東洋水産「マルちゃん また食べたくなるラーメン 醤油味」



最近、アボカドにハマってます。昔は苦手だったんですよ。なんかこう、中途半端なフルーティさが生臭く思えてしまって。でも今は毎晩のように食べるようになってですね、購入するときはヘタなんかにも注目して、じっくり吟味して品定めしちゃったり。で、これだ!ってヤツを見つけた時は無駄にテンションが上がりますw 栄養価も高いですし、侮れないパワーの持ち主、森のバター。ベターにワサビ醤油で食べてます。トーストなんかのトッピングにしてもイけるらしいんですけど、火を通したアボカドはまだちょっと苦手。

さて、本日の一杯は、東洋水産の『マルちゃん また食べたくなるラーメン 醤油味』です。「また食べたくなるラーメン」、東洋水産の無化調(化学調味料無添加)シリーズですね。これ、私は大好きなシリーズです。新発売となっていますが、この製品は今回が初めてではなくて、過去にも何度か発売されています。そして今回は、『前回品より、鶏の旨味と醤油のキレをアップさせ』たとのこと。醤油のキレ…(臨戦態勢突入w) いや、キレのある醤油感が嫌いなわけではないんですよ。問題は塩分濃度なんです。鋭利に突き刺してくるような反抗期真っ盛りの主張だと、自分は平謝りする羽目になるんで…(苦笑) それはさておき、カップ麺なのに無化調。まさに不健康的イメージのトップに君臨しているようなカップ麺に対し、健康志向という相反したイメージが混同してますよね。ですが、こういったコンセプトって大切だと思います。他社でも見ないコンセプトですし。ただ、おいしくなかったら本末転倒ですよー。ってことで実食イッてみましょうか。





は、『全粒粉を練り込んだ、細めのノンフライ麺』とのこと。そりゃーもうここはノンフライ麺でしょ。油揚げ麺だったらデンプシーロールからのジャーマンスープレックスですよw ちなみに全粒粉(小麦の表皮・胚芽・胚乳をすべて粉にしたもの)の含有量は、小麦粉に占める割合の14%使用だそうです。全粒粉を14%使用しているだけあって、やや粗い歯触りが印象的。見た目の色合いも明らかに普通のノンフライ麺とは違いますし、所々に粒状の物質があって、まさに皮ごとすり潰したような食感が体感できるような麺です。この食感、私は好きですね。一般的なノンフライ麺と比較しても、風味・食感ともに一線を画しています。そしてスープに雑味が無いので、小麦らしい甘味と全粒粉ならではの芳ばしさをダイレクトに楽しめるのが好印象。湯戻し前は4分もかけて大丈夫なのか?ってくらいの細麺でしたが、口当たりはしっとりとしていて、きちんとコシがあるあたり、東洋水産らしいです。ちょっと早めの段階から軟らかくなってくるんですけど、それもスープに馴染んでくる感じというか、決して湯伸びしてヘタれた、みたいなネガティブなものではなかったので、これはこれで良かったと思います。兎にも角にも全粒粉の恩恵がダイレクトに感じられるので、今回はこの麺の風味と食感を味わうための一杯と言っても過言ではないかもしれません。「また食べたくなるラーメン」という商品名ですが、私はこの麺を食べたいがために、また購入してしまいそうです。

スープは、『チキンをベースに、かつお・昆布などの和風だしの旨味と野菜の甘味を合わせた、あっさりとした中にもベースの厚みはしっかりとした醤油味スープ』とのこと。醤油はヒゲタ醤油の超特選「本膳®」を使用しているそうなのですが、同社の「匠 芳醇 旨味醤油」にも使用されている醤油ですね。前回品より醤油のキレをアップさせたとのことでしたが、確かに醤油の存在感はハッキリとしていました。スープが熱いうちは刺してくるような感覚は比較的控えめだったんですけど、冷めてから飲んでみるとかなり醤油感が強いことが分かります。濃口醤油特有のコクと旨味、粋なキレ、そういったリアルな醤油感が前面に押し出されていました。無化調らしいストレートなスープです。化学調味料の風味に舌が慣れてしまっていると、やや単調に思えてしまうかもしれませんが、雑味が無いのが良いですね。そして下支えになっている上品な鶏だしと、鰹と昆布の和風ダシ。化学調味料無添加という縛りがある分、他の要素で旨味を補わないといけないわけですが、昆布に椎茸と旨味成分の強い素材でカバーしています。どちらもこれといって目立った主張は無かったのですが、土台を支えるという点では役目を果たしているでしょう。ここに鶏油を強めに効かせて、クセを持たせてみてもおもしろいかも。

