですから、
たういさんあんまり召し上がられないですもんね。
自分は嫌いではないんですけど、つけ麺はあまり好んで食べません。
ついつい豚骨ラーメンを注文してしまうので、つけ麺に目が向かないw
Re:ハシダ・メンさん
なかなか美味しかったですよ。

暖簾分けのお店はどうか分かりませんが、
「創業当時(昭和36年)に人気を博していた」という事は、
実店舗でも長らく提供していなかったのかもしれませんね。

こういうのを手軽に楽しめるというのがカップ麺の利点です!

自分は一度もお店に伺ったことはないのですが、
出来れば山岸さんが厨房に立っておられる頃に行きたかった…。
Re:カブトムシさん
なんと、大勝軒の再現モノは未だ未体験ですか。

いつも安定して美味しいので、オススメのシリーズですよ^^
決まって大盛で食べ応えもありますし!
山岸さん、ありがとうございました
takaさん、こんばんは!

「この記事には後日コメントをつけるとしよう」と思って数日待っていたら、
この日に山岸さんの訃報が飛び込んできて驚きました。

佐野実さんに山岸一雄さん、この2人がいなければ
今のラーメン業界の隆盛はなかったと思いますし、
一ラーメン好きとして寂しく思うとともに深い感謝の念がこみあげてきます。

このカップの味噌ラーメンも非常に安定感が高いですよね!

しっかりした動物系のスープに優しさのある味噌だれ、
そしてごまによってコクに厚みを加えるなど、
素朴なように見えて様々な工夫が凝らされていますね!

山岸さんがなくなってもこのシリーズはきっと続くでしょうし、
これからもおいしいカップ麺を提供してほしいですね!(=゚ω゚)

ではでは、おじゃまいたしました!
Re:かーとさん
山岸さんの訃報、私も驚きました…。
一瞬、タチの悪いエイプリルフールなのかと。

佐野実さん、山岸一雄さん、
たしかにこの2人がいなければ、今のラーメン業界は無かったでしょう。

> 山岸さんがなくなってもこのシリーズはきっと続くでしょうし、
おそらくシリーズ自体は続くと思いますが、
廃盤メニューの復刻系は信憑性が薄くなってしまいますよね…。

それでも、カップ麺でもいいから、
これからもあの山岸さんの笑顔を見たいです。

管理者のみに表示

トラックバック