東洋水産「マルちゃん 縦型ビッグ 味噌バター味コーンラーメン」



本日2回目の更新で、連続味噌バターw

さて、本日二杯目のカップ麺は、東洋水産の『マルちゃん 縦型ビッグ 味噌バター味コーンラーメン』です。東洋水産の秋冬定番商品ですね。味噌バターコーンとか絶対ウマいw ただし自分の場合、こういったカップ麺は味噌とバターの塩気の主張が大きくカギを握っているので、手放しには楽しめないんですよ…。『濃厚な味噌豚骨スープ』とのことなので、豚骨のコクが塩気を包み込んでくれてるといいんですけどね。この準定番商品を食べたのは何年も前なので、なんか新鮮な感じです。




バター風キューブは勝手に取り出して後入れしました。テヘペロー(言ってみたかった)

は、『スープと相性が良い、食べごたえのある角麺』とのこと。本気盛の麺を細くしたような雰囲気の麺なんですけど、本気盛ほどの主張やクセはなく、どちらかというと受けるイメージは対極的かもしれません。しっとりとした口当たりで、後半スープに馴染んでくると非常にしなやか。いいですねー、こういう油揚げ麺どストライクですw 東洋水産のタテ型カップの油揚げ麺なので、油揚げ麺特有の風味は強いのかと思いきや、スープのバターの風味が誤魔化してくれたのか、それとも麺自体の油揚げ麺臭が控えめなのか、意識して追いかけてみても殆ど気になりませんでした。スープもよく拾ってくれますし、取り合わせとしても問題ないですね。食べ応えもあって良かったです。やば、この麺気に入ったw 汎用希望w 鶏油の効いた鶏そば系のカップ麺とか、塩味のスープでも食べてみたいです。

スープは、『ポーク・チキンの旨味をベースに赤・白味噌を合わせ、野菜の甘味を加えた、コクのある味噌豚骨スープ』で、『バター風キューブで濃厚なバターの風味とコクを加え』たとのこと。濃厚な、と謳っているだけあって、味噌・豚骨・バターがしっかりとした力強いスープです。懸念していた味噌感ですが、味噌のコクがしっかりとありながら、塩気の鋭さなどトゲトゲしさは控えめで、どちらかというと味噌の甘味や発酵感に重点の置かれた仕上がり。うむ、自分的好印象。ひと安心ですw 勝手に後入れしたバター風キューブは混ぜるとみるみるうちに溶けていったので、後入れの恩恵は最初の見た目以外なにも無かったんですけどw バター風キューブが溶けて馴染むことによって、もちろんバターの塩気もある程度は添加されるわけなんですが、きちんとそのあたりもベース側の塩分濃度が調整されているようで、バター風キューブのせいで塩っぱくなる、というようなネガティブなイメージはまったく受けませんでした。むしろちょうどいいくらい。乳製品特有の風味とコク、まろやかさがいい感じに全体を包み込んでくれます。ちなみにバターの風味は結構しっかりめなんですけど、味噌もしっかりとしていたし、クドさを感じるようなことはありませんでした。バターが苦手な人は主張がちょっとわざとらしく思えるかもしれませんが、苦手な人は買いませんよね(笑) ガーリックとジンジャーによる香味感もほどよく効いていて、味噌の甘味と豚骨のコク、しっかりバター。こういう味を求めているときにはバシッとハマれると思います。

かやくは、『味付鶏挽肉、コーン、キャベツ、にんじん』とのこと。挽肉と人参は飾りの枠を出ませんでしたが、コーンは商品名に冠しても恥ずかしくなだけの量がきちんと入っていて、しっかりと甘味のある具材でした。キャベツも結構たっぷり入っていて、ザクザクと噛み応えがあり、こちらも野菜特有の甘味を強く感じます。もちろんタテ型マジック(※カップの口径が小さいと具が大きく見える現象w)が手伝っていると言えなくもないですが、それでもこれだけ入っていたら納得でしょう。コーンもキャベツもバター風味漂う味噌スープと相性バッチリでした。

(標準は★3です)