かやくは、『先入れ:たまねぎ、白ねぎ、ごま』『後のせ:小ねぎ、唐辛子』とのこと。あらやだ、なんて肉っ気の無いヘルシーな具材構成なのかしらw まずネギが後入れと先入れと2種類入っているのですが、こういった工夫には好感が持てますね。先入れのネギは大ぶりで、特有の甘味で食わせるタイプの具材系のネギ。そして後入れのネギは分葱的なもので、風味で食わせる薬味系。この棲み分けのなされたコントラストがグッド。そして時折感じる玉ねぎシャキッとした食感や甘味、胡麻の芳ばしさが際立っていて、これは無化調スープの雑味の無さが功を奏していたと言えるでしょう。唐辛子も特有の風味が感じられ、いいアクセントになっていました。肉具材が入っていないところを見ると、汎用性のある低コスト系のチャーシューなんかには、化学調味料が使われているのかもしれませんね。

(標準は★3です)

このカップ麺の特筆すべき項目として、もちろん無化調という付加価値も大きいのですが、やはり麺の存在感を意識してもらいたいです。全粒粉の恩恵をこれだけダイレクトに感じられるカップ麺はそうそうないですよ。無化調ということでカップ麺らしい極端さがない分、麺の全粒粉の主張が活きていたり、ストレートな醤油感が素直でした。まさに素材の味わいを感じるための一杯と言えるでしょう。身体がカップ麺らしいジャンクさを求めていてたら、肩透かしどころかビンタくらうような製品ですが、なんて言うんですかね、こう、食べ進めていくことによって、追ってジワジワと来るような素材本来の味わいがあるというか、序盤のインパクトのなさは否めませんが、その繊細さに気付けたときに価値が見出せると思います。無化調だから罪悪感も薄れますしねw でも食塩相当量はカップ麺らしく一丁前なんで、スープ完飲派は御用心。カップ麺で化学調味料無添加というのは大きな壁だと思いますが、いつもこのシリーズはそれを難なく乗り越えていると思います。さすがに何度も発売されているだけのことはありますね。食べる側もスープの飾り気の無さを逆手に取るようなイメージで食べれば、よりこの製品の良さを感じ取りやすいのではないでしょうか。全粒粉を使用した麺と醤油の風味、具材も含め素材感を味わう、というスタンスで臨むといいでしょう。私はまた食べたくなりました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん また食べたくなるラーメン 醤油味
製造者:東洋水産
内容量:112g (めん70g)
発売日:2014年12月29日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4901990332521

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (液体スープ・かやく・あといれかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (112g) あたり

エネルギー:356kcal
たん白質:12.1g
脂質:8.8g
炭水化物:57.0g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.42mg
カルシウム:192mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:356kcal (めん・かやく:298kca / スープ:58kcal)
食塩相当量:6.6g (めん・かやく:1.8g / スープ:4.8g)

原材料名:めん(小麦粉(全粒粉14%)、食塩、卵白)、添付調味料(醤油、チキンエキス、鶏脂、食塩、野菜エキス、こんぶエキス、植物油、香辛料、魚介エキス、酵母エキス、しいたけエキス)、かやく(ごま、たまねぎ、ねぎ、唐辛子)、加工でん粉、酒精、カラメル色素、かんすい、炭酸カルシウム、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、pH調整剤、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、豚肉、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

No title
わ~~~~(≧▽≦)これ~~今ある~~♪やった♪
お~~めっちゃ美味しそうじゃないですか~♪
無化調とノンフライが最高です!!
食べるの楽しみだな~~♪
なんか最近takaさんの影響でカップラーメンが気になるし食べてしまいます(笑)

アボカド~~♪美味しいですよね~~(≧▽≦)♪
私も好きです~~♪
お刺身変わりにもなりますね♪
アボカドの熟れ具合いいのだったら嬉しくなりますよね(≧▽≦)
〈⸅̨᷇͞͞ˬ̵̮̑̉⸅̮̖᷆͵̸ͥ͛˒ͥͥ{ takaさん、
カリメロさんが醤油ラーメン食べたいらしいよ☆w
コブサラダも食べたいって☆w
...ノリスケでした。w

カブトムシさん☆
カリメロはtakaの影響で
激辛にハマっております☆w


yukiさん☆
意味不明な顔文字にハマり中です☆w
未知なる顔文字を見つけたら
是非ともご披露致します(*✧×✧*)w
Re:yukiさん
私の感想と食べた時の印象が合致すればいいのですが(笑)