スーパーカップの味噌バターとこの商品が同時に陳列されていたら、自分は間違いなくこちらを選びますね。毎年恒例の商品なので、食べたことのある人にとって目新しさは無いと思いますが、商品名やキャッチコピーから想像できる味そのものというか、およそ万人がおいしいと思えるカップ麺だと思います。味噌もバターもしっかりめだけど、濃すぎないのが好印象。ちゃんとネーミング通り、味噌も豚骨もきちんと感じられ、バターとコーンもしっかりで、総体的に見ても調和のとれたバランスで、それでいて特に物足りなさも感じさせない。そんな総合力の高さにも好感が持てました。オリジナリティあふれるインパクトのあるカップ麺もバランスが難しいですが、こういうカップ麺もそういった意味ではバランスが難しく、あまり尖らせたらユーザーを選ぶし、無難過ぎたらフツーやん、ってなる。その点この製品は、ぜんぜん小難しくないし、パッとイメージしやすい味で、でも物足りなくなくて、冬の味噌バターコーンラーメンと言えばコレコレ、みたいな。ほんと絶妙なラインを突いてますね。手放しに楽しめると思います。2015年の秋冬も楽しみになるような一杯でした。これぞ季節の定番品のお手本ですね。(太鼓判ぽんっ)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 縦型ビッグ 味噌バター味コーンラーメン
製造者:東洋水産
内容量:99g (めん70g)
発売日:2014年12月22日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:190円 (税別)
JANコード:4901990332514

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:小袋無し

~標準栄養成分表~

1食 (99g) あたり

エネルギー:434kcal
たん白質:10.2g
脂質:17.5g
炭水化物:59.0g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:184mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:434kcal (めん・かやく:312kca / スープ:122kcal)
食塩相当量:5.6g (めん・かやく:2.0g / スープ:3.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、卵白)、添付調味料(みそ、油脂加工品、ポークエキス、すりごま、食塩、香辛料、野菜エキス、豚脂、チキンエキス、砂糖、たん白加水分解物、植物油、発酵調味料、バター加工品)、かやく(コーン、キャベツ、味付鶏挽肉、にんじん)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、紅麹色素、ビタミンB2、ビタミンB1、アナトー色素、(原材料の一部にりんご、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・りんご・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter
関連記事

コメント

(⸅̥᷇͏̵˲̎ͨ⸅̥̖᷆̾ ̵˒͋){ てへぺろ...w 波平より☆
Re:カリメロ
キモいですw
No title
カリメロwww

そういえばこの製品・・・
どっかで見たw

最近箱で買うこともあり
残った物をどうするか
迷う事があります。
無論食べるんですが・・・
夜食テロに負け・・・(´・ω・`)
Re:カブトムシさん
ブログでもリアルでも共通で言えることですが、
素面じゃカリメロのテンションに付いていけませんw

このカップ麺はオススメですよ!
準定番商品の鏡と言っても過言ではない製品だと思います。

夜食テロコメントありがとうございます(ぺこり)
箱買って結構勇気が要りますよねw
No title
えっ??、1日に連続味噌バター??
なんという強行をww
しかし後のほうが美味しくてよかったですね(^_^;)
でも自分には絶対ムリな技ですww
Re:たういさん
我ながら強行でしたw

でもほんと2食目が自分的当たりだったのが救いでしたね^^;
こっち先に食べてたら、スパカの評価が・・・(苦笑)
No title
味噌ラーメンって、好みが分かれますからね...
カドの立った味噌を好む人もいれば、まったりと
優しい味噌を好む人もいる...

僕は味噌に関しては、塩気が立ったのは
苦手なんですよね...

いずれにしても、バターが加わるとカドがとれて
丸みが出るんじゃないでしょうか...
Re:ハシダ・メンさん
ハシダ・メンさんも味噌では塩気控えめが好みですか!

> いずれにしても、バターが加わるとカドがとれて
> 丸みが出るんじゃないでしょうか...
このカップ麺はそんな感じだったんですけど、
もちろんバター自体にも塩分は含まれていますし、
スーパーカップのほうは、そのバターの塩分も目立ちゃってて…。

ガツンと塩気のある味噌バターが好きな人はスーパーカップ、
体感的な塩気が控えめで総合力の高い味噌バターが食べたければ東洋水産、
って感じですかね。自分は断然こちらのほうが好みでした。今年も食べます。

管理者のみに表示

トラックバック