「ノンフライ麺」「無化調」カップ麺なのにヘルシーですよね。
スープさえ飲み干さなければ、塩分過多にもなりませんし。

> なんか最近takaさんの影響でカップラーメンが気になるし食べてしまいます(笑)
おお!とても嬉しいです!他の食事さえきちんとバランスを考えれば、
カップ麺は必ずしも絶対悪ではありませんからね。3食カップ麺とかはダメw

アボカドお刺身感覚で食べてます。
でも昨日はまだ完全に熟してなくて、ちょっと生臭かったorz

いつもスーパーでは主婦も真っ青な眼力でアボガトと睨めっこですw
Re:カリメロ
どっちかというとアナゴさんに見える。
No title
(笑)

アボカドは・・・なかなか好きな具合に出会えるの難しいですね~~!!

ちくしょう!!カリメロさんに勝つかおもじ挑戦しようと思ったのに・・・
yuki・・・
酔ってダウンしそうです。。。。
今エネルギー12%くらい(笑)
キーボードも打つのがやばい・・・・
めっちゃ絡んで遊びたかったのに・・
やっぱり起きてられないyukiです・・・
おばばちゃんかっ(笑)
No title
この製品は知らぬ間に「お正月専用新発売商品」になりましたね!
ここ数年、マルちゃんの年始トップの発売です。
(自分の2014年のトップ記事はこの製品です、今年は食べてませんが)

オーソドックスな内容に作ってお正月のごちそう後対応の
需要に対応しているような気がします。

全粒粉14%ということで、独特の麺ですが、
今年バージョンはなんか見た目がちょっとフツーになっている??
No title
おっと、これはこれは・・・
カリメロは激辛にハマってると・・・。

記事が楽しみ^^

takaさん、楽しみにしてますよ^^
No title
takaさん、こんばんは!

これって食べたことあったかなぁと思って調べてみると、
どうも2013年に食べて記事にも書いていたみたいです!(=゚ω゚)

けっこう高評価で、突出した要素はないけどバランスが良く、
単体で食べると弱く感じられてしまうかもしれないけども、
レンゲを用意してスープを飲みつつ食べ進めると、
このラーメンの持つ良さが上手く伝わってくる、
といったような感想を抱いてたみたいです!

それから久しく手に取ってはいないのですが、
ふと優しい味のラーメンが食べたくなったときにでも
また買ってみるのもいいかもしれないですね!(゚x/)
Re:yukiさん
アボカドを買うときはヘタに注目するようにしています。

エネルギー12%って、また微妙な数値…w

またカリメロに絡んでやってください(笑)
Re:たういさん
いつの間にか新年一発目の製品になってますよね(笑)

> オーソドックスな内容に作ってお正月のごちそう後対応の
> 需要に対応しているような気がします。
たしかにその考察は的を射ているかもしれません。相変わらず鋭い。

写真では見た目フツーな感じですけど
全粒粉の主張はかなりハッキリしてましたよ!
Re:カブトムシさん
奴はまだまだ修行が足りんですけどね。
ジョロキア小さじ¼でヒーヒー言うとりましたからw

近々の密会で記事書きのシミュレーション予定です_φ(. .*)
Re:かーとさん
2013年にも発売されていましたね!
今年のは例年よりもスープの味がしっかりしていたような気がします。

レンゲはたしかに効果的です。

直接カップに口をつけて飲んだ時の印象と、
レンゲですくって飲んだ時の印象って結構違いますし、
自分は可能な時は出来るだけレンゲを使うようにしています。

おそらく来年も年始に発売されると思うので、また食べたいですね^^
No title
アボカド×塩辛でかなりGOODです。
ジンバックあたりと相性いいです。

さて、身体によいカップ麺というもはや矛盾シリーズですね(笑)ただどうせヘルシーなだけなんだろという予想に反して味もしっかり作りこんできているところがこの商品の憎いところ(笑)

>3食カップ麺とかはダメw
むっむむっ。たしかにwww
Re:ねんごろさん
お久しぶりです!

アボカドと塩辛の相性いいですよね。
手軽で簡単に作れますし、ちょっとオシャレ感があって(笑)

> ジンバックあたりと相性いいです。
お、これはハイセンスなアドバイス。メモメモ_φ(. .*)

このシリーズは良く出来てますよねー。
いつもカップ麺と健康志向の矛盾をうまくカバーしています。

でも食事はバランスが基本!
いくらヘルシーでもこれ3食では栄養が偏りますw

管理者のみに表示

トラックバック